人気ブログランキング |

霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)

我がマルチ指南役のA氏が、上高地帝国ホテルに泊まったときの話。部屋から眺めた景色で、霞沢岳方面に岩壁が見えたそうな。「ん?あんなところに岩壁が!?」と思ったところから、よしっ、偵察に行ってみよう(登れそうなら登っちゃおう)となり、ワタシにお声をかけていただいた。

ということで、行ってきました、北アルプス。

A氏が見たのは、霞沢岳へつながる八右衛門沢にある岩壁。その昔は霞沢岳に登るには八右衛門沢がルートになっていたのだけれど、1984年に徳本峠からのルートができて、それからは徳本峠からが一般的に。ただ、徳本峠からの登山道は長いので、霞沢岳に登るなら今でもこの八右衛門沢が最短ルートのよう。

霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)_d0107938_1121542.jpg
登攀道具をかついで、いざゆかん。

霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)_d0107938_11222398.jpg
なるほろ、岩壁が見えますな。

霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)_d0107938_11224539.jpg
最初は水が流れているけれど、すぐに水はなくなり、涸れた沢を進んでゆきます。

霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)_d0107938_1129163.jpg
だいぶ高度を上げました。下には上高地帝国ホテルと清水屋ホテルの赤い屋根が。

霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)_d0107938_11233799.jpg
そして岩壁。

霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)_d0107938_11275760.jpg
A氏の予想以上に立派な岩場だそうな。「岩の墓場だなー」とつぶやいておりました。

霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)_d0107938_1131258.jpg
登るならこのラインかな~とあっちはどうだろうな~と話しつつ、

これは、ビバークして登らないと無理。本日は偵察のみということで。

さて、ここまでの登り、ガレててワタシは登るのもけっこう必死でした。これを下るのか…おおぅ、沢のゴーロ歩きが下手なワタシは大変時間がかかりそうだよ(涙)。上に抜けたほうが圧倒的に時間がかかると思われます。でも、急がば回れということも…。

最終的には、天気もいいし上に抜けてみたいというワタシの希望から、沢をつめることにしました。

霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)_d0107938_1132089.jpg
ロウソク岩を経て

霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)_d0107938_11332920.jpg
急なルンゼはザ~レザレ。

霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)_d0107938_11335853.jpg
指南役に「あのクラックのラインを登るのはどうですか?」と聞いてみたら、「クラックまでがガレガレ。そしてクラックから上のフェイスが支点が取れなさそう。相当難しいと思うよ。」と。む~ん、ルートを見る目がまだまだです。


霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)_d0107938_11375526.jpg
ワタシにもこの立派な岩を登れる日が来るだろうか。ちなみに、向こうに見えてるのは西穂。


霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)_d0107938_11385411.jpg
あぁ、ついに稜線が見えてきたー(と、思ってからが実は長かった) 登攀道具の重みがぐっと肩にのしかかる。重荷(というほど重くはないのだけど)慣れしてないから、弱いなぁ…。この、沢のつめにだいぶ時間がかかってしまった。

霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)_d0107938_11411737.jpg
最後はハイマツを漕いでドカーンとK1ピークに出ました。AM11:00。

霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)_d0107938_11422820.jpg
ワフーー!!!めっちゃ景色イイ!!!!穂高~~。

霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)_d0107938_1146949.jpg
笠ヶ岳~~。

霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)_d0107938_11441139.jpg
あちらが山頂なのですが…

ワタシの歩みが遅かったので、時間も押しぎみ。霞沢岳のピークには行かず、このまま下山。長い登山道をえっちらおっちら(ちなみに、この一般ルートの下山もワタシは遅かった…orz)

霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)_d0107938_114769.jpg
PM12:55、ジャンクションピーク着。登り返しはキツかった(T_T)

霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)_d0107938_1150214.jpg
PM13:48、徳本峠着

指南役は、以前にルート開拓をした下又白谷がきれいに見えて喜んでました。

霞沢岳・八右衛門沢遡行(岩偵察)_d0107938_11565441.jpg
開拓したのはあのヘン?(下又白谷のルートについてはこちらをご参照あれ

上高地18時発が最終バスでしたが、16時50分頃上高地に到着(あれ?15時50分頃?どっちだったかな?)。お疲れサマンサでしたー。

ワタシの沢の歩きが遅くて、残念ながら指南役の開拓山行に同行するには落第でございます(T_T) 大変ご迷惑をお掛けしました m(_ _)m

落第は残念だけど、くじけず頑張ろう。
by team-banzai | 2015-09-14 13:17 | | Comments(0)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai