Mepanna works - BANZAI的な日々-

teambanzai.exblog.jp
ブログトップ

能取岬アイスクライミング

でっかいどーほっかいどーの網走・能取岬へ、2泊3日でアイスクライミングに行ってきました。おなじみお散歩さんとメパンナは東京より。現地にてFun Climb ClubのSB氏、北海道在住のロッキーパパが合流なり。そしてロッキーパパが氷を案内してくれました。ありがたや~~。

d0107938_1093676.jpg

「能取岬」、“のーとり”と読んでたけど、正しくは“のとろ”なんだって!

そして、北海道三大アイスクライミングの地が、層雲峡、雷電海岸、能取岬なんだそーだ。知らなかった~。そして、このエリアの魅力は、海岸にあって、流氷を眺めながらアイスクライミングができるってこと。や~~ん、流氷クライミングなんてステキじゃな~~~~~~い(*^^*)




続きを読む
[PR]
# by team-banzai | 2017-02-28 12:02 | 氷のぼら~ | Comments(0)

メパトレ-2月第4週 【ノリトレ】 

=Day 1

ペーさんがなんと3週連続で登りにきた!会のH先輩もきた!

ワタシは安定の
5.11c 黒 ゲンタロウ ×
5.11c 緑 つかめつかむんだその穴を(だっけ?)×

5.11c 緑は触るの2回目。げろっと苦手なんだけど(保持必須、そして遠い、クリップ大変)、以前の自分だったらもっとメタメタにやられてそうだけど、そこまではやられなかった。最近のボルダー効果ということにしておこか。
ルート設定者のカジュ~ネ君に「あの緑、難しいよ(- -#)」と言ったら、「女性には厳しい課題っすよねーレストさせない目的(?)で作ったんで」だって。ヲーーイ!!
引きつける時の肩と背中を気をつけつつ、ドライアイスで4本。ふーーっ、ちかれたびー。

=Day 2

先週ほどではないが、明日は朝早い(4時起き)サクサクっと登って、早く帰るべし!
んで、ノリさんがいたので、ノリトレを開催してもらった。いわゆる体幹トレってやつだーね。
ノリトレやって、オートビレイでアップして、そのままボルダーに上がった(おーっと、ルートはやらんのかーという突っ込みは置いといて)。

マンスリー壁が新しくなって、できそうでがんばってた3級はなくなっていた…(T_T) 気を取り直して、新しくなったマンスリー壁で4級2本一撃。おっ!ワタシ強くなった!??

いや、簡単めだっただけ。どっひゃーーん。

d0107938_16164683.jpg
<ノリトレの図>

[PR]
# by team-banzai | 2017-02-27 16:18 | のぼら~(インドア) | Comments(0)

ナメネコフォール

日曜は、代表シェフパーティーも来ていたので、合流してナメネコフォール&カブコロンへ。代表シェフ、スナフキン大明神、Ms. W、ペーさん、メパンナの5名。

d0107938_1151595.jpg
<カブコロン見えた>


ワタシはナメネコをリードしよーーってことで、ペーさんとともにナメネコへ。ナメネコなめんなよって感じらしいけど、実際確かに悪かった…色々悪かった…。プロテクションとか色々…。ヒーヒー言いながらもとりあえずノーテンで登れてホッ。

d0107938_12453272.jpg
<ナメネコ全景。簡単そうに見えるよねー>


んで、今回、ナメネコで一緒になった群馬の方が写真を撮ってくれました(嬉)

d0107938_10551512.jpg
<いざ、リードちゅ>


d0107938_17381899.jpg
<お隣から懸垂中にパチリ>


写真を撮ってくれたのはタオルさん(帽子を忘れてタオルをかぶってるから…と自分で名付けていたw)。「ブログ書いてる方ですよね!いつも読んでます!お散歩ブログも読んでます!」と声をかけてくれました。いやいや、よくワタシだとよくわかりましたね(笑)稚拙なブログをご愛読いただき、恐縮です(^^;;


実は、この日「確か60mでロープ足りたと思うよ」という声に導かれ、ぼや~~んとした感じで60mのシングル1本。実際、ナメネコを目の前にしたら、いやいや思ったより長い。これ…60mで足りる??的な。でもまぁ仕方ないので、懸垂プランを色々考えつつ、リード&フォローで取り付いたわけで。

んで、終了点直前で「ロープ半分以上出てる?」とペーさんに聞くと、「半分+5mくらい出てまーす」との答え。ふむ。懸垂なら登ってきたラインと異なりまっすぐ降りるから、ぎりぎり足りるかも。

フォローのペーさんをビレイしつつ、どうするのがベターか一人作戦会議。

1.ペーさんを1本懸垂で下まで先に降ろして、ワタシが後から一人で降りて何とかする
→イレギュラーな作業が増える場合は、自分一人のが楽。ただ、ペーさんが1本懸垂やったことなければちょっと怖いと感じるかも?

2.ワタシが先に降りて、ロープが足りないようなら途中でスクリューで支点作成。多分クライムダウンできるくらいの高さまでは降りれてるはず(&基部のナメ滝)。場所によっては、ペーさんはスクリュー支点にもう1度懸垂してもらってもいいかも。ワタシも万が一クライムダウンが怖いくらいなら、アバラコフ…じゃないやV字スレッド(Mr. YZがVスレと呼んだ方がカッコイーって言うからw)作って懸垂。

という作戦を考えてみた。

d0107938_1144314.jpg
<フォローのペーさん到着>



でもまぁ、降りれる気がするしなーー降りれた場合は1案は無駄が多いかなーということで、2案に決めていざ懸垂。はい、本当にギリの長さで足りました。よかったー(^^)

d0107938_1175134.jpg
<このあたりまで降りられました>


…と、安心してたら、降りてきたペーさんの腰周りを見て気づく。「ペーさん……アックスは???」


工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

上に置いてきたーーーーーー!!!!



注:ペーさんのアックス残置は2回目w

まさかのもう1回リード???が、ココロをよぎったけど、幸いなことに別パーティーの方が支点回収で上で作業しているところだったので、ペーさんのアックスも持って降りてもらって事なきをえましたとさ。よかった…まじでよかった…。


ワタシのリードに時間かかったし、ペーさんのフォローも時間がかかり、カブコロンに戻ったらけっこうな時間になってもうた。既にスナフキン大明神はサクサクッとリードを終えてトップロープ設置し、皆さん2本ずつ登ったとのこと。腹ごしらえの後、ワタシもトップロープで1本登らせてもらったよ。

おおおおぅ、トップロープおもろー!!!岩場のリードしてるのにわりと近いムーブになる~~~
そして、スナフキン大明神が実際に登る姿を初めて見たけど…いやーー強い。鬼のように強い。

d0107938_12463726.jpg
<オモロー!といいながら登るメパンナ>


下山して、お食事処に入ったら、I塾長ご一行もやってきましてん。I塾長に「ナメネコフォール登れましたー」と報告したところ、いやーナメネコ悪いですよねの話に花が咲き。

んで、「メパンナさん的にはどうですか?今後、ナメネコぐらいのグレードを登りこみたいですか?それとも、もう少しやさしいシャイアンくらいの氷の経験値を増やしてゆきたいですか?」みたいな事を問われ。

んーー、今はテンション覚悟で挑む氷をやりたいですかね。アイスのリードが怖くて、ちょっと逃げる傾向にあるので。
[PR]
# by team-banzai | 2017-02-22 07:00 | 氷のぼら~ | Comments(0)

アイスクライミング講習@神津牧場

土曜日はI塾のアイスクライミング講習を受けてきました@神津牧場/西上州。

えーー?今さら受けるの??的な声が聞こえるような聞こえないようなw。再度受講しようと思ったきっかけは、ジム仲間のマカベンさんでした。普通にクラックをリードするし、リーダーとして色々な人を岩に連れていったりもするマカベンさんが、某クラックスクールを受講すると言っていて。

「えーーーっ?そんなに登れるのにまだスクール受けるんですか??」ってなるじゃないですか。そしたら「いやいや、ボクはまだまだですよ。時々受けて色々振り返らないとね~」って。なんと謙虚な!!

むーーん、そうか!!ワタシも振り返ろう!!!

まずは記憶を振り返る…。

アイスを本格的に始めた初年度→→I塾アイス講習3回。
2年目 →→ YZ部長に手ほどきを受けて色々なところへ行った。講習は受講せず
3年目(今年) →→ 今回1回受講


初年度は、残念ながら教わったことがイマイチ体に染みつかず(脳みそも理解しきれてなかった)だった気がします(アックスもアイス用じゃなかったしねー)。それを咀嚼して飲み込めたのが2年目となる昨年度。あー2年もかけてしまいました。センス無さ過ぎ(T_T)

でも、I塾長も言ってたけど、アイスは男性の方が圧倒的に伸びるのが早いって。だからめげずにゆっくりじっくり上達してゆくしかありませんな。

ちなみにワタシ、「バランスは二等辺三角形」って言われても、実はすぐに二等辺三角形の形がピンと来ない。これ、文系女子にありがちなこと??それともワタシがアホなだけ??もしかしたら、他の表現あるいは、図解されればわかるのかも。んで、未だに二等辺三角形って言われてもピンと来てないんだけど、二等辺三角形という表現=このバランスって覚えたので、まぁこのバランスねって思うようにしている…。

もしかして、このあたりが1年目に飲み込みきれなかった部分なのかも。2年目はYZ部長から違う表現で教わったような気がしないでもない(でもどのように説明を受けたか覚えてない)


おっと、前置きとメパンナアイス史の振り返りが長くなりました(^^;;


今回は、今年からアイスを始めたペーさんを誘っての受講。ペーさんはI塾自体が初めて。講習始まってからビックリしないよう「鬼のように反復練習があるから」と説明しておきましたw

d0107938_14231634.jpg
<アイスボルダーをがんばるペーさん>



神津牧場の入門砦にて、まずはI塾恒例の反復練習をみっちり(ロープは結ばずアイスボルダー)。その後、ワタシはリード2本とトップロープ少々。それからインディアンサマーへ移動して、シャイアンをリード1本、トップロープ1本。


【感想】
いやーーー受けてヨカッタ!色々な人から色々なアドバイスを受けるけど、それを自分に合うように上手くまとめるきっかけになったと思います。

【自分的講習のテーマ】
クライムダウンのこつを掴む →→だいぶ掴めたヨ!!

【道具確認】
ノミックのバランサーをつけてみた →→採用。リードの時はこれからはアリにしよう
ノミックのハンドルをSサイズにした →→不採用。テムレスならいいけど、他のグローブにすると握り部分が狭い。Mに戻そう。

ブレードランナー →→最初、ちょっと慣れなくて…だったけど、アイスボルダーを繰り返してたら慣れてきた。もうダイジョビ。採用。

ノミックのハンドルに細引きつけたけど、わっかがでかすぎる。6mm細引きで作ったけど、4mmでOKかなー。これも取り替えよう。


d0107938_14241341.jpg
<お客様がこんなところに>



d0107938_1425831.jpg
<シャイアン>


シャイアンは、2週間前に来た時より穴ぼこ増えてて、だいぶ登りやすくなった気が。2週間前は「リードは無理」って思ったけど、今回はリードで登れました。

ペーさんは、シャイアンでのトップロープ&スクリュー回収で、モーレツあたろうに腕がパンプした模様。「テンションお願いします!」「レストレスト!レストしてガンバ!!」(少しレストする)「ダメです!アックスもう握れません!落としそうです!」

いいねいいね(^^) いい具合にパンプだねー。氷はパンプとの戦いだからねー。

I塾長、ペーさん、ありがとうございました!
[PR]
# by team-banzai | 2017-02-21 12:05 | 氷のぼら~ | Comments(0)

メパトレ-2月第3週 

=Day 1

ちょっとルートエリア混んでるな~ボルダー上がっちゃおうかな~と思ったら、ペーさん登場につき、んじゃルートやりますかねってな感じでルート。ルートは相変わらずのトレーニングモードなり。

1.5.11a 水色バーOS 5.11a ピンク□ ○
2. 5.11c 黒(ゲンタロウ)× 5.11a 白 ○ 5.11a 緑 ○
3. 5.11b/c 水色(バーン) × 5.11a 赤 ○ 5.10c 黒 ○

最後は懸垂で遊んで終了。懸垂では、ペーさんがオープン持ちできない事が発覚。

あと、ぺーさんのビレイセットのミスあり。ワタシが登り始めて「んぐぁ!ちょちょちょちょちょっと待ってください!」でセットし直して事なきを得た。登り始める前の事前チェックを怠りました。反省。(おまえはここで何を学んだんだーーと塾長が残念な顔をしてるのが目に浮かんだ…)


=Day 2

翌日は3時起きだから、さくっと登って早く帰らねば…ということで、ボルダー。ところが、スタッフOタ君がムーブを教えてくれたので、つい夢中になってしまった(よくあるこっちゃw)。できないシリーズがそれぞれ1手進んだよー。たかが一手、されど一手。

最後は指皮がずる剥けたし、いやいやもうタイムリミット…ということで2時間ほどで撤収。


持久力トレ、週に1回やるかどうかくらいのペース。T君鬼コーチが「持久力トレ効果が出やすい人と出にくい人がいる」と言ってたけど、ワタシはあんまり効果が感じられなかった。だから効果出にくい人なんだろうなって。

……が、最近「あれ?なんか効果出てきた?」と感じたりもする。持久力トレだけじゃなくて、ボルダー率を増やしてるせいもあるのだろうけどねー。
全然プッシュしてないので、グレード的にはまったく上がってないし、むしろ下がってるくらいの勢いだけど、ベース自体が上がったかな?と感じるのだわ。例えば、5.11bのOSトライがわりと楽になってきた…ような。これがたまたまのことで気のせいだったりの可能性もあるけど(笑)

ともあれ、何もやらずに「上達しない」とぼやくのはナシ。上達しない?進歩がない?当たり前田のクラッカー。だってやってないんだから…。

何でもやってみっぺ。そこから自分にあった練習方法を見つけようじゃ~まいか。反省もあったり発見もあったりな週だったな。

d0107938_1062498.jpg
<ずる剥けるのはいつも右の薬指…>

[PR]
# by team-banzai | 2017-02-20 10:12 | のぼら~(インドア) | Comments(0)