<   2016年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

メパトレ-9月第5週


9月末が決算の会社が多いせいかなー、ジムに人少なし。

なんか大変練習としては煮詰まった週で、ちょと迷宮をさまよってる感満載です。細かく記録する意味なし!!的な…。

垂壁のホールド替えで新しくできた5.11b, 11aにこてんぱんにやられ、

せっかく人が少ないのに、何故かキャンパ部で盛り上がり

もう、どうしようもなく調子が出ないので、クラックとドライアイスばっかりやってみるという荒技を繰り広げるという一週間でした。クラックもドライアイスも超久しぶりにやったよ。

d0107938_132459.jpg
<オサムッチ、初めてのドライアイス>


おかげで、キャンパは少しだけ進みましたよ。やっぱやればちょっとだけでも進むもんだ。

鬼コーチからはダメ出しと有難き(?)訓示。

1.肩で引きつけるんじゃないよ、肩甲骨だよ
2.肘は内
3.クラックに向かって体は正面
4.足あげれや、ボケ~~
5.格好良く登れって、Kさんが言ってたよ
6.クライミングは、失敗が許されるスポーツなんだよって、Kさんが言ってたよ

引きつけ練習を頑張ったので、背中と二の腕がバリバリになっております…。

来週は、もうちょとちゃんと登りたいところ。
[PR]
by team-banzai | 2016-09-30 14:14 | のぼら~(インドア) | Comments(0)

夏のワッショイ

まだ真夏日。

でも、夏のナスで冬の道具をワッショイしたんだよーー(^^)。

d0107938_108165.jpg
ちみは誰だ!??



d0107938_10104977.jpg
ハンドル君だ!!



d0107938_1010775.jpg
ピンクと白、あえて変えてみたけど、やっぱピンクのが好みだなぁ…。



ピンク好きは皆婆あさんだと裁縫部の人々に指摘されたけど、確かに若い頃は別にピンク好きではなかったか…。

今年はカメムシがたくさん発生してるので、雪が多そうだと誰かが言ってた。今年みたいに雪が少ないのは異常だものね。BCスキーヤーの皆さんにはかなーーり物足りないシーズンだったことでしょう。次のシーズンはとりあえず普通に(?)降ったらよいねぇ(多すぎても雪の被害が…)。



あと、Mr. YZに教えてもらったお名前シールも奮発して購入。

d0107938_1073396.jpg

防水加工で丈夫にできてます。今まで貼ってた目印シールがもうボロボロなので、少しキレイにしてあげようかと。

d0107938_1094758.jpg
ちょっとシールデカイかな!?


名前の部分をカットして、マリーだけにしてもよいかも♪
[PR]
by team-banzai | 2016-09-27 10:28 | 山・ランニング・トレラングッズ | Comments(0)

やっちんのOMMへの道-第5回-オリエンテーリング女性向けキャンプ2016

ちょっと暑かったのでしばしお休みしていた「やっちんのOMMへの道シリーズ」、久々開催。今回は「オリエンテーリング女性向けキャンプ2016」に参加の巻でございます。今回はクライミング仲間のハルコーも参加。

1泊2日で行われたこのキャンプ、初心者もOKということで申し込んでみたけれど、実際行ってみたら、三分の二が大学生(オリエンテーリングサークル的な女子達)、三分の一が社会人で、ホントの初心者はワタシとやっちんとハルコーのほぼ3人だけ…的な(^^;;

まぢかーー、ボクらダイジョビかーーと最初思ったけど、その分スタッフからも同じ参加者の皆さんからも、めっちゃ手取り足取り教えてもらえました(*^^*) 

1日目、昼間は公園で、とにかく「整地」をする練習。雨も降ってきたので14時過ぎには宿に移動して、屋内でワークショップ。

d0107938_11233637.jpg
整地します



d0107938_1124109.jpg
学生的なグループワーク。



女子大生が参加者の半分以上を占めるわけなので、屋内でのワークショップは学生向けっぽかったけど、こういうの自体が久しぶりなの新鮮だったー。ストレッチ講座はめちゃ勉強になったし、講座の後、個人的にクライミングに役立つストレッチとかも教えてもらったぜー(^^)v

2日目はオリエンテーリングの大会に参加して実践。

オリエンテーリングの大会って初めて参加したけど、スタートの仕方とかが特殊で、これは最初は経験者と一緒に参加しないとよくわからんねーー。

以下、初心者的とまどい6項目。

1.受付会場と大会で走る会場は異なる
今回は、受付会場から大会の会場まで徒歩25分くらいだった。でもこれはまだ近い方で、1時間以上かかるような場所もあるらしい。それを考えて準備しないといけないと、前日に他の参加者から教えてもらった。

2.スタート待機エリア
スタート4分前にスタート待機エリアに入る。1分ごとに待機エリアを移動して、スタート10秒前からEカードをセット。スタートまで地図は見たらいかん。
でも、地図のスタート位置はこのスタートとは違うところにある(意味不明だねw)。

3.給水
給水ポイントあるんだけど、フラッグの横に無造作に紙コップとペットボトルが置いてあるだけでセルフサービス。スタッフが給水ポイントにいて水を配ってくれるのかと思っていた。

4.皆手ぶら
うちら初心者3人組は、時間がかかることが想定されるのでトレランザックを背負って水も持参。でも他の皆さんは手ぶらで走ってた。だけど、給水ポイントでセルフ給水だとそれはそれでタイムロスだから、実は水は背負った方が早いんじゃ…?と思わないこともない。
ちなみに、トップ選手は40分とかでゴールするから、そもそも給水不要みたいだ。

5.用語が特殊
オリエン用語はとにかく特殊。この間の古地図ロゲの時に「レッグ」という単語は覚えたけど、とにかく沢山の聞き慣れない単語が続出し、女子大生の皆さんに都度教えてもらったー。
クライミング用語もまぁ色々多いかもだけどねー。

最初は暗号にしか見えなかった「Description」なるものは、2日間見続けていたらだいぶ解読できるようになった

d0107938_1321461.jpg
暗号解読は割と早く慣れた


6.エントリークラスがたくさん
正直、どのクラスが何なのか、申し込み段階で全然わからんかった(^^;;
W15A, W18A, W20A, W21A, W30A, W45A, W60A, WB と8つもクラスがあってね。キャンプ主催の方に「クラスの違いがわからないんですが…(T_T)」と言ってアドバイスをもらい、
我らは、WBにエントリー。これがビギナークラスらしい。んでさらにM川女史(日本チャンピオンじゃー)がついてくれて、最初の2箇所のポイントは復習しながらともに進む。

その後、ワタシとハルコーは一人で進み、やっちんにはM川女史が後ろについて(ただしアドバイスはなし)進んだんだけど、ワタシは6番のポイントで尾根と沢を読み違えるというミスをおかしてタイムロス。6番まで順調に進んだハルコーが7番がわからなくなり、ちょうどあがってきたワタシに合流して二人で7番へ向かうもやっぱり二人でロストして(笑)。「オンナは藪こぎじゃーー!」と言いながら無駄に藪こいだりして面白かったけど。
あと、初めて真っ正面から蛇に遭遇した。蛇って、真っ正面じゃなければ「あー蛇だー」くらいにしか思わないけど、真っ正面に蛇の顔が向いてるとちょと怖い!!!

まぁ、こんな大ロストもあって、制限時間(2時間)をオーバーしてゴールw

d0107938_11243318.jpg
ハルコーゴールの図


大きなミスなく進んだやっちんとは、30分以上の差がついた。うははははは。

レース後は、皆で集まってルートの振り返り。なるほど、こう行ったのかーーとか、タイムを見ていかに効率よくルート取りするのかとか、そんな話がなかなか興味深い。

---------------------------------------

いやいやいやいや、おもしろかった!

当たり前だけど、ロゲインよりオリエンテーリングのがより頭脳戦ね。もうちょっと掘り下げてやってみたいなーと思って、帰りの電車で色々調べてみたけど、大会はそんなにしょっちゅうは開催されてないし、普段の練習として地図読み勉強するのは難しいのかなぁ。

初心者が「オリエンテーリング体験」みたいなのに参加したとして、その後もっと興味が出たので続けたいとなる時に、何か門戸が開いてる場所があるといいなーと思いました(^^)

山で言うなら「山岳会」とか

クライミングで言うなら「ビギナー道場」とか

トレランで言うなら「オックンと共に走る○○ツアー」とか!?

競技人口数の問題もあるから、難しいですかねー(^^;;;

ともあれ、やっちんもワタシも整地が少しできるようになったので、これを忘れないようにしておきたいところ。


ちなみに、合宿終了後、ハルコーとやっちんはそれぞれクライミングしにジムへ行きましたとさ。元気やね…。聞くところによると、合宿で一生懸命な女子大生達に刺激され「クライミング、もっとがんばろう!」って思ったらしい。

もちろん、ワタシは家に直帰、のち晩酌w 明日から本気だそうっと(毎日言ってるけど)。

d0107938_1336129.jpg
服の上からめっちゃ蚊に刺された。特に肩がヒドイ(T_T)


[PR]
by team-banzai | 2016-09-26 13:37 | ロゲイン・オリエンテーリング | Comments(0)

メパトレ-9月第4週

- DAY 1

三連休最後の日、雨なのでジム練習。1時間ほど、やっちん先生にしごいてもらってボルダー。登れてなかった4級を3つ登ることがでけたよ!!ワーーフーーー!!

その後、ルートエリアでさらにやっちんと持久力トレ。

1. 5.10a, 5.10b, 5.10c
2. 5.11a, 5.11a, 5.11a
3. 5.11a, 5.11a, 5.11a
4. 5.11a, 5.11a, 5.11a(×)

ラストの5.11aで力尽きてしまった…orz 今ある11aが前より簡単なので、コンプリートできるかと思ったのになー。まぁ、その前にボルダー1時間やってること考えればこんなもんじゃろか。

最近、指皮が強くなってきた??と思っていたけど、この日は指皮ヒリヒリでつらかった。そんな簡単には皮は厚くならないってこと(T_T)

d0107938_941060.jpg
やっぱり5.11bに修正された黒四角(マハラジャ)




- DAY 2

ジムは空いていたのに、だらだらと登ってしまった…反省

5.11b  を4本トライ。んで、登れたの1回だけ。しょぼーーーん(T_T)
1本登れて喜んだら、Hカドさんに「こんなん登れて当たり前だろうが!!!」と叱咤激励を受ける。あばばばばばばば、最近ほんと弱いんっすよ…。

5.11c × ケンケンにビレイしてもらって初トライ。核心部、全然できーーず。



- DAY 3

2時間弱、ボルダー。珍しく、マダムミッチョンが「ワタシもちょっとボルダーやるかな~」と(驚)

目に見える成果はないんだけど、ここんとこ練習している「引きつけ系」がちょっとマシになってきたかな!??…と思わないこともない。

相変わらず、指皮ヒリヒリが止まらん。
[PR]
by team-banzai | 2016-09-23 09:50 | のぼら~(インドア) | Comments(0)

君の名は。

登りに行くつもりだったのだけど、大変風雨激しく、ホームジムへ行くのは断念。

我がホームジムはうちから距離的には近いんだけど、公共交通機関がないので、歩きかジョグかチャリがベターなのだよ。ならば、電車で行けるジムに…ってとこだけど、シューズ持って来てないし。

そんなわけで、映画部活動にいそしむことにしました。

d0107938_09304572.jpg


映画部部長が「メパンナはこれ絶対好きだと思うよ」と言っていた作品。

男女の中身が入れ替わるというストーリーだと聞いたから、勝手に「転校生」的な話だと思い込んでいたけど、観てみたら、かなり印象が異なっていたわ…。

いやーーーめっちゃヨカッタ(T_T)(T_T)(T_T)

音楽も良い、神木君の声も良い。作画はなんだか水彩画の中に自分がいるみたいな錯覚。

何より、見終わったあとホンワカした気分になれる後味の良さ。

細田守監督も好きなんだけど、いやいやいやいや、新海誠監督もイイ!!!!(個人的には最近のジブリ作品はアウト…)

風雨激しい中、観に行ってよかったわん。映画館出たら風に吹き飛ばされそうになったけどね(^^)。

ところで、部長が「映画館では一番前の席を確保せよ」と言うの。えーーっ、見にくくない!??って思ってて、だいたいいつも、見やすそうと思われる後部中央の座席を選んでるのです。

でも、前回映画観たときに、同様に後部中央の席にしたら、隣にカップルが来てね。その男性の方が、映画中スマホいじってんのよ(怒)。1回注意したんだけど、それでも時々ちらちらスマホ画面見ててさーー。スマホ画面が光るから、イラッとするのじゃー。映画に集中すれば、それも気にならなくなるのかも…だけど。

んで、今回は後部座席界隈がけっこう埋まってたこともあって、思い切って前の方の席にしてみた。流石に一番前はやめておいたけど(^^;;

予告編とか、画面に目がチカチカして「こりゃ、本編ちゃんと見れるかな…」と心配したけど、本編は意外とダイジョビだったー。そして、同じ列に座ってる皆さんは、なんだか「映画通」みたいな雰囲気だったなぁ。通はやっぱり前の席に座るのだろうか??
[PR]
by team-banzai | 2016-09-21 09:55 | 映画部 | Comments(0)

お登りくださいませ!

3連休の予定は微妙な天気予報もからめて2転3転のち、大門リーダーとともに小川山でフリークライミング。ついでに(?)、新人男子2名を連れて。

新人男子2名は、ジムでトップロープとボルダーをちょこっとやったくらいで、岩場は初めて、そしてビレイもやったことない。

大門リーダーはクラックがやりたいと言います。クラックもできて、初心者のトップロープもある程度楽しめるところ…。むーーん。大した量がないメパンナデータベースを脳内でカタカタ働かせ、とりあえずは妹岩・マラ岩界隈へ行ってみることにしましてん。

人気エリアだからとにかく朝一で…と、一番で岩場到着。大門リーダーは山の人だから、小川山のフェイスはあんまり触ったことないらしい。ってなわけで、「川上小唄(5.8)」をマスターで登っていただきました(^^)/

トップロープをセットしてもらって、新人男子の岩デビュー。ギャースカ大騒ぎしながら、それでもなんだか楽しそうで、見ているこっちがホンワカします。あ~~若いって素晴らしい!!!!!

ワタシは、「カシオペア軌道(5.10b)」をトライしましたが、撃沈~~~。スラブが下手すぎて笑えるわぁ~~(T_T)

この後は、

・愛情物語(5.8) NP 大門リーダー、リードでトライ。見事RP。

・小川山物語(5.9) 大門リーダーOS

・ジョイフルジャム(5.8) NP 大門リーダーOSトライするも、惜しくもワンテン。

・マガジン(5.10a) NP 大門リーダー、トップロープではやったことあるそうなのだけど、リードは初めて。途中で力尽きる。残念なり。

考えてみれば、最後に一番難しいルートをやるのは無理があったのかも??(^^;; でも、マガジンでは初めてカムでフォールしたそうな。「自分のきめたカムが効いているということを確認できたことが収穫だ!」と、喜んでおりました(*^^*)。

d0107938_1024349.jpg
青年よ大志を抱け



d0107938_10252243.jpg
ジョイフルジャム、惜しかったっすね~



d0107938_10255436.jpg
マガジン、回収便



d0107938_10262566.jpg
小川山ストリートの右横にハチの巣



d0107938_10264374.jpg
そういえば、JFAに注意が出てたと、気づいたのは登り終わった後だった…



できるだけたくさん皆に登ってもらって、ワタシは基本回収便というスタンスだったけど、こうしてアレンジに徹するのもまた色んな意味で勉強になるなぁ~~。

何より、前途洋々な若者たちが、これからどのように山や岩の世界で成長してゆくのか…ちょっと楽しみ♪
[PR]
by team-banzai | 2016-09-20 10:41 | のぼら~(岩) | Comments(0)

メパトレ-9月第3週

ジム練習にあんま身が入らない一週間。

-DAY 1

5.11a 黒四角 「マハラジャ」(あれ?マラケッシュだっけ?) ×× New課題。なんだなんだ、難しいじゃないか!!ってことで、2便出しても登れず。しょぼーーん。鬼コーチ、これ5.11bでいいと思います。隣の緑の5.11aと差がありすぎる。

滝谷帰りなので、足が浮腫んでるし、今日は軽く体を動かす程度にしよう…ってことで、他はちょろっと登って終了。

- DAY 2

5.11a 黒四角 「マハラジャ」(だから、マラケッシュだっけ?)RP  やっと登れたぜぇ~(ホッ)
5.11b/c 水色四角「バーン」 ×  ワンテンまで持ち込んでたのに、またダメダメになってきた

あんまり集中してないので、その後何を登ったのか記憶ナス…とほほ。
キャンパもどきをやって終わり。

-DAY 3

前回のキャンパもどきが聞いていて、肩周りが少し筋肉痛。

ルートでアップしたけど、ちょっと人多し。んーーボルダーやるかな??と思ってボルダーエリアに上がったらこちらは空いてた。4~5級をやって、全然できない4級は相変わらず一手も進まずで1時間ほど。週末の準備もあるから早く帰ろうっと…ということで、キャンパもどきをやって早めに終了。

そんなわけで今週はあまりガツガツ登らなかったんだけど、その分強い人の登りをがん見して、強い人と自分と、何が決定的に違うのか…と考察。まぁ、わかっちゃいる事ではあるけど、やっぱり以下2点がなー(T_T)

1.体重  …ワタシは重すぎるw
2.引きつけ力 … ひきつけてロックする力。特に左腕はロックまったくできない。

とりあえず、最近デブになったと嘆いているT君鬼コーチとともに「痩せ部」結成。どちらが先に目標体重に達するか!?…って言ってる矢先に、夜中に柿ピー食ったけどw

引きつけ力は、キャンパもどきを地道にやって、成果が出ればいいなぁ。

d0107938_1545823.jpg
お酒は控えたいよね…。あ、このとうもろこし、絶品だったよ!生で食べた!!!!!
[PR]
by team-banzai | 2016-09-16 15:06 | のぼら~(インドア) | Comments(0)

酔いどれ百名山 - 20.5座目 浅間メルロー

おーーっと、酔いどれが31座目まで行ったけど、ちょっと戻って20.5座-浅間山。

なんで .5 って、浅間山は既に20座目で呑んでるんだよ~~

20座目-浅間山

「黒斑山」ラベルのお酒を見つけたかったんだけどなぁ…見つからなかっただおぅ(T_T)

まぁ、前回は日本酒、今回はワインなのでヨシとしようw

そんなわけで…

-------------------------------------------------
20.5座目 -浅間メルロー

ミディアムボディー
製造元:マンズワイン
-------------------------------------------------

「浅間メルロー」は、シャルドネと善光寺を交配して造った「浅間」という品種と、メルローをさらに交配して造ったマンズワインのオリジナルのぶどうなんだそうな。

エチケットの浅間山がいい感じ♪

味は、渋みそこそこ、お値段もそこそこ(ツルヤで1600円くらいだったかな?)。美味しくいただきましたー(^^)/

d0107938_13036100.jpg
しまった、グラスに注いだ写真撮ってないし!


 
[PR]
by team-banzai | 2016-09-15 13:04 | 酔いどれ百名山 | Comments(0)

穂高 3days <DAY 3> 滝谷・ドーム中央稜

最終日は、滝谷・ドーム中央稜じゃーー。

東京を出る時には、日曜の天気予報が雨マークだったので、3日目は下山のみかと思っていたけど、気づけば曇り予報に変わり、やったやったーーということでドーム中央稜。

滝谷に行く話をMr. YZにしたら、「そしたらオレらも日曜日ドーム中央稜行くかな!もし上手く落ち合えたら、帰り一緒に帰るかい~!?」とな。

Mr. & Mrs. YZは土曜日に新穂高温泉から白出沢ルートを上がって穂高岳山荘泊。うちらは北穂高山荘泊だったけど、ドーム中央稜の下降点でうまく落ち合うことができたーヾ(´∇`。*)ノ。

d0107938_10371687.jpg
縦走路からのドーム中央稜下降点にて(お約束のピンボケw)



下降点にいたらもう1パーティー来たんだけど、それがなんとお散歩さんのお知り合い。なんと狭い世界w 
お散歩さんのお知り合いパーティーは、うちらがデポ荷物をまとめてる間に先に下降。うちらとYZ夫妻の4人は、AM6:40頃下降点出発。

ドーム中央稜2回目のYZ夫妻がいるからアプローチは余裕をぶっこいていたら、「オレはアプローチ覚えるの苦手だぜ!」…的なMr. YZ。まじか!!w 

d0107938_10593460.jpg
取り付き目指して下降中



Mrs. YZの記憶を頼りに、でも少々違うところをじゃなくがっつり降りたみたいで、懸垂支点があるところに来たので、懸垂してみたらそこがドーム中央稜の取り付きだった。ちなみにうちらが懸垂したところは、3尾根の敗退ルートっぽい(すなわち、トポにあるアプローチではない)。

ところが

トポのアプローチよりもかなり早く着けたらしいので、やったやったと喜んでいたら、懸垂したロープが抜けなくなった…orz。 Mr. YZが果敢に登り返してくれて、ロープ無事回収。クラックに結び目が引っかかっていたらしい。Mr. YZ ありがとうございます m(_ _)m 。

d0107938_10384449.jpg
Mr. YZ、登り返しが早い。さすが!



d0107938_10392364.jpg
登り返すMr.を見守るMrs.



お散歩さん知り合いパーティー待ちもあって、登攀開始AM7:40。今日はワタシが偶数ピッチを担当いたします。Mr. & Mrs YZはオンサイトトライの我々に順番を譲ってくださいましたわん。ありがたや~~。


1P目:お散歩さん
最後の箇所がちょっと悪いみたい。フォローのワタシはといえば、お散歩さんがリードでフェイス部分を登ったのに、ついついその右のチムニーに導かれて、追いついてきたMr. YZを踏みそうになりながらちょっとクライムダウンしてフェイスに戻るという…。あひあひ。

d0107938_10431866.jpg
リードのお散歩さん



d0107938_104998.jpg
1P目をフォローするメパンナ



昨日のクラック尾根と違って岩の脆さはだいぶマシ(^^)。

2P目:メパンナ
途中からルートが右と左の2択。左のが面白いらしいけど、割れ目がないのでカムでプロテクションは取れないらしい(残置はある)。んで、ワタシは残置にクリップして左を行きました~。最後のスラブ楽しい(^^)。

※って思ってたら、左は少々ランナウトするけど残置無視できて、ちょと辛い、右は残置無視で登るのは困難だが残置はちょろちょろあって、左より簡単 ってことだったらしい(アヒーー)

※後日検証した結果、ワタシは左を行ったんじゃなくて、真ん中を登ったらしい。


先行パーティーが写真を撮ってくれましたよ(^^)

d0107938_1103259.jpg
ビレイをするメパンナ



d0107938_1101125.jpg
ズームドン!



d0107938_110447.jpg
もいっちょドン!



d0107938_111681.jpg
4P目を登る先行パーティー



d0107938_1115029.jpg
2P目フォローのお散歩さんも上がってきました



d0107938_11335334.jpg
Mr. YZも上がってキター

「手がねーーし!プロテクションは足元だし!」と叫びながら、残置無視で上がってきましたよ♪

3P目:お散歩さんコンテでもよかったかなー。

4P目:メパンナ
ワタシが登ってる時、Mr. YZは「メパンナさん、めっちゃカム打ってるなー。カム祭りだなーw」って言ってたらしい。んで、Mr. YZが上がってきたら、「やべーー!オレ、あんなこと言ってたけどメパンナさんよりさらにカム打ったかも疑惑だぜーーー!!!!!余計なことは言うもんじゃないぜーーー(爆)」とな((´∀`*)) いやいや、カム決めますよ、ここは(笑)。

d0107938_11342434.jpg
4P目フォローするお散歩さん



5P目:お散歩さん

ラストは左のラインで抜けました。

d0107938_11365314.jpg
5P目のお散歩さん



さくさく登って、AM10:20頃登攀終了。所要2時間半でした。

d0107938_11372476.jpg
登りきったところを先行パーティー様がパチリしてくれたよ(^^)



d0107938_1138135.jpg
3日間、ありがとん!!



お散歩さんは、膝を痛めているのでなるべく楽な下山がいい…ということで、ゲートクローズにも十分間に合う時間なので上高地に向けて下山。んで、バスとあずさで帰宅。ワタシはMr. & Mrs YZとともに穂高岳山荘経由の白出沢ルートで新穂高温泉に下山。彼らの車に便乗させてもらって帰宅いたしました。

涸沢岳への登り返しは何の罰ゲームかと思ったけど、この縦走路も白出沢も歩いたことなかったから、景色など楽しみつつ。穂高岳山荘から新穂高温泉まで下山約3時間半。奥穂界隈から帰るなら、白出沢ルートもありですね~。

d0107938_1140843.jpg
罰ゲーム中(笑)



d0107938_1140515.jpg
前穂北尾根はやっぱりかっちょいい!



d0107938_11411925.jpg
無雪期の涸沢岳は初めて



d0107938_11415626.jpg
穂高岳山荘見えた!



この後、アッコさんに偶然遭遇。ビックリしたよ!!

d0107938_11423519.jpg
小屋から先はひたすら下り



Mr.もMrs.も健脚だな…特にMrs.は健脚じゃないように見せかけて(?)健脚だな…。Mr. YZはひっそりこっそり穂高岳山荘から3時間で下山を目論んでいたらしく、アヒアヒ言いながらついてゆきましたわ。結局目標タイムがクリアできなかったのは、ワタシがヨレヨレ歩いていたからでございます。てへぺろ。(つか、ゴメン!)

滝谷は初めてだったけど、2本登れて大満足だーー(*^^*)。ついでに無雪期の北穂東稜も登れたし。今回もご一緒してくれたお散歩さん、ありがとう~~。

そして、Mr. & Mrs. YZもありがとう~~~~。お天気にも恵まれて、本当に充実した3日間でしたわん。



[PR]
by team-banzai | 2016-09-14 13:35 | のぼら~(岩) | Comments(6)

穂高 3days <DAY 2> 滝谷・クラック尾根

2日目は、滝谷・クラック尾根ざんす~~ε=ヾ(*・∀・)/

AM4:00起床、外のテラスで朝食(北穂高小屋は、屋内火器使用は不可なの)。でも、テーブルとかに霜が…寒い…明け方の気温2℃くらい!?

AM6:15、小屋をスタート。

d0107938_16253561.jpg
お槍様、おはようございます(ピンボケ(T_T)



d0107938_16341567.jpg
AM6:30 B沢のコル(またもピンボケ(T_T))



d0107938_1637428.jpg
B沢、まじで悪い(T_T)



聞いてたとおり、ざーれざれのずーるずるの岩雪崩れの巣窟。 先行パーティーはいないので、ぎゃーすか騒ぎながら遠慮なく石を落としつつ下って下って、FIXが見えたときにはホッとしたわ~~(B沢のコルからFIXロープのあるところまで、うちらの足で約30分)。FIXロープづたいに上がって懸垂地点。12mくらい懸垂して、右上にトラバース気味に登っていったらそこが取り付き。聞いていたとおりの道順だった(バーバさん、ありがとう!)それにしても、無事にたどり着けてよかたー(*´-`*)。小屋から取り付きまでは約1時間半ほどかかりました。

「友達から(バーバさん)、じゃんけんクラックは右を登れと言われたんだー」と話しをしたら、お散歩さんから「ならば、メパンナさんじゃんけんクラックリードしてくださいまし!」とのお言葉。じゃんけんクラックがワタシに当たるように計算して、ワタシが奇数ピッチを担当することになりました。

d0107938_16455358.jpg
見渡せば、どこでも登れそうと思っちゃうほど割れ目がいっぱーーい



初めての滝谷、ワク☆ドキですねぇ。ギアは、カムが4番からスモールカムまで1.5セットとハーケン2枚。ワタシ個人は、残置を追うのではなく、ルートを見ながら可能な限り残置を使わずカムでプロテクションを取って登ることにします。ビレイ点については、次のお散歩さんのリードの際に足りなくなると申し訳ないので(ツルベなので)、残置があればそれを使うかな。

d0107938_16384357.jpg
取り付きでパチリ。しかし逆光…



登攀開始AM7:15頃。

1P目:メパンナ
いやーー岩脆い。持った岩全部が動くんじゃないの!??って感じで、あわあわしつつ。ロープの流れと、誘発する落石の危険を考えたら、あまり長くはのばせなかった。

d0107938_1639890.jpg
1P目(3度目のピンボケ…(T_T))



2P目:お散歩さん
「出だしが悪いです!」と言いながら登ってゆきました。

3P目:メパンナ
簡単なリッジから旧メガネのコル手前まで。それにしても、日が当たらないしで寒い。

d0107938_11164024.jpg
4P目から3P目を振り返る。旧メガネのコルへクライムダウン



4P目:お散歩さん
コルにクライムダウンして、少し上がったところでピッチを切る。

d0107938_1755234.jpg
降りてきたB沢が見える。うわーーこうして見ると悪いなぁ(>_<)



それにしても、このクラック尾根からは槍~北穂間の縦走路がよく見える。しかも、登山者が話してる声もけっこう聞こえる「あんなところ登ってるけど、あれ、どこ?」とか「ほらほら、登ってるよーー」とか。んで、けっこう見られてるので、手を振ってみると向こうも振り替えしてくれて「がんばってくださーーい!格好イイですよーーー!!」なんて声援もらったり。テンション上がるぜーー ( ̄∀+ ̄)

d0107938_11291951.jpg
この縦走路、実は歩いたことないんだけど、めっちゃ怖そうだよね…。



d0107938_11293192.jpg
こんな危ないところ歩くの ( ゜Д゜;)!?



5P目:メパンナ
じゃんけんクラックの手前まで。しかしこのピッチが悪かったー(この日の中では一番悪かったと思う)。目の前に広めのクラックがあるので、素直に(?)そこに取り付いたら最後の抜け口が足がない!!オフィズスサイズなので挟まってしまえばいいのだけど、リュックがあるので挟まりきらん・゚・(。>д<。)・゚・ 

あわあわしながら、最後のプロテクションは既に足より下。カム決めたい~~でもオフィズスサイズのクラックの中にはあんまり割れ目がなーーーい!(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)。一番小さいカム(キャメX4の0.1)なら決められそうなフレークがあるけど、使わないと思ってフォローに残したまま…。

そのフレークには、残置ハーケンが1本。仕方ない、使うか…。

っというわけで、敗北の残置ハーケン使用。あぼーーーーん。んで、めっちゃ奮闘してなんとか抜けた。落ちなくてよかた…。

フォローのお散歩さんも、奮闘しながら上がってきた。お散歩さんのビレイをしながら、あまりよく見ていないトポ(よく見すぎるとつまらなくなるからあまり見てない)を見てみたら、どうやらもっと右のフェイスを行けばⅢ級だったようで、ワタシが登ったクラックはⅤ級だった。どうりで難しいわけだわ…

でも、あの残置ハーケン、絶対今の岩の形だと足が何もないのであの位置には打てないと思う。どこかフットホールドになるものが前はあって、それが今はなくなっちゃったのかも。Ⅴ級と言われても、体感はもっと難しく感じたも~~ん。

d0107938_16441633.jpg
5P目、この後、奮闘することになる。



6P目:お散歩さん
ハイライトのじゃんけんクラック。右と左があるらしい。右はオフィズスサイズで、クラックの中にもプロテクションは取れなさそう。二人で相談の上、右を行けとバーバさんに言われたけど、いやーさっきのピッチでしっかり挟まったから、ここは左で行こうということに。

d0107938_1640834.jpg
じゃんけんクラック



d0107938_16443854.jpg
フォローするメパンナ



d0107938_16452539.jpg




7P目:メパンナ
凹角からリッジへ。ルンゼに入るところでピッチを切る。
この先のルンゼがどうなってるのかは、ビレイ点からは見えない。

8P目:お散歩さん
ザレザレのルンゼを、大テラス手前まで50mいっぱいロープを伸ばす。

9P目:メパンナ
大テラスを歩いて移動 8Pと9Pはルンゼを歩くなら繋げてコンテが正解だなー。でもこの先どうなってるか8Pの時点では見えなかったから、コンテの判断しきれんかった(>_<)

10P目:お散歩さん
脆そうな凹角を登る。


d0107938_16402587.jpg
大テラスから



11P目:メパンナ
左上気味に上がっていって、クラックがあるのでそこを登ろうとしてみたけど、スタンスが乏しい(フットジャムはできるんだからジャミングで行けばいいんだけど)。ちょっと悩んで、やっぱここはやーめたでもっと簡単なところを上がったら、そこが小屋下の縦走路だったw

登攀終了12:15くらい。登攀時間は約5時間でした。

d0107938_16404822.jpg
あら、こんなところにデタ



d0107938_1642540.jpg
お疲れサマンサー。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜



d0107938_1641910.jpg
まずは生ビールでカンパーイ



d0107938_16412668.jpg
次はワイン



そして持参したウィスキーも呑んでいい気分じゃ(呑みすぎ…)。なんてったって、今日も小屋に泊まるから時間はたっぷりあるしー。

小屋では、連泊だとご飯のメニューも変えてくれる。昨日は豚のショウガ焼き、今日は鳥の唐揚げと餃子。もちろんご飯とお味噌汁はおかわりしたよ♪

土曜の夜だから昨夜に比べて人多し。それでもうちらは一人1枚の布団で寝れたからラッキーだ。20時に就寝、でもやっぱり21時半くらいに目が覚めて、ぐだぐだ。なんでやねんw
[PR]
by team-banzai | 2016-09-13 13:05 | のぼら~(岩) | Comments(2)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai
プロフィールを見る
画像一覧