Mepanna works - BANZAI的な日々-

teambanzai.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

メパトレ-4月第4週

明日から残雪期の山に入る予定だったんですが~天気予報が大変ビミョーな感じなってまいりまして~

悩んだ結果、予定していた山行は中止で、別のところに転戦することにしました。転戦先はわりと近場でわりと低い山の縦走で、予定していた山行とはずいぶん色の違う内容に。周りの皆さんからは「え??そんな潔く転戦するの!???」的な反応(笑)

いーーーんです!!!そこはパートナーと気が合った感じなので、いーーーーーんです!!!!

d0107938_1320442.jpg
<準備した地図などは、来年までとっておきましょう、そうしましょう。>


そんなわけで、今週のメパトレ備忘録


-DAY1

緑四角 ヒール(5.11c/d) × どんどんぐだぐだになるのは何故じゃ!!!
茶色四角 削り(5.11d) × 上の核心がまじでイヤ。11dの中では簡単めというのでやり始めたけど、いや、まじで上のあのトラバースはイヤ。
紫バー まるは(5.11a) × ぐぉーーー!また出来なかったーーーー!!!でも足順調整でムーブ解析OK。
紫バー まるは(5.11a) RP 久しぶりに便数出した11a。難しいったらさ~~(ムーブをちゃんと設定どおりにやらないと、パワーでは押し切れない課題だった)。

-DAY2

緑四角 ヒール(5.11c/d) × 落花生の殻のホールドでまじで身動き取れなくなる。
茶色四角 削り(5.11d) × トラバース、なんとなくできそうな感じになってきた。あとは終了点を元気よく取れるかどうか。スタッフのマルハさんは、この終了点取りについて「左手のホールド(悪い)を力の限り握りなさい」って。次回、渾身の力をこめて左手保持してみます。

あとは、ちょろっと基礎練かねて登って、軽めに終了。この日は最初あまり調子がよくなかった。動きが悪かったし、なんだか握っちゃう感があり、力も入りすぎて脱力不足。よろしくないな…と思った時点で、またアップルートに戻り色々修正。これがよかったのか、11dトライの時の動きは、その前の11c/dトライよりも良かった気がする。

これからも「なんかダメだな」と感じたら、アップルートに立ち戻るのがいいかも。

では、黄金週間でお休みの方も、出勤の方も Have a nice weekend !
[PR]
by team-banzai | 2016-04-28 13:21 | のぼら~(インドア) | Comments(0)

TOCS 第4回

T君鬼コーチスクール・略してTOCS、第4回。この日のお題は「二軍を鍛える」

っていうか、ケアの方法とかの話をしてたら、話がだんだん一軍と二軍の話にそれていって、それがメインになった感じw

登るときにどの筋肉を主に使っているか。例えばKスケさんの場合は、胸周り。実際その部位の筋肉もすごいもんねー。

ワタシは、登ってるときに主に使われているのは股から下の脚力だそうな。だから自分にとっての一軍筋肉は、脚。ただ、骨盤周りや腹筋はまったく使えていない。この辺が二軍の筋肉。だから二軍筋
肉をもっと意識して使えるようにして、疲れはじめた一軍をお休みさせて二軍筋肉で乗り切るようにする or 核心部突入前にもっと二軍を使ってあげて一軍を温存、ここぞという核心部に来たときに一軍をフルパワーで発揮する。 

今は、最初から一軍筋肉がフル出場していて、核心部にきたら既に一軍がよれているし、二軍は起用方法がよくわかってなくて活躍できないしという図式だとか。


そして、皆で各メンバーの良いところや特徴をあげてゆく。

-以下、スクール生の皆さんのための備忘録-

Kスケさんの場合
・正対が強い
・壁の中に長時間滞在できる
・落ちっぷりが潔い

やっちんの場合
・動くときにはすばやく動ける(※1)
・ふわっと動ける
・保持力がある

Amyさんの場合
・とにかく柔らかい
・工夫する・考える力がすばらしい(※2)

スヌ旦那の場合
・ツイストムーブが上手い
・登ってる時に足とか全然音がたたない(静か)

ダチさんの場合
・体幹が強い
・リーチがあるにもかかわらず、狭いところにも足をすんなり上げられる
・遠い足も迷わず拾ったりできる(柔らかいのかも?)

のりぴーの場合
・下肢が強い

メパンナの場合
・なんだかとても楽そうに登っている(※3)
・レストが上手い

自分の長所と短所をしっかり見つめてやっていきまっしょい。

-------------------------------------------------------------------
※1 動くときにはすばやく動ける
メパンナ・スヌ旦那・Kスケさんといったルートクライマーは、どうしてもじわじわと動きがちになるのだそうな。

※2 工夫する・考える力がすばらしい
突破できない部分が出てきた時、できなかったそのムーブをなんとかできるようにしてやろうと粘る人が多いんだけど、amyさんの場合は、他の方法があるんじゃないかと常に考えている。

※3 なんだかとても楽な感じで登っている
これはね…諸刃の剣ですね。省エネで登ることはルートクライマーには必須課題ですが、その弊害もありにけり。

ワタシの場合は、常に省エネムーブで登っているので、端からは「とても楽な感じで登っている」ように見えるのだそうです。んで、楽に登っているように見えるのに突然「テンション」とコールがかかると。ビレイヤーにしたら「えっ??なんで今テンション??そんな追い込まれてないよね??」的な。

T君鬼コーチいわく、「力の出し方がまだわかっていないんだよ。テンションがかかる時は、身動きできなくなった時」と。

あーーーーーーーーーーーーーーまさにそれだーーーーーーーーーー!!!!

そうなのです、身動きできなくなるのです。クリップもできないし、戻ってレストもできないし、何もできなくなる。

他の人が登ってるときに「あんなに力あるんだから、もっと省エネで登れば絶対登れるのになーー」なんて思ってたりするんですが、ワタシの場合は省エネばかりで登っていて、ここぞという時のフルパワーが発動しないという図式。「自分には保持力がないから耐えきれない」と思っていたけど、実は保持力ではなくて「パワーの出し方がわかってない」という問題なのかも!?? これは新たな発見…

---------------------------------------------------------------------

そんな話をひとしきりして、いつもの足置きチェック。ワタシは相変わらずゆるふわムーブの練習。

その後は各自本気トライ1本したけど、この日は疲労が残っているのか全然ダメだった。しょぼーん。あの緑四角の落花生の殻のホールドが、どうにも保持れない(T_T)。いや、前述したように保持の問題じゃなくて、パワーを全開にしきれてないだけなのかも。


d0107938_1605742.jpg
<やっちんのバースデーをお祝いしました。Happy Birthday !>
[PR]
by team-banzai | 2016-04-27 07:30 | T君鬼コーチスクール | Comments(0)

やっちんのOMMへの道-第3回-地図読み勉強をするの巻

ほえるちゃんの勧めもあり、チーム阿闍梨の地図読みイベントに参加してみました。

Team 阿闍梨 東京古地図×地形萌えRun @中野界隈

お久しぶりんちょなオリエンテーリングマスター・リカ様、あっ、Blueさんもトロさんもご無沙汰でござんす。

参加者は、地形マニアな方々がたくさんでしたが、地形図を読み慣れていない我らにも懇切丁寧に教えてくださいまして感謝感謝です。

オリエンテーリング界の重鎮・村越センセーと、オリエンテーリング(スプリントだったかな?)の日本チャンピオンの尾崎選手という豪華な引率者。

ワタシもオリエン用語とか全然詳しくないですが、さらに輪をかけて詳しくないやっちんは、時々「?????」になりながらも、地図読み自体は楽しかった様子。そもそも豪華な引率者の豪華っぷりがよくわからないようでw

やち「村越センセーは、クライミング界で言うと誰にあたりますか?」
メパ「う~ん…K野さんとかヒガシさんとかかなぁ」

やち「岡崎選手は?」
メパ「う~ん…ココロ君とか?」

といった会話を繰り広げつつ。


今回、個人的に「なるほど!!」と思ったポイントは以下の3つ

・歩測
・暗渠と開渠
・バックアッププラン

バックアッププランについては、クライミングと基本は同じなんだなーと。

地形図を見て次のポイントを目指す時、まずはプラン1を考える。そのプラン1で行ってみてダメだった場合のリカバリー案を考える。このリカバリー案がしっかりしていないと、道迷いになってしまうっちゅーわけです。

クライミングの場合は、プラン1を考えて、行き詰まった時の敗退方法を踏まえて、リカバリー案またはプラン2を考えておく。

大変勉強になりました!

d0107938_13375075.jpg
犬に始まり

d0107938_13375726.jpg
猫を経由して橋で終わったイベント、実走19kmくらいだったようです。最近全然走ってないので、このくらいの距離でも疲れるようになってしまいました。この走力低下はまじヤバい…。

それにしても…Blueさんもトロさんも、すっかりオリエンテラーだね!!!ボルダラーやっちんがオリエンテラーになるにはまだまだ時間がかかりそうですが、がんばっていきまっしょい。
[PR]
by team-banzai | 2016-04-26 07:28 | ロゲイン・オリエンテーリング | Comments(2)

メパトレ-4月第3週

-DAY1
白四角 ホワイトタイガー(5.11c) × 絶対これで落とすぜ!と気合い入れてたはずが、実は気合い足らず。またもや核心止められず。
白四角 ホワイトタイガー(5.11c) RP もう今日はこれやるのやめておこうかな…と悩みながらも取り付き、気合いが足りなかった部分はスタできちんと止めるという処理をして無事RP。登れてヨカタ…。 
白長四角 ホワイトボックス(5.11b/c) ×ワンテン。よれた。
白長四角 ホワイトボックス(5.11b/c) ×蛍の光が流れる中、もうワントライ。そしてやっぱりワンテン。さらによれた。

-DAY2
緑四角 ヒール(5.11c/d) × OSトライだったけど、当然のごとくテンテン。5.11bまではなんとかOSトライをまとめられるものの、それ以上のグレードだとぐだぐだになる。実力不足ってことなのだけど。
緑四角 ヒール(5.11c/d) × ぐだぐだから進歩して2テン。

その後は、ルートに飽きてきたやっちんと、1ピン目で落ちてがっくりなダチさんと3人でボルダーセッション。んもー3級とか登れないから、やっちんよ、3級をワタシに振るな(笑)

-DAY3
緑四角 ヒール(5.11c/d) × やはり2テン。だめだこりゃ。
白長四角 ホワイトボックス(5.11b/c) × だめだったけど、ちょとひらめき。
茶色四角 削り(5.11d) × OSトライでまたもやぐだぐだ。
白長四角 ホワイトボックス(5.11b/c) RP やったーー登れたーー。

今週は、白シリーズを2本RPでけました。

どちらも、ほんのわずかな足置きの微調整で整ったという感じ。特にホワイトタイガーの方は核心部での足を上げる順番を1カ所変えただけで、安定度が全然変わってきた。手順はオブザベでもきっちり見るようになったけど、足順までは覚えきれないんだよね…。やっぱ足はクライミングのキモだなぁ~。

d0107938_9454927.jpg
<君たちからたくさんのことを教わりました>

d0107938_9461237.jpg
<ありがとう!>
[PR]
by team-banzai | 2016-04-25 09:48 | のぼら~(インドア) | Comments(0)

TOCS 第3回

T君鬼コーチスクール・略してTOCS、第3回。

いつもの足置きチェックの後、この日のお題は「レスト」。

ワタシはレストが比較的上手い方だと言われるのですが、それは恐らく

・引きつけ力や保持力が乏しいので、レストをしないと登りきれない
・I塾長のレストの教えを相当吸収した

というところから来ているのだと思います。

つっても、レストしにくいところではまだまだレストできないので、たいしたことはありません(^^;;

んで、個人的にはこの日はレストのレッスンというより、「ゆるふわに登る」練習。

実は2年前にすでに「ゆるふわに登れ」とT君から言われていたにもかかわらず、未だにできていないという代物…。

自分の備忘録的に動画を入れてみますと…一度ふくらんでふわっと上がって、ホールディングは少し体が落ちたときに上からかぶさっていく感じ。


<ゆるふわ練習中>



アップでの練習は多少ゆるふわっぽくなってきたのだけど、いざリードとなるとなかなかゆるふわが活用できない。まだまだ体に染みついてないってことやね。

あとは、長らくやっている取り組み。指関節に負担が大きい原因として、肩甲骨がうまく使えてないのと、肩の脱力がうまくできてないのと…というのが考えられます。

またまた、人が見てもちっとも面白くない動画連発。自分の備忘録ですからw


↑ これ、以前の動画です。肩に相当力が入ってるんですよねー。(そしてクリップが下手すぎる件…)



↑ これ、日曜日にスクール生が撮ってくれました。2年くらいかかって、ちょびっとだけ矯正されたでしょうか…!?(そして、いまだクリップが下手な件…)


ゆるふわに登るのも、肩甲骨をうまく使って、肩を脱力して登るのも、センスのある人は自然に出来ているわけで。この年齢からのフォーム矯正は、本当にしんどいわぁ(T_T)(T_T)

ま、地味にやりますけどね。

-----------------------------------

白四角 ホワイトタイガー(5.11c) × これで落とす気満々だったのだけど、まんまと核心で落ちる。
白四角 ホワイトタイガー(5.11c) × ちょっと途中のムーブを変えてみようと試みたけど、悪い方に転がった。ここはいじるところじゃなかったな。ショボーン。 
白四角 ホワイトタイガー(5.11c) × やはり核心で落ちた。んで、核心のムーブをさらに変えてみた。よし、このムーブで行こう。
茶色四角 ヒミコ様(5.11b) OS OSできて嬉しきことかな。でも鬼コーチにOSを報告したら「下の足でパツパツで行ったのか!バカモノ!!」とダメ出しいただきやした。足を上げてせまくなるの、苦手だ…。

そしてスクール後、皆で焼き肉。熱き語らいのひととき。
[PR]
by team-banzai | 2016-04-20 07:35 | T君鬼コーチスクール | Comments(2)

セルフケア・ワークショップ

お天気の良い土曜日、珍しく都内に潜伏。そしてボルダリングの整体院さんの「セルフケア・ワークショップ」に参加してきました。

「リーチを出す方法」というのがテーマだったような気がしますが、結局リーチの話はすぐ終わって(笑)、主にセルフケアのやり方等々。大変役立つ話を沢山聞けましたわ!

わかっちゃいたけど…な話ですが、あらためて納得したのが「回復させる」話。回復期は非常に重要だと、今回のロクスノにも出てたと思うのだけどね。みんな「わかっちゃいるけどやめられな~~い♪」的なところかとw

ワタシの場合、一番悩ましいのは指関節。登って指関節が疲労した後、ほんの少しでもその疲労を上回るだけの回復を指に入れてあげれば、そのほんの少しの上回りが、長いスパンでみれば塵も積もって山となる。

これが、疲労が回復を下回ることを続けていると、塵も積もってどんどん悪くなる。

d0107938_17241934.gif
ちょっとずつでも図のような左肩上がりに(右肩じゃないんだw)善くなりたい…



これは1日登ったら1日休む…という日数的なこと以外にも、3時間登る場合も、1本登ったら少し休むとか、1回のジムトレの中でも作ることができる「回復期」。

今のところ、1回に登る量を抑えているんだけど、ガツガツと登る皆さんを見てると「自分、こんなんじゃダメなんじゃないかな…」とモヤモヤ思ったりするんだよね。

でもやはり、「痛い部位がある場合は、人と同じように登ってはダメ」としみじみ思いました。そんなわけで、モヤモヤ思い悩まず、長くクライミングを続けられるよう、調整しながらやっていこー。うんうん。

ちなみに、一時期はパソコンのキーボード叩くのがつらかった指関節ですが、今はそこまで痛くないのです。これも長いスパンで考えれば、少しずつ回復しているってことで!
[PR]
by team-banzai | 2016-04-19 07:23 | 日々徒然 | Comments(0)

メパトレ-4月第2週

TOCSにめでたくもご入学されたダチさん(♂)、すごく低姿勢で「ボクは5.10cくらいまでしか登れません」とか言っておきながら、いざ登ってみれば軽く5.11b OS、垂壁5.11cをRP。なんだよーー強いじゃんよーー。

この日、ワタシは苦戦していた青バー(ブルームバーグ 5.11b/c)をやっと登れたのだが、ダチさんはこの青バーもさくっとFLしていた。なんだよーー5.12クライマーみたいじゃんかよーー、強いじゃんかよーー。

同じくTOCSにご入学のノリピー(♀)も強かった。やっぱり「OSは5.10cまでです」と言っていたけれど、結局のところルートをあまりやってないってだけで、登ってみれば強いわけで。鬼コーチも「ノリピーは強いねぇ…。登りこみ始めたらすぐに強くなるよ…。」としきりに言っておった。なんでも、下半身が相当強くて安定しているそうな。確かに登ってる体勢があまりぶれない。

あぁ、素質?センス?のある人々がなんとも羨ましい!!!!!

苦戦していた青バー(ブルームバーグ 5.11b/c)は、このブログの記録を見返して数えてみたら、14便目でのRPだった。ずいぶん出したなぁ…。

その前にやっていた白四角(ボテに2つ 5.11c/d)も数えてみたけど12便目でのRPだった。

まるっきりワングレード違うのに、なぜに白四角以上に青バーに時間がかかったか!?答えは明確で「ムーブの固め方」がてんでダメダメだったからなんだけど…。毎回足を置く位置が変わって、RPした時の足位置に落ち着くのにすなわち13便かかったってことなのだすわ。もっと早くに固められたはずなのに。

d0107938_944872.jpg
<14便分の感謝をキミに…>



-DAY1-

青バー ブルームバーグ(5.11b/c) RP やっと登れたよ!
白長四角 ホワイトボックス(5.11b/c) ×ワンテン。RPするにはレストと省エネが絶対条件だなぁ。 
白四角 ホワイトタイガー(5.11c) ×OSトライでしたが、テンテン。皆が悪いというけれど、思ったよりは悪く感じなかった。

-DAY2-

この日が最悪。1日中ずっと眠い感じで頭がボーッとしてる感じ。自分の登りがダメダメなのはいいとしても、ビレイもダメダメでスヌ旦那に迷惑をかけてもうた。大反省。

紫バー まるは(5.11a) × OSトライですが、そのような次第でボロボロのトップアウト
紫バー まるは(5.11a) × ×懲りずにやって、またもやボロボロ。 

あまりの集中力の無さに、早めに帰った。


-DAY3-

とりあえず睡眠を取ろう…ということで、1日レスト。よかった、前回のようなボーッとしてる感はなくなった。

白四角 ホワイトタイガー(5.11c) × おっ、ムーブまとまってきたか!?
白四角 ホワイトタイガー(5.11c) ×核心止められたら行けるんじゃね!?? 
白長四角 ホワイトボックス(5.11b/c) ×下部で突然恐怖を感じてテンション。そしてそのまま降りた。やだなー、怖くなってきちゃったなー。
赤四角 (5.11a) FL まるはがダメだったからちょっと心配だったけど、無事FL。よかったー。でも、核心はリーチで解決しちゃった。てへぺろ。
[PR]
by team-banzai | 2016-04-18 09:49 | のぼら~(インドア) | Comments(0)

TOCS-第2回

T君鬼コーチスクール・略してTOCS、第2回。

いつもの足置きチェックの後、この日のお題は「限界トライ」。

-今日この時点での疲労の具合からみて、ぎりぎり登り切れるかどうかのルートを見極めてトライする。

-登れるかな~どうかな~」ではなく、「登ってやる!」という気迫とともに、疲労の中で粘ること。

そして、各自が限界トライ。ワタシは懸案の青バー(5.11b/c)をトライ。ダメだったけど、突破光は見えてきたかなー。

青バー ブルームバーグ(5.11b/c) × ツルっと手が滑ってフォール
赤四角 (5.11b/c)RP 通算3便目。作戦どおり最後のクリップはなしで。
白長四角 ホワイトボックス(5.11b/c)× うーーっ、右手飛ばしが遠い!!
青バー ブルームバーグ(5.11b/c)× 限界トライの時の1本
青バー ブルームバーグ(5.11b/c)× よれて途中リタイア

ちょうどワタシがこんな感じでやってる時、湯川では白髪鬼のリード第2登がなされた模様。完登したクライマーの「この1本、これで登る」という気迫が文章から伝わってきて、読んでるだけで手汗出てきた。

レベルには雲泥の差があるけれど、自分もその集中力が出せるようになりたい…。OSトライではけっこう集中できるんだけど、インドアでの練習中は、どうしてもそこまで集中できないし粘れないんだよなぁ。

-------------------------------------------------------------------

スクールがスタートし、練習メニューは必然的に増やさねばならぬ。

もはやアラフィフのワタシには、いかに疲労を回復させ、故障せずに練習するメニューを組むことは非常に重要であります。

登る日数を増やして、1回ごとの強度をあまり強くもっていかないようにすべきか、登る日数はそのままに、強度を少し上げるべきか。

先週は、1回ごとの強度を抑えめ(本気トライ3本まで)にしてみたけど、3日間連チャンで登ったので、さすがに指が痛いし疲労感もあるから~。

とりあえず、今週は本気トライ3本のあとに5.11a×2本くらいを追加して、疲労の抜け具合や指の調子を様子みてみっかな。


あと、シモッチの復帰祝いでジンギスカン食べました。スヌ奥は結膜炎発症にて欠席で、スヌ旦那とシモッチと3人で。

d0107938_1352280.jpg
でも、写真を撮るのをすっかり忘れて、肉を全部食べ終わった後の図…

ちょっと呑み直すか~って、なぜかまた肉屋に入る。今度は馬刺し。

d0107938_1354077.jpg
<またピンボケ…(T_T)>

んで、今週はマジがんばっぺ!!と、皆で気合いを入れ直したのでした。

ちなみに、呑んだあとは毎回皆で気合い入れ直してますが、その酒の勢いは1週間くらいしか持ちませんw
[PR]
by team-banzai | 2016-04-12 13:11 | T君鬼コーチスクール | Comments(2)

ボルダーサーキット&清掃 @御岳

ばぶぅさんのお声がけにより、御岳にてリバークリーン。ラフティングの大会「御岳カップ」に絡んだ清掃活動だす。

んで、ならば清掃活動の前に登りませう~~ってことで、10級~5級を登りまくる低グレードサーキットをば。でも、有段者には低グレードでも、ワタシにはちょうどよいグレード感で、普通にボルダーサーキットだったわぁ。

d0107938_10371521.jpg
御岳は桜もちょうど良い感じでした(^^)

上流から攻めていきましたが、中州ボルダーは水没。なので、中州ボルダーの脇にある無名の小石からサーキットスタート。

d0107938_10424071.jpg
トポに載ってないので、あまり登られていないようですね。苔むしています。

サーキットなのに結局白熱しちゃって、1つの小石でけっこう遊んでしまってなかなか先に進めない(笑)

d0107938_10444382.jpg
とにかく小石を見つけたら登る。

d0107938_11175467.jpg
<kazuha写真館より写真拝借>

d0107938_11184496.jpg
<登れてイェ~イなワタシとトライ中なkazuhaの図>


「これ、6級くらいじゃね?」といって登るも、めちゃ悪かったり…

9級のマントルを返しまくったり…

3~4トライで完登できるくらいのんを沢山登れて、充実しました。

d0107938_1045977.jpg
無名の小石だけじゃなくて、デットエンドにも行きましたよ~。他の人が1級とか勅使河原なんちゃらの初段を登ってる間、ワタシはイギトラなぞ。当然できないんだけど(トラバース部分で既にできないw)、2年くらい前に触ったときよりは進歩している自分を発見できた(嬉)

ボルダーの良さってのは、たった1つの小石でも色んなライン&限定で沢山遊べるってことだよな~(*^^*) そしてやっぱりガチャ類がなくて手軽。

d0107938_1048927.jpg
カヌーの人々も沢山。日本代表選手とかも練習してた様子。

d0107938_1048541.jpg
リバークリーンには、パドラー、ハイカー、チャリダー、トレイルランナーそしてボルダラーと色々な人々が集まって。

その後は交流バーベキュー。

d0107938_1051476.jpg
たらふく肉を頂きまして(ピンボケ…)

d0107938_10512714.jpg
青梅大学いも学部という大学芋のお店が御岳にもオープンしたそうで。ここのマスターもいらしてたのですが、バリバリの山ヤだったそうな。差し入れのチップススタイルの大学芋を食させていただきました。今度御岳に来たら、大学芋食べようっと(^^)

あと、ラフティングの日本で唯一のプロチーム・テイケイの皆さんもいらしてて、ワタクシ無知で申し訳ありませんが、今回初めてラフティングという競技があること、プロチームが日本に存在することを知りました。

競技の説明はこちらがわかりやすいかな?

いや~~~色々あるもんだ!!

ばぶぅさん、ボルダーご一緒した皆さん、BBQやリバークリーンでご一緒した皆さん、ありがとうございました!めちゃ楽しかったぁ~~~(^^)
[PR]
by team-banzai | 2016-04-11 11:12 | のぼら~(岩) | Comments(0)

やる気スイッチ・ON

T君鬼コーチスクール、略して「TOCS」が始まり、スクール生は何気に気合いが入ってる様子。

何よりボルダラーやっちんが燃えている。やっちんの目標は「リードでエイッって手をだして落ちる」というものだったけど、さっそくエイッってやって落ちていた(ちょっとしか落ちてないけどw)。そして、完登した以上の拍手喝采を浴びていたよ。でも、もう目標達成しちゃったんじゃない??的な(笑)。

スクール初参加のダチさんは、目標は「現状維持」なんて言ってたけど、いざ始まったら火がついたようで。家がジムから相当遠いのに「やると決めたからには3ヶ月がんばります」と言ってジムに通ってきている。「クライミングはこんなに面白いんだから、そうそうやめられないですよね!」と熱く語っていた。でも、考えてみたらワタシはトレイルランナーだった気がする(だいぶニセモノだけど)。いつからこうなったんだっけ?

ワタシとKスケさんは12台目標のために、今週から11台の登りこみ。お互い11b/cあたりになるとOSできなくなるようだ。これがコンスタントにOSできるようになると12台が見えてくるのかも。

--------------- 今週のメパトレ --------------------

-DAY1-
紫矢印 (5.11b/c) ×OSトライで撃沈。クリップポイントぐだぐだ。 

青バー ブルームバーグ(5.11b/c) ×まだやってんの!??ってくらいやってる気がするし、だんだん高度が下がってきてる。しょぼーん。 

紫矢印 (5.11b/c) ×OSトライでムーブを固めたので、RPするつもりで挑んだけど、1カ所クリップのタイミングを間違えてドボン。


-DAY2-
紫矢印 (5.11b/c) RP前回ミスったとこ修正。青バーに比べればだいぶ楽だった(短いしね)。通算3便目。 

青バー ブルームバーグ(5.11b/c) ×ワンテンだったけど、そのワンテンでだいぶ休んだ。だからこれを通しではできる気がしない。
同じく青バートライ中のKスケさんに、T君鬼コーチがアドバイスをしてるのを横で聞いてて、うんうんなるほど…と自分の脳内にもメモっておいた。Kスケさんとワタシはタイプが違うので(かたや正対師、かたや何でもカウンター)お互いのムーブはだいぶ違うのだけど、「判断が遅すぎる、もじもじしない」ってのは共通だ。

白長四角 ホワイトボックス(5.11b/c) ×OSトライでテン山。b/cのOSはやはりまだまだだなぁ。

 
-DAY3-
青バー ブルームバーグ(5.11b/c) ×ワンテン。前回のトライよりはだいぶ繋がった感がある。次のトライにちょっと期待。 

赤四角 (5.11b/c) ×この間OSトライ失敗して、今日はこれでRPするつもりで挑んだのに、クリップがまたダメダメで結局同じところでテンションしてもうた。もうこのクリップは飛ばして進みましょう、そうしましょう。

乗りこんで遠いホールドを取るというムーブが大変苦手なワタシ。ケンケンに課題を作ってもらって少し練習。大変ためになったよ、ケンケンありがとう!まだ全然乗りこみできないんだけど、挫けず腐らずがんばりまっする。

本気トライ2本のみだったけど、乗りこみ練習できたし3日目だしヨシとしよう。


登る頻度を増やしていくので、故障しないよう家に帰ってからお風呂とストレッチたっぷり。それもあって寝不足…本当は、睡眠取るのが一番の予防策と思ってるんだけど、ストレッチ優先か睡眠が優先か。悩ましい。


d0107938_1350619.jpg
2008年、トレイルランナー(偽)だったワタシ。この頃は、クライミングは年3回くらいだったよ(笑)

これ、50kmのレース(走れるコース)だったんだけど、もう50kmの走る系コースは走れる気がしないなぁ…。
[PR]
by team-banzai | 2016-04-08 13:54 | のぼら~(インドア) | Comments(0)