<   2016年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

バリエーションハイク@丹沢 -シキリ尾根

日曜日は、お散歩さんがご友人方と丹沢を歩くというので、ワタシも混ぜていただきました。

お散歩さんは、ハイクついでにボッカトレをすると言います。んじゃワタシも背負うかな~と思ったものの、青葉でガッツリ登ってちょいお疲れ気味。お初の面々の前で、ボッカしてバテて足引っ張っちゃまずいなーー(あと、やっぱり家から背負っていくのが面倒だな(^^;;)ということで、普通の荷物で家を出ました。

今までは、低山だとトレランスタイルになってたから、ハイキングって滅多にしません。「ハイキングだと何か特別に持つ物ってあったっけ??」からスタートなハイキング初心者モード。ただ、ハイキングといっても今回はバリエーションハイクなのだそうな。登山道ではない尾根を、地形図を見ながら歩くという趣旨でしてね。コース設定は、丹沢マイスターのKマダム。丹沢の尾根を知り尽くしたような丹沢バリエーションハイクの達人です。

コース:道志村キャンプ場~~シキリ尾根~大栂~菰釣山

ここは、北丹沢になるんですかね、西丹沢になるのでしょうかね。はたまた北西丹沢か?(笑)

ともあれ、歩く尾根の位置関係がよくわかってなくて、プリントしてきた地形図に歩く尾根が入っていないといういきなりのミス(苦笑)

d0107938_12513742.jpg
雪は思ったよりありませんでした。

d0107938_12524557.jpg
菰釣山(コモツルシヤマ)まで登って、そこからシキリ尾根を下ります。

d0107938_12532320.jpg
この時期は、葉が落ちてて読図もしやすいですね。時々整地しつつ…

d0107938_12534253.jpg
うわー、木にホールドがあるよ!

林道に降りたところでランチタイム。お散歩さんのステキ野点タイム。

d0107938_12541537.jpg
女子力高いなぁ…。ちなみにお散歩さんのボッカは18kg。

お腹が満たされたら、降りてきたシキリ尾根と平行している尾根を登り返して菰釣山に戻ります。

d0107938_12552551.jpg
朝はガスってたけどすっかり晴れたー。

朝は疲れが残ってたんだけど、のんびり歩いていたら体がほぐれました。やっぱり適度な有酸素運動ってこういう時てきめんだぁなぁ。

d0107938_12562966.jpg
ブナの木の声を聴いてみる。

d0107938_12565946.jpg
どなたかがつけた大栂の山頂のプレートがカワゆす(^^)。 

ブナ林がキレイで静かな山を堪能できました。

d0107938_1334673.jpg
朝は完全にガスってて全然見えませんでしたが、最後は富士山もちょろっとな。この菰釣山からの富士山は絶景なのだとか。

そして、下界に戻ってきて皆で呑み~~。いやぁ、よく呑みましたね(笑)お散歩さん以外の皆さんとはお初でしたが、皆さんとってもステキな方々でワタシもリラックスして歩けました。皆様、ありがとうございました(^^)

d0107938_12583964.jpg
そして、丹沢マイスターにいただいた、手作りの夏みかんのピールとマーマレード。これがね、めっちゃ美味しいの!!!!!感動!!!!!!!!!!

普段やらないバリエーションハイク、新しい世界で面白かったなぁ。「やっちんのOMMへの道」シリーズで練習に取り入れてみてもいいカモカモ(^^)
[PR]
by team-banzai | 2016-03-29 13:04 | 低山シリーズ | Comments(5)

セカンドコンタクトはできませんでした@青葉

今季のテーマは、「アイス」と「フェイス(青葉)」だったわけですが、アイスについては考えていた以上の効果と結果を得られることができたのは、以前に書いたとおり

青葉は…と言えば、アイスにかまけたこともあり、11月に1度行って以来全然行けてなーーい。ダメじゃーーん!!!

ってことで、青葉に行ってきました、with スヌ夫妻、福福さん、姉御、現地にてHカドさんとCエさん。

d0107938_13232095.jpg
<早速いつもの5.9+でアップして>



さぁ、前回ファーストコンタクトをした我がプロジェクトルートへ……

ところが

ぬぉーーーーっ!!ワタシのお目当てのルートはなんと染み出してる(しかも核心部が)

d0107938_13241330.jpg
<我がルートが泣いている(いや鼻水か?)>



ダメもとで拭いてみっかな…とも考えたけど、これは青葉の主が「お前がこのルートを触るのはまだ早い」とワタシに言ってるのかも…。そんなわけで、気持ちを切り替えてRPできてないルートを楽しみましたよーん。

ストリートダンサー (5.11c) TR × シェイクダウン待ちで暇だったのでちびっとな。ポケットが激烈指に悪い
 
シェイクダウン (5.11b) × 
 
バラ色のエアメール(5.11b) ×  ヌン掛けトライ。前回できなかったマントリングムーブ解決できたかも。次行けそう。

バラ色のエアメール(5.11b) × え?そこ落ちるとこ?で滑ってドボン。RP狙えるところなので、トップアウトせず

バラ色のエアメール(5.11b) × またまたえ?そこ落ちるとこ?で滑ってドボン。スヌ旦那が指摘してくれたけど、どうやら足の位置が1便目とは違うところにおいてるみたいで、それが安定してない原因みたい。

シェイクダウン (5.11b) ×  登れそうだけど登れないー。あと数便?

丸中商店の大穴 (5.11a) ×  OSトライ。あの大穴から立ち上がれないんだよーと皆が言うのでやってみたら、確かに立ち上がれなかった(苦笑)このワンムーブができないところがオモロー。

バラ色のエアメール(5.11b) RP 足の位置修正で無問題。最後マントリング返して、やったーーってなって、皆が「おめでとー!!!」って言ってくれて、さぁ回収作業を…ってしたら、足が滑って(砂だらけなんだよぉ)ゴロゴロゴロと上から落ちた。えーーっ、ねぇねぇ、まさかこのゴロゴロ落ちたのでRP取消!???いやいや、ダイジョビよねぇ??
 
疑惑検証(笑)




登った後は、「海幸」で刺身だフォーー!!と盛り上がっていたのだけど、残念ながら予約で満席。他の店も何軒かまわってみたけど、みんな満席。いわきの店、混んでる!??福福さんのガックリ度が半端なかった(笑)。次は予約しておきましょうそうしましょう。

d0107938_1327197.jpg

んなわけで、渋滞なしの常磐道で一気に千葉に戻り、美味しいとウワサの「塩梅」にてトンカツ。旨
し!!!!!!!!!!!!!!

Hカドさんに「外の方がジムより全然体の動きがイイね!」と言ってもらっちゃった。嬉しいな♪ いや、インドアが下手すぎなんじゃね?ってことでもあるけどさ。

ご一緒した皆様、ありがとごいすーーー。またよろぴくーーー(^^)/

ってか、また青葉一緒に行ってくださいまし m(_ _)m
[PR]
by team-banzai | 2016-03-28 13:40 | Comments(2)

今週のメパトレ

雪と氷にまみれたシーズンはほぼほぼ終了(後はGWにちびっとね)。今週から約3ヶ月ほどフリーの練習に専念する所存でございます。

ところで、最近チッピングの話が多いですね。

湯河原・喜望峰の帰還兵に、つい最近一部にチッピングがなされたような…??と聞いて、「帰還兵くらいなら、がんばって練習すればできそうなもんだけどなー」と思っていたのだけど、昨夜見た記事では、「登れなくするチッピング」というのが出ておった。

すなわち、高難度の課題のキーホールドを壊して、登れなくするってこっちゃ。

むーん…何のために…??

自然の岩はいずれにせよ欠ける。人為的であろうとなかろうと。山は逃げないよとよく言うけれど、そんなことはない、山も岩も逃げるのだ。チャンスはある時につかまえないと。チャンスは実は有限なのだから。

最近、ホームジムのホールド替えスパンが前より早くなった。打ち込んでいたジムルートが登れないうちに消えることがこれから増えてくるだろうな。

今も心に残る、登れなかった「ドラゴソナイト」。このネーミングは、セカオワの「ドラゴンナイト」を気に入ったこのルートのセッターのセカイの(カサイの)ヒガシさんがつけたんだよね。そして、この曲を聴くと、今もちょっと胸に響く。

------------------------------------------------------------------------
人はそれぞれ「正義」があって、争い合うのは仕方ないのかも知れない
だけど僕の嫌いな「彼」も彼なりの理由があるとおもうんだ

ドラゴンナイト 今宵、僕たちは友達のように歌うだろう
ムーンライト、スターリースカイ、ファイアーバード
今宵、僕たちは友達のように踊るんだ
------------------------------------------------------------------------


d0107938_10175139.jpg
<あのウネウネにはもう会えない>

ワタシがインドアでさえこんなに1曲聴いただけで、切なくなるのだから、生涯目標的な岩のルートが消滅した悲しみは計り知れない。


------------------------------------------------------------

-Day 1

青バー ブルームバーグ(5.11b/c) × 一週間ぶりであっという間に保持力落ちた。ダメダメ。

茶色四角 ブラウンソルト(5.12a) ×  あまりのクリップムーブの下手さに、動画を撮ってもらう。う~~ん…ひどいなw。

オレンジ 行って寄せて (5.12a) × 最初の核心をあれやこれやと試してみたら、クリアできる自分ムーブ発見(当然、セッターの設定とは違うムーブだけど)でもその上では疲れちゃってもうダメだった。

黄色バー (5.11a) × 何回も登ってる課題だけど、上部核心で失敗してテンション。絞り出し課題のつもりで登ったのになんでやねーーん。

ピンク (5.11c) × やっちんが好きだった垂壁の課題。ワタシは絶対苦手系なので見て見ぬふりをしてきたけど、めでたく(?)今週いっぱいでなくなるので、ならばと1回さわってみた。予想どおり全然できなくて笑えたわ。


-Day 2
青バー ブルームバーグ(5.11b/c) × なんだかねー、最後のデッドで取るムーブがやっぱり繋げるには無理なんじゃないの?右足上げたほうがいいんでないの?…的な葛藤。

オレンジ 行って寄せて (5.12a) × 最初の核心は、前回見出したムーブでなんとか切り抜けた。…が、結局その上でテンショーーン。

茶色四角 ブラウンソルト(5.12a) ×  まったく手が進まない。いつもは何回かやれば進むのに、これは本当にクリップ動作ができない。ソロ君がこの日この課題を落としていた。ワタシとソロ君の違い…圧倒的なパワーの違いがあるけど、きっと他にもまだある。根本を改善しないと無理かもなぁ~ということで、これは4月からのT君スクールで相談してみよ。

その後、絞り出すために5.11aをさわってみたけど、もうガバを持てなくなっていた。アヒー!!登る体力なさすぎじゃ(^^;;

紺バー/カンテ実践 (5.11b) ×今週でなくなる課題。まだやってなかったんだけど、スヌ旦那にそそのかされて、なぜか絞り出し便の後閉店間際にOSトライ。当然テン山なのだけど、あー元気な時にもう1回トライしたら登れるかも。ガバ課題じゃないから、持てなくてもまだがんばれるらしい。
[PR]
by team-banzai | 2016-03-25 18:35 | のぼら~(インドア) | Comments(2)

先週のメパトレ-サイフ落とすの何回目やねん

バタバタしてて記録し損ねていた先週のインドア。

-Day 1

青バー ブルームバーグ (5.11b/c) × 前回より進んだけど、同じく2テン。テンションする位置が異なっただけだったorz…。

オレンジ (5.12a) × FLトライですが、当然核心部ダメダメ。でも、5.12aの中では簡単だと言われてるだけあって、これなら打ち込めばできそうな期待あり。

茶色四角 ブラウンソルト(5.12a) ×  クリップ動作が悪すぎる。でも苦手要素が満載なこの課題、がんばりたい。

青バー ブルームバーグ(5.11b/c) × もう1便行けるかなと思ったけどヨレヨレだった。途中で降りて、辛目5.10dで絞り出し…もテンション。あーー疲れたーー。


-Day 2

ジムに行こうとしてたら、サイフを落としたことに気づく。落とした界隈がかなり特定できていたので、何往復もしてサイフを探す。この際、現金は持っていってかまわないから、他の中身は捨てておいてくれーー(懇願)

サイフには、免許、保険証、定期券、クレジットカード&SUICA、nanaco、その他ポイントカードいくつか等が入っていましたのでね。

警察届けて、クレジットカードとめて、あっという間に21時近く。意気消沈ゆえジムに行かずふて寝。そしたら、サイフを拾ったという方からママンのところに電話が!

なんでママンのところにって、サイフの中には赤岳鉱泉のアイスキャンディー利用証が入っていて、そこに緊急連絡先としてママンの電話番号が書いてあったのじゃー。

ママンには「あんたは何回サイフを落としたら気が済むの!!」(※)としこたま叱られましたけど、翌日おサイフ無事受取。中身全て無事。ありがたや…。拾う神様に感謝!!!!

個人情報うんぬんという世の中だけど、個人情報が書いてあって助かることもある。なんだか面倒な世の中だな。

そんなわけで、先週は1日しか登りませんでした。てへぺろ。

(※)サイフや定期や携帯なくすの何回目かは忘れたけど(つまり忘れるくらいよく落とす(置き忘れる)、実はサイフが出てこなかったのは1回だけ。あとは毎回出てきてる。その度にものすごく反省してるのになぁ…。

--------------------------------------------------

そうそう、八ヶ岳から下山して、評判のJ&N@美濃戸口に立ち寄ってみました。

d0107938_1457271.jpg
リタさんはビーフシチューを食し

d0107938_14581483.jpg
ワタシは洋なしのタルトを。美味しかった(^^)

d0107938_14585165.jpg
そして自分へのお土産。今年は7年に1度の御柱祭です。
[PR]
by team-banzai | 2016-03-24 15:05 | のぼら~(インドア) | Comments(0)

赤岳主稜(からの~~硫黄岳)

2日目

3時起床の4時出発。主稜は混みそうだから早出です。

d0107938_12494372.jpg
文三郎道から主稜へのトラバース地点に着くと、5人組のパーティーがちょうどトラバース中でした。

ワタシはと言えば、やけに足指が冷たい。ジンジンして感覚いまいち。そんなに気温低い??と思ってリタさんに聞くと、リタさんは無問題だという。うーん…ちょっと不安。リタさんが「1ピッチ登ってみて、それでも足指感覚戻らないようなら、敗退でもかまいませんよ」と言ってくれる。

d0107938_1250094.jpg
AM6:15 、とりあえず、取り付きにトラバースする前に、靴紐を少し緩めてみた。

d0107938_1254286.jpg
お天気良好

d0107938_12544153.jpg
こんな好条件の日に敗退なんて悲しすぎる。足指よ、なんとか温まってくれーー(T_T)(T_T)

我らもトラバースして取り付きに。チョックスートン左脇にカムで支点作ったけど、先行パーティーが登っていると雪やら小石やら何やらたくさん落ちてくる。ここでリタさんにビレイしてもらうのは申し訳ないなぁ…ハンガーボルトがある方に、ハーケン打って支点作るかなぁ(持ってるカムのサイズで対応できる割れ目はそっちにはなさそうだった)と思っていると、続々と後続パーティーがやってきまして。いやいや、ここでそんなことしたら渋滞作っちゃうね…「リタさん、ハンガーボルトでセルフ取ってビレイをお願いします」
ちなみにリタさんはこの時、ワタシがカムで作った支点の位置でビレイはイヤだなぁ…と思っていたらしい。まぁそうだよねw。

そんだば登攀スタート。AM7:00頃。

d0107938_1258163.jpg
<取り付きにいる先行パーティーの図>


d0107938_1301647.jpg
AM 7:53。フォローするリタさん

d0107938_1304431.jpg
先行パーティー

d0107938_131599.jpg
阿弥陀岳に日が当たり始める。

d0107938_133439.jpg
AM9:20 フォローするリタさん(この写真ではロープしか認識できないw)

d0107938_1335184.jpg
先行するパーティー

途中途中、先行パーティーを待つ時間あり~ので

d0107938_13254961.jpg
登るメパンナ

途中で先行の5人パーティーを抜かしましたが、「ガイドさんですよね?何人連れてるんですか?」と言われました。あははははは!!!いや、そんなこと言われて嬉しいような恥ずかしいような(^^;; そんな風に言われるほど手際良くなかったです。残置使わず、ハンガーボルトを「ここどうぞ、使ってください」と譲ったりしてたからかな!?

d0107938_13264131.jpg
登るワタシがどっかに小さくいるw

d0107938_13273446.jpg
この先もうすぐ赤岳山頂(北峰)よー。

AM10:00頃、山頂到着!待ち時間入れて3時間。残置無視&待ち時間を考えたら、今のワタシの実力としては上出来なタイムスケジュールだす!!!!

取り付きでハンガーボルトを使いましたが、そこはご愛敬…。こだわって渋滞を引き起こすよりもよかったと思います。それ以外は一切残置使わず、カムとピナクルでやりくりできたしねー(^^)/ 全てのピッチをリードさせていただき、リタさんには感謝感謝です m(_ _)m

d0107938_13294239.jpg
南峰に移動して、記念撮影。

ところで、この日の主稜は大人気。うちらが登ってる間にも続々と取り付きに人々がやってきていました。早出して大正解だったなー。

それでは、リタさんご希望の大同心稜を目指しますか!??(でも遠いなー横岳ー)

d0107938_13304029.jpg
大同心稜で懸垂あるはずだから、ハーネスはそのまま。

地蔵尾根との分岐は、見たらそこから下山したくなるので脇目も振らずに通過。

しかし…本当に遠いな…横岳…。

しかも、奥の院手前の縦走路、こえーーーーーー!!!赤岳主稜のが安心できるのは何故!??皆さん、よくこんなとこ行くよね!???主稜を残置無視でオールリードした後に、罰ゲームを課された気分なんだけど!??(笑)

d0107938_1330587.jpg
奥の院に着いたが、正直疲れているw

d0107938_13314350.jpg
横岳に着いたが、相当疲れている。

d0107938_1332292.jpg
恐らくリタさんも疲れている。

そして、大同心稜下降地点に来たけど、雪が着いてなくてただの急で危ないガレ場。満場一致で大同心稜は降りずに硫黄岳経由で下山決定。

d0107938_13323880.jpg
ぶへーー。PM1:46、硫黄岳到着

d0107938_1357585.jpg
赤岳が…遠い…あんな遠いところから歩いてきてしまった。

まぁ疲れたと言いながらも、PM2:50にテント場にもどれました。罰ゲーム無事終了(笑)

d0107938_16194335.jpg
テント場に戻れて喜びのポーズ。

トイレの前で偶然カトリーヌに遭遇。カトリーヌは小学生の赤岳登頂サポートでやってきたんだってー。しっかり登ってたよ、小学生の女の子。スゴイね(^^) んで、カトリーヌからMr & Mrs YZも鉱泉泊でいるときいて、夫妻にもお会いし、お部屋にお邪魔して焼酎をごちそうになったりしちゃった!ごっつあんでっす!!
[PR]
by team-banzai | 2016-03-22 17:51 | 冬山 | Comments(2)

今季最後の(たぶん)八ヶ岳へ

3連休は、北リタ師匠のリクエストによりゆるっと八ヶ岳・赤岳東稜……の予定でしたが、初日の天気が微妙。沢筋のルートゆえ雪崩れのリスクも考慮して、別ルートに変更することにしましてん。

いくつか案をあげて、最終的に決まった代案は「八ヶ岳・赤岳主稜」。リタさんが八ヶ岳の西壁はまだ登ったことがなくて、今までも何回か主稜を企画したものの、色々な事情で流れてばっかだったんだよね~。

今回のテーマ(?)は「ゆるっと行きましょう」(^^)

赤岳主稜だけど3日間まるまる使う。車がないし、お金も節約したいし…で、青春18切符利用の鈍行の旅(そうは言っても、一人6300円くらいかかってるから、車があるなら二人でも車のが安い)。初日はテント場に上がるだけ。2日目に赤岳主稜登って、降りてきたらまたテント泊して、3日目にのんびり下山。なんと贅沢なスケジュール(鈍行移動だけど)。

この行程に案が落ち着いた時、密かな野望がむくむくと沸いてきましてね…

メパ「赤岳主稜、残置支点使わずにリードしたいんですが…、できれば全てナチュラルプロテクションで」

リタ「かまいませんよ。最悪、暗くなる前に山頂に着けば行者小屋に辿りつけると思うので、納得いくまでやって下さい。」

リタさんも快諾してくれました。やった!!!

金曜夜、リンクカム3本を荷物に追加。一応ハーケンとイボイノシシも持つけど、これらはどうしてもの時以外は使わずに、残置無視&可能な限りナチュプロで登るつもり。そもそもハンマーはアックスのハンマーなので、これでハーケンとか打てる気がしないのだけど(^^;;;

------------------------------------
1日目

朝7時40分に新宿駅集合。鈍行列車でドコドコと移動して茅野駅着12:09。茅野駅でランチしようと思っていたら、美濃戸口行きバスがもうすぐ発車だったので、急ぎバスに乗車。美濃戸口着13時くらいで、八ヶ岳山荘で早速ランチ。ワタシはキーマカレー、リタさんはラーメン。懸念していた雨は、茅野に着くころには止んでました。よかったー。美濃戸口についても雨止んでなかったら、今夜は八ヶ岳山荘に泊まろうなんて話していたのだ。

d0107938_1228513.jpg
ここに来るのも今季最後……(多分w)

残置無視で登りたいと言った手前のギア類が重い。あぁ重い。

メパ「南沢登るの面倒だなーー、ねーリタさん、赤岳鉱泉のテント場にしません??北沢の方がだいぶ楽ですよ!!」(注:そもそも主稜を登ると言ってるのに、行者小屋へのアプローチ程度の登りをいやがるのはおかしいw)

リタ「おーー冬の鉱泉のテント場泊まったことないから泊まってみたいし全然いいよ。そしたらさ、実は昨夜からひっそりこっそり考えてたんだけど、主稜登ったら、大同心稜を下降してみたいんだよねー。どうかなー。」

メパ「前に、大同心稜下降したことありますけど、懸垂しましたよー。確かに硫黄岳経由よりも早く鉱泉には下山できると思いますけどー」

りタ「えーーっ、懸垂!??歩いて楽々降りられるルートだと思ってたんだけどなーー」

そんな会話を繰り広げながら、北沢をゆっくり歩いて美濃戸口から2時間ほどで赤岳鉱泉到着。かなり気温が高くて汗だく(T_T)

テント設営のち、宴会して、カムを使ったことないというリタさんに回収方法など説明して(っていってもトリガーを引くだけだが)、「これ1本16000円しますから(リンクカムなので)、何がなんでも回収してくださいね!」と脅しつつ。

夕食は、先日の天狗尾根で、お散歩さんが作ってるのを見て「美味しそう!ワタシもやろう!」と思った一品。

d0107938_1228965.jpg
「釜揚げしらす丼」だす。大根おろしも入れたでー。

そして、明日のために就寝…zzzzz
[PR]
by team-banzai | 2016-03-22 12:44 | 冬山 | Comments(2)

三連休です

メパトレ記録を書きもれたままですが、三連休突入です。

行こうとしてたエリアは、明日の雨と雪崩の危険性を考えて回避、別ルートに行きます with 北リタ師匠

リルートした先は楽なスケジュールなので、ならばと、残置支点使わず、全てナチュプロでリードしたいと言ったら快諾してくれました。


「最悪、暗くなる前に山頂に着けば行者小屋に辿りつけると思うので、納得いくまでやって下さい。」
 
信頼関係が築けている相手と登れるのは、幸せ~( ´∀`)

今週の課題

●謙虚であること
●常にパートナーの安全を考えること
●ちゃんと下山すること

全て当たり前の事なんだけどね。

ともあれ、ワクワクして来ました!

[PR]
by team-banzai | 2016-03-18 22:41 | Comments(0)

八ヶ岳・天狗尾根-沢ポチャでまさにドボン

ラストのアイス予定が中止になり、さてどうしよう??ってところで、同じくアイス予定を中止し、八ヶ岳の天狗尾根に行くというYZ部長とお散歩さんに混ぜてもらえることになりましてん。お散歩さんのリーダートレーニングを兼ねた山行だそうな。

んで、久しぶりの地獄谷、久しぶりの出合小屋までのくそ長い林道。

林道歩きが早いYZ部長はつったかたーーと歩いてあっという間に見えなくなってしまい、お散歩さんと二人でマイペースで歩いていたのですが、その久しぶりの長い出合小屋までのアプローチで、あろうことかワタシ沢ポチャしました…orz。ひっくり返って腰まで浸かり、左足は靴の中も浸水してしまいました。

d0107938_1522227.jpg
<ここで沢ポチャしたわけではない>

あーーなんてこと(T_T) 冬に靴の中を濡らすとは命取りざんす(T_T)(T_T) この日の予定は、荷物を全て背負ってカニノハサミ手前の幕営適地まで上がる予定でした。しかし、この濡れた靴&靴下のまま標高を上げるのは凍傷になる可能性も考えられます。

とりあえず出合小屋まで行き、先に到着していたYZ部長に事情説明。ひとまず靴下と靴を乾かしましょう、そうしましょう。

d0107938_1522977.jpg
<皆に協力してもらって乾かすの図>

さて、どうしたものでしょう。

ワタシ「一人でこのまま下山して、電車で帰るよー。」
お散歩さん「今夜はこの出合小屋に泊まって、靴と靴下しっかり乾かして、明日日帰りで天狗尾根アタックにしては!?」
YZ部長「全装備背負って行くからトレーニングになるんだ。荷物をデポして日帰りアタックでは意味がない!」「パーティーを組んだからには、別行動はダメだ!」

ワタシが一人で帰ることは論外なのだそうだ。ここは色々な意見があると思いますが、「パーティーは一緒に行動する。敗退するなら全員で敗退。」は山のセオリー。でも、まだこの地点は完全アプローチ。個人的には八ヶ岳で美濃戸口から美濃戸まで林道を歩いている途中に靴を濡らしてしまい、美濃戸から一人で引き返していいっすかー?くらいの勢い(まぁこの出合小屋は美濃戸よりもっと山深いけどね)現在の状況は「敗退するなら全員で敗退。」というセオリーには当てはめなくてよいのでは…と思ったりするのです。そして、ここで一人で帰ることができたら、どれだけ心が救われるだろう…。

偶然にも、その日の出合小屋にはYZ部長とお散歩さんの山岳会の別パーティーもやってきていました。我々は替えの靴下を持ってなかったのだけど、この別パーティーのうちのお一人が、替えの靴下を持っていたのであります。何でもやっぱりこのアプローチで沢ポチャしたことがあって、それ以来ここに来る時は替えの靴下を持ってくるようにしているのだとか。さ・す・が!!!

靴下をお借りしたものの、靴はまだ乾ききってないので、凍傷の不安はぬぐえません。ワタシは足も手も凍傷になったことがあるので、この状態で高度を上げることにはどうしてもナーバスになってしまうのです。こういったトラブルも、色々な条件を経験して、「ここまえは耐えられる」という経験値をあげてゆくものでしょう。でも、また凍傷になったら、4月からのクライミング強化月間も何もかも台無しになります。それだけは絶対にイヤ。

もし、凍傷と紙一重のところまで耐える覚悟がないならば冬山をやる資格がないと言われるのなら、ワタシは冬山はもうやっちゃいけないと、この時思いました。

結局、上に向けて一度は出発したものの、足指はなかなか温まらず、大事をとって出合小屋に戻りました。そして1泊して翌日日帰りアタック案に変更。急遽、パーティーに加えてもらったワタシが、二人には多大なるご迷惑をお掛けし…本当に申し訳ないです。

d0107938_1524251.jpg
<出合小屋にて宴会開始の図>

翌日、風は強かったですが、無事天狗尾根を登り詰めることができました。

d0107938_1525485.jpg
おはよう、富士山。

d0107938_1517766.jpg
権現&旭もおはよう。

d0107938_15202294.jpg
登る二人。

d0107938_15214875.jpg



d0107938_15223361.jpg
ザイルを繋ぐ二人。

d0107938_1523599.jpg


d0107938_15232434.jpg
縦走路に合流。

しかし、縦走路にはトレースがなーーい!!!ラッセルじゃーーーい。

d0107938_15234834.jpg


d0107938_152825.jpg


d0107938_15254559.jpg
右から、ニセ天狗、大天狗、小天狗。

d0107938_1526148.jpg
ツルネ東稜を下降。

d0107938_15263923.jpg
おや、奇遇ですね!出合小屋に戻ったら、おやおや、I塾繋がりのお嬢様がお二人いらっしゃいましたのよ(*^^*)

d0107938_1536476.jpg
下山して、お風呂に入って、中村農場の濃いい卵がけご飯を食しました。美味しかったーー。

色々ありましたが、登れてよかった。ご一緒したお二人、本当にゴメンネ&ありがとう。
[PR]
by team-banzai | 2016-03-14 15:43 | 冬山

メパンナ的アイスシーズン終了

冬が終わろうとしています…。いや、まだ今週まで寒いみたいだけどね!
今年1月に今季(冬)の抱負として以下3つを上げていましたが…
1.アイス強化
2.岩はフェイス
3.Jヶ崎は行かない(抱負なのか?w)

「2.岩はフェイス」以外は達成。1のアイス強化計画がうまく行き過ぎて、岩に行く暇がなかったという顛末。

前にも書いたけど、アイスについては、シーズン前にやる気とは裏腹に「パートナーいないーー」っていう状態だったのに、いざシーズンインしてみたら、意外と組んでくれる人がいた次第(嬉)。

シーズン最初にgeraniumさんと裏同心登って、その時に偶然赤岳鉱泉の前でYZ部長とお散歩さんに遭遇したんだよね。その時に「一緒にアイス行くかー!」と声をかけていただき、伝書鳩的kozzzzyさんが「YZ部長がメパさんにアイスーって言ってるよ」とビックロックから連絡をくれ、そこからスタートしたYZ部長によるアイスムーブご指導。

いやーー、このご指導が見事にはまったね!!

南沢大滝をリードするってのが今季のアイスの目標だったけど、オマケで大同心大滝も乙女の滝もリードでけて満足満足。予想以上に上達することができたと感じてますが、これもひとえにYZ部長のおかげです。多謝多謝多謝、YZ部長に足を向けて寝られないわぁ。

我がたいして長くないクライミング人生の中で、3大「目から鱗的教え」

1.I塾長から無料体験講習でレスト&足置きを教わる
→→→ 格段にレストがうまくなった。足置きのなんたるかもわかって、足を意識して登れるようになり、一気にジムグレードがアップした。無料体験でこんなに効果が出るなんて、自分ってなんてお得(笑)

2.T君鬼コーチによる教え色々
→→→ 色々ありすぎるので、詳細は割愛w 

3.YZ部長によるアイスのムーブ指導
→→→ すごく安定してリードできるようになりました。

さて、自分のアイスシーズンは今季はこれで終わりですが、来季が今から楽しみです。あー早く冬にならないかな(笑)

d0107938_1751673.jpg
今季ご一緒いただいた皆様…

d0107938_17512322.jpg
また来シーズンよろすくぅ~~~!!!
[PR]
by team-banzai | 2016-03-12 08:00 | 日々徒然 | Comments(0)

今週のメパトレ-ちょっとお疲れモード

暖かくなってきたなーと思ったら、また寒くなったね。

ジム練も、1日目は暑い暑い(エアコンいれて欲しいくらい)言いながら大汗かいて登って、2日目は寒い寒い言いながら登りました。

---------------------------------------
-Day 1

茶色四角 ブラウンソルト(5.12a) × 半手進んだかも(^^;;
青バー ブルームバーグ(5.11b/c) × トップアウトせず降りてきたんだけど、なんでトップアウトしなかったんだっけ??と、今ブログを書きながら疑問に思っている。

ルートが空かなかったりだったので、基礎トレしたり、キャンパしたり(ぶら下がってただけだけど)、持久力トレしたり、他の事をやった1日。


-Day 2

青バー ブルームバーグ (5.11b/c) × 2テン。ちょっとこのルートの登り方がわかってきたカモカモ??
オレンジ四角 (5.11b/c) ×落とす気満々で取り付いて、力尽きてワンテンというダメダメっぷり
茶色四角 ブラウンソルト(5.12a) × 到達高度が下がった気がする(^^;;
オレンジ四角 (5.11b/c) RP通算3便目。リーチ課題で、ワタシより小さい女子は苦労すると思う(自分のリーチはギリ)。水色バーの5.11b/cと同じグレードだけど、リーチがある人にとってはこっちのが全然簡単。


1日目に、キャンパにぶら下がったりしたせいか、背中と上腕がお疲れモード。ここんとこ、指にテーピングしないで登れてる。相変わらず指は曲がってるし浮腫んでるけど、それほど痛くない。背中疲労はあれど、指的にはいい感じだー。

ちょっと忙しくてボルダーができてないのが難点だけど、3連休終わるまでは山で忙しいから、それまでは仕方ないか。
[PR]
by team-banzai | 2016-03-11 12:55 | のぼら~(インドア) | Comments(0)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai
プロフィールを見る
画像一覧