<   2015年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

【女子登山部】SPA TRAIL 2015 (38ケロ)

不定期開催、女子登山部の部活、今回はSPA TRAILのレース。72kmと38kmの部門があって、リンリン曰く「72kmは前半ずっと林道を走ることになるから、38kmのがおいしいとこ取りのコースで楽しいと思う」だそうな。そんなわけで、女子登山部の部活として短い方に参戦でございます。いざ草津へ。

短い方…といえど、38ケロ。ここんと走っても15kmくらいだし、とにかく圧倒的な練習不足(月間走行距離50kmあるかないか…)。加えて、20km以上走ると痛んでくる足首…おおぅ、ヤバす!!

草津で温泉につかりながら、「走ると足首痛くなるからさー、もうワタシ最後尾からスタートして歩き倒すことにするわ!」と宣言。たらふく夕飯を食べつつ、ほえるちゃんとリンリンは飲まない中(リンリンはもともとお酒が弱い、ほえるちゃんはお酒でやらかしたらしくw禁酒中)、ワタシは缶ビール1缶、生ビール2杯。ここで飲まなかったからといって明日劇的に走れるわけじゃないしーと言いながら。そして、嵐にしやがれが特番で今週は放送がなかった、ちっ!と言いながらふて寝。

d0107938_13282658.jpg

「草津堪能中」


翌朝は、5時過ぎ起床。スタートは10時なのになんでこんなに早起きせねばならんねーん。って、スタート地点はここ草津ではなくて野反湖。草津から1時間半の移動となるため、7時にバスが発車するのであ~る。野反湖スタートの草津ゴールで38ケロってわけですわ。

d0107938_13175644.jpg

「朝起きたら晴れてた」


野反湖…ここに来たの、2008年の志賀野反トレランドロンコレース以来だ。

d0107938_13201644.jpg

「久しぶりのK様」


d0107938_1321666.jpg

「ワタシはいつものinoxマリーザックよ♪」


最後尾からスタートと言ったものの、本当に最後尾からスタートするって難しいのね。とりあえず極力後ろからスタート。歩き倒したいのだけど、最初は皆走る(まだ元気だしね)。トレイルの幅から、歩きが許される状況ではなく、仕方なく流れを止めない程度に走る。

d0107938_13223173.jpg

「野反湖フォー!」


d0107938_1323542.jpg

「ガスも少しはれて、周りの山々が見えてきたよ」


d0107938_13235440.jpg

「スマホのカメラでは全然わからないけど、ハナミズキがキレイ」


12kmあたりの最初のエイドまでは流れに乗ってたんだけど、練習してないから既に下りの筋力がわらわら(^^;; 前はこのあたりからペースがあがっていったんだけど、もはや人には抜かされるばかり。
お約束の足首痛も22kmくらいから顔を出し、ひーひー言いながら、7時間近くかけてようやくゴールにたどり着きましたとさ。

d0107938_1325379.jpg

「とりあえず、お約束の記念撮影」


前日の朝まで、日曜は雨予報だったけど、結局雨に降られることなく。朝は寒いくらいで、昼間もそれほど暑くなることなく、良いコンディションでした。お天気ありがたや。それでもトレイルはネチョネチョ箇所がけっこうあったので、雨が降り続いていたら、ひどいことになっていた気がするよ。

リンリンとほえるちゃんはワタシより30分ほど早くゴール。

リンリン、まさかのシューズ忘れ(おおぅ、致命的!)。お友達からシューズを借りての出走でとりあえず走れたけど、当然足にマメ。

ほえるちゃん、腹ぎゅるぎゅる。(朝、豆乳と牛乳と飲むヨーグルトと野菜ジュースを飲んでいたので、「飲みすぎだよ!」とリンリンに叱られていたw)

皆、いろいろだーなー(笑)。
[PR]
by team-banzai | 2015-06-29 13:31 | トレイルレース | Comments(0)

今週も地味練

先週はクライミングの地味練は2連チャン×2とインドアで続けたので、指関節痛がきつい。やはり2日続けて登るのは指が回復しなくてヤバすだー。

しばらく水曜日のニコニコレッスンは控えるかな…。この水曜がなければ、火・木で登れて理想的だし。

そんなわけで、クライミングは指レストのため今週は1日のみ。他の日は筋トレと有酸素運動に励んでおりました。

ランでもクライミングでも肩甲骨まわりがあまり動かせてない気がします。んで、そのようなアドバイスもある友人からいただいたこともあり(Thanks !)、今週は特に肩甲骨の動きを意識して筋トレも。

初めて、スポーツジムでスタッフの人に補助してもらって懸垂トレしたよ。うほーー。いつか1回くらいは懸垂できるようになりたいな。

ところで、指サポーターみたいなんを買ってみた。

d0107938_13385473.jpg
ゴルフ用品です。テーピングがいつもめくれてきちゃうから、こういうのならどうかなと。でも、指が腫れてるし、もともと指太いのもあって、Lサイズを買ったけどそれでもちと小さい。指先鬱血気味(ダメじゃん!?w)

バスケやバレーボール用のもあるのよね。ゴルフ用とだいぶ違うのかしらん??

----------------------------------------------------
◎今週は1日のみのメパトレ
ルートのみ

アップで5.10cまでいろいろ

5.11a 白四角  再登
5.11a 緑バー  再登
5.11a オレンジバー OSトライで取り付いたものの、核心のムーブに悩みいったんクライムダウン。再度時間を開けてトライ。フラッシュでけたけど、核心のムーブ、もうちょっとキレイに登りたいな~。やっちんのマッチするムーブはワタシには難しい!

地味練も既に3週間近くやっているので、5.10b までの日 → 5.10dまでの日 → 5.11aまでの日と、少し強度をあげてみている。この日の5.11aは2本が既に登れているやつだったけど、前より全然楽に登れたから、自分としては◎。指レストで3日間指を休めたのもよかったのかも。

んで、意識したのが効いてるようで、翌日は肩甲骨あたりがかなり疲労。でも、実は二の腕も疲労。ってことはけっこうがんばって引きつけてたのか!?肩甲骨界隈で保持するようなイメージだと、結局二の腕での引きつけもかかわってくるよね?あれ?違う??
[PR]
by team-banzai | 2015-06-26 13:51 | のぼら~(インドア) | Comments(0)

地味練は続くよどこまでも

週末はミズガキ2 DAYS…の予定が、雨で中止(T_T) 梅雨だしね…こればっかりはね…。

そんなわけで、1日はうん年振りにて川口PUMP。もう1日は日吉ビックロックで、ジム練2 DAYS。

d0107938_1432529.jpg
<我がホームジムと比べてちょと暗い…>

パンワン(ってカタカナで書くと何物だかよくわからんな)は施設が古くて暑い…というイメージだったけど、だいぶキレイになったような。スヌ旦那やジーニー氏にところどころ指摘をもらいつつ、5.10bまででひたすら基礎トレ。体のポジションに気をつけるほか、指を握りこまずにホールディングする…ってのをやってたんだけど、1度に2つ気をつけるのはまだ無理みたい。指にばかり意識がいっちゃって体のポジションがぐでぐでだった。

日吉ビックロックではそれを反省して、とりあえず指の握り込みは置いておいて体のポジションのみに集中。前回ビックロックに来たのは5月中旬だったので、1ヶ月ちょいぶりだー。

5.10cくらいまでをとにかくポジションに気をつけて何本か登ってみました。んで、皆がルーフに取り付き始めたので、ついついワタシも一緒になってルーフ課題にトライ。前回めっちゃ必死のトライになったBIG WALL(って名前であってる?)の赤T(5.10d)をやってみたら、今回はかなり楽にRPできちゃった(1ヶ月前のムーブを覚えていたとかではない)。あれ?この間めっちゃ必死でぜーぜーはーはーだったと思うんだけど??

基礎練の動きが少し体に覚え込まれてきたようで、自動的に楽に登れてしまったような?基礎練・地味練は目に見えての効果が少ないから時々ツライ(飽きるw)けど、あーーなんか下地が底上げされてる気がするーーーと実感できてよござんした(^^) ま、「力強く登る」って厳しい課題がこの先大きく立ちはだかると思うけど。

日吉ではTeam Double★JUN feat.戦略家ST氏だったのですが、ツヨツヨボルダラーのJunさんの力強い登りを見て、いつか自分にもこの力強さを…とココロに誓った日曜。岩には行けなかったけどこれはこれで良き週末でしたー。

ご一緒してくれた皆様、多謝多謝!!!


d0107938_14311959.jpg
今回は整骨院のセンセーに勧められたのもあって、より固定力の強いバッテン巻きでテーピングをしてみたけど…

d0107938_14313344.jpg
指の付け根のアンカーで圧迫されて、腫れる部分が寄せられてもうた。自分の指ながら、パンパンすぎてちとコワイ…

でもアンカーでとめないと剥がれてきちゃうんだよねぇ。
[PR]
by team-banzai | 2015-06-22 14:42 | のぼら~(インドア) | Comments(3)

指関節の痛み②

◎ルートの日

ワタシの指関節痛について、T君鬼コーチがいろいろアドバイスをくれましてん。

原因がどれなのかはっきりしないのですが、原因となっている可能性のある事柄を一つずつ消してゆこうじゃまいか!ってことで、色んな方角から検証。

アドバイスを受けていると、周りの皆様が「なにーーなにーーーなに教わってるのーー」と興味津々にやってくる。そしてその上達のためには何でも吸収したるぜ~~的な貪欲さよ(笑)

肝心のワタシといえば、色んな事をやりすぎて最終的に動きがバラバラになっておりました。クセを矯正するって、本当にきつい…(T_T)。でもやらねば。


◎ボルダーの日

クセ矯正を心がけつつボルダー。んが、しかし、指関節がきしむ。

クセ矯正を考えながらムーブを起こそうとすると、今までできた課題も全然登れなくなった。さらに指関節がきしむ。いや、指関節が痛くなくたって多分登れないんだろうけど(苦笑)

本日の課題は全部で6課題あったけど、登れたのは一番簡単な1本のみ。あまりのダメダメっぷりと指関節の痛さに、真剣にインドアのクライミング休もうかな…と考えてしまった。マイナス思考全開バリバリ(^^;;

あと、指とは関係ないけど、下半身と上半身の動きがなかなか連動させられない。ちょっと遠いホールドを取りに行くのに、フンガーー!!と足で踏み込むも、それにあわせて手が出ないんだよね…。これは対策として、T君鬼コーチから片足ケンケンジャンプ(何のこっちゃw)をせよと課題が出てるんだけど。

--------------------------------------------------------
今週は、あともう1日登りたかったのだけど、やっぱり指休めに。

この指は、1ヶ月くらい完全レストすれば痛みはだいぶとれると思うのですが、結局クライミングを再開したらまた痛くなるわけで。なので、やはり根本的な「登るフォームの改善」的なところをがんばらないといけないな~と。

ちなみに何年も悩まされているランで出る右足首の痛み。

これはランのフォーム改善にいそしんでいますが、なかなか良くなりませんねぇ。っつか、全然走れてないのに、悪化してる感じ。25km以降に出ていた痛みが、最近は10kmくらいで出るようになりました(汗)。なんでやねん!

今は、やりたいベクトルが走る方向じゃないから、あんまり深刻にも考えていないけど…何にせよ、痛いのはヤダな。
[PR]
by team-banzai | 2015-06-19 10:56 | のぼら~(インドア) | Comments(0)

ナスが出たら欲しいものリスト

1.60mのシングルロープ……長いルートをやりたいなら、いい加減自分で買わないと。

2.オートロック機能のあるビレイデバイス……グリグリ2かクリックアップ

3.ピンクソリューション1足……今履いてるのがダメになる前に買って慣らしておきたい

4.キャメ色々……買い足したいんだよな~

5.クライミング用のステキなパンツ……かっちょえ~やつが履きたい


優先度から順番に。 ま、全部は買えないんだけどね。でへへ。


ナスが出ますように!!!!!
[PR]
by team-banzai | 2015-06-18 10:30 | 山・ランニング・トレラングッズ | Comments(0)

久しぶりにトレランっぽく

眠いぜ~~前日地獄でひーひー言わされて足が疲れているぜ~~!!と言いながら、気合いで起床。

再来週のトレランのために、ちょっとでも刺激を入れておかねば…ということで、トレランもどきをば。うん年振りかで高尾山界隈へ行ってきました。うちからだと、乗り換え少なくて電車で爆睡できるから楽ちんで行けるのです。

コースはいつもの高尾山口から南高尾で、大弛峠を経て城山のコース。帰路は稲荷山コースを下って、16kmくらいかしらん。高尾の表銀座(いわゆる高尾山~陣馬山)は特に城山までは人も多いから、比較的避けることが多いです。

この南高尾コース、最初にトレランで来たのは2006年くらいのことだったと思うのですが、その頃と比べたら断然このルートにも人が増えました。前は誰に出会わないくらいだったのに、今回はけっこう遭遇。

d0107938_11241742.jpg
道標とかも以前に比べて立派なものが設置されてます。

あと、女子の単独トレランの方が何人かいたのも驚き。前は本当に遭遇しなかったもの。時代は変わりましたねぇ…(遠い目)。

d0107938_1125184.jpg
城山でおにぎりタイム。なめこ汁はなかったので、ノンアルコールビールなぞいただき。そしてニャンコはまだ存命していた。ホッ。

ところで、城山(しろやま)を「じょうやま」と読んでしまう、ワタシはすっかりクライマーだな~(笑)

帰路は来たルートを戻るか、高尾山方面に向かい稲荷山コースを下るか悩みましたが、きれいに整備されたと言われてからまったく来てなかったので、高尾山方面に向かってみました。なるほど木道がすばらしい。さすがに高尾山山頂はパスして下山したけど、すごい人なのでしょうねぇ。

d0107938_11254366.jpg
お花がキレイでしたわ(*^^*)

夕方には自宅に戻れちゃった。むふ。

明るいうちに帰宅ってなんだか新鮮だわ!!と感動しつつ、トレランと言いつつほとんど歩いていた気がするので(ただのハイキングじゃん…)反省しつつ、ビールをかっくらったのでした。

トレイルの走り方(特に下り方)、忘れたな~~~。でもやっぱり早起きは三文の徳!起きて山に行けてヨカタ~~気分リフレッシュ!! 

(実は先週も山に行こうと思ってたのに、起きれなくてアウトだった)。
[PR]
by team-banzai | 2015-06-16 12:10 | 山走り(トレラン) | Comments(0)

ミズガキ・地獄への入り口

土曜日は、オッツー親分チームに入れてもらって瑞牆のクラック地獄エリアへ。

お初のエリアなので楽しみにしていたのだけど、前日の雨がどこまで残ってるか不安。行きの車でぎりぎりまで、乾きの良さそうな別エリアにするか検討がなされてましたが、結局当初の予定どおり「地獄へ行きましょう」(って不吉な言い回しだw)ということに。

アプローチは30分強ってとこですかね。思ったより近かったです。そして、岩は乾いてました。ヤッタ!!!

軽く地獄エリアを見て、その奥の奥地獄に行ってみました。でも、見た目がパッとなしないと不満毛が生えてきたオッツー親分。マダムミッチョンとともにリアス式エリアに移動。

ワタシはせっかく来たしで、Kクラック(5.9)に取り付くことに。でもこのKクラック、終了点が奥まっているため、リード&フォローで登るようトポには書いてあります。アップがてら、ミスターフレンズとジーニー氏(ともに誰?w)がフォローしてくれるというので、お言葉に甘えてワタクシがOSトライをば。

ミズガキの5.9ってこんな感じよね~~いやな感じよね~~っていう5.9でした(笑)

そしてセカンドでミスターフレンズ、サードでジーニー氏なのですが、なんとジーニー氏、左足は運動靴で上がってきましたよ。ジムでクラックの練習してて、足指を怪我しちゃったそうで、クライミングシューズを履こうとしたけど入らなかったそうな。片足運動靴でも登れるって(しかも5.10のアプローチシューズとかじゃなくて普通の運動靴)さ・す・が!

IクラックとYクラックは登るのやめて、リアス式エリアへ移動。オッツー親分とマダムミッチョンがちょうどジャイアント・ジャム・サンド(5.10a)を終えたところでした。なかなかステキなルートだとの感想。

d0107938_12292468.jpg
<ジャイアント・ジャム・サンド(5.10a)>

ワタシももちろんトライ。トポには、シンハンド~フィストと書いてありましたが、自分にはハンド~微妙フィストってとこかな。フィストの決まりがすごく甘くて(つまり50%くらいしかきいてない(^^;;)、最後のワンムーブにだいぶ悩みました。瑞籬らしからぬ(!)、登りやすいハンド。

お次は海豹(5.9)。見た目ワイド。でもワイドムーブはあんまり使わない。意外と登りやすくて、私的体感だけど、最初に登ったKクラックより簡単。

d0107938_12302889.jpg
この形状が海豹の体のラインに見えるということで名付けられたそうな。確かに!

その後は地獄エリアに移動。ワタクシ、3ピッチの「バケモノ屋敷」を登りたいのですよ~。マダムミッチョンに「登りませんか??」と声をかけておったのですが、マダムは他のルートを登っているところでした。そしたらミスターフレンズが付き合ってくれるというではないですか(嬉)

うほうほ言いながらバケモノ屋敷入り口へ…。

d0107938_12312919.jpg
<おどろおどろしい入り口>

トポでは下記のようになっておりまして、ワタクシは奇数ピッチを担当

1P目 5.6  20m ほとんどプロテクションの取れないチムニー
2P目 5.7 10m チムニー
3P目 5.9 15m チムニーから最後はハンド。

ミスターフレンズ、なんでこの名前かって(ワタシが勝手にブログ上で書いてるだけですが)、ギアが全部棒フレンズなんですよぉ。

d0107938_12371061.jpg
全部色がグレー(爆)!

すみませんすみません、ワタシそれでなくても登攀力ないのに、フレンズ(しかも昔の)で、瑞籬の5.9をリードできる自信ないっす!!!

…ということで、ジーニー氏のキャメをお借りして、キャメ2セットにしてスタート。

大きな木が見えるので、あそこでピッチ切りますね~~と言いながら離陸。ほとんどプロテクションの取れないチムニーと書いてあるけど、何故かそれなりにプロテクションを決めながら登る。んで、大きな木まであと3m弱ってとこで、ん~~ここのフェイスはちと難しい…右奥にチムニーがあるのでそちらに移動。あぁ、そうよね、チムニーってトポに書いてあったしね。

ヘルメットが邪魔なので、はずしてチムニー内をずるずると。無事目的の木に到着してセカンドを上げます。ワタシがチムニーに入って登ったところ、ミスターフレンズはフェイスで登ってきた。う~~ん…さすが、外の5.12cを軽々登るお方、このくらいのフェイスはものともしないのね(^^;;

しかし、ビレイをしながらふと思う。20mってこんなに高いっけ?スタート地点からここまで、ずいぶん高く見えるのは気のせい??

そして、次のピッチはミスターフレンズがトップ。チムニーのルートだから、この右奥のチムニーに入るんじゃないですか~??と言いましたが、えーーっやだなぁーーと言いながらチムニーの入り口をスパイダーマンで登り始めるミスターフレンズ。

ところが。

トポでは2ピッチ目は10mってあるのだけど、どう考えても10mを越えて登っていくミスターフレンズ。しかもピッチグレードは5.7なのに、ちょい苦労してる風。

そしてワタシがセカンドで続きますが…なるほろ、最後のハンドがちょと難しい。んで、登りながら思いました「何やらルートを間違えてる気が…」。

登りきると、そこはどう考えてもそれ以上のピッチはない風なテラス。お互いに「なんか間違えましたね!?(苦笑)」と言いながら下降準備でござんす。

どうやら、ワタシが1ピッチ目と2ピッチ目をつなげて登ってしまったもよう。アヒー!

3ピッチ目(我々の2ピッチ目)は「チムニーを左にトラバースしながら登り、頭上のクラックにカムを決めながら登る非常にユニークなピッチ」とトポに書いてあるところも、すっ飛ばしてスパイダーマンでチムニーの外登りましたしw

結局トポ無視で登りたいところを適当に登ったことになりました。あら…何かの講習のような…。

まぁ、これはこれでオモロー!!!

ご一緒した皆様、ありがとうございました(^^)/

----------------------------------------------------
◎本日のメパトレ

瑞牆・クラック地獄エリア

-奥地獄-
Kクラック 5.9 OS

-リアス式エリア-
ジャイアント・ジャム・サンド 5.10a OS
海豹 5.9 OS

-地獄エリア-
バケモノ屋敷 3P 5.6 5.7 5.9 (を、2Pで登る)  OS
でも、トポ上のルートをあまり登っていないw

あ、今日は1回もテンションしてないわ。

苔ジャム(5.10a OW)面白そう。でも5.10aのオフィズスはまだ無理な感じなので
もうちょっとはさまる練習を積んでからトライしたいところ。
[PR]
by team-banzai | 2015-06-15 12:45 | のぼら~(岩) | Comments(2)

指関節の痛み

指関節の痛みについて、日頃から考えることたくさん。

「ホールドを握りこむな!」と言われるけど、なかなか握りこまない保持ってのがピンと来ない。

体重移動とか、手への負荷とか、登り方が悪いってのもあるよね~~ってことで、相談もかねてイシゴン塾長のムーブ講習を受けてみたのが2014年9月のことでした。



以下、イシゴン日誌から引用
-----------------------------------------------
具体的な場面として
左手は良いホールドで、次の右手がやや悪いホールド、その次の左がまぁまぁ良いホールド。

そのとき、
①最初は、左手主体のバランスにして、右手を出す
②次に、右手主体のバランスにして、左手を出す
③最後に、左手主体のバランスにして、一安心

というのが基本の流れ。

ただ、経験がある人だと、②を変形バージョンで、
“左手主体のバランスのまま、片手デッドポイントに右手の補助が付いたぐらいのバランスで、左手を出す”

という小技が使えます。

このムーヴのメリットは、悪いホールドを完全保持しなくて良いこと。
デメリットは、振られやすいので意外な消耗があること、やや悪いホールドから逃げ癖がつきやすいこと、など。

なんで、乱発しない方が良い技だと、私は感じています。
特に、メパンナさん(仮)は、ほんのちょっとでも悪いホールドでも使っていたので、そのホールドでのバランスの取り方を学ぶチャンスを放棄していたように思いました。
たぶん、だからスローパー技術だけが5.10後半なんじゃないかと思います。
-----------------------------------------------------
引用終わり

イシゴン塾長…わたくし、スローパー技術は5.10後半もないと思われます(苦笑)

ともあれ、あれから9ヶ月もの月日が流れ…

今週のジム練でのこと。横でHガシさんがハルコーにスコルピオン的アドバイスを繰り広げていたので、ストーカーチックに盗み聞きw 

ワールドカップの選手とかでもさ、昔なんか特にヨーロッパの選手とかは垂壁を垂壁ムーブで登るってことがあんまできなかったんだよね。そこをさ、ユージなんかはさ、華麗に省エネムーブで登ってゆくわけさ…うんぬん…


すなわち、体重移動してそれからホールドを取りなさいって話だったと思うのですが、スヌ旦那にその話をしたら、「足主体でムーブを起こすってことでしょ?オレねー最近アップでそれやってるよ」と。

ほれ、やってみそと促され、離陸してみましたが……「ダメじゃーーん。めっちゃホールド取りに行ってるじゃーーん。」とのご指摘。

スヌ旦那がお見本で登ってくれましたが、

①左手主体のバランスで、右足に重心をうつしてキョン気味に。カウンター状態になる。
②次に、右手をふわりと出して、ホールドをとるけど、この時出す右手にはほとんど力が入っていない。完全に右足に重心を移してからの、右手出し。
③右手主体のバランスに重心移動

ってこっちゃな。

※ちなみに、これを正体ムーブでやろうとすると、自分はちょっとパワーがいる。

そんなん当然のことじゃん!って感じでしょ(笑) それが、最近のワタシはってえと、

①左手主体のバランスで、右足に乗り込む。
②乗り込むと同時に右手を出して、ホールドをとるけど、この時ホールドをつかんだ右手にはけっこう力が入ってる。右足主体のバランスになる前にもう手が出てるって感じ。
③右手主体のバランスに重心移動

ふむふむ。

んじゃ、ワタシもそれを踏まえてやってみよ!ってなったのですが、オッツー親分が「今すぐ帰るなら車で送ってやるぞ~」というので、ついつい誘惑に負けてこの日は撤収。スヌ旦那のお見本を見ただけで終わらせてしまいました(^^;;

そして仕切り直しの2日後。

アップではこの「足から動いて重心を完全に移動させる」ってことを中心に。5.9から開始して、5.10dまでは意識してなんとかできる。なるほろ、体重移動のおかげでふわりとホールドに指をかけることになるので、指への負担が少なくなるような!?でも、5.11aになるとダメだねぇ。とっちらかるねぇ。

ともあれ、9ヶ月前にイシゴン塾長に指摘されたアレ、すなわちこういうことなのかな~~と、今更ながら実感した次第です。スイマセン、自分の中で消化するのにこんなに月日を費やしてしまいました(爆)

だからなかなか上達しないんだよなぁ、自分(^^;;

-----------------------------------------------------------------
●今週のメパトレ
ボルダーなし、リードのみ

【Day 1】
トップロープ、手足自由で4本
5.9 アップ
5.10a アップ
5.10c アップ

青四角 5.11a RP リーチじゃなくてムーブで最後の一手を出したくてあがいてたけど、とりあえずRPはしておこうということで、リーチでRP。ごほごほ。ワタシより小さい女子はムーブで最後の一手を出さないと登れないわけなので、何とかしたいなぁ。これもまた、体重移動の問題か。

緑バー(エッジ) 5.11a ×  
緑バー(エッジ) 5.11a ×  クリップ核心なんだよね~。んで、結局のところ、右手を引きつけてロックしてクリップするしかないんだなって結論。

5.10c スヌ旦那と、足主体の重心移動についてあれこれ。

【Day 2】
トップロープ、手足自由で2本
以下、基本足主体の重心移動練習。
5.9
5.10a
5.10b
5.10c
5.10d
5.10c

緑バー(エッジ) 5.11a × 重心移動を気をつけたら、今までで一番楽に上がっていけたかも。もうちょいで登れるかなぁ(強く希望w)。

白四角(亀の歩み)5.11a  × OSしてから全然触ってなかった1本。重心移動をこころがけてトライするものの、最後の核心部で足から意識が手にいってしまい、踏み込み足りずフォール。だははは。

5.10d
5.10b

現在、グレード更新は求めずに、5.11a祭りを地味に継続中。祭りで気づいたけど、5.11aいっぱいあるなぁ…。5.11bは少ないけど。
[PR]
by team-banzai | 2015-06-12 15:55 | のぼら~(インドア) | Comments(0)

割れ目はさまり隊 -訓練日誌 3

割れ目はさまり隊、新人隊員にアメ雪女王を迎え、戦略家ST氏とともに3名で参上したるは瑞籬・詩エリア。(Mountfine氏とアーヤは摩天岩にはさまりに行きました)

d0107938_1432233.jpg
さぁ今日もいざ、はさまらん!

まずは「雪だるま」(5.8)
リードでGO!!……するも… 

d0107938_1437525.jpg
<OSトライ中の戦略家ST氏(この後見事OS)>

いやぁ…。

わたくし、チムニーにはさまりすぎて、腰が抜けない。いろいろ試してみたけど、どうにもこうにも抜けない。リードトライ断念、降りて来て休憩をはさんで再度トップロープでやってみる。

…が、リードだろうがトップロープだろうが、抜けないものは抜けない。引っかかってるハーネスを手で引き上げてみたりとか、体を動かす一瞬腹をへこますとか、もうちょっと奥ににじにじ移動してみるとか、そのときに考えられることは全てやってみたつもりなんだけど、最終的にはギブアップして、抜けない部分は一度チムニーから体を出し、抜けない細い部分をパスして再度チムニーにはさまるという封じ手のフェイスムーブでとりあえずチムニー脱出。チムニーから体を出すのは、プロテクションがはるか下方の状態(足より全然下に最後のカムがある)なのでちょと危険…。

次回このルートをトライするまでに痩せておこう…

じゃなくて!!(笑)

そういう体のサイズの問題じゃなくて!!!!!!!何か抜ける方法があるはず。悩ましい。

d0107938_1434969.jpg
続いては、神楽(5.9)

戦略家ST氏がOSトライするも撃沈。トップロープを張ってくれたので、皆でトップロープでワイドムーブ修行。

しかしですね、オフィズスセクションに入るまでに、フレアしてるハンドクラックを通過せねばならんのですが、このハンドクラックが曲者なのです。そこで力を吸われて、オフィズスに入ったら既にぐったりしているという…(^^;;

それで、ワタシの番。ワタシはオフィズスセクションを左半身がクラックに入ってる状態で、右足は右のフェイスの足を拾って上がりましてん。

…が、ST隊員からダメ出し。オフィズスムーブの練習なんだから、フェイスの足を拾ったらいかーーん!って。てへぺろ。

んなわけで、2回目のトライではオフィズスムーブ限定で(^^;;

ところがですね、しばらくはオフィズスムーブっぽく行けるのだけど、途中割れ目が広くなって、外足をより割れ目の奥に入れないとヒール&トゥができなくなるのです。んで、ここからもう進めない。

えーーんえーーんと泣きが入り、進めない部分のみ右足はフェイスのホールドで上がって、その後またオフィズス真っ向勝負に戻るという…。

あれ??

さっきのチムニーと同じで、肝心のところができてない疑惑発覚!!!!あーーーひーーーー!!!!

d0107938_1434467.jpg
割れ目にはまされ、喜びに身をふるわせるアメ雪女王の図。

d0107938_14352965.jpg
でも、なぜか裸足でキョン(?)

戦略家ST氏はワイドムーブがめっちゃ上達した。スバラシイ。ワタシはそれに比べるとイマイチ…イマ5くらいだけど、それでも最初の最初の頃よりは少しだけマシになったから、今日のところはここらで勘弁してやっぺ。

帰り途中のお風呂では、アメ雪女王&アーヤと3人で割れ目でできた傷とアザ自慢大会を繰り広げ、境川PAの食堂にご飯食べに行ったら、ハルル&kozzzzy氏、湯川講習だったイシゴン塾長も登場し(約束していたわけではない)、その他9割方客がクライマーという境川の食堂でございました。皆さん、やること行くとこ一緒なのがオモロー(笑)

割れ目はさまり隊は今日もゆく。

--------------------------------------------
◎本日のメパメモ

・ST氏とのムーブ検証はとても勉強になるし、上達につながる何かがある。
・アメ雪女王は、クラックを最近やってないワタシなんかよりずっとクラック技術が上達していた(んで、ちょっとワタシは焦っている。少しは練習せなw)
・はさまり隊の隊長に任命した(いつの間にw)Mountfine氏は「そろそろ細い割れ目にも指を突っ込みたくなりました…」と言いだし、来週は極細割れ目に浮気するとか何とか。隊長なのにいきなり除名か!??(笑)
・ハーネスがぼろぼろになりそうな悪寒…
[PR]
by team-banzai | 2015-06-08 14:42 | のぼら~(岩) | Comments(4)

ビレイの技術

イシゴン登山塾(どんどん名前が勝手に変わってゆくw)の、リード講習3を受講してきましてん。

今さら??という感があるのだけど、ワタシはビレイがあまり上手くないので、ビレイ技術の見直しにね。3時間の講習@ランナウト

d0107938_15202026.jpg
photo by イシゴン塾長
ペアを組んだのは飲み会でお会いしたことあるYDさん。

自分が登っていて「ビレイ上手いな~」と感じるビレイヤーはたくさんいます。やっぱり自分も他の人にそう思ってもらえるようなビレイができるようになりたいよねぇ。

ジムでいつもビレイしてくれる皆さんは、皆ビレイが上手い。「ビレイヤーはこうあるべき」みたいなのを頭で理解するのの他に「経験により体が勝手に動く」ってのもあるのだろうなと思います。皆、それだけ登りこんでるし、ビレイの回数もこなしていますからね。

この日のリード講習では、1クリップ毎に落ちる練習を繰り返しやりました。クライマーはきれいに落ちる練習、ビレイヤーはそれをきれいに(?)止める練習。

ワタシの落ち方が、足位置は低すぎるので体が回転しやすい傾向にあるから、もっと高い位置に足をつけとの指摘を受けましたね。しかし、足を高いところにつくと足首が痛いんですよ。足首固いのもあるし、それを膝でうまく吸収できてないのもあるしなんですが。その話をしたら、イシゴン塾長がビレイヤーのYDさんに、「ではビレイヤーはクライマーを止める際に脱力してみましょう。ぐっとこらえるのではなく、衝撃を吸収して」と。

それをYDさんに実践してもらったら、高い位置に足をついても衝撃がかなり少なくなってフォールの際にだいぶ足をつきやすくなりました。

この間、岩場ではらりさんにビレイしてもらった時、すごく腰の調子が悪かったんですが、フォールしても腰に伝わる衝撃が少なくてすごく楽でした。その話をはらりさんにしたら「腰が痛いって言ってたから、あえて流し気味にしたんだよ~」って。んーーーー流石!!!!!


それにしても、やはりランナウトは遠い(苦笑) ドア to ドアで2時間。遠いからそうそう来れないなぁ~って思ってたら、一緒に受講したNS夫妻はなんと幕張から来てるんだって!!しょえーーー!!ワタシが遠いなんて言ってちゃいけないですね(^^;; やる気のある方はどんな遠くからでも時間をやりくりして来るものなのだな…としみじみ。


んで、家に帰ったら当然1時近いわけですが、翌日(すなわち今日)はトレランの練習で山に…って思ってたのに、案の定2度寝ですよ、奥さん(涙目)。ゴミ収集車もいっちゃった後で、なんだかな~と思いながらブログを書いてる次第です。

トレランをメインにやってた時は、早起きして一人でトレランしに行ったりしてたんだけど、最近はクライミングにベクトルが向いてるから、誰かと約束してないとトレラン目的では起きられなくなってしまった。ノーーン!!!
[PR]
by team-banzai | 2015-06-06 15:50 | のぼら~(インドア) | Comments(0)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai
プロフィールを見る
画像一覧