<   2014年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

卒業記念旅行@小川山

週末はI塾講習生のアニキとFKさんがクラックリード講習を卒業したので、卒業記念旅行(笑)で小川山へ。アニキ、FKさん、海坊主氏、アナ雪女王、メパンナの5名でございます。

天気予報晴天、クリーンクライミングのイベントもあり~ので、小川山それなりの人出。我らのハコヤ岩はそんなに混まないだろうと思っていたら、ハコヤ岩まさかの大混雑(しかも皆けっこうな団体。うちらもだけどw)。うへー。

今日の目的は、卒業した二人&女王のOSトライ。女王は前回の小川山が卒業旅行だったんだけど、雨で1本しか登れなかったんだよー。今日こそは!だね。

d0107938_123119.jpg
木々が色づき始めました。

d0107938_12314323.jpg
登ってるのはアナ雪女王。

d0107938_1232038.jpg
暖かい1日でした。

混雑の中、やりくりして得た成果は

アニキ-森林浴(5.8)、冬のいざない1P目(5.9)、夏風(5.9+) OS 3本(スゲー!)
FKさん-森林浴(5.8)、冬のいざない1P目(5.9)OS 2本!
女王-冬のいざない1P目(5.9)OS ! 
海坊主さん-夏風(5.9+) OS !

ワタシはといえば…前回OSした大和撫子(5.8)でフォール(なにやってんねん)、今日こそRPだぜ~~と意気込んで挑んだFuckin’ Nuts(5.10a)は行けそうだったのに足が雑になって足はずれてフォール(T_T) でも、ムーブは今回のでOK。あとはスラブに乗り込むところを、いかに丁寧にできるかが鍵だわ。んで、この日はかろうじて夏風(5.9+)をRPできただけ…しょぼーーん。

今日は挑んでみたいと思っていた冬のいざない2P目は時間なくなったし、そもそもFuckin’ Nutsで背中疲労MAXのためトライは断念。海坊主氏は、夏風の後に大和撫子を再トライ予定だったのが、軽くトラブルもありで時間ぎれ。この日は下山となりました。

下山して、ヘルシーの湯に行ったら、魔女っ子よしこちゃんに遭遇(よしこちゃんとは遭遇率がめちゃ高いw)。テレビを見てて「御嶽山噴火した」と教えてくれました。

視界に入ったテレビの画面、御嶽山に雪が降ったのかと思いました。スマホをオンにしたら、友人達からのワタシを気にかけてくれてるメールが。こんなことが…こんなことが起こるなんて。


-------------------------------

今日のメパトレ

・ハコヤ岩までのアプローチ

大和撫子(5.8)  × 1フォール
夏風(5.9+) ○ RP
Fuckin' Nuts  × 2フォール

夜はナナーズで買い食い
[PR]
by team-banzai | 2014-09-30 12:33 | のぼら~(岩) | Comments(0)

そして御岳でボルダー

d0107938_12401848.jpg
よく飲みました@I-WALL (Photo by イノさん)

飲んだくれてまったりとした朝。

d0107938_12551782.jpg
食べ物1品と、ビール以外の飲み物は各自持参なんだけど、皆の持ち込む食べ物が大量すぎた…。

んで、翌朝も昼もその残りを食しまして(^^;;

特別ゲストのやっちんが電車で登場~。Chin, ばぶぅ, メパ、やっちんの4名で御岳でボルダリングです。

d0107938_12554296.jpg
本日も5級祭り@外岩って予定なんですが、まぁ外岩なので、7級~3級あたりをぼちぼちと。

ワタシの目当ては、溶けたソフトクリーム岩の5級。半年前に手をつけて、登れなくてそれ以来。

d0107938_12455971.jpg
photo by chinさん

んでも、やっぱり登れなくて… 今日ももうダメかなと諦めかけて昼寝。起きて、気を取り直して何回かトライしたら…

でけたーーーーーーーーーーーーーーーー(T_T)(T_T)(T_T)

ようやく宿題終了。長かったぁ。

やっちんは、「ボルダーってやっぱ楽しいなぁ!!!」と、さらにボル好きになって帰っていきました。いやいや、やっちんルートも楽しいってw

有給取ってつきあってくれたばぶぅ長老、企画してくれたchinさん、マット貸してくれたイノさん、そしてやっちん、楽しい1日でしたー。あんがとーーーーーーーーーー!!
[PR]
by team-banzai | 2014-09-26 12:57 | のぼら~(岩) | Comments(0)

chinコンペ@I-WALL

ホールドリセットをイノさんが頑張ってくれて、Chinコンペ@I-wall 5級祭りなり~~。

メンツは、イノさん・生さん・ばぶぅさん、chinさん、メパンナ +後から飲みに来たあおちゃん

d0107938_9565782.jpg
写真は勝手にイノさんとこからパクってきましたが、この3面が完全にホールド替え

d0107938_9574536.jpg
これでもまだ20%くらいしかついてないのかな?大変だったと思います。お疲れサマンサでございます。

それぞれが課題をいくつか作ってセッション。5級といいつつ、もっと難しかった課題ばかりだと思いますぞー。

d0107938_100066.jpg
Photo by 生さん

ワタシは結局1本しか完登できず(T_T) しかしそれでも楽しい!優勝は生さんでしたー。

飲みにだけ後からやってきたあおちゃんにも登ってもらおうと、垂壁にあおちゃん課題を1本ワタシが設定。ピリッとした核心を入れた初心者向け1本、今回はあおちゃん登れずだったけど、次に来た時にまたトライしてみてねー。


この日に判明したこと

・生さんは手がめちゃ長い
・生さんは酔っぱらってなくてもけっこう面倒くさいw
・ワタシのボルダー力は半年前からたいして上がってないw
・課題作りが、ちゃんとムーブを考えて作れるように成長してた


次は「5級祭り・メパコンペ」を開催させてもらおうっと!!!!
コンペの賞品はメッシュのヌンチャクケースですwwww
[PR]
by team-banzai | 2014-09-25 10:07 | のぼら~(インドア) | Comments(0)

マルチピッチリード講習@小川山 2回目&3回目

土日でI塾マルチピッチリード講習を受講。パートナーははらりさん。
週間天気予報では土日天気がイマイチだったのが、蓋を開けてみれば2日間とも天気無問題(しかも日曜日はピーカン!)。冷え込みは10月の気温でメチャ寒かったんだけど、それでも雨に見舞われる週末と比べたら、月とスッポンのちょんちょんきちだフォー!

--- 講習1日目

塾長指定のエリアは、「春のもどり雪」。ここ、前に某M氏と登ったことがありますが、今回は残置を使わずに登る(支点は木・ピナクル・カムなどで構築)ので、通常のボルトラインとは少しラインが変わってきます。

登る前に地上でカムセットによる支点構築の練習。これは練習の成果もあり二人ともわりとスムーズにできたかな?でも、ピナクルでメインロープによる支点構築はすっかり忘れてしまっていた…。うぅ…(T_T)

それでは登攀開始でございます。

d0107938_12361391.jpg
写真はあんまり自分では撮れてないので、例によってI 塾長のブログから拝借。

1P目メパンナトップ。岩はスラブ状でクラックがあまりないので、木でランナーを取りながら登ります。んで、はらりさんからスリングなどをもらうのを忘れたので、最後はスリングが足りなくなってピッチを切りました。本当はもう1本先の木まで行きたかったんだけど…という話をしたら、その場合はメインロープを木に巻き付けて支点を構築すればいいんだよーと。そうだった!その手を忘れてた!

メモ1:ギアの受け渡しには漏れがないように
メモ2:メインロープの有効活用(支点構築、ビレイ点を伸ばす等)


d0107938_12372472.jpg
2P目、はらりさんトップ。残置無視なんだけど、ボルトラインと同じようなラインを攻めます。さすがはらりさん。

3P目、ワタシがトップ。ロープの長さは足りてたからトップアウトできたんだけど、ロープの流れが悪くなるので、ピッチを切ります。

d0107938_12403047.jpg
4P目、はらりさんがトップでトップアウト。

苦労したのはここからの懸垂。後続パーティーがなければ登ってきたルートをそのまま下降できるんだけど、後続パーティー続々と。もしうちらが下降中に彼らに落石しちゃったらいかんので、干渉しない下降路をチョイスしないといけません。

あれやこれやと悩んだ結果、登ってきたルートのもうちょっと端から下降。ふーーっ。塾長的には下降ルートを我々が相当悩んだので、下降の判断が課題かな?と感じた様子。

d0107938_12423984.jpg
時間がまだあるので、春のもどり雪右隣の岩を適当に登ります。先ほどワタシが奇数ピッチだったので、今度ははらりさんが奇数担当。

d0107938_12425173.jpg
春のもどり雪のルートをバックに。イエーーイ。クライミングとして楽しいのは1P目のみで、あとはロープワークと懸垂の練習という感じでしたが、これがすごく下降判断の練習としてよかった!

メモ3:登る時に下降のことも考え、ロープスケールがどのくらいかを見ておくとよい
メモ4:はしょるところときっちりやるところを考える。はしょるところは何故はしょってよいのかを考えてからやること



--- 講習2日目

昨日の「春のもどり雪」は、登攀的には簡単なルート。本日はもうちょっとクライミングっぽい(?)ルートということで、屋根岩3峰の南稜神奈川へ。この日は快晴で、日向にいるとかなり暖かい。

トポは見ないで登るラインを決めるので、好きなラインを登ります。

d0107938_12453539.jpg
1P目、はらりさんトップ。どこを登るか二人でめちゃ悩んだけど、無難なルートを選択。後からわかったけど、悩んでたもう1本のルートは上部がめちゃ難しいイキフンだった。無難な方にしておいてよかった…。

d0107938_12454951.jpg
2P目、メパンナトップ。直上しようか左を行こうか悩んだけど、結局左をチョイス。これも後からわかったけど、左が正規の南稜神奈川ルート、直上は5.9のシングルピッチだった。5.9のシングルピッチだとその先につなげられるかどうかわからなかったなー。

でも、選んだ左のルートもちょっとしょっぱくて(5.8)、トップで登りながら「直上すればよかったかな…」とずっと思ってた。実際には直上してたらもっと難しかった(苦笑)

2P目支点は立木に構築したけど、この立木が枯れ気味なので100%の安心感がない。立木のもっと下にあるクラックに、カム1個でバックアップを取る。そのせいもあって、自分のビレイ地点がちょっと下になり、ロープ引き上げにあまりよろしくない感じになってしまった。こりゃいかん…ということで、再度ビレイ地点がもうちょと上になるように支点を作りなおした。これでタイムロスしちゃったな。反省。


d0107938_1247325.jpg
3P目、はらりさんトップ。ワタシの気分は真上のフレークを上がるのが第一候補だったんだけど、はらりさんが軽く偵察してこれはちょっと難しいとなり、さらに左を巻いてゆくことに。ここが……めちゃ悪い!岩もろい!イワタケ満載!!(つまり、あまり登られていないw)このピッチの核心部では、はらりさんの「うぉぉぉぉ!」という雄叫びも出て突破。いやーー怖かった怖かった(^^;; 

4P目、メパンナトップ。ビレイ点を少し移動させます。んで歩きを経てオブザベ。正面スラブ(ノープロテクション)、右巻きは登れそうな岩(でもその先がどうなってるか不明)、左巻きは藪っぽい。藪はやだよな~~ということで右巻きへ。巻いたらちょっとしたハンドサイズのクラックがあった(嬉)ただし、ロープの流れが悪くなり、ロープアップに一苦労。これもまたタイムロスの原因。

d0107938_12594416.jpg
クラックを上がってくるはらりさん。その向こうには2峰のセレクションが!そしてちょうどI 塾仲間のKSさんとSTさんがオンサイトを成功させてトップアウトしたところだったとか。角度的にワタシからはその姿が見えなくて残念なり(T_T)(T_T)

メモ5:ロープの屈曲点が1つでも少なくなるよう、ビレイ位置を延長させる等工夫を

5ピッチ目、はらりさんトップ 途中でスラブが目に入り、面白そう!とスラブを登ったら上には支点が作れそうな場所があまりなくて、かなり支点作りに苦心。結局狭いフレークに極小カムで5本固め取り。この支点作りについては塾長から、よりベターな方法を模索せよとダメ出しあり。二人であれやこれやと相談しながら支点修正。

d0107938_12475257.jpg
ここは3峰の肩。素敵なテラスがあって

d0107938_12484758.jpg
2峰のセレクションをバックに「快適だぁ~~~」と思わず寝転がる塾長w

d0107938_12513511.jpg
6ピッチ目、メパンナトップ 先の方に岩がありそこにクラックが見えます。あそこを登ってゴールとしましょうよ~と行ってビレイをして歩き。ロープ50mめいいぱっい出てたらしい。一生懸命ロープアップしようとしてたらもういっぱいだったという…。
しかしながら、近づいてみると、クラック真下まで行くのがちょっと難しい!?そしてクラック自体がワイドっぽくて難しそう!?だったら裏から登れるかなー?ということでワタシが偵察に行くも、裏から岩の頭には登れるけど、めちゃブッシュ。えーーっ、こんなところ登りたくない!!!ここを登るなら、今日のゴールはこの岩じゃなくて手前の岩に変更でよい!と意見します。

でも、結論を出す前にがんばってクラックの真下まで行ってみました。すると…

うーーむ、登れそうですよ!?ワイドの中に岩が詰まってるので、フィンガーやハンドが効きそうです。プロテクションも取れます。よし、ここから行きましょう!
最初からちゃんとクラック下まで行って確認すればよかった。遠目で見るのと近くで見るのとでは大違いだもん。

d0107938_12525172.jpg
7ピッチ目、メパンナトップ フィンガーバチ効き、ハンドバチ効き。でも、ハンドバチ効きの後はクラックが閉じてしまっていて、手がない。足は右足をスラブに乗せてスメアで上がるしかない。

d0107938_1254712.jpg
ヒーーッ!メパンナ、テンション入りましたーーー。何回かテンションしてトライするも撃沈。はらりさんにトップを交代します。

はらりさん、トライ。しかしワタシと同じところでテンション。何回かテンションののち、またも出ました雄叫び「うぉぉぉぉぉぉぉ!」

そして…

抜けたーーーーーーーーーーーーーー!!!!

ひやーーっ、まさかマルチの最終ピッチでこんな厳しいピッチを本気トライすることになるとは(笑)。個人的体感5.10a/bくらいかな。

荷揚げしてもらって、空身になり、フォローはなんとかノーテンでトップアウト。登れてよかった…。


d0107938_12544557.jpg
お腹空いたので補給したりしてしばし頂上を堪能。

d0107938_12564044.jpg
こっちから登るとどんなルートになるのかなぁ~と、のぞき込むワタシw

それにしても、なんて充実したクライミング。講習とは思えないくらいエンジョイしてしまいました(爆)

d0107938_12571343.jpg
懸垂は、取り付いた地点に戻りたくてこっちに降りましょうと提案。暗くなる前ぎりぎりで下降できました。ホッ。

それでも、ギアを整理して荷物を片付けたらヘッ電オン。長い1日でしたが本当に充実した講習内容となりましたー。

はらりさん、I塾長、ありがとうございましたぁ!!

総括:うかつに手を抜くな!


これにつきますね…。
[PR]
by team-banzai | 2014-09-24 13:02 | のぼら~(岩) | Comments(4)

安達太良山 胎内岩 DAY2

さて、2日目です。昨日よりお天気回復。解読できてないアプローチ、本日はボルダー台地を経由して岩を目指してみようと思います。

d0107938_13121819.jpg
立派なボルダーがたくさん。ここは自然保護の観点から、トポは未公開です。

岩場の取り付き目指して進むも、最後の最後が道が悪くてロープ出しました。落石注意。


d0107938_13125619.jpg
まずはネコクラック(5.8)から。これはグレードどおりな感じかな…いや、体感5.9くらいかな?

d0107938_13122486.jpg
ワタシもリードでトライ。眺めヨシ。

d0107938_13124084.jpg
高さもそれなりにあって気持ちヨシ。

d0107938_13142949.jpg
次は、オノハング(5.10a/b)。リードでトライしたけど1テン。下部核心なんだけど(ジムっぽいムーブで)、体感5.10cでした(^^;;

d0107938_1312338.jpg
登ってる途中で右を見たら、大カンテ(5.10d)を離陸しようとしているオッツー親分が見えたヨ。

d0107938_13171566.jpg
ここいらの終了点は、もうそこが登山道で

d0107938_13172837.jpg
オッツー親分が登った時は、ちょうど登山者が休憩しててビックリされたそうな。

d0107938_1319116.jpg
オッツー親分の渾身のトライ。そして見事OS ! 体感的には5.11aくらいって。

昨日のクラックはまた別の話だけど、ここのフェイスのグレードみんな辛めみたい。

d0107938_13202941.jpg
きれいに走ってるクラックが「スーパーチムニー(5.10b/c)」。右端の登ってるラインが大カンテ(5.10d)。オッツー親分はスーパーチムニー目当てだったんだけど、チムニーがけっこう大きくて、プロテクション取るところも微妙なので、結局取り付かなかった。

オッツー親分が張ってくれた大カンテのトップロープ。他二人はトップロープでやってて、ワタシも悩んだ結果トップロープにした。だって下部核心で、クリップできなかったらテラスにぶち当たりそうなんだもん!そもそも5.10d(体感グレード5.11a)なんて触ったことないし!

…んで、トップロープで登ったけど、核心で1テンしたものの、あとはすんなりトップアウト。むーーん…リードでもトップアウトできたな、こりゃ。

d0107938_13211855.jpg
あとは、この無名の簡単なクラックでマルチの練習したいなーと思ったんだけど、終了点があるかどうか微妙でね。なければ灌木だけど、捨てスリング持ってきてないから、自分のスリングを残置しないといけない。うーーん…もったいない(苦笑)。

その後、他のルートも検討したけど、16時になっちゃって時間切れ。次回、ちゃんと捨てスリングと捨てカラビナをたんまり持って、またやってこよう。

あんまり本数は登ってないけど、首痛明けでしっかり登れたからよかったー。次こそはトップロープはナシで、リードのみで登ろうっと。

ご一緒したみなさま、ありがとうございました!メチャ楽しかったーー。
[PR]
by team-banzai | 2014-09-19 10:51 | のぼら~(岩) | Comments(2)

安達太良山 胎内岩  DAY1

3連休。ソロ縦走を考えていたんだけど、2週間前に激しく首と肩を傷めてしまった…。登れない日々、そして日常生活でも小さなリュック1つ背負うのさえちょっとツライ。

ソロ縦走でテント装備、首と肩がもつかしら?一抹の不安。とりあえず1週間完全に安静にして過ごしたものの、ソロ縦走の計画進まず(ココに行きたい!という強い希望がなかったし)。そうしたら、クライミングジム常連さんのオッツー親分達が三連休を使って福島にクラックやりに行くという計画を小耳に挟みましたのですです。

最近のワタシのベクトルは完全にクライミング。首を痛めて小川山に行っても登れないという週末も過ごしたばかりで、心はクライミングへまっしぐら~~~

ってなわけで、首の具合では結局登れないかもだけどーオッツー親分ご一行様に混ぜてもらうことになりました。万歳!行き先は安達太良山の胎内岩。アプローチで標高1500m地点まで上がらなくてはいけないので、けっこう歩きます。駐車場から直接だと2時間弱くらい?

d0107938_12363652.jpg
てくてく歩いていると、正面に白糸の滝出現。

d0107938_12374457.jpg
トレイルづたいに温泉のパイプが

d0107938_12375965.jpg
にょきにょきと、そしてお湯もりもりと。

d0107938_1238927.jpg
あのどんずまりが源泉湧き出てるとこですね。駐車場から歩いて30分くらいかな。ここが沼尻温泉湯ノ花採取場。ここにテントを張って荷物もデポ。

d0107938_12405755.jpg
今宵のおうちはこんな感じで。小屋の横に。

d0107938_12414374.jpg
登攀道具を持っていざゆかん、岩場へ!…なんだけど、ガスってて岩場がよくわからない…(全員ここに来るの初めて)。アプローチもどこから岩場へ行くのかよくわからない…(^^;; 

d0107938_12433647.jpg
この下が岩場みたいなんだけど。懸垂で降りる?(事前にぐぐったところ、懸垂で降りてる人もいたので)と検討しながら、結局けっこう悪いところを下って、岩場の右端に到着。

d0107938_12442452.jpg
準備してたら少しガスが晴れてきたかな?

d0107938_1245085.jpg
いえっす!晴れてきたですーー。あれがボルダー台地だわ。

d0107938_12462051.jpg
こちらが安達太良山ですね!

マリちゃんハング(トポには5.9と書いてある)というボルトルートをOSトライしようとするも、どう見ても下部が難しい。どんなにオブザベしても難しそうにしか見えない。1ピン目が遠いので、苦し紛れのカムをセットしてみたけど、ちょっとこのカムでは落ちれない感じ。そして、1ピン目にヌンチャクかけられず、いったん降りてしまった。一歩あがればかけられるんだけど、一歩上がったら落ちるかも。いやいや、落ちたらグラウンドするかもだし。
リーチ的にオッツー親分なら1ピン目に届くよねということで、親分が1ピン目にかけてくれました。やっぱりオッツー親分だとワタシと同じスタンスでもヌン掛けできる。だがしかーし、ハンガーが回る!レンチ持ってきてなーーい。えーーっ。

d0107938_124843100.jpg
<こちらマリちゃんハングの下部(真ん中)。ちなみに左右は5.11aのライン>

さらに、親分の見立ても「これ…下部が難しいよ…」。

ってことで、マリちゃんハングは諦め~~。オッツー親分がやった目玉クラック(Ⅵ+ デジマルだと5.10cと言われた)を一緒にやることに。

d0107938_12505180.jpg
<目玉クラックを登るオッツー親分>

ワタシ、5.10cのクラックなんて挑戦したことないよーコワイじゃーーん(>_<) そして、他の人らがトップロープでやるっていうので、ワタシもついついトップロープに便乗してしまう。トップロープは医者に禁じられているのに…弱い自分がうらめしい…。

結局トップロープで核心で1テン。だけど体感としてはそんなに難しくなかったから、リードでもRPいけそうな気がする。

次は逆クの字クラック・左(Ⅵ+/5.10c)。これもまたトップロープで…(^^;; 体感的にはこっちの核心部のワンムーブのが難しい。いかんいかん、2本もトップロープでやってもうた。意を決してリードでトライすることにします。

カムをかかえてさぁ行くぞ…と思った雨―――あめーーあーーーーーめーーー。オッツー親分の「だいじょうぶ、いけるいける」の声に押されていざ離陸。ワタシは濡れたクラックにうほうほするI塾の皆さんとは違うのにぃ~~(T_T)(T_T)

d0107938_12525216.jpg
がんばれ、ワタシ。

んで、核心部でテンション入ったけど無事トップアウト。そうか、5.10cのクラックも、テンション入るけどトップアウトできるんだ!?トップアウトも難しくてA0の嵐になるかと思って取り付いてたんだけど。

この後、オッツー親分がOSトライがテンション入ったので、もう1便って言ってたんだけど、雨が激しくなっちゃったので撤収。テントに戻ります。

d0107938_1255148.jpg
来る時はガスってたから見えなかったけど、下山時に岩の全容確認。なるほろ、こんな感じだったのか。下山は適当なところを下りました。

d0107938_12553543.jpg
うわーー虹デターー(嬉)!

さて、お待ちかねのお風呂です。

d0107938_1256847.jpg
河原に掘られておりました。源泉は68℃と大変熱いため、川の水を取水して温度調整。

d0107938_12572714.jpg
めっちゃいいお湯!!

d0107938_130261.jpg
サイコーだぜーー!!!!!

いやーー温泉堪能。体の芯まで温まって、M夫人が用意してくれた豆乳鍋食べて就寝。よい1日でしたー。

この日登ったのは2箇所のクラックで3本のみ。物足りないっちゃ物足りないんだけど…降りたエリアで他に自分のレベルで登れるのがここしかなかった(^^;;

あと、アプローチが長かったから、ギアを最小限にしてカムはオッツー親分のだったんです。自分のギアじゃないって使い勝手に多少ぎこちなさが出ちゃう。特に自分には限界グレードだったからなおさらだん。

明日はもうちょっと登れるといいなー。
[PR]
by team-banzai | 2014-09-18 13:04 | のぼら~(岩) | Comments(0)

自主練 the ロープワーク 

次回のI塾マルチピッチリード講習は、はらりさんがパートナーで2日間受講予定です。10月もはらりさんと受講したかったのだけど、残念ながら予約のクリック合戦に敗北し予約できず(T_T)

ならば…9月の2日間で卒業を目指そうじゃまいかーーーフォーー!!!

…というわけで、卒業目指してロープワーク練習@日吉ビックロックでございます。


d0107938_157171.jpg
はらりさんは、ご遠方から車をかっとばしてやってきてくださいました。多謝多謝!

d0107938_15103369.jpg
そしてひたすらに…

d0107938_15105291.jpg
反復練習…

d0107938_15111628.jpg
閉店まで…

d0107938_15113880.jpg
反復練習…

あ、懸垂のときオートブロックもセットして降りるのんをやろうと思ってたのに、すっかり忘れてしまった!

ワタシはまだ詰めが甘かったりするのであと2日間での卒業は難しいと思いますが、はらりさんは行けるのではないしょうか!??もうちょい自主練、がんばろーーー。
[PR]
by team-banzai | 2014-09-12 07:01 | のぼら~(インドア) | Comments(2)

酔いどれ百名山 27座目 -槍ヶ岳

首痛いけど酔いどれてみました

(整体のセンセーからはアルコールは控えたほうが…と言われいましたがw)。

------------------------------------------
酔いどれ百名山 27座目 -槍ヶ岳
------------------------------------------
ワイン

d0107938_11313766.jpg
ミシンの後ろが散らかってるのには目をつむってくださいw

はい、北鎌尾根記念です。どこか下界でも販売しているのかもですが、槍沢ロッジで帰りがけに某M氏が買って帰ってくれました。赤と白両方あります。小屋価格でハーフボトル1100円だったかな?

d0107938_11314920.jpg
白は大変あっさりしたお味でついついごくごく飲んでしまいました(^^;;

d0107938_113292.jpg
前回の「小川山」と違い、槍ヶ岳ワインは長野で造られております。

こちら→ 信濃ワイン株式会社

信濃クラフトビール&ワインフェスタ2014が開催されるらしい!行きたい!(行けないけど)


ともあれ、この槍ヶ岳ワイン、槍の肩にある槍ヶ岳山荘でも売ってたと思います。穂先を眺めながら槍ヶ岳ワインで乾杯したらさぞや爽快でございましょう。ぜひ山小屋でご賞味あれ。
[PR]
by team-banzai | 2014-09-11 11:27 | 酔いどれ百名山 | Comments(0)

作品No 19ーヌンチャクケース

日曜日、首痛いし雨だし。

そんなわけで走りにも登りにも行かず寝たきり。

整骨院のセンセーが首を使わないようにというので、寝てるのが一番かなと。

しかし、寝てばっかりも何なので、せっかくだから、裁縫活動。

d0107938_21471831.jpg

ヌンチャクケース

100均で似たもの買った方が早いです(笑)

そして、裁縫部の諸先輩方からは「そのやる気のない作品はなんだ(- -#)」と、突っ込まれております。
[PR]
by team-banzai | 2014-09-10 12:54 | 裁縫部(見習い中) | Comments(0)

登れないけど小川山

I 塾仲間の海坊主氏、壁氏(アニキ)と小川山。車にまだ乗れるし~~っていうんで、直前にジム仲間なノッポさんを誘って4人。その他、I塾仲間のアナ雪女王・イナリン(勝手に命名)とそのお友達の女子が現地で合流の全部で6名。

ところが、木曜に首痛悪化で金曜仕事休んで寝たきり。土曜日はとてもじゃないけど登れない(>_<) でも、I塾仲間と面識のないノッポさんを誘った手前もありますので(正確には木曜日にランナウとでのムーブ講習で海坊主氏とは顔合わせしているのですが)、とりあえず岩場まで行ってビレイだけでもしましょうね。

そのような次第で、よたよたと小川山。首はU字クッションで保護し、ビレイはビレイ用メガネで挑みます。行きの中央道通行止めだって気にしない気にしない~~(だってワタシ、登らないし~~w)

今回のエリアはストリームサイド。ワタシのリクエストでストリームサイドになったはずなのだが…(^^;;  ノッポさんと壁さんは行ったことあるエリアで、グレーディングが2グレードくらい設定甘めと皆さんおっしゃいます。

皆さん、モリモリと登られておりました。ワタシはクラックや木を使って支点づくりの練習をモリモリと。おかげで支点づくりが少しだけスムーズになった気がします。あいかわらず用語の覚えはいまいちで、「なんだっけあれ…あれ…「馬のしっぽ!」(正しくはカウテール(牛のしっぽ))叫んでいたりしましたけどもね。

d0107938_18214226.jpg
「朝から焼き肉 推定5.10a」を登る海坊主氏とアニキ。

I塾関係ではないノッポさんには、「I塾は基本“自分で回収”がモットーです。そして、今日はクライミングレベルがめちゃ高い人とかがいないので、自分がトップアウトできないから回収を誰かに頼むってのもできません。なので、取りつくルートはあくまでも自分自身で回収できると思ったルートだけにしてちょんまげ。」と説明。

ワタシも、今まで登れる人とばかり岩場に行ってたので、そういう「自分で責任を持って登れるルートを登る」という意識が稀薄だった頃があるんだよー。すなわち、トップアウトできなければ某M氏が回収便で出てくれるという図式。でもこの頃は、自分が回収便で出ることも時々発生するようになりました。クラックだとA0でトップアウトができるパターンが多いけど、ボルトだとA0しようとしても、そもそもそこに手が届かないっても多々あるし、見極めは大事だね~。

それで、トップアウトできなくても上から懸垂で回収できるとふんだ5.10cにノッポさん取りつきました。

d0107938_18221514.jpg
ガンバガンバー

残念ながらノッポさん撃沈。アニキはさすがのフラッシュ。最初は「ボクはこれやらない!」と言ってた海坊主氏も俄然やる気になり取りつき、しかし残念撃沈。ワタシもやってみたい衝動に駆られつつ、この日は我慢しました。よく耐えたな…自分。よしよし。

セッションになるとやっぱ楽しいよなーー。あーーやりたかったなーーー。

懸垂回収となりましたが、初めてのデバイス(メガジュル)での懸垂はちょっとコワい(見てる我らがコワいw)。…ということで、海坊主氏が懸垂回収してくれました。空き時間でそのデバイスを使った懸垂の練習をしておけばよかったよね。ちょっとコツが必要で難しいらしいよ~。


------------------------------------------------------
今日のメパトレ

・オブザベ
・カムで支点構築
・立木で支点構築
・昼寝
・おはやし

まったく動いていないのに、ふじもとで焼き肉定食がっつりのアフター。
[PR]
by team-banzai | 2014-09-09 09:00 | のぼら~(岩) | Comments(4)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai
プロフィールを見る
画像一覧