<   2013年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2013年夏・南アルプス縦走-Day 5

Day 5 -お天気:晴れ
千枚小屋→椹島 コースタイム:5時間00分

d0107938_1158133.jpg
寂しいですが、楽しい縦走も終わり。下山日となりました。

数年前に買ったワタシの山地図ですとコースタイム5時間と書いてありますが
某M氏が買った今年の山地図によると4時間半になっており、
現場にあった道標には4時間と書いてありましたw

結果的にちゃかちゃか下って3時間ちょっとで下山。
4時間は厳しいかも?4時間半くらいが正解かな?

More
[PR]
by team-banzai | 2013-07-30 12:16 | 縦走シリーズ | Comments(4)

2013年夏・南アルプス縦走-Day 4

Day 4 -お天気:ガスのち晴れ
百間洞山の家→赤石岳→悪沢岳→千枚小屋 コースタイム:9時間45分

天気予報では悪くない感じだった縦走4日目。ワタシ的にはハイライト(悪沢岳に登りたかった)。だがしかーーし、濃いガスに包まれた朝です。

この日はコースタイム的には長めなので(でも、コースとしては前日の聖平から百間洞までの方がきついと思う)、どうしても早出が必要。ガスの中、午前4時出発。

d0107938_118390.jpg
稜線は風もそれなりに強い。手が冷える。赤石岳避難小屋までCT3時間あったと思うけど、休憩入れるような感じでもなくて(寒い)、赤石岳避難小屋までノンストップ。

More
[PR]
by team-banzai | 2013-07-25 14:37 | 縦走シリーズ | Comments(3)

2013年夏・南アルプス縦走-Day 3

Day 3 -お天気:雨のち曇り、時々晴れ、時々ガス、風強し
聖平小屋→聖岳→兎岳→百間洞山の家 コースタイム:7時間35分

d0107938_9482334.jpg
朝方は雨。でも出発するころには止んで、最終的にはお日様も時々。
基本曇りな1日でしたが、山の景色はガスってないので上出来!

3年前の縦走のときはまったく見れなかった景色を楽しめました。

More
[PR]
by team-banzai | 2013-07-24 12:30 | 縦走シリーズ | Comments(0)

2013年夏・南アルプス縦走-Day 2

d0107938_12362219.jpg
Day 2 – お天気:曇り、ガス、風強し

横窪沢小屋→茶臼岳分岐→茶臼岳ピストン→上河内岳→聖平小屋  コースタイム:7時間10分

AM5時30分頃出発。まずは茶臼小屋目指して登り。
雲行きあやしげですが、富士山こんにちは。

More
[PR]
by team-banzai | 2013-07-23 12:53 | 縦走シリーズ | Comments(2)

週末の話をずらずらと

南アルプスレポの最中ですが…

さすがに最近家にPC欲しいな~と思うこのごろ(壊れてから買い直してない)。
写真が多くなるとなかなかブログが書けなくなるのだワン。
スマホでは写真のあれこれまでできなかったりするわけです。ぐすん(T_T)

そんなわけで閑話休題。南アルプスの話がまったく追いついてこないので、
この週末の話をずらずらととりとめもなく書かせていただきます。


週末は山に行く予定にしていたのが、気づけばずいぶんスケジュールが変わってしまいました。
いや、そもそも急遽決まった5日間の南アルプス縦走から、
相当いろんなことが変更になったという感じか…。

◎海の日三連休で2泊3日の単独縦走予定→→某M氏と南アルプス縦走4泊5日

◎19日金曜夜から1泊2日で山に行く→→リハビリ予約が金曜夜しか取れなくて、夜行バス等に乗って金曜夜発が難しいタイミングに

◎参加できないと言ってたTGGパーティー→→山に出発できないのならと、リハビリ終わってからパーティー終盤で突撃参加

◎生さんの△ロをワタシのリュックサックにいただく(ちょっとーー!生さーーん!)

◎なんだか語り尽くしたい気分になり、ほえるちゃんの家にどららとなだれ込み、土曜の夜はずっとガールズトーク(?)なだれ込んで、すまんのぉ、ほえるちゃん

◎そんなわけで、山にいるはずの土曜日朝、ほえる家から自宅に帰宅


もう、こうなってくるとどんどん歯車は狂い出すわけでして…

土曜日昼近くになって家に戻り、南アルプスの山の片付けも終わってなかったし、
洗濯して掃除して片付け始めたものの、前夜遅くまでを繰り広げていた寝不足で昼寝に突入。

腹が減って目が覚めて、うどん茹でて、うーーんこりゃいかん!と、
ジョグに出た涼しい夕方。20km走って、傷めてる膝裏が痛みはじめ
痛いヨーー痛いヨーと半べそになりつつ、実家にそのまま走っていってマイカーゲット。

甥っ子がめずらしく「ガソリン使っちゃったからこれで入れてください」と
メッセージとともにガソリンプリペイドカードが置いてあった。
いつもは使いっぱなしなのに!めずらしい!!

……と、感動したのもつかの間、プリペイドカードには341円しか残ってなかった…。
2リットルしか入らねーーよ!!!なんだよーーー!!

さて、日曜日は気を取り直して谷川岳馬蹄形に行こう(単独)!と、とりあえずまた寝る。

-----------------------------------------------------

午前3時起床。

……眠い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
膝裏痛い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

思わず、あと1時間…と、目覚ましを1時間後にリセットし、二度寝。
あとはもうご想像に違わず、もう起きられなくてそのままおやすみモード。
なんとなく敗北感漂う日曜の朝です。

何か活動せねば…と、体調が悪くて休んでいる某M氏に「具合はどうか?」と連絡。
ちびっと動けそうなら岩場に行こうよーーと強引に誘い出し、
最近新しく公開された「阿寺の岩場」へ行くことにした。

初級者向けグレードがたくさんあって、何となくワタシ向けな感じがする岩場。
岩がもろいので、ヘルメット必須ね♪

ところがですよー。

岩場についたら某M氏が一言「あ…ハーネス忘れた」


なぬーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
登れないさーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!


d0107938_14384734.jpg
初めて来た奥武蔵の阿寺の岩場。指をくわえてクライマーを凝視するワタシ(笑)


仕方ないので、そのあたりをハイキングというかトレランというか、
とにかく顔振峠あたりをうろうろしてみます。阿寺の岩場から顔振峠近いのです。
でも残念ながらkurisukeさんもゆぅさんも、すでにオクム練で顔振峠は通過済みな時間。

d0107938_1441479.jpg
スカイツリーはもやってて見えませんでしたのです。

d0107938_14412647.jpg
行ったことない山の山頂も踏んでみたw

d0107938_1441461.jpg
ワタシはクライミングパンツです。ちょっと裾がパタパタするのでトレランには向きません(当たり前)。

d0107938_14422999.jpg
最後は顔振茶屋で蕎麦食べてまったり。来週みんなここを走るのね~。

-----------------------------------------------------------


今週末こそ幕営で山に行くぞーー!!と意気込んでおりますので、
天気悪くても行ってきます。行き先まだ決めてないけど(^^;;

んで、昨夜は某M氏と山装備談義なぞ。

今回の南アルプス縦走は、3年前に後立山を単独縦走したときより、
コンパクトになったし軽くなった。ギアを買い換えたことが一番大きいんだけど
だいぶ縦走慣れしてきて、必要なものを取捨選択できるようになったかな~という感じ。

某M氏は、以前はすごーく荷物持ちで、いろんなものをザックに詰め込んでいたそうな。
それがリタさんを師匠としててんぷくトリオで動くようになり、荷物への考え方が変わってきて
不要なものは持たない、できるだけコンパクトに…ってするようになったって。
昔は、やたらと複数のコッヘル持参したりとか、無駄とも思える装備が多かったらしいよw

もっと削ればウルトラライトな装備になるのだろうけど、やっぱウルトラライトでなくていいから
ほんのりライトで心地よいのがワタシは好きだな~。そういう意味では今回の南アルプスの装備が
自分にとってはミニマムなのかも。

たかが100g、されど100g…だけどね(^^;;
[PR]
by team-banzai | 2013-07-22 14:49 | 日々徒然 | Comments(0)

2013年夏・南アルプス縦走-Day 1

Day 1 – お天気:快晴、風強し

ルート:畑薙第一ダム→横窪沢小屋  コースタイム:4時間40分

畑薙第一ダムの夏期臨時駐車場に車を駐めて、まずはてくてく歩きます。
出発は13時ちょい。いろいろあって遅くなってもーた。
本当は沼平に車を駐めると、歩くのが30分近く省けるんだけど
帰りにバスで戻ってくるのに、一応「沼平には止まりません」って
なってるから…。まぁ、歩きましょうかね。

d0107938_12421264.jpg
沼平のゲートにて、登山届け提出の図。

この日は快晴。標高もまだ低いところからスタートだから
暑いのなんの!汗だくだくだく。

d0107938_12425369.jpg
名物の畑薙大吊り橋


d0107938_12431014.jpg
長いのですが、実はわりとしっかりしているので、言うほど怖くない気が。
個人的には朝日連峰縦走のときに渡った吊り橋のがコワかった…。


d0107938_12482891.jpg

沢沿いを行くので水豊富。


d0107938_12485556.jpg
吊り橋も豊富w


あぁ…荷物が重い。でも軽い(どっちやねんw)。
やはりいくつかのギアを買い換えて軽量化、コンパクト化したのがきいていて
体感的に荷物が小さい、そして軽い。
いや、そもそもテントもバーナーも某M氏が持ってくれているので、
(ワタシは2人分のアルファ米担当)かなり自分は楽してるのだ。
荷物の重さは計るのを忘れたけど、多分18kgくらいなんじゃないかな?
単独テント縦走5日間の時のスタート時の荷物、前回は20kg越えていたと思うので。

今回のスタート時の消耗品はこんな感じ
-----------------------------------------------------------------------
水分は、水1.5リットル、スポドリ500ml、ワイン730ml、ウィスキー150ml。
アルファ米9食(某M氏分含む)、ジフィーズ5食、ラーメン2食、焼きそば1食、
サラスパ1食、パン5個、その他スープやコーヒーつまみ、行動食など。
でも、前述したようにこの横窪沢までは水場が豊富なので、水はもっと少なくてもよかったか。
-----------------------------------------------------------------------

d0107938_12491788.jpg
ウソッコ小屋の写真撮り忘れた!
ウソッコ小屋、きれいになってたよー。トイレもーー。

d0107938_12501040.jpg
キリンさん。

d0107938_1251817.jpg
午後5時頃、横窪沢小屋到着。
実は小屋の営業は翌日13日からで、この日はまだ営業前。

小屋番さんに、テントを張らせてもらってよいですかーー??と
聞いたら快諾いただき、名物管理人さんの一期一会節などを
ききながら、小屋の皆さんと楽しいお喋りもできました。


d0107938_12513554.jpg

キムカツ父さん!ありがとうぅぅぅ!!
この横窪沢、3年前に縦走で通過したときも、お茶をご馳走になり
お菓子もご馳走になったりですごくよくしてもらったのだ。
本当に良い小屋と管理人さんです。
ただ、立地条件的になかなか宿泊のタイミングがとれないのだよねぇ…(>_<)
来年の海の日3連休はまたここに泊まって、光岳に行きたいなって思いました。

20時までお酒を呑んで就寝。
夜中にニホンジカがテントに遊びにやってきた。
シルエットがちょっとコワイ(笑)

翌日の天気予報はイマイチ…いやーーーーーーーーーーん(T_T)


Day 2 につづく
[PR]
by team-banzai | 2013-07-18 12:54 | 縦走シリーズ | Comments(4)

2013年夏・南アルプス縦走-計画&準備段階

夏の4泊5日-テント泊縦走企画

d0107938_17183285.jpg
出発は暑い暑い1日でした。汗だく!

--------------------------------------------------

まずは計画&準備段階のお話をうだうだと…。

思い起こせば2年前の夏、いつもは1人で縦走に出かけるワタシですが
「一緒に行く?」と某M氏と休みをあわせて4泊5日の北アルプスに出かけまして。
しかしながら連日の雨雨雨。結局コースを大幅に軌道修正して、歩けたのは
ほんのちょびっと。晴れたのも最終日(下山日)のみ。

もう5日間の休みをあわせて一緒に行くのは、現実的に難しいだろうなぁ~と
思っていたのだけど、突如休めるかも的な話が持ち上がり、
あわわと準備をし始めたのは出発10日前のこと。

行きたいルートはたーーーーーーーーーーくさんあるものの、4泊5日でうまく
組めるところってけっこう限られてる。

--------- 要点 -----------------------------------------------------
日程:7月12日(金)~16日(火)の4泊5日
宿泊形態:テント泊
問題点:7月11日(木)夜はお互い用事があって、夜からの出発ができない。
すなわち、7月12日(金)朝一での出発となる。
----------------------------------------------------------------------

んーーー11日の夜に出発できるのなら、また計画の幅が広がるんだけどなぁ~(>_<)

結局、あれやこれや悩んで悩んで、ルートが決まったのは出発2日前(苦笑)。
行き先はワタシが大好きな南アルプスの南部にしました。


7月12日(金):朝一に車で出発 東京→畑薙第一ダム駐車場
        駐車場→畑薙大吊り橋→横窪沢小屋  テント泊  
CT-4時間40分
7月13日(土):横窪沢小屋→茶臼岳→上河内岳→聖平小屋  テント泊
CT-7時間35分
7月14日(日):聖平小屋→聖岳→兎岳→中丸盛山→百間洞山の家  小屋泊
CT-7時間35分
7月15日(月):百間洞山の家→赤石岳→悪沢岳→千枚小屋  テント泊
CT-9時間45分
7月16日(火):千枚小屋→椹島  バスに乗って畑薙第一ダム駐車場へ。車で帰宅
CT-4時間30分

3年前にソロ縦走したコースの逆周り。あの時は天気が悪くて
ほとんど景色を見れてない。今回は某M氏と一緒に見ようじゃ~~ないか!

んで、某M氏のリクエストにより、がつがつ歩くのではなく、ゆるめの計画にしました。
そもそもこのコースだとがつがつ歩く行程を組みにくいのだけど。
百間洞で小屋泊にしてるのは、最後に椹島からバスに乗るため
(小屋泊した人じゃないと乗れないの。これに乗れなかったら約4時間近い林道歩き)

そして、初日に朝8時までに畑薙ダムに到着できるなら、
この行程は逆周りで3泊4日で組めるのだけど、上述の事情により前夜に出発できないことから
朝8時までに到着は無理。まぁ、たまにはゆったりのんびり縦走も良いでしょう(^^)

d0107938_17192245.jpg
途中、前日に県道が崩れて通行止め迂回などあり~~ので、畑薙ダムを出発したのが午後12時過ぎ。
あひあひあひ!遅くなった!!!

今期一発目のボッカ行動ともなる今回の縦走、はてさて…ワタシは足のこともあるし
天気事情も含めてどうなることやら…!??

んで、出発早々忘れ物に気づいたよ(苦笑)
某M氏がガス缶を忘れ、ワタシがテルモスを忘れた…。
ガス缶はワタシが持った1缶のみ。これで5日間やりくりせねばならないことに。

Day 1へつづく
[PR]
by team-banzai | 2013-07-17 17:24 | 縦走シリーズ | Comments(0)

下山したど〜

d0107938_13302564.jpg

4泊5日、南アルプスの南を縦走してきましたぁ。

これから暑い東京に帰ります。
[PR]
by team-banzai | 2013-07-16 13:30 | Comments(0)

縦走ちゅう

d0107938_16515569.jpg

明日下山〜
[PR]
by team-banzai | 2013-07-15 16:51 | Comments(0)

利根川系-上州武尊山-武尊沢

標高2115mへ、標高差1500mを詰める2級の沢。

リーダー・カール先輩に連れられて、某M氏とわたくし・メパンナによる3名の遡行。
前夜のうちに登山口に入り、軽く宴会ののち就寝。

d0107938_12461268.jpg
裏見の滝駐車場に車を駐め、AM7:05にスタート。前夜飲み過ぎたというカール先輩は「二日酔いだぁ…気持ち悪いぃぃぃ」と言いながら登山道をヲエヲエしつつ歩きます。

沢を4本通過し5本目が出合い。標高差1500mのルートですが、登山道をけっこう長く登るので(我々は1時間半くらい)、ここでだいぶ高度を稼ぐ感じ。実際の遡行は高度差600m程度らしいです。

d0107938_12465355.jpgd0107938_124764.jpg
最初はゴーロ歩き、そしてナメ。

d0107938_12444154.jpg
林道っぽく見えるねw でも下は水が流れております。

d0107938_12473695.jpg
雪渓もありーの

d0107938_12511429.jpg
倒木で道がふさがれてたりもありーの

d0107938_12511992.jpg
そっちじゃないよと言われ

d0107938_12512873.jpg
水の流れてる方を、水の中のホールド探しながら登る。

d0107938_12542954.jpg
少し大きめの滝も見えてきて


d0107938_12561431.jpg
お花畑が広がり始めましたよ♪

d0107938_12563993.jpg
シラネアオイの群生も見ました。

d0107938_12381163.jpg
d0107938_12381934.jpg

d0107938_12382843.jpg
ここは簡単。

d0107938_12423025.jpg
じゃばじゃば~。雪渓が溶けた水だからめっちゃ冷たいの。

d0107938_12425099.jpg
核心と言われる二段の滝。高さがあるからと一応ロープ出しましたが、ここよりも1つ手前の滝のが難しかったなぁ。



d0107938_12545621.jpg
さぁ、つめの開始です。


d0107938_12551993.jpg
藪漕ぎ~~

d0107938_12554871.jpg
藪漕ぎ~~あざみ痛い~~~

d0107938_12364431.jpg
縦走ルートから見たメパ&某M氏(撮影:先に縦走路にたどり着いたカール先輩)。怪しいよ!熊かと思うよ!

d0107938_1257791.jpg
這々の体で尾根ルートにたどりつき

d0107938_12581669.jpg
ビバ!山頂!!

実は最後のつめで、直登すればすぐ山頂だったのに、読み誤りトラバースを選択。すぐそこの山頂をひたすら藪漕ぎしてぐるっと巻いたという…。この藪漕ぎに相当時間がかかり、12:00には山頂到着予定が結局13:30を過ぎたところでした。

下山途中から雷雨。そうだ、雷雨の心配があるから余計に今朝早出したんだっけ。沢の途中で雷雨はキツイもんねぇ。

とても明るい沢。滝もそんなに難しくないし楽しかった!でも藪漕ぎはきつかった!!(笑)
[PR]
by team-banzai | 2013-07-11 12:52 | | Comments(0)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai
プロフィールを見る
画像一覧