Mepanna works - BANZAI的な日々-

teambanzai.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

酔いどれ百名山 22座目 -榛名山

榛名ガイリーン♪のあとはやっぱコレだねぇ。

酔いどれ百名山 22座目-榛名山

d0107938_12502749.jpg
高崎の牧野酒造による本醸造酒。この酒造、群馬県最古の蔵だって!おほぅ。

d0107938_12505368.jpg
ラベルには榛名富士と榛名湖、そして榛名神社も描かれております。

d0107938_12511140.jpg
酒データ
-----------------------------------
本醸造
原材米、千代錦
精米歩合 65%
アルコール分 15~16度

牧野酒造(株)
-----------------------------------

お味は淡麗。むふふ…おいしくいただいております。


ちなみに、ぐんまちゃんのワンカップも作ってるそうな。
中身は榛名山(純米酒の方かな?)だとか。


d0107938_1249055.jpg
ぐんまちゃんワンカップ…欲しい…。


d0107938_12492640.jpg
あら、ステキなセットを発見。上毛三山セット。次は赤城か…はたまた妙義か…。妙義山まだ行ってないから妙義かな!?
[PR]
by team-banzai | 2013-06-27 12:54 | 酔いどれ百名山 | Comments(0)

合い言葉はキタタン

ほえるちゃんが「キタタン試走行くぞーオー!」と意気込んでおったので、一緒に行ってきました。年に一度の北丹沢。この時期の風物詩的な…?(^^) 北丹沢はうちからもアクセスが悪くって、どうも足が遠のいてしまうんだよね…っていうか丹沢自体、ワタシ自身があんまり出向かないんだけど(^^;;

そこに最近すっかりご無沙汰していたあおちゃんが加わり、さらにどららが加わりで総勢4名。ここのところ足のことがあり人のペースに合わせるのが難しく、単独が多かった。4名という人数久々。前日の榛名ガイリーンでは3人だったし、なんか2日続けて賑やかだ!

しかしながら、折ってないほうの左足が悲鳴をあげ続けているので、試走でがっつり走る人々とともに走るのは負荷高すぎ…(ワタシは北丹沢のレースには出ませんよー)。それに自分が試走の足を引っ張ったらいかんしね。そういうわけで、神ノ川ヒュッテ前に車を駐め、3人を立石建設前の鐘突山登山口へと送り出し、ワタシはのんびりハイキングと決め込むことにしました(^^)v

さて、どこへ行こう? 地図とにらめっこ。そうしたら…とりあえずレースコースを逆走してみるかな。神ノ川ヒュッテから大室山分岐まで。皆にも遭遇できてサプライズだし、そうしようそうしよう。それで、そこから大室山へ登ろう。大室山まで行ったことないもんね。うんうん(^^)

神ノ川ヒュッテからえっちらおっちら登ります。あーこうして登ると…急だなぁ(苦笑)。でもここのところずっとC様が人を募って登山道整備をやってるよね。ルートがめっちゃ整備されてて感動した!あのぐちゃぐちゃだったところが…おおぅスゲーー!(写真撮ればよかた…orz)。それにゴミも落ちてない。拾ったのは飴の包み紙1つだけだよ。しょっちゅう拾ってるんだねぇ。

えっちらおっちら上がって大室山分岐。3人が上がってくるのに間に合った。けっこう長い登りだったな~。

待ってたらランナーたくさん上がってくる。けっこうな数の試走ランナー…すごい。そしてこの日の北丹沢は暑いのを覚悟してたら意外と涼しい。っつか、試走に来て(今日は自分は試走してないけど)こんなに爽やかに涼しいのは初めてかも!???(昔、本降りの雨に降られてふるえるほど寒かったことはあるw)いや、涼しくて日陰は寒い。持ってたレインやらを全て着込んで皆を待つ。そして3人が賑やかに登場。「なんでココにいる!?」的な驚き、してやったり(笑)。

皆に大室山を登って犬越路に下る旨を伝えると、試走やる気まんまんだったほえるちゃんが「鐘突山で十分お腹いっぱいになったから、試走はもういいや」的発言をし、皆のワタシへの気遣いもあり~ので全員で大室山へ行くことになったよo(^^)o

d0107938_11262745.jpg
地図には「不明瞭」と書かれた破線ルート。確かにちと不明瞭。

ちなみに鐘突山をからめて神ノ川ヒュッテまでのルートはワタシの持ってる地図だと破線ルート。最近の地図でもまだ破線なのかな?実線ルートに変わってるのかな?このルート、しっかり整備されているから実線でよいと思う。エアリアの山と高原地図、アップデートしてけろw

d0107938_1127248.jpg
立石建設がしっかり自己主張しとるw

d0107938_11244384.jpg
大室山山頂からは残念ながら展望なしだけど、登ってる途中の展望は◎。

ここから気持ちよ~く犬越路へ下る……はずが……

先頭を行くワタシが木に手をつくと、その手がベリっとくっついた。ん…??なんだ…??

d0107938_11282315.jpg
これだ。

ケムケムホイホイ。

うぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー自分がケムケムとともに引っかかってもうた!!!!!

細かいのは全部毛虫。虫たちに大きなアレルギーはないけど、さすがにこれだけ集まってくっついてて、しかもそこに自分が手をついたと思うとぞぞぞぞぞぞーーーっと背中に冷や汗、腕に鳥肌。

このあたりはどうやらケムケムが大量発生してるようで、あちらこちらにこのケムケムホイホイが設置されていました。あうぅぅぅぅぅ。

d0107938_11284580.jpg
犬越路避難小屋到着。

土砂崩れで登山道が崩壊したとき、レースはこの避難小屋まで登らされたことがある。ワタシは幸い不参加の年(^^;; すごく暑くて暑さにやられ、さらに登りが増えて関門に間に合わない人続出だった記憶が(社長はそんな厳しい条件でも完走した)。

このまま神ノ川ヒュッテに戻ったら、ちょっと物足りないでしょ皆様!?…ということで、ヒュッテに戻らずレースコースに復帰。例の林道に出て下りの林道を気持ちよーく走り、早めに上がってお風呂入ってお喋りして、高速が激混みの前に出発。渋滞はあったけど、もっと遅かったらさらにひどい渋滞に突入してたな。

d0107938_11564117.jpg
いやしの湯であおちゃんテーピング講座w 女将やリキちゃんに会ったよー。

----------------------------------------------

ところで犬越路から神ノ川ヒュッテまでの林道に、こんな看板があるの知ってる?

d0107938_11295257.jpg
前から気になってたんだけど、いつも試走かレースでしか来ないから立ち寄ってる隙がなかった。んで、今回ちょっと見てみたよ。

d0107938_11304929.jpg
道がある。一応踏まれている。ここから源三尾根(源蔵尾根とも言われる)と地蔵尾根に行ける。どちらもワタシの山と高原地図にはルートとして掲載されてナス。今の地図にはあるのか?ここをぐるっとして蛭ヶ岳とかに出られるらしい。こんな感じで。ちょっと行ってみたいなぁ。もう藪の季節だから、秋くらいにどうかしらね!?(^^)

ああ、なんだかとってもよい1日だった!がっつり1日山にいるのもいいけど、さくっと上がって風呂とお喋りもまたよろし。むふ。
[PR]
by team-banzai | 2013-06-25 12:04 | 山走り(トレラン) | Comments(2)

榛名ガイリーン♪

BANZAI山岳レン・鬼リーダーと、鰤が好きなブリ君と、榛名山に行ってきた。

最近、トレイルランナー的には外輪山が流行ってる!??いや、たまたまFBやブログで目につくだけなのか…?箱根の外輪山に出没してるのをよく見かけるんだな。合い言葉は「ガイリーン!」って感じでw

ならばワタシも外輪山へ…。でもガイリーンは外輪でも、箱根じゃないよ、榛名だよ。関係ないけどワタシはイニD大好きだよ!

榛名山とは→→→

上毛三山の1つ(他は赤城山と妙義山)。これらの3つの山はいくつもの峰を持った山域で、それらを総称して「榛名山」とか「赤城山」って呼ばれてるのですわ。んで、榛名山と赤城山は火山です。榛名湖はカルデラ湖。

漫画・頭文字D(イニシャルD)の舞台になったことでも有名。ここからにわかにハチロクブームが起こったような気がする。主人公は毎朝未明に麓から榛名湖にあるホテルに豆腐を配達するのだが、その時にこの峠道をハチロクで攻めるわけです。

そんなこともあってか、もともとなのか、自分たちが行ったときも榛名山近辺は昼間でも走り屋の車がブンブンやってました。ブリ君も負けじとブンブンやって、鬼リーダーが「怖いからやめて!!」とマジ切れしてましたw

いやいや、イニDの話じゃなかった、榛名ガイリーンの話だった(^^;;

d0107938_13292034.jpg
ともあれ、今回のルートセッティングはまだ足がちゃんと動いてないワタシ。なので、1人コースを離脱・短縮が可能な感じで設定しました。


d0107938_12414895.jpg
まずはヤセオネ峠に車を駐めて、ガイリーン1座目、相馬山を目指します。けっこう険しいです。

d0107938_1242190.jpg
1座目、相馬山は1411m。黒髪神社が山頂にあります。

d0107938_12415542.jpg
眺めよし。毎日参拝してる風な方々が何名か登ってこられました。

d0107938_1242634.jpg
磨墨峠。スルス峠と読む。読めない。向こうに見える岩はスルス岩かな?どうかな?

d0107938_12441590.jpg
榛名富士と榛名湖。某所はこの日に世界文化遺産が決まりましたね。

いくつかの峠を経て天目山へ。このあたりから鬼リーダーとブリ君がトイレトイレとうるさくなって来た。そして地元中学生が学校行事でハイキングしてるみたいで、トレイルでたくさんの中学生と遭遇。センセーは引率せず、10人程度のグループに分かれて行動してました。センセーは要所要所のチェックポイントで見張り。

d0107938_12472172.jpg
それにしてもこのガイリーンは木段パラダイス…。これでもかというくらいに木段が出てきます。

d0107938_12443462.jpg

掃部ヶ岳(かもんがたけ)。榛名山の最高峰です。しかしこの山の名前も読めないねー。そしてブリ君の顔が◎っちゃってるw

d0107938_124427100.jpg
これから行く山々が見えますよ。

d0107938_12444061.jpg
ガイリーーン

d0107938_12591490.jpg
お昼休憩は硯岩にて。この岩のてっぺんにリングボルトがついてて残置スリングあったよ(ボロボロだったけど)。前は登ってた岩なのかな?

d0107938_1245118.jpg
次は鬢櫛山(びんぐしやま/これも読めないね!)の予定だったのが、登り口がわかりにくくて通り過ぎちゃった。なので先に烏帽ヶ岳。

このあたりでワタシの左足が悲鳴をあげはじめたよ。鬼リーダーとブリ君だけ鬢櫛山に行ってもらってワタシは次に控える榛名富士のために鬢櫛山は登らず、そのまま榛名富士登山口へ。

d0107938_12455852.jpg
今下りてきた烏帽子ヶ岳。

d0107938_1246495.jpg
こちらはワタシが登らなかった鬢櫛山。

d0107938_1246104.jpg
掃部ヶ岳と硯岩。

さくっと鬢櫛山に登ってきた2人と合流して、榛名富士へ。登ってる途中に夕立。


d0107938_12463310.jpg
山頂着いたら晴れた!

d0107938_1246521.jpg
この山頂は榛名山ロープウェーという文明の利器があるので、山頂につくと普通の服装の人々多数w

d0107938_1246597.jpg
最後は三ツ峰山。やっぱ3つ峰があるのかな…なんて言ってたら本当に3つあった(当たり前か)。

CT11時間くらいかな?距離26kmほど。骨折してからの最長です、よく歩きました。

下山したら伊香保温泉。いい湯だったよぉ♪

帰宅したら11時過ぎ。長い1日でしたが楽しかったーー。鬼リーダー、ブリ君ありがとう!
[PR]
by team-banzai | 2013-06-24 13:30 | 山走り(トレラン) | Comments(0)

そろそろ登りますか!

骨折して気持ちが腐っているとき、長老様より有り難いお言葉を頂戴した。

「すぐに上手くなる人は沢山見てるけど、長く続けていく人は少ないんだよ
大会で凄いタイムがでなくても、難しい課題をドンドン登らなくても、
故障せず、モチベーションも下がらなく長く続ける人の方がカッコイいですよ」


くぅ~~~~~っ。染みるね(T_T)(T_T)


マラソンは努力で相当結果が異なるけど、クライミングはやっぱセンスだ。
センスのある人はめきめき上達する。
ワタシは、残念ながらそういう才能には恵まれていないみたいで…
なかなか上達しない。

それでも地味に登ってたら、だいぶ身体の動きがマシになった。
しかし、マシになったと思ったら、軽度の凍傷でお休みしたり、骨折でお休みしたり。
登らないとあっという間にまた下手っぴぃな自分に戻る。かなしー(T_T)

前にも書いたけど、骨折中の松葉杖生活で右肩を傷めちゃって。
肩が上がらない、まわらない。恐ろしいほど狭い可動域。
服を着たり、リュックを背負うのも一苦労なのだ。
整骨院でこの1ヶ月治療してたし、鍼もうったけど、
治療した後数時間はよいのだけど、それを過ぎればまた戻ってしまう。
全然良くならない。

足はましになったのに、肩がこれではクライミングは難しい。
整骨院では「痛いうちは無理には動かさないように。今クライミングしたら
もっと酷くなりますよ」と言われた。

んで、この間リハビリのセンセーにも診てもらった。
松葉杖の影響で肩関節がずれてるとのお見立て。
「どんだけ松葉杖がんばったんですか!?」と呆れ半分、
「それだけできるってのもすごいけどね」と、褒め言葉(?)も半分。

リハビリのセンセーは「痛くても我慢できる範囲で動かせ」と言う。
だから今は肩を動かしてる。
あいかわらず痛いのだが、痛みの種類がちょっと変わってきたかな?と思うこの頃。
まったく改善する感じがなかった時から比べれば、痛いんだけどこの変化は喜ばしい。
動かした方がいいのかも?動かしてゆくかな??

La Sportivaの映像で興味深いもの発見。
彼女(Courtney Sanders)はクライマー。クライミングのトレーニング中に足を骨折したとな。

その骨折中のトレーニング映像なんだけど…
一般人のワタシがギプスで壁登ろうとしたら、全力で止められるなw
トレーナーがついてここまで出来るってすごい、そして羨ましい。


……そんなわけで、前置き長かったけど、今日から登るよ!って話をしたかったんだよw

まぁ、できる範囲で…ね(^^)/


ところで、映像の中でCourtneyが黒い装具をつけてるんだけど、
足裏にLa Sportivaのマークが!La Sportivaは装具も作ってるの!????
[PR]
by team-banzai | 2013-06-18 12:35 | のぼら~(インドア) | Comments(2)

【奥武蔵】浦山口→武甲山→子持山→大持山→妻坂峠→名郷

土日はオーバーナイトでカモシカチックな山行(単独)を計画してたんだけど、土曜の夜半から激しく雨な模様。結局、無理はやめておこう…と計画は中止に。じゃあどっか日帰りで軽く行ってくるかな~~

Trekker-kさんのブログを読んで「大持山・子持山ルートも行かなくちゃ!」と思ってたし、会の先輩が、夏にモンブラン登るのでそのトレーニングで武甲山のルートを歩くと予定を出していたのを思い出し、んじゃワタシもトレーニングで行ってくるかな!ということで、奥武蔵エリアの武甲山へ行ってきました。先日、スポーツエイドジャパンの「武甲山トレイルラン」が開催されてましたね。そのコースの武甲山区間をなぞるような感じでルート取り。武甲山は生川の登山口からしか登ったことないので、浦山口からは初めてさ♪

d0107938_12421549.jpg
AM9:10 秩父鉄道・浦山口駅スタート。

秩父鉄道の駅はどこも素朴だよね~。んで、また失念してたけど秩父鉄道はSuicaが使えない。あひん。現金精算して、あとで駅でSuicaを処理してもらわないと。

d0107938_12423319.jpg
駅を出て

d0107938_12424319.jpg
すぐに水場。じゃばじゃば豪勢に出ております。皆さん、タンクで汲んでいくみたい。個人的には細いホースでちょろちょろ出ていたほうが美味しそうに見えると思ってしまいます。一口いただきました。美味し!

んで、しばらくは車道→林道歩き。1時間近く歩いたら登山口。タクシーで林道どん詰まりまで来たパーティーもいました。

浦山口からのルート、けっこうタフでビックリしたよ。これはいい登りの練習になるねぇ。

d0107938_12425393.jpg
けっこう疲れたよ…武甲山の山頂到着。ワンコがいた。

d0107938_1243473.jpg
行きの電車からは武甲山の山頂は雲の中だった。この時はかろうじて下界が見えたよ。

d0107938_12431347.jpg
御嶽神社の狛犬様、かっこいいの。あーー

d0107938_12432496.jpg
んーーー。


d0107938_12433344.jpg
まぁ景色は何も見えないままでしたが

d0107938_12434231.jpg
PM1:48、名郷バス停到着。バスは1時間に1本で、2時3分のに間に合うように下りてきました。

妻坂峠から武川岳に上がって、天狗岩経由で名郷に下りようかな~~(その方が絶対楽しい)なんて誘惑がありましたが、この後用事があったので早く帰らないといかんのです。ここはおとなしくバスに乗って帰りましょう、そうしましょう。

d0107938_12555016.jpg
早め下山で向かったのはカモ◎カのセール…。キャメロットの新製品なり(某M氏購入)。

ワタシは沢用のスパッツを買いました♪

武甲山界隈は湧き水がたくさんあるってことを発見した1日。今度汲みに行きたいな(^^)
[PR]
by team-banzai | 2013-06-17 12:59 | 低山シリーズ | Comments(2)

酔いどれ百名山 21座目 -高尾山

d0107938_13435992.jpg
やっぱこれだねぇ~~~絶対あると思ったけど、やっぱりあったよ高尾山!

d0107938_1344552.jpg
城山の茶屋でも売ってました。

d0107938_13441042.jpg
造っているのは、あきる野の中村酒造

d0107938_13481224.jpg
写真は中村酒造さんのHPから転載。あー、ここ、ロゲインの水特集のときのポイントだったかも!?

---------------------------------
「高尾山」カップ酒
中村酒造:あきる野市
米・米麹・醸造アルコール 
15度以上16度未満
---------------------------------

ぐぐってみたところ、数年前までは八王子の「中島酒造」という蔵元が造っていたようなのだけど、後継者おらずで、現在のあきる野の「中村酒造」が高尾山ブランドを引き継いだらしいです。

高尾山口の駅の売店にも売ってます。高尾山にお越しの際はぜひご賞味あれ(^^)/
[PR]
by team-banzai | 2013-06-14 14:01 | 酔いどれ百名山 | Comments(2)

奥多摩ー倉沢谷長尾谷

リハビリハイク終了宣言をし、これからは本気モードで行くぜぇい♪と言ったその翌日、早速(笑)会のオッチー先輩とともに沢登りへ行ってきました。

思えば、松葉杖をつきながら右足ギプスでカモシカのバーゲンに行き、左足だけであわせて沢靴を買ったのが3月末…。早いものだ、あっという間に沢シーズンだ(本物の沢ヤさまはもっと早くから沢シーズンに突入しているけども)。

沢初めは奥多摩の日原川水系、倉沢谷長尾谷。沢ガイド本によると遡行タイム約2時間と書いてありましたが、2回この沢を遡行したことがあるオッチー先輩によると「3時間くらいはかかるんじゃないかな~」とのこと。

新品の沢靴でルンルンなのだけど、ワタシの沢経験といえば、リタさん率いるトレイルランナーチームとともに、トレランシューズで沢登り(丹沢の水無川本谷と葛葉川本谷を途中まで)というなんちゃって沢登り風なもののみ。っつーかトレランシューズじゃ滝登れないべ(笑)滝はみんな巻いた気がする。

前日の南高尾ではすこぶる調子が悪かった右足首。

うーーん…沢って…沢って…どうなのよ!??(爆)という突っ込みはこの際忘れよう。とにかく、痛いのは仕方ないとして、また折らないように気をつけて行きまっしょい(^^)v


車で倉沢林道(道悪い)を入り駐車。入渓地点までてくてくと歩くこと約30分


d0107938_16113923.jpg
入渓地点到着。ここで準備していざ出発……と思いきや

なんと、わたくし、ハーネスやスリング一式を車に忘れてきましたぞな。うっひゃーーーーーーーーーーー!!!不要なスリング類を出すのに、一回ザックから袋ごと取り出して、そのままその袋を車に置いてきちゃったのです。ぎゃふん!なななななな何という失態(T_T) 私のバカバカバカバカ。

「う~ん…なくても行けるとは思うけど、でもな~~一応な~~念のためな~~~」とオッチー先輩。

っということで、オッチー先輩には入渓地点で待っててもらい、忘れものを取りに車まで爆走。アドレナリン全開になり、昨日痛かった足首は全然痛くないぞ!

いやぁ…入渓前にへんな汗かきました…オッチー先輩、お待たせして申し訳ないですm(_ _)m。結局これで1時間のロス。新人のくせに、なんて大胆な忘れ物を…反省反省。

d0107938_16122818.jpg
AM10:10、気を取り直して出発。

d0107938_16125251.jpg
水量はどうなんだろ。これって少ないのかな?とにかく小さい滝が次々に出てくるのでそれを登って登って~~

d0107938_1613953.jpg
時々淵は腰くらいまで深かったりして~~

d0107938_16132551.jpg


d0107938_1613439.jpg


d0107938_1613596.jpg
写真がピンボケ(T_T) へたくそすぎる、ワタシ。

沢ってさ、基本的に途中でいっぱい分かれるわけです。その時に地形図見てきっちり確認しないといけないのですが…この日はルートをきちんと把握せずにオッチー先輩についてきたわたくし、基本読図はお任せして登るのみでした。

んで、最後の奥の二俣、右方向に進んだんだけど…これが実は左が正解。

d0107938_16143016.jpg
振り返ってパチリ。だんだんザレてきて…

誤った方向に進んでしまった我ら、ルートはどんどん急な登りに。足元蟻地獄系…ずぶずぶ。オッチー先輩一言「ルート間違えたかも。こんなに悪くなかった気がする」。

「今こけたらまた足折る!足折る!」と、緊張しまくりで必死に登るわし(>_<)

d0107938_16171542.jpg
PM1:18 無事尾根に出た~~。ほっ。

d0107938_16153179.jpg
登ってきた斜面を振り返ります。すず竹だらけですね(笑)。

地図で確認すると、予定のルートより少し東方向に上がってしまったようです。

d0107938_16174380.jpg
PM1:32 蕎麦粒山山頂。結局遡行時間は3時間20分くらいかな。奥の二俣で間違えなかったらもうちょっと早く抜けれただろうな。

沢はとっても気持ちよかった。でも詰めが核心だった。アドレナリンのおかげか、足首はまったくと言っていいほど痛くなかった。翌日来るかな?と思ったけど、翌日も平気。土曜と日曜の間にいったい何がワタシの足首に起こったのかしら??沢の神様が治してくれたのかしら???

もしかしたらこのまま治るのかも…と淡い期待を持ちつつ、沢シリーズ開幕です。イヒ!!
[PR]
by team-banzai | 2013-06-11 16:22 | | Comments(0)

リハビリハイク@南高尾山稜

そろそろリハビリも終わりな感じです。リハビリハイクはこれを最後にして、今後は本気ハイク(?)でいきますかねw

そんなわけで久々に、南高尾山稜に出没。南高尾は高尾山のエリアですが、ハイカーは少なくてとても静かな山歩きが楽しめるから好きさ~。

d0107938_1255209.jpg
冬ならここから富士山も見えるのだけど、さすがにこの日は見えない。


d0107938_1256387.jpg
前来た時(4年前くらいかな…)もあったかしら?コンピラ山の印があり、その横には…

d0107938_1256581.jpg
リュック掛け。いかしてる!!!

山に入ってすぐ、「あ~~足首調子悪し!」という感じで…もうあっという間に戦意喪失(>_<) 城山でかき氷を合い言葉にひたすらてろてろ歩いてしまった。リハビリハイク卒業……できるのか!?


d0107938_12572798.jpg
じゃじゃーん、城山ついた!

って、かき氷じゃないじゃーん(氷はお腹壊すからぁ)。

d0107938_12573634.jpg
なめこ汁なんだけど、これは巨大ななめこなのかな(?_?)

d0107938_12574993.jpg
城山のトイレに行ってびっくらこいた

d0107938_12575740.jpg
えーーっ、水洗!!しかもペーパー付き!!そして無料!!!ちょっと感動しちゃったわ(^^;;

腹ごしらえ終了。んだば下山。よし、今日は高尾山の山頂行っちゃうよ(いつもは巻いてて山頂は立ち寄らない)

d0107938_1258726.jpg
想像はしてたけどすごい人…。 高尾山の山頂はものっすごい久しぶりにやってきました(5年ぶりくらいな気が)

d0107938_12582096.jpg
三角点はちょっとゴージャスに飾られてたw (この後子供が三角点で遊んでたけど)

高尾山口から城山まで、南高尾ルートで今回の所要時間3時間10分。過去データを見てみたら、いつもは2時間30分くらいで行ってた。とほほ…のほ(T_T) 

あ!高尾山口駅に戻ったら、エスパーさんがいたよ(驚)高尾陣馬を往復してきてちょうど下山してきたとこだった。一緒におしゃべりしながら電車で帰りましたとさ♪
[PR]
by team-banzai | 2013-06-10 17:49 | 剥離骨折 | Comments(2)

そしてボクは悶絶するのだ。

皆様ごきげんよう。
骨がくっついて上機嫌ですが、その他の部分が痛くて不機嫌なメパンナです。イヒ!

近況1。

痛さに耐えかねて、悶絶治療院に駆け込んできました。ちなみに今一番痛いのは「肩」です。足じゃないやん!!って突っ込みは置いておいて…松葉杖生活で痛めた肩がモーレツあたろうに痛いのです。電車でのつり革は恐怖です。

駆け込んだ治療院では、隣のベットで女将ちゃんが「う゛ぇっ」と悶絶しておりました。今回の足の鍼痕は…

d0107938_1737473.jpg
わりと軽いです(笑)。でもヘンなところに鍼うたれてます。

いや、肩を主体したから、ただ単に足への鍼の数が少なかっただけなのか?足の鍼痕が痒いのも今のところちびっとでおさまってます。不思議なんだけど肩はたくさん打たれても痒くないんだな~。


近況2.

あぁ…ギプスと松葉杖でさかいやのバーゲンに走った頃が懐かしいです。最近はあまり物欲もわかず(良いことだw)、今の関心はKT TAPEをロールでがっつり買うか、控え目に買うかくらいなもんです。

d0107938_17381755.jpg
これは青いKT tape。いろんな色がありますが…やっぱ買うならピンク☆かな。


150枚入りで10500円(1枚あたり70円)
15枚入りで1,995円(1枚あたり133円)
5枚入りで780円(1枚あたり156円)

う~ん…5枚入りはないな。15枚か150枚。150枚使いきるのにどのくらいの期間かかるかな~??ちなみに整形外科で貼ってもらうと、3枚貼って500円(技術料?込み)。

KT Tapeはロールで買っても、最初から25cmだか30cmの長さに切れていて、さらに角が丸になって処理されているので、面倒くさがりさんには楽かと思います。一度貼ったらなかなか剥がれないので、長い距離のレースや、何日間も山を歩く縦走の時はお勧めです。皆さんよくお使いのニューハレさんは、あまり使ったことがないので、はがれにくさとかはよくわかりません。でも剥がれにくいとききました。ニューハレさんの場合、足首には白い方のやつを使うようですが、あれも剥がれにくいですかね?


近況3。

d0107938_1739890.jpg
髪切ったどー。20cmくらいは切ったかな?久々のショートなり。
[PR]
by team-banzai | 2013-06-06 17:44 | 日々徒然 | Comments(4)

骨的完治宣言

土曜日、一ヶ月ぶりくらいで院長センセの診察とレントゲン。

「センセー、骨くっついてますか?」

「厳密にはちびっとまだくっついてない部分があるけど…あなたなら完治と言っていいだろうね。ほぼほぼ完治」

「やったぁ\(^o^)/」

「元の生活と同じレベルまで戻して“治った”と言えるんだよね。他の患者さんならまだ走るな、激しい運動はまだ…と言うところだけど、あなた方のような激しい運動が日常な人達は、やるなと言ってもやるしね(苦笑)新たに怪我したら、また見せにきて」

ありがとーセンセ(T-T)
骨的にはもうOK…あとは固まった腱をどうにかしてほぐすのみ。これはまだリハビリと鍼とマッサージ。何気にこれがまだ苦労しそう。


「大会、6月16日でしょ、間に合いそうだよね、頑張って完走しておいで」


ありがとーセンセ(T-T)
6月16日を目標に、リハビリの先生方も協力していてくれたんだよ。

でも、ごめんなさい…黙ってたけど、結局私は走れないことになったんだよ。

だから6月16日は、違う山になるけど、走れなかったやつと同じくらい楽しく、今までの鬱憤を晴らす感じで、山を楽しんでくるね\(^o^)/
[PR]
by team-banzai | 2013-06-02 19:29 | 剥離骨折 | Comments(9)