「ほっ」と。キャンペーン

Mepanna works - BANZAI的な日々-

teambanzai.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

本日、女子会につき

(偽)山ガールによるいつもの女子会。

d0107938_15404194.jpg
野菜料理のお店でヘルシーにいっときました。
なんてったってワタシを除く2名がダイエット中なんですもんw

(注:通常ならワタシも節制してるところですが、今は腹ピーで普通に食べる量が少ないのでダイエットの必要なし)

写真はパイナップルサワー。パイナップルの実がごろごろと。


d0107938_1541470.jpg
本当にヘルシーでしたわ♪

今回の議題は…

・相方とのあれやこれや、ギャギャーワーワーw
・アフリカな話
・秋のロングレースが終わったらチャリをやろう
・ボルダリング復活しよう
・3月、名古屋ウィメンズ or 伊豆修善寺70kか
・9月の縦走、どこへ行くべ
・皇居は何曜日なら走れる?



おおぅ、何やら流れはイケメン☆パラダイスな名古屋ではなく、過酷な伊豆修善寺に…。
さて、どうするか…(ココロはトレランレース引退モードなのにw)


d0107938_15413717.jpg
さらに店を梯子。酒は飲まずとも、話ははずむぅ~(^^)

注:この写真のうち2杯はノンアルコールです。


たくさんしゃべった、おいしかった、おもしろかった!

また次回!
[PR]
by team-banzai | 2012-08-31 15:39 | 日々徒然 | Comments(0)

Pちゃん

d0107938_9413710.jpg


Pライブ、オーラス。

何気にP好き歴はマツモトファン歴より長かったりする。

でも本命とはちょっと違うから、毎回1本だけ…と自粛なの。

(というより、山を初めてからそこまでのお金が回らなくなったというのが正解か)


その1本だけ…がオーラスw 最初で最後。


Pちゃん、相変わらずキラキラしてたけど、自慢のお肌があれてたわ。イヤン、吹き出物(>_<)
ドラマの撮影で大変なのかもなー。

そしてスマの慎吾くんが来た。
今度のドラマで一緒だから~そしてスマアルバムの慎吾くんソロ曲を一緒に作ったからー。

スマも後輩のライブに来るようになったのか…そんな時代なんだな…。

Pちゃん、いい曲もらってるなぁ。ア◎シよりいい曲もらってる気がするなぁ(苦笑)


9月の本命のんは、結局1本しか取れなかった。1本取れただけでも御の字か。
[PR]
by team-banzai | 2012-08-30 09:39 | ミーハー活動 | Comments(0)

鳳凰三山のお花

d0107938_1325291.jpg
この間、S先輩からお土産でもらったんだけど、もう食べちゃってパッケージの上の部分しか残ってないんだけどー

これ、武蔵五日市駅のコンビニで売ってるらしい、お豆腐の味噌漬け。


めっちゃ旨い!!!!!

いや、まじで旨い!!!!!!!


S先輩、ごちそうさまでーす(^^)


おっと、そんなお豆腐な話じゃなくて、鳳凰三山で出会ったお花の話題だったわ(^^;;


d0107938_13281293.jpg
これは…タカネビランジ?

d0107938_13283878.jpg
この子は…トリカブト?


ねぇ、お花博士さま、正解かしらん??
[PR]
by team-banzai | 2012-08-29 13:30 | 山のお花 | Comments(2)

日曜日は…

鳳凰三山トレラン(もどき)を終え、しっかり渋滞に巻き込まれつつ帰宅。
渋滞のおかげで24時間テレビのニノのドラマを最初から見れんかった…(T_T)


d0107938_1232421.jpg
偽物と本物を呑みつつ、ア◎シと一緒に24時間耐久じゃ!と思うものの、昨日は睡眠3時間程度。アルコールも入ればそりゃ寝ちゃいますわな。撃沈なり。

んで、朝4時頃、トイレに行きたくて目が覚めまして。あーこのまま起きて今日は富士山御殿場口からとかやっちゃう??と思ったのはほんの数秒。トイレに座ったら突如としてお腹ピーが始まってもうた!

(お食事中の方、申し訳ありません)


それがまたもや、水◎リなんですよ、奥さん(T_T) 

UTなんちゃらの残りのジェルを食うたのが悪かったんじゃないかい?という声が聞こえてくるようですが、もともとお腹の調子はずっと崩したままなので(鳳凰の朝も調子良くはなかった)、久々の長めの運動と本物と偽物ビールを2本呑んだのとで、腹がビックリしたかな?と、勝手に診断したりしてます。

そんなわけで、こりゃトイレの少ない山は危険だな…ということで断念。そのまま再び24時間テレビを眺めつつ、二度寝にはいりつつ、時々トイレに駆け込みつつ…。

d0107938_1233035.jpg

ニャーは白目で寝てたりして


結局、洗濯して布団干して、整骨院で股関節調節してもらって、ジムでお風呂入って、24時間テレビのフィナーレを迎えて日曜日終了。暑い1日だったな…(家の中は暑い!)


そういえばさ、布団干してて、布団たたきでパンパン叩いてたら、下の階のおばあちゃんからベランダ越しに「上で布団叩かれるとゴミが全部下に来るのでやめてください」と言われたよ。

何十年とここに住んでるけど、こんな苦情は初めて(>_<)

布団叩いたら埃が出るけど…それは風で飛んでいくと思うし…。
さらに、下の階の人が布団干してたら、ワタシは布団は叩けないってことかいな!?ねぇ、おばあちゃん、うちは3階、お宅は2階。1階の人のところにお宅のほこりは落ちていかないの?

なんだか、納得いかないなぁ…たまに家にいるとろくなことないなと思ったメパンナなのでありました(苦笑)
[PR]
by team-banzai | 2012-08-27 12:54 | 日々徒然 | Comments(8)

鳳凰三山

さて、そろそろ山足作らんとね…という事で、久々単独でトレラン。トレランするの、UTなんちゃら以来だったりします(苦笑)

長く、ゆっくりでいいから走る刺激を入れることを目的に、選んだのは鳳凰三山。東京からも比較的近いし、何より涼しそう(^.^)

朝2時30分起床。実はこの日の核心は登山口までの運転だったりするw(そして案の定睡魔に襲われて途中で車をとめて仮眠…)

行った事ない青木鉱泉からドンドコ沢コースにしようかと思ったけど、夜叉神峠のコースのがCTが長いのと(約15時間半)、どう考えても走りやすそうなので夜叉神から。

d0107938_6345081.jpg
6時32分、スタート。

d0107938_6355670.jpg
展望バッチリ♪

d0107938_6371248.jpg
南御室小屋。

小屋を過ぎるとボルダー天国(^o^)v

d0107938_6392141.jpg
このスラブ、一本私でも登れそうなルートあったよ!七級くらいかなw

d0107938_6424336.jpg
この写真の正面から見たラインは簡単そうだ。右側はかぶってるかぶってる(汗)

d0107938_6451766.jpg
こっちゃの岩はどうかしら…

d0107938_6464279.jpg
とにかく

d0107938_6471730.jpg
いっぱい

d0107938_64873.jpg
天空のボルダリング

d0107938_6503036.jpg
細かいホールドはイパーイなんだけど、花高岩ぼろぼろ(--;)

d0107938_6492968.jpg
薬師岳見えてきた。

d0107938_6533863.jpg
バットレス!フォー!

d0107938_654431.jpg
あの辺のボルダーはどうかなぁ。

d0107938_6554739.jpg
岩見物してたら薬師岳着いちゃった。ここまでは以前来たことあります。

d0107938_7234885.jpg
ところでこの日はもうひとつ目的が。名付けて「ジェル練」

まんまですがジェルすなみにこのジェルはUTなんちゃらで消費しきらず、冷凍しておいたジェルです。

先週の一ノ倉で消費しようと思って解凍しましたが、敗退のため手付かず(汗)この1週間は冷蔵庫にて保管。ジェルは腐らないよね?(・・;)

d0107938_729238.jpg
観音岳へ進みます。

d0107938_7301378.jpg
着いた。

d0107938_7305550.jpg
しかし、お腹グーグーガンモは限界に。あんパン補給じゃ。やはりジェルでは空腹感の克服ができない(T-T)

d0107938_733376.jpg
今日の相棒はクララとチビちゃん(^.^)

d0107938_7342175.jpg
甲斐駒が惜しいなぁ

ではオベリスクの地蔵岳へ。

d0107938_7355260.jpg
ヤバい、雲が…

d0107938_7371330.jpg
オベリスクへ

d0107938_7375643.jpg
オベリスクに上がるにはここを登るのです。ロープ大丈夫かいな(・・;)

d0107938_7392571.jpg
ほいきた、オベリスク上からの眺めです。雲に襲われ、景色は堪能できず…

(よい子は危ないのでマネして登らないようにね!)

オベリスク上まで休憩込みで5時間30分くらい。

さて、岩も堪能したし帰りますか~

d0107938_743125.jpg
南御室小屋には行きの通過の時には見られなかったテントの花が♪

下りは結局てろてろ~

d0107938_7454065.jpg
下山してお風呂。

所要約9時間30分でした。

d0107938_7471818.jpg
鳳凰三山のおみやげは、足のまだら日焼け(*_*)日焼けどめの残量が少なくて、足がぬりきれなかった。

たまに足だしてるとこれだもーん(>_<)


帰りはお約束の中央道渋滞。ニノのドラマに間に合わなかった!あう~ん。
[PR]
by team-banzai | 2012-08-26 06:24 | 山走り(トレラン) | Comments(10)

欲しい欲しい欲しい

この間、てんぷくハウス(土合駅w)宿泊中に先輩方と山の本の話になりまして

d0107938_1250123.jpg
今回の一ノ倉沢3ルンゼの予習に使った本、これは突貫さんから借りたもの。

「日本の岩場(上下)」白山書房

d0107938_12504419.jpg
今回リーダーK氏が持っていた本。本っていうか雑誌の付録。雑誌「岩と雪」(現在のRock & Snow)の付録ですわな。谷川の岩場のみにまとめられててとても見やすい、使いやすい!

雑誌の付録はもう手に入らないのは当然として…

「日本の岩場(上下)」、欲しいなぁ。でも出版元にも在庫なし、amazonの中古は高い。高いよー、特に下巻は8000円とか17000円とか!

むーーん。
[PR]
by team-banzai | 2012-08-23 13:36 | 本(スポーツ関係) | Comments(1)

酔いどれ百名山 - 13座目 徳本峠

徳本峠って……山じゃないじゃーーん!という突っ込みは置いておいてw
13座目は山じゃないけど峠でございます。

d0107938_1003270.jpg
徳本峠入り口の国道脇にある酒屋さん「中島屋」
けっこう大きく「地酒」と屋根に書かれていて、
上高地からの帰りはそれがけっこう目立ってて、ある日お店に入ってみたんだ~。

そこで見つけたこのお酒「徳本峠」。この酒屋さんのオリジナル製品だそうな。
徳本峠を越えたら、このお酒を買って飲もうって前から決めてたの~。

んで、この夏、ようやく徳本峠越えを果たしましたので
お酒ゲット♪
でも実はまだ呑んでなーーい。
1人でじゃなくて誰かと一緒に呑もうと思って、冷蔵庫に冷やしてあります。

同じくこのお酒を一緒にゲットしたカセージンさんは、既にご賞味済み。

感想は

「名前負けしない”切れの良いそれでいて深みのある”味わい
一度試して損はない」

だそうです。

楽しみだ(^^)/


中島屋さん、お店はこちら。
[PR]
by team-banzai | 2012-08-22 10:03 | 酔いどれ百名山 | Comments(2)

一ノ倉沢・3ルンゼ 雨により敗退

今年のGW、目標だった残雪期の前穂北尾根を登り、これで第一ステージ(冬の陣)終了。

いろいろな下準備を経て、いよいよメパンナ的第2ステージ(夏の陣)に突入じゃー

その一発目は谷川の「一ノ倉沢3ルンゼ」でございます。

一ノ倉沢って??というトレイルランナーな友人たちにご説明いたしましょう。

「一ノ倉沢」でぐぐってみますと、こんな感じで出てきます。谷川連峰の中の沢の1つなわけですが…


Yahoo百科事典より

群馬・新潟県境にある三国(みくに)山脈の主峰谷川岳の北の一ノ倉岳(1974メートル)の東側斜面の沢で、湯檜曽(ゆびそ)川右岸の一支谷。群馬県利根(とね)郡みなかみ町に属する。

谷川岳頂上のオキの耳から延びる東尾根(ひがしおね)と、一ノ倉岳から延びる一ノ倉尾根に抱かれた幅約800メートルに及ぶ岩壁の部分をいう。マチガ沢、幽(ゆう)ノ沢とともに険しい岩場の急崖(きゅうがい)であるが、谷川岳の沢登り、岩登りでは、この沢を登る一ノ倉岳への登山者がもっとも多い。

ここは天気が激変しやすく、雪解けが遅く、雪崩(なだれ)や豪雨や濃霧があり、谷川岳の登山コースのうち、この一ノ倉沢がもっとも難所である。

1931年(昭和6)現JR上越線全通以来2001年(平成13)までに谷川岳で779人の遭難者を出しているが、なかでも一ノ倉沢がもっとも多い。1967年県制定の谷川岳遭難防止条例でこの沢が危険指定地域に含まれた。


-引用おわり


そんな感じで、危険と隣り合わせですし、そこに行くためにはいろんな技術の習得が必要で、いろんな道具も必要で。今年に入ってからずっと準備をしていたわけです。ここんとこ、まじめにクライミングのジムトレしてるのも、そんなところからでして。

----------------------------------------------

日曜日、東京は晴れ、暑い1日になりそうだ~な天気だったことかと。

一ノ倉沢は曇り時々雨。


……ん?雨?


d0107938_12231880.jpg



雨じゃーーーーーーーーーーん(T_T)


今回のメンバーはリーダーK氏(♂)とS先輩(♀)の3名。実はワタシが彼らと一緒に山に行くのはほぼ初めて。当然、彼らはワタシの力量がイマイチわからず、正直、今回山行に混ぜてもらえるかどうか微妙な感じでした。

しかしまぁ、そこはベテランなリーダーの心意気!?S先輩の懐の広さ!?3名になっちゃうし、本チャンほぼ初めて人間なワタシを快く受け入れてくれたのであります。ワタシはとにかく迷惑かけないようについてゆくべし。

……と、個人的には非常に気合いを入れていたのですが雨ですわ、奥さん(T_T)


d0107938_12242954.jpg
一ノ倉沢の出合いから渡渉を繰り返しつつ、雪渓まで。

d0107938_12251968.jpg
振り返って出合い。

d0107938_12255054.jpg
さらに、一ノ倉出合いについたらビックリ仰天。ヒョングリの滝が雪渓に埋まってる!?何やら今年は雪渓がかなーーり残っているようで、8月のこの時期にこれだけ雪渓があるのは初めての体験とリーダーK氏。

d0107938_12263414.jpg
時々しとしとと降り注ぐ雨で岩は濡れ

テールリッジへ乗り移れるのか疑惑が。雪渓が中途半端なのですわ。

d0107938_12265051.jpg
先にリーダーが懸垂で雪渓に降りて、我々が降りる間にテールリッジを視察。いつも登るテールリッジのルートへは渡れないようで、他の部分に取り付いてロープを出して上がることになるようだ。

そしてリーダーの決定は…

「登れないほどのコンディションではないけれど、登ってもただ“こなした”だけになってしまう。今回はこなす事が目的ではないから、今日は撤退」

誠に残念ですが、仕方ありません。


d0107938_12363634.jpg
懸垂下降した斜面を登り返します。


さらにリーダーの名言。

「一度撤退を決めたら、もう振り返ってはいけないよ。」


(前に光岳で、撤退を決めたもののすごく後ろ髪を引かれてうだうだしてしまった経験がある)


……と言いつつ、写真を撮るために振り返ると

d0107938_1237298.jpg
衝立岩の上空に青空が~

d0107938_1238165.jpg
にゃひ!


d0107938_12382821.jpg
来る時には見えなかった岩たちが姿を現しましたわーー(嬉)


でもまぁ、これもほんの数分のことで


d0107938_12392013.jpg
出合いに戻ったときには、再びガスにつつまれてしまいました。

d0107938_12395367.jpg
お隣?お向かい?の白毛門山方面は晴れてるんだけどねぇ…。


リベンジを心に誓いつつ、転進して向かった先は榛名山の黒岩。フリーの岩場があります。

ところが!


なんとも雨にたたられる1日(涙)。下界は晴れてるのに、榛名山は雨…。

d0107938_12415097.jpg

黒岩もすっかり濡れてしまっております。


d0107938_12421031.jpg
一箇所、比較的濡れてないルートがあって、そこを他パーティーのクライマーがトライしていました。なかなか高さのある岩場です。また今度、岩が乾いてるときに来ようと皆で話し、速やかに本日2度目の撤退…。


d0107938_12433818.jpg
んで結局、川口のPUMP1で皆でジムトレ(^^;;

皆、めっちゃがしがし登りましたわ。


ワタシは川口のPUMP初めて来たけど、暑いよ暑いよー(>_<) エアコンの台数が少ないよー。暑くてちょっち辛かった…。


でも、スラブだけど初めて5.10bをオンサイト(嬉)スラブだけどスラブだけど、それでも素直に嬉しい!

(ちなみにスラブじゃない他のルートの5.10aは1本もオンサイトできてませんw)


朝3時起きで遊んだ1日。撤退は2回もあったけど(笑)、楽しい1日でした♪

ご一緒させていただいたリーダーK氏、S先輩、多謝多謝です、ありがとうございました m(_ _)m


d0107938_12542872.jpg
岩場で出会ったお花は今回この子だけ。敗退の心を癒してもらったよ(^^)
[PR]
by team-banzai | 2012-08-20 12:55 | のぼら~(インドア) | Comments(4)

川口にいます

d0107938_1416838.jpg

暑いね〜
[PR]
by team-banzai | 2012-08-19 14:16 | Comments(2)

てんぷくハウス

てんぷくハウス、夏は賑わっております。

d0107938_2027482.jpg


d0107938_20272695.jpg

[PR]
by team-banzai | 2012-08-18 20:23 | のぼら~(インドア) | Comments(0)