<   2011年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

酔いどれ百名山 - 3座目  北アルプス

d0107938_13171170.jpg
山の名前じゃねーし!…と突っ込まれそうですが(笑)、ライムグリーンな色合いのカップが気に入ったので思わず購入。

純米酒で甘口…まぁ普通な感じですが、この福源酒造の「北アルプスシリーズ」他にもいろんなお酒があります。

ところで、カップ酒って数年前にけっこう流行りましたよね。日本酒のカップはなんでこんなにごっついガラスで作られてるんですかね?使用後にこのグラスを他に流用できるよう、もちっと違う形に作ってくれたらいいのになーと思うのはワタシだけかしらん。

「ワンカップ」と呼びたくなりますが、「ワンカップ」は大関酒造の商標なんだってね。(「万歩計」が商標なように…)カップ酒でちょっとぐぐってみたら、あーこれ気になるぅと思ったお酒を発見。

d0107938_1318478.jpg
d0107938_13181914.jpg
ニャンカップ♪

あら、ステキ…。



-メパンナ的酔いどれ百名山リスト

1座目-燧ヶ岳
2座目-劔岳
3座目-北アルプス
[PR]
by team-banzai | 2011-08-31 13:16 | 酔いどれ百名山 | Comments(2)

北アルプス縦走 2011-その2

d0107938_14504485.jpg
わしわし歩ける脚が欲しい…としみじみ思ったこの縦走。わしわし歩ける人は濡れても寒くならないのだ。熱を発しているからね。

結局2日目に濡れたフライをワタシが持っただけで、3日目以降は某M氏がフライもテントも持ってくれた。楽ちんちん。ごめんね、某M氏…。


では4日目&5日目の話をば…

More
[PR]
by team-banzai | 2011-08-30 12:49 | 縦走シリーズ | Comments(0)

北アルプス縦走 2011-その1

池袋発富山行きの夜行バスに乗って一路富山へ。富山駅からは折立行きバス。


DAY 1-

d0107938_12144138.jpg
そして折立の登山口に立つ我ら。まだ雨は降ってなーい。

登り初めてから雨が降り出して、レインとザックカバー装着。この後、5日間ずっとレインウェア姿となるわけでして…。

雨なので写真ナス(笑)。これ1枚っきり。

薬師峠キャンプ場までCT5時間20分。うちらは4時間ちょっとくらい。早い人は2時間で来ちゃうみたいだねー(ほへー)。ワタシの荷物は水分多め(酒?)で18.5kgくらい。テント一式は某M氏が持ってくれてた。テントがない分ちょっと楽させてもらっちゃったかなぁ。

More
[PR]
by team-banzai | 2011-08-29 13:09 | 縦走シリーズ | Comments(0)

登れます?

珍しく、土日連続で家にいまして。う~~ん…週末2日間とも家にいるってのは、年に数回あるかないかくらいかも(苦笑) 布団干して、洗濯して、家の掃除、家でご飯作って。まぁたまには…ね(^^;; でも2日間かけて掃除と片付けしてるわりに、ちっとも片付いた感じがしないのはなんでかしらね!?


ちょうど今、フランスではUTMB開催中。正確には、約160kmを走るUTMBは日本時間で昨日の朝5時半ごろにスタートで、TDS(約110km)とCCC(約98km)は既に終了中。知り合いがけっこう参戦しているので、途中経過に注目中。

「TDSはあと2時間ほどで制限時間の31時間を迎えます。累積標高差は約7100m。う~~~~ん…この5日間でワタシが歩いた距離は、たぶん24km程度、累積標高差…わははははは」


……って、書いてるうちにボス蚊取とsasashinさんがTDS時間内ゴールした!やったーー!!スバラシイ!!

UTMBは約30時間が経過。残念ながら友人たちはリタイアの模様。どんな状況だったかはわからないけれど、とにかくお疲れサマンサ…。大変だったことと想像します。


皆がこうしてチャレンジしている中、ワタシはちょっと脱力中。本当は今日は一人で奥多摩あたりにでも出没しようかと思って、3時に起きたんだよ。でもなんかいまいちやる気にならなくて、結局家で掃除さ。自分的この夏の一大イベントの5日間の縦走が終わってしまって、メンタル的にダウン気味なのかしらねぇ。


そこで気分を↑るべく、先月wowowで放送のあった、こんなんを観ました。


d0107938_15495199.jpg
登れますかーー。


d0107938_15495165.jpg
美しいのぉ…。


d0107938_15495192.jpg
ガツッとアイゼン。


公募登山の話は以前にちらっと書いてるんですが、この番組でのケンケン隊長率いるツアーは50日間で750万円。エベレストはとびきり値段も高いのかな?チョーオユーの8201mだと270万円。全然安い(いや、高いけど、安いw)。参加資格で6000m峰に登ったことがある人って書いてある。んーーー、つまりいきなり8000mには行けなくて、まずは6000m峰を登るツアーに参加して経験値を作った人から挑戦可能ということ!?


750万円はないし、270万円さえもないし、そもそも休みもないし、休みをくれるほどステキな職場じゃないし(じゃあ辞めてくださいと言われるのがオチ)、でも宝くじが1000万円当たったら、仕事辞めて行っちゃうかもーーと思ってしまう自分がいる(笑)。●カはなんでこう高いところが好きなんだろう…w 

まずはキナバルあたりでも目指しますかな…4000m超えじゃー。いや、その前に富士山か。今年まだ登ってないし。


ワタシは鈍足ゆえ、UTMBなんかは時間内ゴールは難しい。でもツールドモンブランは歩いてみたい。ちょい早駆けくらいでいけるかなーどうかなー。


あぁ…やりたいことと、金銭的現実問題とがまったくからみあってなーい。たまに家にいるとろくな事考えないな(苦笑)。今年の冬は自分の凍傷のせいで、シーズンを棒に振ってしまったから…自業自得とはいえ、完全に不完全燃焼(日本語おかしいぞ)。そして皆のチャレンジをこうしてみていて…、体も心もうずうずしちゃうね。だから余計な事を考えだすのだわ。いかんいかん、とりあえず日が落ちてきたからジョグってこようっと。
[PR]
by team-banzai | 2011-08-28 15:49 | 冬山 | Comments(8)

酔いどれ百名山 2座目 - 劔岳

先だって第一回をやりましたけども、

わたくし、深田Q弥の百名山に全部登るとかは、特にやっていませんが

勝手にスタートしましたシリーズ「酔いどれ百名山」(笑)

再度ご説明しますが、山の名前のつけられたお酒を飲むという単純かつ、ただの酒呑みな企画w


d0107938_1522456.jpg
今回いただきましたのは「劔岳」。


銀盤酒造の吟醸酒(生貯蔵酒)。黒部の名水で造られたお酒ですわ。映画「点の記」の公開からというもの、販売に力を入れているらしいですぜ~。味は辛口。すっきり淡麗な感じ。


飲みながら「あぁ…劔岳、早く登らなくちゃな…」と、じゃあいつ登るかな?立山黒部アルペンルート、交通費が高いよなぁ~~とぼやいたりするメパンナなのでしたー。


-メパンナ的酔いどれ百名山リスト

1座目-燧ヶ岳
2座目-劔岳
[PR]
by team-banzai | 2011-08-27 15:22 | 酔いどれ百名山 | Comments(3)

北アルプス縦走の事と顛末

8月19日(金)夜の夜行バスで出発し、24日(水)に帰宅しました。
4泊5日のテント泊北アルプス縦走、過去2年はソロで行ってたけど、今年は某M氏と一緒に2人で行ってきたわけですが…。

●計画
8月19日(金)23:00 池袋発 夜行バス
8月20日(土)05:40 富山駅着
06:10 富山駅発 折立直行バス
08:10 折立着

折立→太郎平小屋→薬師峠キャンプ場 テントを張った後、時間があれば薬師岳ピストン

8月21日(日)薬師峠キャンプ場→太郎平小屋→黒部五郎岳→三俣蓮華キャンプ場
8月22日(月)三俣蓮華キャンプ場→水晶岳→野口五郎岳→烏帽子キャンプ場
8月23日(火)烏帽子キャンプ場→烏帽子岳ピストン→船窪岳→船窪キャンプ場
8月24日(水)船窪キャンプ場→針ノ木峠→扇沢


扇沢→大町温泉郷でお風呂→新宿行きバスにて帰宅

黒部五郎までのゴールデンルートを経て、裏銀座を歩き、最後はいまいち不人気な沢系ルートで直登標高差700mという、北リタ師匠に「渋いね~」と言わしめたコース設定(笑)


ところが、初日から4日目までは雨、また雨。21日(日)に黒部五郎岳に向かうも、雨と強風にやられ、ワタシがびっしょりびしょ濡れ、靴も何もかも全身ずぶ濡れ。北の俣岳に到着したものの、すでに体は冷えており…稜線で強風にさらされた時「あと5時間この状態で歩くのは危険」と自ら判断、体が動くうちに避難すべしということで撤退を申し出て、来た道を戻りました。わたしらが撤退を決めて戻りはじめると、それを見た別グループも撤退を決めて戻ってました。

d0107938_1730152.jpg
トレイルは沢状態。低山でも雨がざんざん降るとこうなるよねー。

とにかくがっつり濡れてしまい、体の冷えも激しいため、太郎平小屋に逃げ込み、素泊まりで小屋泊。おぉーーーん(涙)、北リタ師匠…ワタクシ雨に負けました。でも小屋ってスバラシイ!乾燥室で心も体も服も靴も、きれいに暖まり乾いて下がり気味だったテンションもアゲアゲ↑↑

なんでワタシがびしょ濡れになったかって…多分中に着ていたレイヤーの問題とレインウェアの劣化が理由かと。中にはTシャツ、アームカバー、ペラペラウィンドブレーカーを着て、それにレインを着てたのね。しかしペラペラウィンドブレーカーのせいか中で蒸れて中からびっしょりに。さらにレインウェアの撥水力が低下してて外からもビッショリ。同じ条件で新品レインウェアな某M氏は中は濡れてないんですもん。
靴が濡れたのは…もう仕方ないのかな?ゴアのハイキングシューズ(ミッドカット)でしたが、同じくゴアのトレッキングシューズの某M氏も靴の中は濡れてた。雨量やらの問題でがっしりした登山靴を履いていたとしても濡れてたのかも(小屋の乾燥室にはたくさんのがっしり登山靴が干されてたし)

天気予報を見てみても、翌日以降天気が良くなる見込みナス(T_T)。太郎平小屋から黒部五郎岳までは小屋はなく、CT7時間ちょっとの行程。ワタシがずぶ濡れになっても行動できそうな時間配分で計画を立て直し、当所の予定とはまったく逆に進むことに。

●練り直しルート
8月21日(日)薬師峠キャンプ場→太郎平小屋→北ノ俣岳→太郎平小屋 停滞
8月22日(月)太郎平小屋→薬師岳→スゴ乗越キャンプ場
8月23日(火)スゴ乗越キャンプ場→越中沢岳→五色ヶ原キャンプ場
8月24日(水)五色ヶ原キャンプ場→獅子岳→室堂


室堂からアルペンルートをバスやらトロリーやらケーブルやら→扇沢→大町温泉郷でお風呂→新宿行きバスにて帰宅

これだと1日5~6時間程度のCTで次のテント場に到着できます。それでお昼くらいにはテン場に着いて、テントの中でひたすら衣類の乾燥。そんなことをその後2日間繰り返して、最終日(下山日)にようやく山の景色を見ることができた次第です。


ひたすら忍耐の4日間、最終日の山の景色はそれに耐えたご褒美かな~。

d0107938_17293357.jpg
標高2800m、雄大な立山をバックにボルダリングを楽しむ某M氏の図。本当は黒部五郎岳付近のボルを狙ってたのにね…残念でした。


d0107938_17295275.jpg
Y字バランス!お疲れサマンサ~~~


詳しいレポはまた後ほど。
[PR]
by team-banzai | 2011-08-25 17:34 | 縦走シリーズ | Comments(4)

下山

d0107938_124239.jpg

雨、雨、雨、雨、な感じで4日間。

あんなにうっとおしかった猛暑の太陽が、恋しくなった4日間。

七転八倒、山の神様に根性を試されたかな…

下山する5日目、ときおり小雨は落ちるものの、やっと山の姿を見れました。

バックは、薬師岳、ダブル五郎、笠ヶ岳、槍ヶ岳などなど。

とにかく、下山しました〜。今から東京に戻ります。
[PR]
by team-banzai | 2011-08-24 12:42 | 縦走シリーズ | Comments(3)

ブリッジャー兄弟

d0107938_22525742.jpg

ばななさんもいれば三兄弟だったのにぃ(笑) しかも三世代だったな…


では、行ってきます
[PR]
by team-banzai | 2011-08-19 22:52 | 縦走シリーズ | Comments(10)

シアワセは白いTシャツ

[去年、本棚がいい加減あふれてきたので、だいぶ本を処分したんだけど、この子たちは残してたんだわ~

d0107938_14483490.jpg
片岡義男。高校生のころよく読んだ本。ワタシ、ライダーだったものですから、愛読書は片岡義男とバリバリ伝説とあいつとララバイでした(笑)。特にね~~あいつとララバイはねー…いつかワタシも限定解除でZⅡじゃ!と思ってましたよ。いや、マジでw

16才になってすぐ原付免許をとって、17才の終わりに中型免許をとって、愛車はHONDAのVT250という、当時女子向けとして発売された乗りやすいバイクでした。これは自分で選んだというわけではなくて、既に社会人だった姉が買ったバイク。あっという間に乗らなくなったので、分割払いでワタシが譲りうけました(ただでくれはしなかった…姉は手厳しい)。

18才、250ccのバイクを手に入れたワタシ、バイクでの一人旅もこの頃を皮切りに…でしたねぇ…。当時は若い娘のソロツーリングはとっても珍しいみたいで、どこに行っても親切にしてもらえたような。

そんなわけで、10代のワタシには、女性で限定解除ってのは憧れの的で(当時は一発合格しないと限定解除取れなかったからねー)、そのうちの1人が「三好礼子」という女性でした。美人で限定解除…もうこれだけで羨望のまなざしだったのです。あ、今は限定解除なんて言わずに「大型バイク」ですね(^^;;

そんな彼女が知らないうちにトレランやってて、今度UTMBにも出場するって。ほへーーまたもや同じフィールドに…。しかもUTMBだもんな。スッゲー!!


d0107938_14483443.jpg
これこれ、写真のモデルが三好礼子さんなんだよねー懐かしいなぁ…83年。今から28年前!ワーーオ。

ちょっと読み返してみよっかな。そんで、今度この本片手にリンリンにFairy taleに連れていってもらうのだ♪
[PR]
by team-banzai | 2011-08-18 14:48 | 日々徒然 | Comments(6)

福島で避暑してオールフリー♪(がんばろう東北!)

そんなわけで…福島で避暑して過ごす週末、DAY2.

おはよーございます、朝食です。さすが尾瀬エリアの宿、朝食は何時かときいたら即座に「あ、山に行くの?何時でもOKですよ、山に行くなら5時とか?」って。5時だとまだ胃の問題で食べられそうにないし…なので、6時にお願いをしました。

d0107938_1225174.jpg
朝食は、イワナの甘露煮、きのこご飯etc…。

d0107938_12253115.jpg
はっとうをお餅みたいに焼いたやつ(ゴマ和え)、おいしくいただきました。

それでは行きますかぁ。本日は会津駒ヶ岳(2133m)。日本百名山の1つで福島県では燧ヶ岳につぐ二番目に高い山。

d0107938_12255182.jpg
滝沢登山口から上がります。帰りの道路の渋滞を考えて、最短ルートでさくさく登るのです。

d0107938_1226916.jpg
昨日より天気よし。晴れててそれなりに暑い~。

d0107938_12263863.jpg
あっちの山は何だったっけかなー。あと、滝沢登山口からだと水場が途中に1カ所あるんですが、とっても冷たくて美味しいよーん。


d0107938_12272513.jpg
見えてきた、山頂!……ん?山頂??ただの稜線にしか見えないってか!?


こっち側から見ると特に平べったく見えるみたいだけど、れっきとした山頂。左が会津駒ヶ岳で、右が中門岳。


d0107938_12283671.jpg
駒の小屋が見えてきました。昨日の燧ヶ岳より人が多いな。天気のせい?

d0107938_12295026.jpg
駒の小屋は素泊まり3000円(寝具付き)。食事提供はなしで完全予約制。数年前に管理人さんが交代したらくし、今の小屋番さんはステキなご夫妻が。小屋もきれいに、かわいくデコされてまして


d0107938_12292098.jpg
…なんかいる…。


d0107938_12301639.jpg

クマぴょーーーん。キャラ好きのハートわしづかみ(爆)!


d0107938_12305782.jpg
山小屋グッズとしては珍しいパペットなんかもいたりして。

今度おいしい山ごはんを作りに泊まりで来るのもよいなぁ~~。ちなみにここまで所要2時間5分くらい。CTだと3時間です。ボッカしても3時間あれば登ってこれるはず☆

d0107938_12322314.jpg
では会津駒ヶ岳山頂へ。

d0107938_12324122.jpg
着いたー。ってか、山頂は笹に覆われていて狭い。

d0107938_123312.jpg
あまりゆっくりもしてられないので(駒の小屋でキャラものにやられて時間を食ったw)、中門岳へGO。

d0107938_12334389.jpg
ニッコウキスゲはお約束ですが

d0107938_1234153.jpg
ハクサンコザクラーーー満開!


d0107938_12342082.jpg
ハチきたーーー(アブとの戦いだった1日でした)。

d0107938_12345984.jpg
ワタスゲーーー

d0107938_12512100.jpg
いやぁ、気持ちよい稜線です。うはうは。

d0107938_12353382.jpg
あーあれ燧ヶ岳かな!? 山頂に来たらちょっと雲が出てきちゃって遠くの展望はアウト。でも登ってくる途中は日光白根とかいろいろ見えてたよ。

d0107938_12355760.jpg
それでは…中門岳にて…

d0107938_12361296.jpg
ジャーーンピーーーーン♪

d0107938_12362391.jpg
某M氏も跳びます跳びます。


d0107938_1236399.jpg
そしてオールフリータイムです。車で帰りますからね♪


d0107938_1236548.jpg
ぐびぐびぐび~


d0107938_1237162.jpg
さっぱり爽やか!やっぱ炭酸!


それでは下山しましょう。なんてったって高速上りのリターンラッシュが始まりますからね。行きの恐怖の70kmのような自体は避けたいところ…。燧ヶ岳と違って走れる感じのルートなので、下りはさくさくとノンストップで降りていって…

d0107938_12374037.jpg
Yes 下山!(なぜパワーウーマンポーズを?)


行って帰ってきて休憩込みで4時間半くらいかな?12時前には下山で、檜枝岐村の3カ所の公共浴場(日帰り温泉)のうちの1つに入ってさっぱり。混まないうちに高速じゃーーーと西那須野塩原ICに向かい、大きな渋滞もなく東京に17時過ぎに戻ってきました。戻ってきたころ渋滞情報を見たら「東北道渋滞45km」の文字が。しょえーーー。ちょうどいいタイミングで帰ってこれたんだなぁ。


d0107938_12494869.jpg
この記事に投票する
「山で飲むならオールフリー」記事コンテスト参加中。あれ?またやってんのって!?そうなのーまた参加してるのー(^^)/ 是非是非、投票をお願いします♪

d0107938_12442494.jpg
駒の小屋で思わず買ってしまった、カモッシーとオコジョさん。ラブリーだわ~。


尾瀬、本当に例年と比べても空いてる…人少ない。みんなこの機会に、尾瀬行って行って、行っちゃって~。あ、「がんばろう東北!」なら福島県エリアで今回ワタシらが泊まった檜枝岐村あたりがよいですわん。(尾瀬は福島・新潟・群馬・栃木の4県にまたがるエリアなのです)
[PR]
by team-banzai | 2011-08-16 12:41 | 山走り(トレラン) | Comments(6)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai
プロフィールを見る
画像一覧