「ほっ」と。キャンペーン

Mepanna works - BANZAI的な日々-

teambanzai.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

参上

d0107938_14481367.jpg

うきききき



明日午前中雨
[PR]
by team-banzai | 2010-02-27 14:48 | マラソン大会 | Comments(2)

牡蛎祭り開催中♪

d0107938_1040382.jpg
d0107938_1041076.jpg
ワタシは牡蛎が大好きだぜーーー!いぇーーーー!!!!
[PR]
by team-banzai | 2010-02-26 10:41 | 日々徒然 | Comments(3)

憧れの山ガール♪

森ガール
山ガール
登山女子…

この1年ほどで流行ったね。山オンナは2010年のトレンドにはならんのかいなw

山オンナで検索するとね、伊東美咲と深キョンがやってたドラマ「山オンナ、壁オンナ」がHitするんだよわ……


まぁともあれ、2009年秋冬シーズンの流行となりました「山スカート」はとってもかわいいと思ってます。山スカは賛否両論ですけどね…ワタシは好きよ。1人くらい山スカはいてダブルアックス振りかざしてバリエーションルートを行くアフォ~がいてもおもしろいかと(笑)


いや、そんなことしたらスカート岩にひっかけて●にますから。谷底にサヨオナラプーです。


山ガール皆さんブログを時々読みに行くんだけど、とーーってもかわいいの。ワタシもあと●歳若かったら山ガールになれるかしらん!?


んで、2010年はこういうかわいらしいおしゃれ系アウトドアブログを目指してがんばろうかと…(ウソです、無理です)

おしゃれ系アウトドアブログによく登場してくるテント。よく見ると…これ↓が多いのよね。
d0107938_16332639.jpg

書房さんのテント、シャングリラ(一番左の三角のん)。

考えてみれば、こいつを網笠山に設営するってけっこう画期的カモー?どう考えても標高2500mに似合わないところが(笑)

ワタシのテント…ICIのG-LIGHT(ヒマラヤにだってこれで行けちゃうぜ!)。これを買ってる時点で(機能最優先)、おしゃれ系アウトドアブログから一歩後退か…orz


-------------------------------------------------------------------------------------------



そんなおしゃれ系アウトドアブログを画策中のわたくし、最近ワッショイしましたのよ(また?)

これ↓
d0107938_1631961.jpg

アタックザック!アークテリクス・しぇるぞ~君35。


書房さんに「これどう思う?」ってきいたら「自分は生地のごわごわ感がイヤ!」みたいな返事でね(^^;;
だけど結局買っちゃった。だって安くなってたんだもーーん。同タイプの他のメーカーの候補もいくつかあったのだけど、値段的に結局こいつより高かったり、特に他のメーカーのんで飛び抜けて気にいるものもなかったし。


このしぇるぞ~君のすごいところはね、

ダブルアックス装着OK!←これ重要
ワカンも装着OK!←これ重要
背中のとこの中身(こういうのをなんて言うんだっけか)を取り除けば上蓋にポッケがついててそこにpackable!
重量553g。重さギリギリ許容範囲内!



-想定する利用状況-

行者小屋にテント張って、赤岳主稜をアタック
涸沢にテント張って、前穂北尾根アタック
甲斐駒・黒戸尾根の7合目にテント張って山頂アタック
夏の北岳バットレスアタック


アタック!アタック!!!アターーーック!!!!



まぁ使い勝手は使ってみなくちゃわからんので、またレポしますわ。
見た目スマートな感じなので(なんてったってアークテリクスという高級ブランドですから!いひひ)おしゃれキャンプとかにも使えちゃうかもよ~~ん!?



そうそう…今年のサハラマラソン、梅宮アンナが出たいって言ってるって?3月末のやつかと思ったら、10月の別のやつだったのね。てっきり番組企画かと思ってたら、本人が出たいって言ってそれからスポンサーやら番組連動の企画持ち込み?へーーっ。やるな、アンナ・37才。



そうそう、巨岩レース(名称省略)の婚カツの部の男子が〆切になってましたね。●さんやら×さんは申込を悩んでいたようですが、ちゃんと申込したのかしら!?



そうそう、キム・ヨナすごいね…ワタシは安藤美姫ちゃんを応援してるのだけど。




そうそう、そうそう、そうそう…。


キリがないから今日はもうやめとこ(^^;;
[PR]
by team-banzai | 2010-02-24 16:34 | 山・ランニング・トレラングッズ | Comments(0)

歴ロゲ★復習ラン

粘着質すぎるワタシが……いやいや、忘れぬうちに自分のモノにしたいというあくまでも真面目な精神から。


先週、2月14日に参加した、「歴ロゲ」。その復讐…じゃなくて復習ランをしてきたよーん。


前回は10位、ポイントは834点+ボーナスポイントの30点。
周り方が違えばこれだけ変わってくる……ということを実証してみようじゃないか、みたいなんと、
前回まわれなかった銅像を見てこよう、みたいなんと。


d0107938_1381689.jpg
そんなわけでスタート地点へw



d0107938_13125299.jpgd0107938_1313230.jpg
d0107938_13131279.jpg
途中、腹減った~~となり、築地で海鮮丼。
その他おやつやらコーヒーやら。
これらの休憩時間は今回のタイムからは除外してます。


d0107938_1384085.jpgd0107938_1385357.jpg
d0107938_139318.jpgd0107938_1391482.jpg
d0107938_1394832.jpgd0107938_1395913.jpg
d0107938_1311252.jpgd0107938_1311997.jpg
d0107938_13111990.jpgd0107938_13113047.jpg
d0107938_13115077.jpgd0107938_13115981.jpg
d0107938_13122663.jpgd0107938_13123479.jpg
結局、最後は疲れきって、前日の岩トレの筋肉痛&疲労がMAX、足も腕も思うように動きません。なので40分ほど時間を残して強制終了。両国の銅像だけが前回も今回もまわれずじまい(T_T)

ランのみでゆっくり走って3時間40分、ポイントは724点。
本番ならもっと必死に走って、もうちょいまわれるだろうな。


復讐復習ラン、果たして復習になったのやら!??(笑)





d0107938_13161344.jpg
キャーーッ!マリーがゴジラに拉致されたーーー!!(笑)



次回、奥武蔵ロゲイン、参戦です。


沢の鶴氏、負けないわよ!!
[PR]
by team-banzai | 2010-02-23 09:51 | ロゲイン・オリエンテーリング | Comments(5)

つづら岩 Ⅳ級

奥多摩、つづら岩に修行に行ってキター。
これは今後バリエーションルートを登るための修行です。


-本日のポイント-

・ザイルの扱いに慣れる
・マルチピッチの練習(含:器具の回収の練習)
・懸垂下降おさらい。余裕があれば片手で下降ができるように練習。
・アイゼントレーニング
・セルフの取り方練習


d0107938_12252160.jpg
初めて行く岩場。アプローチで1時間くらい登ります。登るためのギアやら全部かついでいるので、けっこうな荷物です。雪も思ったよりあった。


d0107938_12254848.jpg
んで、やっとこさっとこつづら岩。誰もいない。貸し切り。


d0107938_1226448.jpg
準備しまーす。


d0107938_1227976.jpg
ハーネスつけまーす。


d0107938_12261699.jpg
ルート確認。どこを登るかね?



d0107938_12275543.jpg
ってことで、「一般ルート(Ⅳ級)」にした。


アイゼントレなので、私は登山靴にアイゼン。モロちゃんは最初登山靴で登り始めたけど、岩が濡れてる部分があって危ない…(彼はリードで登らなくちゃならんからね)だから途中からクライミングシューズで。

最初はワタシはグローブもつけてたんだけど、手はまだグローブで登るのは技術的に無理だった(>_<) なのでグローブは早々に外して登りました。




d0107938_12283956.jpg
岩にへばりつく、下手っぴぃなワタシw
アイゼンで登るのタイヘンだよーーん(T_T)

登りながらの器具の回収、初体験。タイシュリンゲを外すのに苦労したり、ピトンからカラビナ外すのに、岩との干渉で手こずったり。これもまた勉強ナリ。


d0107938_12281850.jpg
諸事情により、早めに1ピッチ。
ルベルソでのセカンドのビレイ方法など簡単にレクチャー受けて

ワタシが下手っぴぃだから再びワタシはセカンド、2ピッチ目。


d0107938_12294114.jpg
モロちゃん、もうすぐ2ピッチ終了。ビレイ地点へ。
んで、モロちゃんセルフ確保。ワタシビレイ解除…で、事件勃発。



あああああああああああああああああああああっ!!!!!



確保器(ATC)落としました!!!



d0107938_12304464.jpg
落としました!!!!!!!!!!!(注1)


(注1:これは絶対にやってはならない行為のひとつ)


……やってもうた…。痛恨のミス。


いや、練習でやらかしておけば、本番ではやらかさない(と、信じよう)

妙に前向き(笑)


d0107938_1232043.jpg
仕方ない、とりあえず登ります(エイト環を別に持ってる)


d0107938_12302914.jpg
お母さん助けてぇぇぇ(爆)!!へばりついちゃって、このトラバースにかなり時間がかかりました。


ヒーヒー言いながらビレイ地点へ。


d0107938_1233343.jpg
終了点までもうちょい。しかし時間の問題もあるし、懸垂下降の練習もしなくちゃなので、ここから懸垂下降します。


d0107938_12344962.jpg
名残惜しい展望ですが、降りまーす。


なんとまぁ、この1本で時間切れ(あひーー)。
どこまで修行が出来たのか(?_?)な感じですが、少なくとも…


ロープは踏まなかったよ!(爆/ 注2)


(注2:これもまた絶対にやってはならない行為のひとつ)



Ⅳ級って、フリーでいうところの5.5くらいだって。ルートとしては簡単なはずなの。でも、そもそも下手っぴぃなワタシが、さらにアイゼンで登るという練習をしているため、アイゼンの前爪でひっかけて登るのに苦労しました。今回は手を素手にしたからまだよかったけど、グローブしてたら……どうしよう(>_<)



前途多難。やるしかないけどね。イヒ!!
[PR]
by team-banzai | 2010-02-22 12:41 | のぼら~(インドア) | Comments(3)

リベンジ・ザ・中央稜 - 本編 

さて、リベンジ決行当日。

メパ&モロの冬山2年目(まだまだ初級者)。


最初は前日夜に出発して、登山口で車中泊、朝一で登り始める…という計画にしてたんだけど、
冬の車中泊はかなり寒いよね…。だったら短い時間でもしっかり家で熟睡して出かけたほうがいいか…
という話しになり、午前2時起床。そんで3時には出発。出発は順調だった…。
しかし、そう順風満帆にはいかないものです(お約束)


想定外の出来事1-ガス欠の危機


d0107938_2158755.jpg
黄色い腹減らしランプが(あひーー)


この日はうちの車(軽・フルタイム四駆)で行ったんだけど、軽はさ、小さいから
満タンでも35リットルくらいしか入らないんだよね。
んで、うちの車はフルタイム四駆のため軽にしては燃費がいまいち。
それが朝がんがん走らせたことで燃費がさらに悪くなり。
ガソリン残量がやばいので八ヶ岳PAで給油しようとしたら、
八ヶ岳PAは24時間営業じゃなかった。


ガーーン!!


双葉SAで入れるべきだった…と後悔するも先に立たず。
小淵沢ICを降りたところで、ガソリンスタンドをさがしてさまよい、
結局このあたりだと諏訪ICまで行かないとないよって。

そんなこんなでタイムロス、約40分。


そして舟山十字路AM6:30頃、スタート。

舟山十字路では他に2パーティーが出発準備をしていて、1パーティーはうちらよりも先に出発。
やったー!今日こそラッセル泥棒だ!!!(ワクワク)


d0107938_21582069.jpg
林道から。阿弥陀岳だ~~~天気良いぞ~~~!!!


ところが、歩き出してすぐに先週とは様相が違うことに気づきます。



……雪が少ない………。


先週とくらべて圧倒的に雪が少ないのです。それは進めば進ほどあきらかに。



d0107938_21583760.jpg
先週は雪に埋もれていた沢が、今日は水が流れてる!!!!


想定外の出来事2-沢にはまる

二俣をすぎると、3人組の先行パーティーに追いつきました。
彼らは中央稜末端からとりつくそうで、ここでハーネス装着。
お一人は初心者のようでハーネスなし。パーティーの隊長さんが
スリングで簡易ハーネスを作ってあげてました。
へーーっ、こういう方法もあるのだな…と興味津々。

我々は前回同様、右俣をつめて中央稜にあがろうと、そのまま進みます…


d0107938_22262639.jpg


……が!!


パリン ばしゃっ

うぎゃーーーーーーーーーーーーーー!!!!



先を歩いていたワタシが、踏みぬいた!

しかも、踏み抜いたその下は……沢。冷たい水が…

あひーーーっ!!!!!


あわてて足を抜こうとするも、氷にはばまれて抜けない。
やっと抜いた頃には靴の中に浸水……冷たい……。

Oh No !!! (T_T) 真冬に靴浸水。悲惨です。
っつーかやばいです、凍傷になります。

とりあえず薄手のタオルを靴下のまわりに巻いて、しばらくそれで
水を吸わせてから換えの靴下にはきかえよう…ということにし。
しかし、先に進むも、完全に顔を出した沢にはばまれて、沢が渡れナス。
このまま沢をつめるなら、沢ではない部分を探しながら慎重に歩くことになる。

ここで予定変更。我々も中央稜末端からつめましょう。そうしましょう。

そして来た道を戻るのですが、先程ワタシが踏み抜いた場所。
慎重に通過しようとするも、ご丁寧にまた踏み抜いた、さっきは右足、今度は左足(笑)。
しかし左足はすぐに抜くことができて、靴浸水前に無事脱出。…ほっ、よかった…。

後ろから来たモロちゃんに「慎重に渡れって言ったじゃんか!」と怒られるも
「慎重にやったんだけど、それでもダメだったんだよ!!!ブーー!!」と言い返し。
そしたら結局彼も同様に踏み抜いて沢につっこんだ(爆)。靴浸水前にすぐ脱出。セーフ。


d0107938_22264044.jpg
中央稜末端からとりつき、ワシワシ登ります。
登りだしてすぐ、斜面が氷になってきたのでアイゼン装着。
ついでにハーネスも装着(後でつけるほうが面倒なので)。
浸水した右足がだんだん冷たくなってくる…。

d0107938_22265352.jpg
樹林の中を登り…

さぁそろそろ靴下取り替えるかな?


想定外の出来事 3 ― 替えの靴下忘れてきました(^^;;

d0107938_2227124.jpg

靴下取り替えようと思ってがさごそザックの中をあさるも…
手袋の替えはたくさん出てくるのに…
ない、靴下がない(>_<) あぁ…靴下&フェイスマスクの替えは別袋で
それを持ってくるのを忘れた…。
モロちゃんも替えの靴下置いてきたって。ああーーん。凍傷……。

とりあえず、さっき靴下にまいたタオルはもう水を吸って濡れてるし
今度は替えの手袋を靴下にまいてみた。
登山続行。


d0107938_22272624.jpg
しばらく歩いて、「あ、右足と左足の靴下、いれかえてみるかな!?」と言って
濡れた靴下と濡れてない靴下を交換してみた。
登山続行。

この靴下の作業でけっこう時間ロスしたと思う。


d0107938_2227391.jpg
下部岩壁が見えてキター


d0107938_22314157.jpg
岩壁が近くなってキター


d0107938_22315464.jpg
下部岩壁トラバース、核心部その1に到着。
ここで先行パーティーに追いついた。彼らが登り切ったところで、ワタシが続く。

ここは前回敗退の現場。

今回はダブルアックスという強~~い味方がいるからね。
なんで先週ここで登れなかったのかね!?というくらいさっくりと登りきる。
ダブルアックス…すげーーー。思いきって買ってよかった(T_T)
道具ってスゲー。


d0107938_2232759.jpg
無事にクリア。イヒ!!岩の上はこんな感じ。

業務報告:北リタ師匠、下部岩壁の上に幕営は難しいようです。


d0107938_22322825.jpg
上部岩壁をのぞみ


d0107938_22364016.jpg
上部岩壁取り付きには先行パーティー。先行パーティーはここでロープを出してます。
ワタシ達はハーネスはつけたけど、ロープは持ってきていなくてスリングをたくさん。

隊長さんが「ロープ使わないなら、先行っていただいていいですよ」と言うも、
ここから先はワタシ達も初めて。先に行ってルート間違えてたら笑える…。

「いえ、休憩しますのでだいじょびです」と言って、パンを食べながらロープ作業を見守ります。

隊長さんがリードで行く。セカンドさんは赤ロープ。サードさん(初心者)が黄色ロープ。
サードさんは「ロープ残り5m!!」(本当はまだ10mある)と間違えてコールしたりして
セカンドさんが慌てて訂正したり、なかなか他人事とは思えない光景(笑)

待ってる間暇なので少しお話をしたけど、彼らは阿弥陀岳山頂から赤岳鉱泉に降りてそこで1泊、
翌日阿弥陀北稜を登って車のある舟山十字路まで戻る予定なのだそう。
なるほど、それなら幕営装備なしで行けるね。赤岳鉱泉でお風呂も入れるし、良さげなプランだ。

彼らが全員トラバースし終わり、我々はロープなしで行きます。


上部岩壁下を左にトラバースすると雪壁。ここをあがれば上部岩壁上に出るわけです。


d0107938_22384840.jpg
岩だーフォーーー!!!(テンションMAX)

d0107938_22324383.jpg
雪壁をのぼり


d0107938_22325688.jpg
登って出たところが…


d0107938_223385.jpg
上部岩壁上。


d0107938_2240377.jpg
上部岩壁から下部岩壁をのぞみます


d0107938_22422988.jpg
核心部はクリアしました!こちらを進むと摩利支天へ…つまり山頂へ。

上部岩壁上で13時ちょい。
12時には降り始めるつもりで登りだして、いろいろ想定外の出来事もあって時間がおして、じゃあ13時までがんばろうって話しをしてた。
御小屋尾根を下って帰ることにすれば早いんじゃ?そしたら山頂まで(せめて摩利支天まで)行ってもいいんじゃ?という案もモロちゃんから出たけど、北リタ師匠は御小屋尾根もけっこう危ないから…って言ってた。

とりあえず中央稜の核心部の2カ所はクリアしたので、あとはそんなに難しいところはない。
下山途中に暗くなるのはよろしくない。
摩利支天まで予想タイムは40分、さらにそこから山頂が15分。


どうする!?




決断:下山。




d0107938_22435712.jpg
下山します。


業務報告:リタ師匠、下部岩壁の上はこんなんです。幕営地なし(岩の先端くらいしか…)。


d0107938_22332216.jpg
降りるのも核心部は時間がかかる(>_<)


d0107938_22333775.jpg
降りるほうがより慎重に…だね(^^;;

天気予報通り雲が出てきたよ。


d0107938_22335378.jpg
そして雪もしんしんと降り出して


d0107938_22502943.jpg
駐車場まであと100mくらいで力つきた人が約1名(笑)


16:25 舟山十字路着。


御小屋尾根からの道に踏み跡1つ。誰か入ってたのか~~と言いながら戻ると舟山十字路に一人登山者が。「お疲れさまです」と話しかけてくる。

あれ?さっきの先行パーティーのうちの一人だわ。

彼は結局赤岳鉱泉に行かず、御小屋尾根を降りて下山してきたとのこと。御小屋尾根怖くなかったですか?ときいたら、「それは全然だいじょーぶでした。でも誰も他には入ってないみたいで」と。


結果論だけど、あのまま上がって摩利支天まで行って御小屋尾根を下っても
この時間に戻ってこれたんだな。うまい具合に決断するって難しい。


ところで彼はなぜ1人でこっちに降りてきたのかな…。力尽きて明日北陵はもうヤダー状態だったのかな。



あ、濡れた靴下は核心部に突入したら雪壁に集中してたので、途中から忘れてました。
下山したらだいぶ乾いてました(笑)凍傷にならなくてヨカタ~。いやマジで。




ともあれ、山頂は踏めずだけど核心部クリアで、気持ち的にはリベンジ達成。




まとめ

・雪が少なく、ワカンは運んだだけで終了。つまりラッセル泥棒も未遂に終わるw
・中央稜先端からつめるルートの方が、右俣をつめてあがるよりも道がわかりやすい
・次回日帰りするなら下山には御小屋尾根を使おう
・中央稜先端からつめるとテントをはるのに適した場所があんまりない。
やっぱ右俣からあがった入中山手前の広場がベストポジション
・手袋は複数替えを持っていったのに、フェイスマスク、靴下などは忘れてきてしまった。気温が比較的高めだったからよかったけど、そうでなければあのまま引き返すことに。油断大敵
・速やかに中央稜先端の別ルートに予定を変更できたのは、先行パーティーのおかげだな。そうでなければもうちょっとどうするか悩んだはず
・頂上まであと少し。行くべきか、戻るべきか。今でもちょっぴりあの判断ポイントを考えてしまう。
・ダブルアックスの威力はすげー。



次回への課題

・ロープの使い方を覚えなくては
・忘れ物、再度チェック
[PR]
by team-banzai | 2010-02-17 12:57 | 冬山 | Comments(6)

リベンジ・ザ・中央稜 - 序章

d0107938_23393316.jpg
阿弥陀南陵、そして奥には網笠山と権現岳。
東京にみぞれが降っているころ、八ヶ岳は青空でしたよ♪


飛び石連休。せっかくなので金曜に休みをとって連休にして、山へいこーって言ってたのね。
1~2泊で甲斐駒・黒戸尾根(注:ハードなルートです(^^;;)が候補だったんだけど、
残念ながらちょっと天気悪そう。


じゃあ別のところにしよっか!?っとなって、ワタシが行きたがったのは
1週間前に敗退した「阿弥陀中央稜」でした。


当然のごとく、ブーイングか!?うははは。そりゃそうだ。
先週行って、また今週行くのか!?って感じだわね。


しかしながら、いろいろ協議の結果、ワタシのゴリ押しが勝ったというか、
情熱がもえたぎってたというか……
たまたまそのエリアの天気がよさげだったというのもあり、
本当にリベンジで行ってみることになったのです。


そして、山へ行く前日…かけこみ寺…さかい●スポーツへ。


d0107938_23505343.jpg
そしたらビックリよ!偶然inoxさんに遭遇したわ(驚)
しかも、さらに偶然にも作ってくれたワカンカバーを車につんでるって!!!!
ワフーーー!!!


d0107938_23511395.jpg
しかも改良型の新しいモデルよ。むふふふふふ。
ありがとうございますっ!


d0107938_2352149.jpg
ほんで、さかい●でワッショイ……。アックス…2本…。Oh No!!! 予算オーバー!!!

(本はブックオフでみつけた)


本当は1本だけ買うつもりだったのだけど(もう1本は今あるピッケルを使いたかった)
結局さんざん悩んだあげくに、思い切ってワッショイしてしまった。


しかし、ダブルアックス、これがワタシの強い味方となるはず。


想定外にもリベンジ前日に、アックス2本とワカンカバーを手に入れたメパンナ…
負ける気がしねぇ(笑)


行くぜー中央稜!!!









関係ないけど、ノルディック複合/個人ノーマルヒル、おもしろかった!すごかった!
[PR]
by team-banzai | 2010-02-16 14:57 | 冬山 | Comments(0)

歴ロゲ参戦。東京23区をハシル。

ゆぅさんsuuさん、junさんプレゼンツ★


セントバレンタインだけど何か? 東京23区の銅像を巡る! 歴ロゲ東京


に、参加してキター。


ロゲインの都会版(歴ロゲ=歴史ロゲイン。東京23区内の歴史にまつわる銅像をめぐる)。
この告知を見たときオモシロそ~~と思い、半ば無理矢理
「出よう出よう!(雪山から戻った翌日、平地のLSDなんてツラい~~~)」とチーム結成。
チーム名はもちろん team BANZAI で (^^)v


しかし、雪山から戻って翌日早起き(言うほど早くは起きてないけど、それでももうちょと寝たい…)
けっこうハード、けっこうきつい(笑)


d0107938_21484297.jpg
無料の個人主催のイベントなのに、参加賞で「にんにく」と「ごはんですよ」までちょうだいし、
晴れやかに歴ロゲの幕開けじゃーー。


スタートまでは「足がだるい…。走るの無理…。」とほざいていたものの、


d0107938_21503285.jpg
9時のスタートともに、闘争本能にスイッチオン!(爆)
走るぜ走るぜ!!!


d0107938_21524998.jpg
最初にゲットは「吉田茂」像。


d0107938_2153392.jpg
ジャニーズの歴史にもふれてみますよw
(注:ここはチェックポイントではありません)


d0107938_21555967.jpg
靖国神社に向かって走り


d0107938_21562796.jpg
「大村益次郎」像ゲット!東京三大銅像のひとつだって。


d0107938_21581957.jpg
東京ドーム付近までダッシュ。「春日局」像ゲット。


d0107938_21593397.jpg
東京メトロで2駅移動。上野。


d0107938_222549.jpg
アメ横内。「日蓮聖人」像ゲット。


d0107938_2223821.jpg
走れー走れー


d0107938_224326.jpg
上野公園。おなじみ「西郷隆盛」像ゲット。


d0107938_2242712.jpg
こんなとこに建ってたなんて知らなかった(驚)
「野口英世」像ゲット。


d0107938_226353.jpg
おらーー、下れ下れー!


d0107938_22626100.jpg
浅草突入。


d0107938_2273371.jpg
浅草寺。「市川團十郎」像ゲット。


d0107938_228955.jpg
あちらに見えるはシークレットのCP。
皆さん、あれが何かはおわかりですね(^^)


d0107938_2211938.jpg
隅田川を越えて


d0107938_22114630.jpg
「勝海舟」像・その1。



d0107938_22171257.gif
「勝海舟」像・その2。


d0107938_22232137.gif
亀戸まで走って「菅原道真」像をゲット。
亀戸はワタシの祖父が住んでいたなじみ深い町。
メパ家のお宮参りはいつもこの亀戸天神。


ここから錦糸町まで走って、錦糸町から東京メトロで清澄白河まで。


d0107938_22252549.jpg
隅田川ほとりにて「松尾芭蕉」像ゲット。


d0107938_22255645.jpg
急げ!まだまだポイント取れるじょー


d0107938_22262977.jpg
隅田川沿いを走って、


d0107938_22273347.jpg
「弁慶」像ゲット。


d0107938_22285657.jpg
築地本願寺、「親鸞聖人」像ゲット。
危ない兄さんの顔は危険なので黒線で(笑)
本願寺の守衛さんには門をくぐるなり「親鸞はあっちね」と言われた(爆)
同じような格好のやからが、すでに何人も来たようだw


d0107938_2231731.jpg
むむっ!なんかななめった写真の片隅にあのチームの方々が!


d0107938_22324615.jpg
「シーボルト」像。本日初の外人さんだな。


d0107938_2242948.jpg
交差点の向こうには他の参加者の姿が。
時間的にそろそろやばいか!?


d0107938_22344123.jpg
銀座の街を駆ける駆ける駆ける。


d0107938_22405948.gif
「ゴジラ」像ゲット。もうこれ以上は無理か!?
どうでもいいですが、コワイお兄さんの顔がかなりつかれてます(笑)


d0107938_2239525.jpg
もどってキター!!時間内クリア!!!


全員ゴール後、3位まで順位発表&賞品授与。
team BANZAIは残念ながら上位入賞せず……。


d0107938_22425230.jpg
最後に締めるは、娘さんデザインのチーム名の入った缶バッチをうれしそうに見せびらかす(笑)、ハリ天センセー(^^)


走った距離、約20キロ、4時間1本勝負。
東京もなかなかおもしろーーーい。
今回のCPは24カ所。ワタシ達が回れたのは16カ所。
今回まわれなかった銅像は、今度また走ってまわってみよっと。



主催の皆さん、楽しいイベントをありがとう!!
[PR]
by team-banzai | 2010-02-15 22:34 | ロゲイン・オリエンテーリング | Comments(8)

リベンジ・ザ・中央稜

d0107938_6312034.jpg

また来た(笑)


粘着質でスイマセン

ラッセル地獄で終了かも(ノ_・。)
[PR]
by team-banzai | 2010-02-13 06:31 | 冬山 | Comments(0)

北リタ塾2010 - 八ヶ岳・阿弥陀中央稜 その3

d0107938_0161965.jpg
上部岩壁が見えますたー!


……が、


この後、下部岩壁の上に出るところが雪壁になっており、
そこでわたわたしてたら岩の上に出れないまま時間切れ(T_T)。
前々回のブログに書いたようにそこで敗退となったのです。

それにしても、このトラバースに1時間以上かかったのか…とほほ。


岩壁横が比較的足下が安定してたので、とりあえず補給タイム。
すると……


d0107938_016363.jpg
ん!??


d0107938_0171044.jpg
何かいる!!!


d0107938_020239.gif
カモッシーだぁ(*^^*)

ワタシ達が補給している間、ずっとこっち見てたよーー。かわいー。




d0107938_0172840.jpg
ほんじゃまぁ降りますか。




d0107938_0165127.jpg
すっかり晴れたね。


d0107938_0174122.jpg
阿弥陀南陵のP3がよく見える。

d0107938_0175196.jpg
あの地点までは行ったのだ。
こうして見ると山頂まであともうひとがんばりだったね。
(とはいいつつも、敗退した地点から山頂まではまだ時間はかかる)


d0107938_025539.jpg
テントまで戻ってリタさんほえるちゃんと合流。
お疲れサマンサの赤ワインをリタ師匠から頂戴し、岩壁の様子を語り…


d0107938_0184632.jpg
んじゃ降りますか。さすがに下りは速い。


d0107938_018669.jpg
最後の最後、雪があんまりないとこですが、アイスバイルの使い方講習♪


d0107938_0183252.jpg
アイスバイル、欲しくなっちゃった……(^^;;


d0107938_0181825.jpg
阿弥陀岳に別れをつげて。

午後3時くらいに車に戻りました。渋滞を避けるため、今回はお風呂パスして
つったかた~~と都内に戻りましたとさ。




d0107938_916878.jpg
We are てんぷくトリオ+!!!!

敗退だけど、お疲れサマンサ♪
[PR]
by team-banzai | 2010-02-12 09:16 | 冬山 | Comments(0)