<   2007年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

祝★準優勝

疲労が抜けないな~~だるいな~~~

‥‥と思っていたら、どうやらこれは新城の後遺症ではなくただの“風邪”だったもよう。実はけっこう前から軽く喉が痛かったのだけど、イソジンでうがいしながらしのいでたんですね。その喉の痛みが、ご飯を飲み込むのが辛いくらいに痛くなってきました。

あひ~~~~~明日は高水だっつーの (ーー;)


普通のマラソン大会ならともかく、トレイルで体調悪化で走れなくなってもそこから車で帰れるわけじゃないし......ん~~~考えものだな。10kmの関門まで走るか!?

自分の走力では10kmの関門を突破できるのかどうか超微妙。できれば今年でどのくらいでたどり着けるのか知っておきたいところなんだけど...................まぁ、明日会場で考えます。発熱さえしなければ会場入りはできるはずだから。

あぁ神様..............どうかこれ以上悪くはなりませんように...........( ̄人 ̄)





ところで!


先日のOSJ新城トレイルレース、時間がなくて当日受取れなかった記録証が届きました。


d0107938_13253043.jpg
じゃじゃ~~ん!!!


d0107938_13254588.jpg
年代別の入賞の賞状と、賞品のCW-Xの靴下も入ってまひた\(~o~)/


報告したように年代別で2位。しかしここでは「準優勝」と記載されてますぞ。
2位という言葉より準優勝の方が、なんだかものすごいえらい記録のような感じだな!えへへへへ(照)


こんなこと、二度とあるようなことでもないから、十分に自慢しておこ。


準優勝!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!






‥‥‥‥まっ、ビリなのはご愛嬌 (;^_^A
[PR]
by team-banzai | 2007-03-31 13:32 | トレイルレース | Comments(2)

夜桜ウォーキング

う~~ん‥‥やばいなぁ‥‥

新城のレースの疲労が抜けきりません。昨夜はアミノ酸がぶ飲みで、疲労抜きもかねて夜桜ウォーキング。

d0107938_16164122.jpg
携帯のカメラでの撮影には無理があったね。月とサクラで撮りたかったのに。(;^_^A  


レース後、筋肉痛は少しあったんですが、でもたいしたことはありませんでした。
その筋肉痛は今では完全になくなっているのですが、腰から下の疲労感がなくなんないんです。 (>_<)
気分的には東京マラソンでのフルの倍くらい疲れてます。つまり平地を80kmくらい走ったのと同じくらいの負担が体にきちゃったってこと???

ん~~~~~~~~~~


80km走ったことないからわっかんないや ^^;;


どうしよう。日曜は高水で30kmなのに............................(えっ!?出るの??)

はい‥出る予定してます。エントリーしてます。普通に走ればいいなら走れるけど、10kmの関門突破できるくらいのスピードでいけるのかどうかわかりません。元気な時でも関門突破が怪しいと思ってたのに、この疲労感をかかえての関門。

ぐぅぅぅぅぅぅぅぅぅ。


ま、悩んでても疲労回復するわけじゃないから悩むのや~~~めた~~~~~(笑)
[PR]
by team-banzai | 2007-03-30 16:29 | マラソン・練習 | Comments(0)

Trail Runner 最新号

d0107938_15474138.jpg
定期購読している Trail Runner というアメリカの雑誌の最新号が届きました。

まだじっくり読んでないのだけれど「妊娠7ヶ月で トレイル・ハーフマラソンに出場した」という記事が載ってましてですね。


ふへ~~~~~~~~っ (*_*)


そのトレイルマラソンには8回出てて、妊娠してない時に走ったのと比べると、20ポンド体重が重くなってて、タイムは45分遅かったのですと。20ポンド....9キロくらい?(合ってる?)

で、走ってるとき。 

女性は「行け~~~~~!!」と応援するのだけど、男性は「マジかよ!?本当にそれで走るの??」みたいな感じだったと。


ふ~~む。 


もし自分が妊娠したら‥‥‥。


きっと走るな!!!!!!!!!!!!!!!(爆)
[PR]
by team-banzai | 2007-03-29 16:01 | 本(スポーツ関係) | Comments(0)

新城トレイルレースを振り返る

あらためて‥‥今回のOSJ新城トレイルレースに参加された方々のブログなぞをあちこち探して読んでみました。

このレースは基本「前日受付」。‥‥あぁ‥‥すみません、前日入りできず (^^;;で、前日の会場はもっのすごっ悪天候だったようですね。「これは中止だろう?」と思われた方が多かったみたいだし、実際それで会場に行かなかった人も多かったのかな!?

さて、わたくしはと言えば....家を出た前日22時。ぎりぎり東京はポツポツ来たところで何とか濡れずに東京駅到着。あとは電車の中で4時間ほどの爆睡タイムだったため、雨がどのくらいひどいかなんてまったく意識してませんでした。エヘヘ。

でもね、雨がひどくてもとりあえず参加賞もらいに会場までは行こうって決めてたんですよ(7時間かけて)。

パワースポーツのHPにもレースのレポートと写真がアップ!写真を見て‥‥あらためて “ほえぇ~~~コースすっげ~~~”と、しみじみ。


d0107938_23332834.gif
それにしてもパンフレットのこの高低図(イメージ)。

イメージゆえ、これがすべてではない。詳しく知りたい場合はきちんとカシミールとかで書き出すべし。




‥‥‥なんてこと全然考えてなかったわ~~~( ̄_ ̄#)


これだけ見ると‥‥
d0107938_23438100.gif
箱根のコレとか


d0107938_23433984.jpg
北丹沢のコレとか


これらの方が絶対コースが厳しく見えるよね!?

いや、実際厳しいわけなんですが‥‥でも新城は距離も32キロでこれら2つに比べれば短いし、最高峰も900mでしょ。北丹沢も箱根も1400mとかあるし。

しかしですね、この高低差イメージ図ではイメージがわかないくらい急登が多かった気がしますし、このイメージ図ではただ下ってるだけのイメージになってるところが実は小刻みにアップダウンを繰り返してたりするんです。ひやぁ~~~~あなどれませんっ。

「ボディーブローを食らってるみたいな気分だなぁ....じわじわときいてくる(><)」と言ってた方もいました。まさにそんな感じ。


リタイアとなった人は1割なんだけど、関門でリタイア勧告なのかな?13キロ地点の関門は5時間なんだけど、4時間弱くらいで到着した人はリタイア勧告?でも「勧告」だから、自分が行ける!と思えば行ってよかったのかな?


いやぁ~それにしても無知は危険だ。やばいやばいやばい。
[PR]
by team-banzai | 2007-03-28 00:25 | 山走り(トレラン) | Comments(2)

OSJ新城トレイルレース(2007年) その1

2007年3月25日 - OSJ新城トレイルレース。

前夜から雨。当日朝も雨。9時ぐらいには止むという予報らしいのだけど、でもスタート時の8時はけっこう降ってました。

32kmの部は名簿をチェックするとエントリー159名、当日出走したのが120人ちょっとくらいかな?うち女子は15名。関東圏からの女子参加は自分だけでしたね‥(しかもムーンライトながらで到着してるとはよもや思うまい)

雨の中パワースポーツのタッキースピーチによる挨拶で開会式。「このコースは関東圏にも関西圏にはなかなかない、とてもおもしろいコースです!」というような事ををおっしゃってました。わたくしは開会式中に箱根のキャンプでお会いしたM口氏を見かけご挨拶。試走の様子をたずねると「岩場とか鉄の階段とか多いから雨で滑って危ないな~~」ということ。

d0107938_15391532.jpg
走りながらパチリ。
スタートして最初は緩やかな上りの林道。早い人はここで既にがーーーーっと行ってますね。自分はマイペースでゆっくりゆっくり。なんてったって先は長い!(参加人数が少ないから渋滞とかもないだろうし)


d0107938_15404834.jpg
林道から山道に入って沢が登場。本来はもっと水が少ないか、はたまたほとんど水がないか‥のような状態なのだと思われますが、前夜からの雨で増水し、水はごーーごー流れてます。そんな沢の中をびちゃびちゃばちゃばちゃ下り。一瞬で振り返って撮ったんですが、ものっすごブレブレですね(苦笑)。この白い部分が流れてる水です。

この時点で(まだ序盤なのに‥)すでに靴浸水。しかしこれはこれで楽しい(^^)v。

d0107938_15461429.jpg
ほんのちょっとアスファルトも走り、関門の亀石の滝(13km地点)到着。雨があがったようなので、ザックにつけていた雨よけビニールを撤去。しかしこの後結局また雨が降り出してきたので、再びビニール装備という無駄手間となりました (T_T)

ここに来るまでにもけっこう滝を見ました。それがまた絶景なんですよ!亀石の滝が一番迫力ありましたが、これは前夜からの雨で増水してたから余計に‥なのかな?


さて、関門を過ぎてすぐ。

大会のスタッフが沢の前にいて「雨で増水してますから気をつけてくださ~~い」と言っててですね。しかし‥‥

コースはどこですか??えっ??この沢ですか??

そこは増水してるどころじゃなくて、完全に「川」状態。そこを渡って向こう岸に行くのがコースだというんだな。ロープも何もないところを膝下まで水につかりながら渡る。ふ~~~っ。 一息ついたのもつかの間、しばらくいったら今度は今渡った沢をまた渡って向こう岸に行けというではあ~~りませんか~~。

そこは深くはないけどけっこうな斜面で、下は大きな岩でつるっつるっ。いやぁ~~ここをすべり落ちたら流れる水とともに下まで行っちゃうなぁ‥‥滑り台だなぁ‥‥と思っていたら自分が滑りました。腰まで水につかり必死で体をささえて滑落制御。

いやぁ、あせったあせった。このまま“サヨオナラ・プー~♪”になるかと思いましたよ(;^_^A


それにしても、ここのコースは岩場が多い。これでもかというくらい岩場で、亀石の滝に到着するまでにすでに足の裏がかなりの疲労。トレイルで足裏に疲労を感じたのは初めてです。
岩場で滑ってやっぱり“サヨオナラ・プー~♪”じゃあシャレにならん。


d0107938_15543342.jpg
こんな岩場はかわいいほうですが‥‥

d0107938_15551017.jpg
登っても登っても岩場岩場岩場。そんな印象。
[PR]
by team-banzai | 2007-03-26 15:57 | トレイルレース | Comments(0)

OSJ新城トレイルレース(2007年) その2

気付けば途中から、なんやかんやでほぼ同じ顔ぶれでずっと追い抜き、追い越し。特にM口氏とはかなり長いこと一緒に登ってました。つらい登りも人と一緒だと元気百倍。多謝多謝です。


宇連山分岐から少し対面通行の部分があります。早いみなさんが降りてくるので、のぼりの我々が道を譲り。で、後でゴール結果を見て気付きましたが、このときにすれ違ってるのがトップグループですね!?M口さんとずっと「トップは今頃どこにいるのかな」と言ってたんですが、なんだここにいたのか!!

一番のピークが宇連山(約900m)なんですが、直登よりも宇連山分岐点から山頂までの1キロが長く感じてつらかった‥。

d0107938_1605741.jpg
ピークではガスってて何も見えず。とりあえず証拠写真(?)をパチリ。大会スタッフの人に「今日はずっとこんな感じの眺めですか?」とたずねたら「10時くらいは下が見えてたね~~」ですって。10時‥‥トップ選手ならかろうじて通過できてるのかな??(;^_^A

d0107938_1644672.jpg
宇連山から下って林道をしばらく。ここはほとんど歩いちゃったかなぁ。
「あぁ‥ここを走れば野辺山の練習になるのにな‥」と思いながら歩いちゃってたかなぁ。

あ、ここに簡易トイレがありました。トイレは結局亀石の滝に1ヶ所、ここに1ヶ所の2つだけだったのかな?女子的にはもう1ヶ所欲しいところ(でも15人しかいないし)

d0107938_1674914.jpg
林道途中の最後の給水場・棚山迂回路23.3キロ地点。スタッフさんをパチリ。「ブログに写真載せておきますよ~~(^^)」と言ったら「じゃあブログ探しますね!」と言ってくれました。さて‥‥たどり着いたかな??たどり着けてたらぜひコメントを~~~(^^)/

さて、林道も含めてここまで気持ちよく下ってきたものの、ここから宇連山分岐点までの再び登る約3.5キロ。ここの上りが精神的にも体力的にも史上最大くらいの勢いで辛かった(T_T)

こうして死にそうになりながらも宇連山分岐点到着。残り約5キロ。スタッフさんが「あとはほとんど下りだよ~~~」といいます‥‥がっ!この“ほとんど”がくせものっ!!!!!!!

高低図イメージを見ると確かに下りになってるんですが、ここがけっこう上りがあるんです。
ここもまた精神的にやられましたね~~~~~~~。だってさ‥‥あとは一気に下ればゴール♪みたいな気分になっちゃうじゃないですか。そしたらけっこう何ヶ所も上るんですもん(>_<)

d0107938_16155099.jpg
しかもあと5キロなのに、いけどもいけども岩場の尾根で「あぁ‥落ちたら死ぬな‥」「本当にこのルートあってんのかな?」と不安がよぎり‥。前後に人もいないし(参加者が少ないから人はまばら)、1人で違うルート行ってたら!???あぁど~~~しよ~~~~っ。

‥と、ここで初めて持っていた大会のコースマップを取り出して見てみました。う~~ん、どうやらあってるらしい。南尾根の展望台まで行かなくちゃいけないらしい。

d0107938_16171984.jpg
そうしてひたすら岩場を行くと、展望台発見!スタッフのお姉さんが細かく残りのルートを説明し、写真も撮ってくれました。あと1.5キロ。一安心です。

d0107938_16175469.jpg
あっちゃの方にいくらしい。激しい岩場を降りてちょっとだけ上ったところが最後のピーク。そこからは今度こそ本当に下りのみ(木の階段が中心)。

途中からゴール地点の「ナンバーカード○○○番、ゴーーーーーーーーーーーーーーールっ!!」というアナウンスが聞こえ、俄然元気復活!最後少し離されていたM口氏に追いつき、タッキーのアナウンスが

「あ~~~~M口選手、女子選手の追走を振り切れるかっ!!」

と響き渡り‥‥結局は振り切られたのですが、ゴール直線で待っていてくれて一緒にゴールさせていただきました。隊長と隊員の感動的ゴールです!!(なんの話だかは本人たちのみぞ知る) 


ひぃや~~~~~。タフなコースでしたわ。完走できてよかった‥‥。

ちなみにわたくし、ななななんとっ!!

年代別で2位!!!!!!!!!!!!!

パチパチパチパチ!



‥‥が、しか~~~し。


年代別でビリ!!!!!!!!!!!!! (?_?)


なんつっても参加者少ないから‥‥自分の年齢のカテゴリーには女子3名、うち1名リタイアで、2位なんですがビリなんです。ついでに言うなら全女子完走者中もビリっけつです。とほほ。


総括。


確かに、滝あり・沢あり・岩場あり(ありすぎ)・展望よし。あんまり関東圏ではこういうコースないのかな?レースのパンフレットには確かに「ハードコース」と書いてありました。でもどのくらいハードなのかは実感してみないとわからないですね。北丹沢12時間耐久に出たことあるという方が「北丹沢よりハードだった」と言ってましたが(自分も北丹沢出てるけど完走できてないので比べられない~)。北丹沢はがーーっと上ってがーーっと下ってって感じですよね。新城はちょこちょこ上ってちょこちょこ下って、しかも岩場が多いから自分みたいなビビリ~はスピード出せないし‥だからレースの印象も「気持ちよく下った」ってのより「上りがきつかった~~」って感じなんです。

でも水の中をバチャバチャ進み、アドベンチャーレースのような雰囲気で楽しかった~~。だけどこれはあくまでも前夜からの雨のせいで、来年の天気次第ではまたがらっと変わった雰囲気のコースになるのかも。

関東圏の人ももっと参加すればいいのにな~~~。ちょっとアクセスしずらいところなのが難点?ゴールが制限時間ぎりぎりとかだと、関東圏までその日のうちには帰れなくなるのかな?(いやいや、そうしたらみんなムーンライトながらで帰ったらいいでないの(爆)!)

さぁみなさん、来年は一緒に行きましょう。


新城へ。
[PR]
by team-banzai | 2007-03-26 15:07 | トレイルレース | Comments(2)

正解です★

さすがですね‥わかりましたか!! (@_@)

そうです、OSJ新城トレイルレースに行ってました。んで、家に戻ってきました。


行程はこんな感じです。


24日
22:00 地元の駅出発
23:10 ムーンライトながら 東京駅出発

25日
04:26 約15分遅れで豊橋駅到着/豊橋の駅でテーピングしたり朝ごはん食べたり着替えたり
06:00 飯田線にて豊橋駅出発
07:11 三河槙原駅到着
07:23 レース会場到着・当日受付(当日受付は7:30まで)
08:00 レーススタート (32km)
16:30 ゴーーーーーーーーーーーーーーール
17:09 飯田線にて三河槙原駅出発 / 浜松、静岡、熱海、戸塚等等で乗り換えて‥(鈍行)

26日
00:30 地元の駅到着


*************************************************
★自分のための覚書/収支明細

◎電車賃
東京→小田原 1,450円
青春18切符1回分 1,600円
ムーンライトながら 東京→豊橋 予約 510円
ムーンライトながら 豊橋→東京 予約 510円(結局未使用)

◎ご飯代
パン 105円×4個、おにぎり 105円、パワージェル 250円、アミノバイタルゼリー 105円、ミックスナッツ  105円、あとは前回の食料の残りとか。ペットボトルのジュース等 390円、ビール&つまみ  350円

◎エントリー代   5,000円
-----------------------------------------
TOTAL 10,795円

**************************************************

行きに7時間+待ち時間2時間かけてレース会場に行き、8時間半走って、また7時間かけて帰ってきますた。いやぁ~疲れた‥(帰りの電車が一番疲れた!)


ムーンライトながらを使って当日会場入りする関東の人間がけっこういると思ってたんですよ。ところが‥‥そんな輩はまったくいませんでした(;^_^A  おかしいな‥土曜日に仕事をしててもレースに参加できるナイスなアイデアだと思ったのに。いや、その前に。参加者名簿を見てみたら、関東から行ってる人間がすごく少ないのね!?女子の参加者も少ないんだね‥‥。


17時9分三河槙原出発の列車が、うちに帰る鈍行最終でした。これで帰れば青春18切符が1回分のみで足ります。でも間に合わない時間にゴールとなれば、帰りもムーンライトながらで夜行で帰ることになり、18切符はもう1回分必要になります。でもこの1回分は他に使う予定があったので、できれば使いたくなかったのです。

ゴール希望時間は16時(風呂に入れる時間がある)でしたが、結局は16時半。ここはやはり最終電車で帰るべし!!!と、風呂に入る暇もなくそそくさと駅に向かいました。


ちなみにこの春の青春18切符は、JRのなんかの記念で1回あたり1600円という破格の値段です。(通常は2,300円) だから18切符を使ってどこかに行きたかったんですよね~~~。それがまさか新城になるとは‥‥ほほほ。けっこう衝動的に決めました。エントリーも締切日にしてますし。 (^^;


レースの感想はまた別の日に。
[PR]
by team-banzai | 2007-03-26 03:22 | トレイルレース | Comments(0)

ゴール

d0107938_17561534.jpg

ゴールしますた。

くそ疲れた……(+_+)

でも楽しかった(^.^)

来年も出たいな。


今から帰ります。終電です。
[PR]
by team-banzai | 2007-03-25 17:56 | トレイルレース | Comments(2)

スタート

d0107938_7472828.jpg

ここはドコかな(@_@)

さてスタートしま~す
[PR]
by team-banzai | 2007-03-25 07:47 | トレイルレース | Comments(2)

寝台銀河

d0107938_2314293.jpg

これに乗るわけではないのですが…たくさんの人が写真を撮ってるのでつい自分も(+_+)

でもこのアングルでは写真を撮る鉄ちゃんしか写ってないな…(^^ゞ


では行ってきま~す(^-^)ノ~~
[PR]
by team-banzai | 2007-03-24 23:01 | Comments(0)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai
プロフィールを見る
画像一覧