カテゴリ:のぼら~(岩)( 142 )

雨から逃げて丑ノ倉

台風に翻弄された3連休。土曜日は登れそうだ~~ということで、雨から逃げて北上して福島は丑ノ倉の岩場へ with スヌ夫妻&タムタム


d0107938_10491814.jpg
<こじんまりした岩場です>

へのカッパ 5.8 FL

ワン・トゥー・スリー 5.8 FL

乾杯 5.9 ×

甘酒ロード 5.10a FL

緑亀(ジャパンカップ女子Aルート)5.11b TR ×

西稜カンテ(右) 5.11b/c TR ×

西稜カンテ(左) 5.11b TR ×

くまのプーさん  5.8~5.9 OS


乾杯(5.9)はさー、ハング越え直上ラインを行こうとして(本来は左に回り込む?)、そしたら右手がフィンガーサイズのクラックなんだわさ。ジャムるわけじゃなくて、サイド引きするんだけど、まず固定してる小指がつっかかって、クラックに指が入らないじゃんねー。無理矢理入れてみたら、今度はサイドに引こうとすると、固定の金物が邪魔で引けないじゃんねー(T_T)。というわけで、小指固定敗退…。


丑ノ倉のステキなところは、アプローチが極めて短いところと、上から回って終了点作って懸垂してヌン掛け作業やトップロープセットできるところだーねー。そんなわけで、タムタムのOSトライのためにヌン掛けしたり、ワタシの練習のためにトップロープセットしたり。ワタシはね、小指なしだと11台は手が出ないので、ここは緩~くトップロープで遊ぶわけです。


しかし、トップロープでも、核心はこなせませんでしたよ!!!恐るべし福島グレード!!!!!


そして、回収も上から懸垂でできるんだけど、何故か「筋トレしたいだろう!下から上がって回収すれ!!」とスヌ旦那から命を受け、下からスマート使って一生懸命上がるはめになるという…


d0107938_10492119.jpg
<回収作業ちゅ>

あと、丑ノ倉にはボルダーもあるので、この日はマットも持参(^^)v 帰る前にボルダーもやりました。

d0107938_10492369.jpg
<スヌ夫妻は外ボル初めて>

久しぶりの花崗岩にやられてへこみ気味だったスヌ旦那が、初の外ボルダーで、やり始めたら意外にがんばってやっちゃうという…うししし。そして、暗くなるまで遊びました~~。

d0107938_11051335.jpg
<最後はライトつけてトライ>

連休だから泊まりで岩予定だったけど、翌日は雨予報だから関東に戻ってきました-。んで、突然ですがスヌ夫妻宅にお邪魔することになり、クライミング動画など観ながら乾杯(^^)/ スヌ夫妻宅デビューのタムタムは、そのスヌーピーの多さにおののきつつ…
d0107938_12451027.jpg
<夜は更けていくのでした>




[PR]
by team-banzai | 2017-09-19 12:53 | のぼら~(岩) | Comments(0)

小川山 なんだか一気に秋の気配

お散歩さん所属のM&Cの沢企画に混ぜてもらって、会津の沢へ…という予定だったのだけど、会津は土日ともに1日中雨予報。んで、沢は中止。ワタシ以外の人々はチーム高所登山的山ヤな感じなのだけど、何故か転進先が小川山になったという(笑)。

-1日目

朝まで雨予報ゆえ、ゆっくりめに出発。せっかくの(?)遅出なので「金精軒で水信玄餅が食べたいです!」とリクエスト。前から食べてみたかった水信玄餅をようやく食することができましたーー。

d0107938_1246357.jpg
<ぷるる~~ん>



そしてナナーズで買い出しのち、廻り目平到着12時くらい。テント張って、軽くまったりして、さぁちょびっと登りましょうかねーと乾きの良さそうな岩を求めてフラッとな。

ガマスラブへ行ってみたら、タムタムご一行がいたー。ガマスラ(マガスラブ?)右の方が空いていたけど下部がまだ濡れてるよぅ。メンズ3名はそこを登るというので、ワタシはお散歩さんとともにスラブ状岩壁へ移動。こちらの方がすっきり乾いてました(嬉)。

d0107938_12472862.jpg
<Photo by お散歩さん>



いつもはわんさか人がいるスラブ状岩壁も、この日は3名パーティーが1組いるのみ。13時頃に来たらまだ岩はビショビショだったらしく、うちらはちょうど良いタイミングで取り付けたようです。

ウルトラセブン 5.7 再登
小川山ショートストーリー 5.9 再登
オーウェンのために祈りを 5.10c ×
オーウェンのために祈りを 5.10c RP



オーウェンのために祈りを、1便目は核心を右足乗り込みムーブにて。でも失敗してフォール…。そしてフォールの際に右手小指をぶつけてしまった(T_T) その後小指が使いものにならなくなったのはまた別に書くとして…結局フォールのち、やり直しムーブは右足踏み替えで。踏み替えの方がいいかも。

2便目、踏み替えムーブでRP。やっとオーウェン登れたよぉ。スラブが下手くそでゴメンナサーーイって感じ(^^;;

d0107938_12474874.jpg
<もっとスラブ力をつけたいなぁ>



夜は夜とて、当然宴会。周りのテントの若者たちとマイムマイムやジェンカを踊ったり、楽しい夜でございました。

d0107938_12482049.jpg
<明るいうちから宴会って自分には珍しいことじゃ>




-2日目

「満を持してレギュラーOSトライやってみよっかなー」と言いながら、お散歩さんとマラ岩へ。「川上小唄」でアップしようとしたら既に人が取り付いていたので、姉岩まで上がって「センター試験」でアップ。せっかくだからと「卒業試験」をやったりしてたら、人気ルートの「レギュラー」には既に人が取り付いておった。待つのも何なので、姉岩で簡単なのをたくさん登ることにしませう!

センター試験 5.8 再登
卒業試験 5.10b MOS
Yamashi 5.10b MOS
   同じグレードの卒業試験に比べたらだいぶ簡単な気が。
グラッシオ 5.10b MOS  終了点からの眺望が気持ちいーー
た・タんか 5.10a OS   核心ムーブがバランシーでびっくりした。もっと10aっぽい登り方があるのかも。
牛脂ライス 5.10b OS
ハラペーニョ ウルトラHOT 5.10d
MOSトライで×  オブザベ大失敗の巻
ジャングルフィールドガイド 5.10a OS  ガバガバで簡単。た・タんかと同じグレードとは思えない

目標11本だったのだけど、テント場撤収のための集合時間が早かったので(14時!)8本で終了。

何気に「卒業試験」は初トライ。花崗岩の10bってミズガキにしろ小川山にしろ厳しいよねー。無事登れてヨカタわぁ。

d0107938_12534550.jpg
<卒業試験>



5.10dのハラペーニョ ウルトラHOT のMOSトライは、見事にオブザベが裏切られて大失敗。さらに最後間違って隣の5.10cのハンガーにクリップしちゃって、戻れなくなってそのまま10cを上がったらロープが岩に引っかかってスタックしてしまうという(T_T) お散歩さん、お騒がせいたしましたm(_ _)m でも次やったら登れそうな感触。

d0107938_12521097.jpg
<ハラペーニョ ウルトラHOT>



メンズ組は、ワタシのようにガツガツはしてないので、この日は3本登って大満足しておった~~~さすがチーム高所登山(8,000mを登る方々ですからね)。

ツヨツヨ山ヤの皆様との2日間、大変楽しゅうございました。自分の成果としては「そろそろ11台を触り初めてもいいかな??」と思える程度には、岩リハビリが進んできたようで、そんな感覚が嬉しいところ(^^)

ご一緒した皆様、ありがとうございましたー。
[PR]
by team-banzai | 2017-09-04 13:06 | のぼら~(岩) | Comments(2)

カサメリ~~涼しい~~~

おーー晴れた晴れた!ってことで、カサメリ with geranium氏、組長。

この日はじっとしてると寒いくらいで、あぁ…夏がこうして終わってゆくのだなとしみじみ。

そして自分は、まだまだ岩リハビリ絶賛継続中。

【リハビリ内容】
トータルリコール 5.10b ×  核心でフォールして後ろの木に激突する人が多いので、やっぱり木にぶつかりたくないビームが出てしまう。でも、前回来た時より体の萎縮は少なくムーブ自体は起こせたし、あとは恐怖コントロールのみで、リハビリ的にはいい感じ。

オスティカ・アンティカ 5.11a ×  2年くらい前に触ってるんだけど、やっぱ自分には核心部難しいなー。薄カチの保持の仕方が下手なのかと思われる。

真実の口  5.10d ×  RP済みのルートだけど、終了点がそこってところで、穴の持ち方を間違えて、ほにゃ~~っとフォール。フォールはしたけど、RPした時ほどの必死感なく、たいしたパンプもなく、少し自分の成長を感じました。

海賊の娘 5.10c MOSトライだったけどドボン。2便目でRP。

じゃがバター 5.10d トップロープでお触り。悪いよねーー悪いよねーーー。

海賊の娘は、トポには載ってない新しいルートですって(モツランド/たぬきとジャガバターの間)。gera氏がやりたいというので皆でトライすることに。

初登はNPで登られていますが現在はボルトが打たれてます。1ピン目のボルトが緩んでいるので増し締めましたが、モンキーレンチのサイズが合わなくてあまり締められず。多分また緩みますので、次に登る方、強力に増し締めしてー。

海賊の娘は、最初出だしが怖かったけど、2便目は慣れてきてダイジョビだったー。この出だしがうまく処理できないのは恐怖コントロールのせいなのか、単に下手くそなだけなのか…!?
ともあれ、リーチ有利なルート。ワタシの身長でガバ取りがいい足からギリ届く。gera氏と組長は余裕で届く、やっちんは届かないから悪い足でワンムーブ増える。…って、突如やっちんが話に登場してるけど、岩場で偶然遭遇したのだーい。

岩リハビリには、信頼できるビレイヤーがかかせません。フォールの際にきれいに流していただき、岩への着地もばっちりでした。gera氏、組長、今日もありがとう!!!

d0107938_131886.jpg
<組長、真実の口オンサイトトライちゅ>


[PR]
by team-banzai | 2017-08-29 07:16 | のぼら~(岩) | Comments(0)

久しぶりに晴れ-小川山-

日帰りで、小川山 with オッツー親分、マダムミッチョン、シモッチ、タムタム。

前夜に雨が降っているので、乾きのいいところでかつ撤収しやすいところ…ということで、検討の結果スラブ状岩壁へ。スラブ状岩壁は今回が2回目。前回は「水曜日のシンデレラ」をやりに来たんだっけ。

ワタシは岩不調につき相変わらずリハビリクライミングだけど、前日にブログで赤裸々に綴ったことでココロが整理されたというかスッキリしたというか。前向きになれたかなー。

d0107938_13301097.jpg

うちらが岩場に着いたときは誰もいなかったけど、登り始めたら続々とやってきた。I塾講習もやってきた。やっぱ人気エリアなだけあるね(^^)。

そんなわけで、この日自分はマスターで積極的に、簡単なのを沢山トライしようと意気込んで~~~

ウルトラセブン 5.7 MOS
小川山ショートストーリー 5.9 OS
かわいい女 5.8 再登
オーウェンのために祈りを 5.10c × マスタートライだったけど、核心部でどぼーーん。
名無しルート グレード不明 ×
「水曜日のシンデレラ」の左にあるルート。MOSトライでどぼーーん。
名無しルート グレード不明 ×  ちょっとよれてドボーン。
名無しルート グレード不明 RP  ようやくまとまりました(^^)
高い窓  5.10b FL でも、ラスト左に出過ぎた。湿度が高くなり、ぬめりはじめてめちゃ怖かった~~~


d0107938_1331680.jpg
<名無しルート>

名無しルートは、スラブ状岩壁にあるけどスラブじゃない、ガバガバルート。グレード不明だけど、居合わせた人が「5.10bだと聞いている」と言ってました。自分の体感では5.10c~dくらい。

タムタムは「水曜日のシンデレラ」をさくっとMOS。さすが、乗ってる男にはこのくらい茶番ですなー。

d0107938_13304068.jpg
<青空に向かって登るタムタム>



前回の外のクライミングに比べて、この日はだいぶ自分の動きがマシになりました。このまま頑張っていきまっしょい。

帰りは、ナナーズでたんまり野菜を買い込んだ後、清里・萌木の郷の「ROCK」へ。実はROCKに来たの初めてだす。少し並んだけど、そんなに待たずに入れました。

d0107938_13572399.jpg
<ベーコンのせカレー>

右はレギュラーサイズ、左はハーフサイズなり。美味しゅうございました。


[PR]
by team-banzai | 2017-08-22 07:00 | のぼら~(岩) | Comments(0)

「恐怖」をコントロールする

もともと自分は、外が好きなので、クライミングについてはインドアより岩場の方がノビノビやれていた。インドアと外のグレードはほとんど変わらず、インドアで繰り出せるムーブは、外でも同様に繰り出せていた。

それがここへ来て…スランプ突入だ。岩でまったく体が動かなくなってしまった。

スランプなのか…これを“トラウマ”というべきなのか。今まで出せていた一手が出せなくなり、体は萎縮してガチガチ。悲しい限りだ…。

原因ははっきりしている。骨折後の復帰戦(北海道の岩場)での出来事がきっかけだ。

骨折前から札幌行きの飛行機を予約していて、北海道に足が間に合うようにと準備していた。ギリギリ登れるくらいには間に合った…という感じで北海道入り。3日間の行程だった。

2日間は楽しく登り、3日目にそれは起きた。

6P程度のマルチで、自分のリード中、1ピン目を取る前に、持ったガバが剥がれて落ちたのだ。
ゼロピンで止まったのだが、テラスになったビレイ点で、自分はビレイヤーより下に落ちていった。

こういう落ち方は本当にいかん。しかも、自分は普通の状態じゃなかった、骨折治癒中ではないか。やっちゃいけないことを、やっちゃいけないタイミングでやらかす…最悪だ。

幸い、折れた右足はまったくどこにもぶつけず、左半身に打撲だけで、その場はアドレナリンが出てることもあり、トップアウトするまで登りきることができた。でも、もしこの時折れている右足をぶつけていたら…。どうなったことだろう。それを考えると心底ゾッとする。

ビレイヤーにロープバーンを負わせたこと、再々骨折してもおかしくなかったこと…猛省である。

・骨折明けで勘が鈍っていた
・フリーと本ちゃんの中間のような岩場で、岩のもろさの把握に油断があった
・骨折明けで自分がリーダー的立場となるクライミングはすべきではなかった(自分の足への気遣いが先立ち、他メンバーに気を配るだけの余裕に欠ける)

…と、反省点色々なのだが…

この事件をきっかけに、スランプに陥ったわけである。

「岩が怖い」

また怪我をするかも、また人に怪我を負わせるかも、そんな不安と恐怖が体を萎縮させる。

以前OSした5.10bでテンションし、以前OSした5.10aで足を滑らせてフォールし……どうしたのだ自分は、と思う。情けない、と思う。

そんなこんなで色々悩んでいたら、こんなコラムを見つけた。

-「恐怖」をコントロールするということ- 藤堂 安人氏

ページ1 ページ2 ページ3 ページ4


------ 引用 ------
筆者に限らず、長年山登りをしている方は皆、多かれ少なかれそうした事故やヒヤリとした経験をしてきており、そこから沸き起こる恐怖心と戦い、折り合いをつけながら登っているようだ。事故を何度繰り返しても、その都度そこで生まれる恐怖心やトラウマを克服できた人間の中から、未踏の超難関ルートに挑み続ける山野井泰史氏のようなクライマーが誕生するということなのだろう。

~中略~

 さらに思ったのは、恐怖感があるほど、それを克服したときの達成感は大きくなるのではないか、ということだ。逆に言うとその達成感が大きいことが、恐怖感に立ち向かうという原動力になっているのだろう。スビンダル選手の「あまりよくないことでも、成長するチャンスだと思う」と言う言葉はそれを示唆しているように思った。

-----引用おわり


なるほど。

自分にこの「恐怖」をコントロールすることができるだろうか??

でも、どうにかあがくしかない。これを脱するのは自分の力しかないのだから。

d0107938_1610051.jpg
<自分への戒めとしてはりつけておこう。あー痛い。>

[PR]
by team-banzai | 2017-08-19 07:00 | のぼら~(岩) | Comments(3)

雨の小川山

山の日連休は3日間小川山という予定でしたが、天気予報がイマイチなので、金曜は都内に居残り、土日で小川山へ。結果的には、断念した金曜が一番登れたようですが(^^;;


-1日目
オッツー親分、マダム・ミッチョン、ハルコーとワタシの4人で廻り目平 in 。親分たちのお友達が合流すると聞かされていたが、いざ合流したらそれは大門リーダーだったという(世間が狭すぎるw)。

屋根岩5峰に行ったけど、1本登ったらあーーめーーー。撤収して、テントに戻ったらまた晴れはじめた。やる気に満ちているハルコーの提案で、フィンガークラックのあるボルダーへ。でもやっぱり登り始めたらあーーめーーー。

夜は楽しいBBQ。大門リーダー妻のツテで入手したというイノシシ肉をたらふくいただきました。旨し!!!!!

あと、別部隊で来てる福福さんご一行ともちょこっと呑んだりして。でも、夜はどしゃ降り的な。

d0107938_10395918.jpg
<イノシシのスペアリブが>



d0107938_10401480.jpg
<激うま!!!>



d0107938_10403814.jpg
<クラックボルダー>



-2日目
リバーバンクへ行ったけど、2本登ったところであーーめーー。しばらく雨が止まないか待ってみたけど、止みそうにない。諦めて撤収。川上村マルシェやナナーズで野菜をたんまり買い込んで早めに帰宅。

ワタシはBBQで食べ過ぎて、めっちゃ胃もたれ。そして、家に帰って体重計ったら2kg増(おそろしい!)。こりゃやばいと慌てて夜にフィットネスに行って、クロストレーナー60分とストレッチ。トレ後にもう1度体重計に乗ったら、1kg減っていた。BBQの威力…破壊的ですな。

d0107938_10405331.jpg
<無情の雨…>



そんなわけで、2日間で3本しか登ってないけど、BBQできたし、イノシシ美味しかったし、個人的にはシアワセでした♪ヽ('∀')メ('∀')メ('∀')ノ

あと、岩の不調は継続中(T_T)。今回も5.10bでテンションしました。恐怖心で次の一手が繰り出せないし、体もだいぶ萎縮して動きが悪い。いわゆる、インドアでは登れるけど岩場は苦手って人は、もしかしたらこういう感じなのかな??

はてさて、どうしたものやら…。





[PR]
by team-banzai | 2017-08-15 07:00 | のぼら~(岩) | Comments(0)

カサメリは結露中

濡れた岩シリーズが続いてしまったなぁ。カサメリ with 福福さん、Shu姐御、アヤ~ン、タムタム、シモッチ、ユッキー。

まぁ、コンディション悪そうだなーと思いながら行ったんだけど、やっぱり悪かったぁ。時間がたつにつれて結露がすごくなってきて(^^;;

d0107938_13234545.jpg
<雨に強いモツランドも結露にはかなわず>



d0107938_1324828.jpg
<夕方の図。朝はもっとガスってた>



ワタシはといえば、精神的にやられる感じがまだまだ続いていて、体の動き悪いは、気持ちも怖いと感じてしまっていてダメダメです。

まぁ、焦らずいきまっしょい……。
[PR]
by team-banzai | 2017-08-09 07:02 | のぼら~(岩) | Comments(0)

神戸の岩場

涼しかったので、近場行ってみっかーってことで、奥多摩の神戸の岩場へ with スヌ旦那。

ところが、朝、首都高が事故渋滞で(T_T) 岩場に着いたら11時だった…。しかも、予報は曇りだったんだけど、現地に着いたら雨降り始めて……あーーめーーー(T_T).

岩も当然濡れている。いや、雨のせいじゃなくて染みだしか!?

d0107938_1314471.jpg


比較的濡れてなさそうなところを、スヌ旦那が登ってヌン掛け(ありがたや~~)。ワタシはもう濡れた岩が怖くて、全部トップロープ。

この精神的にやられてる感じ、どうにか払拭したい………。

ガバ丸 5.10a
ウィリー左 5.10b/c
ウィリー右 5.11b
与太郎 5.11b

(全てトップロープ)
[PR]
by team-banzai | 2017-08-08 07:11 | のぼら~(岩) | Comments(0)

雷ゴロゴロ-甲府幕岩

福福さん、姉御、シモッチ、タムタムと甲府幕岩。アヤ~ンも一緒の予定だったけど寝坊にて……おおぅ(T_T)

ワタシはまだリハビリクライミングってことで、軽くね軽く。


HIVE 5.10a (途中からマスター)再登
森の唄 5.10a 再登
ピリカ 5.10b/c トップロープで×
ワササビ 5.10b FL
WORK ON 5.11a ×
ダーティークライマーズ 5.11b トップロープで回収便

d0107938_1034359.jpg
<暑くて上裸で登る福福さん>


ワタシは簡単なのを沢山登ろうと思っていたけど、奇数人数だったこともあったし、簡単なのは常に誰かが取り付いてたりもあって、思惑どおりには行かず…。だけど、岩の感覚とか足の感覚とかのトレーニングには十分なった(^^)。

最後、ダーティークライマーズ、離陸したとたんに雷ゴロゴロ。雨降り出して、核心部はA0連発で速攻抜けて回収。荷物をまとめてる間に本降りで濡れたーーー

帰りはラ・ソバ(実は初めて)

d0107938_10353292.jpg
<パリパリなんちゃら…というやつをいただきました>

福福さんが張ったハンモックでちょっと昼寝したんだけど、めちゃ気持ちよかった!ワタシもハンモック買おうっと!!!


あと、福福さんのスマホのプレイリストに、ア●シの曲がたーーくさん入ってて、ずっとア●シをかけてくれた。テンション上がるわ~~~~~~~~~。
[PR]
by team-banzai | 2017-07-25 07:00 | のぼら~(岩) | Comments(2)

こんにちは、廻り目平

まだ、花崗岩をやるにはリハビリ度が高すぎるのですが、それでもそれでもそれでも、廻り目平での酒と焚き火を求めて小川山 with I塾メンバー(geranium氏、海坊主氏、組長、ハルル)。

案の定、花崗岩には今の足ではまったく歯が立ちませんでしたが、お酒と焚き火という目的はしっかり果たせたヨ(^^)/

1日目 -ソラマメ

トップロープでひたすら花崗岩練習。右足立ち込みがあるとまったく立ち上がれない(T_T)

ソラマメハングは一発で行けるかと思いきや、1発目は不発。2発目で再登。むーん…これくらいはいつでもさくっと登りたいところ。geraさんはソラマメハング(5.10c)はすごくお買い得な10cだと聞いた!これはさくっとOSして…なんて言ってたけど、んーー別にお買い得とも思わないけどな??(リーチがあれば有利だとは思うけど)。まぁ、そんな事言ってるgeraさんがOSできなかったのはお約束…ということでwwwww

※(追記)あとから気づいたけど、ソラマメハングって昔のトポだと5.10dだったような。geraさんが耳にした「お買い得」は10dとしてはお買い得…という意味で、10cとしてはやっぱり妥当??

d0107938_13143044.jpg

ヌンチャクとプリクリロープをお借りして、ソラマメハングスーパー。こうしてみると本当にハングだw(そして当然このハングは抜けられないのです)

d0107938_13145892.jpg

夜はお待ちかねの宴会だす~~。スワン氏とヨッスィ~も加わり、焼き肉とレタスしゃぶしゃぶ。ゼロ磁場の話で盛り上がり、のち、我が山の会のペーさんとナルさんが酒とつまみを持って遊びにきてくれて、そのまま焚き火を求めて山の会のテントまでハルルと遠征して、そこでまたしこたま呑んで、あーーよく呑んだ!!!という感じ。んで、翌朝ハルルは二日酔い&貴重品どこ行った事件。


2日目-水晶

またソラマメに行こうと言っておきながら、水晶経由でソラマメに行ったらいいじゃーんと言って、結局水晶でスラブw
皆、どスラブにコテンパンにやられていた。うふふふふ。ワタシは10aをトップロープで1本やったのみで、あとは昼寝。二日酔いではないのだけど、睡眠を欲する時期で、やる気に満ちあふれているとこの睡魔にも耐えられるのだけど、リハビリ期で無理がきかないことから睡魔が勝りました。てへぺろ。

d0107938_13153090.jpg

雨が降ってきたので急いで撤収したけど、撤収したとたんに雨やんだー。皆、スラブはお腹いっぱいというので、八幡沢方面に移動して、ただの大岩で11bセッション。

WAKA 5.11b TRで下部のみ
ロマンシングストーン 5.11d  TRで下部のみ

d0107938_1315499.jpg
トップロープ&リードでビレイヤーが二人つくという、大名クライミング。

あ、名誉のために申し上げますと、戦略家のST氏は果敢にリードトライでしたよ!

まぁしかし、オブザベは~~~~大事だよ~~~~~~~~~~。

花崗岩にちゃんと復活できるのは、まだ先のことになりそうだけど、焦らずいきまっしょい。

そして、風呂も入らずワタシの終電のために運転してくれた海坊主氏、Special Thanks !!!!
[PR]
by team-banzai | 2017-07-19 13:25 | のぼら~(岩) | Comments(0)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai
プロフィールを見る
画像一覧