Mepanna works - BANZAI的な日々-

teambanzai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:老猫・腎不全( 6 )

バイバイ★ニャース

ニャースが虹の橋へ旅立ちました。

ここのところちょっと食欲が落ちていて、でも吐いたりしてないから
ダイジョビかなーって思ってのです。

その日も、仕事から帰ってきたら餌皿は空になっていて
あーー食べてる食べてる、よかったわ。
ニャース、膝の上でしばらくゴロゴロ。

翌朝は早いから、23時くらいに就寝。
布団の中で、ニャースと背中合わせでおやすみなさーい。

未明、ふと目が覚めました。
ニャースとくっついてる背中からはニャースの体温。
猫は平熱高いから触れていると温かい。冬は湯たんぽがわり。
ニャースはアレルギー性のもので鼻水がすごいので
鼻ぶひぶひなんですが、ブヒブヒがちょっとテンポ速かったかも?
ブヒブヒしてたのが、クハッってして、静かになりました。
吐いてる風でもなかったし、ワタシは吞気に「鼻が通ったのかな?」と
思って再び眠りに落ち。

午前3時40分、目覚まし鳴って起床。
いつもならワタシが起きるとニャースも起きて、一鳴き「ニャー」というのが
いつもの事なのですが、今朝は静か。

あれ?

「ミーさん?」と揺らしても動かない。
こと切れていました。まだ少し体は温かい感じがするのに。


d0107938_11262262.jpg
お世話になった動物病院から、きれいなお花が届きました。
良い病院で診てもらえてよかったです。
センセー、ありがとうございました。

そして、腎不全発症から、お見舞いに来てくれたり、
ブログを読んでメッセージやアドバイスをくれた皆様、
ありがとうございました。

今から考えてみれば、ここのところ尿の量が少なくなっていたので
腎不全のため、毒素が体にたまり尿毒症になっていたのだと思います。

私がそれに気づいて、病院に連れていったらもうちょっと生きてくれたかも…とも思います。
ですが、ニャースは病院に行くのをとてもいやがり、キャリーバックの中で、
う◎こして、しっこして、ゲーしてとめっちゃ抵抗するのです。
連れてゆくこと自体がニャースのストレスになっていたので、
次に容体が悪くなった時に病院に連れてゆくべきかどうか…悩んでいました。
結局悩む間もなく、あっという間に逝ってしまったけれど。


d0107938_1163766.jpg
ある日の日だまりの中での一枚。

ニャースのいまわの際にワタシが目覚めたのは、最期の挨拶に呼ばれたのかな…。
虹の橋も日だまりで暖かいといいけれど。


約12年の間一緒に暮らしました。推定20歳。
人間の年にしたら80歳くらい。がんばって生きたね。
今はただ、一緒にいてくれてありがとうって
ただそれだけ。
[PR]
by team-banzai | 2014-11-17 12:15 | 老猫・腎不全 | Comments(12)

にゃんこ先生の皮下補液

にゃんこ先生には、現在皮下補液(いわゆる点滴)なるものをワタシが家で注射しています。今のところこれは毎日やらねばらなず、怠るとにゃんこ先生はまた腎機能働かなくなりゲーゲーしちゃうとらしいです。人間の場合もそうですが、腎不全は治らない病気なので、この補液によりこれ以上腎機能が悪くならないよう、制御しているということだそうな。

1日くらいやらなくても、死にはしないんじゃん??って思うよね。でもそうは思っても、自分の楽しみのために家を空けて、帰ってきたらにゃんこ先生ぐったり…という姿は見たくないし。

消費税増税前の、増税狂想曲がちまたで繰り広げられている中、ワタシもちょびっと日用品買い足し(シャンプーとか化粧品とか)。んで、昨日気づいたよ、シャンプーとかちまちましたものはそれほど問題じゃなくて、金額のかさむにゃんこ先生の皮下補液を3月中にもうちょっと買っておけばよかったって!(とは言うものの、動物病院でそんなにいっぺんには補液を出してくれないだろうけど)。

105円のものが108円になってもそれほど感じないけど、10,500円が10,800円になると「うわっ、でかい」と思うもんな。失敗した。定期券も買わなきゃ買わなきゃと3ヶ月定期買ったけど、うちの路線の値上がりは6月1日からだって今日気づいた。急いで買って全然意味なかった(>_<)

んで、増税早々に動物病院で皮下補液セット(8日分)購入。その時に病院でちょっと相談、どうしても1泊以上で出かけたい場合、入院(お預かり)させることはできるのか?…と。1泊2日で5000円くらい(注射込み)。しかしながら、実質病院の開いてる時間にお迎え等できないと思うので、2泊3日になって10,000円なり。

そんな話をママンにしたら、「10,000円払うくらいなら、私が注射しにあんたの家まで行くから!」と、突然やる気になった(驚)。注射なんて絶対に拒否られるだろうと思っていたのに!お金の威力ってすごい~~~~~~(爆)。

そんなわけで、4月にママンに来てもらって注射の練習をすることになりました。わーいわーい。そして、7月の海の日連休に、3日間山に行くお許しをママンからいただいたのであります。わーーいわーーーい。


d0107938_14461427.jpg
さっそくにゃんこ先生とともに、山地図広げてルートを検討。

------------------------------------
今日のメパトレ

・桜パトロール 9.0km
・桃ダブル・缶チューハイ 1
[PR]
by team-banzai | 2014-04-02 14:45 | 老猫・腎不全 | Comments(0)

ヌコ、順調

d0107938_10375628.jpg
我が愛すべき老猫の容体はというと、治療を始めてからも週に1回ゲーしてたのが、先週からゲーもしなくなり、餌もがんばって食べてるから体重も少しだけ戻ったような。まださわると骨ごつごつ感はあるんだけど、少しフクフク。前は見向きもしなかった猫缶(生タイプ)を最近は好んで食べるようになり、そのせいかお通じがよくなってる。人間なみのにゅる~~っとしたウ○コをすること多数(笑)。良いことだ。

薬も徐々に減らしていって、今週から1種類(活性炭)のみに。おかげでお財布もちびっと楽になったわん♪

毎日の皮下補液の注射も、やり初めて3日目くらいはけっこう暴れたけど、最近はそこまで暴れなくなり、チャチャツとできるようになったので朝も楽ちん。この皮下補液が2日にいっぺんとかのサイクルになるといいんだがなー。


とりあえず猫的には順調。

-----------------------------------------------
■今日のメパトレ

・ジョグ9.2km
・ストレッチ
・長風呂
・ビール1本、チューハイ1本
・金曜の山行準備
・翌日の壁登り準備
・ちびっと部屋片付け
・チェジュウォン30話、31話(今さら感満載だけどw)
[PR]
by team-banzai | 2014-03-20 10:38 | 老猫・腎不全 | Comments(4)

ブタの貯金箱

d0107938_12463464.jpg
お財布事情が大ピンチになり、そうだ…奥の手だ…ということで、ブタの貯金箱、首ちょんぱ!

500円玉を入れていた貯金箱の中には、500円玉が52枚ありました。それを握りしめて、御猫様の病院に。

御猫様は、3泊4日の入院を経て家に帰ってまいりましたが、翌日から自宅での治療がスタートです。

d0107938_12471455.jpg
皮下補液セット&飲み薬。

1日1回、約60mlの補液を、ワタシが御猫様に注射します。勢いよく一発でブスっと針を決めないと、御猫様が痛いらしいです。最初の2日くらいはだまされておとなしくしていた御猫様ですが、だんだん暴れるようになり、一人での皮下補液が困難になりつつあります…。

薬は、カプセルが活性炭、あとは抗生剤と痛み止めと胃薬。

活性炭以外は、状態が落ち着けば飲ませなくなる予定だと思いますが、1週間分の補液セットと薬でしめて1万円なり。ブタ貯金はすぐになくなりますね…(T_T)

退院してきて、食欲戻ってがつがつ食べてたから安心してたら、金曜日は食べたもの全部リバースしてました。まだまだ油断ならないということですな。とほほ…。

d0107938_12504076.jpg
え?ピンクのズボンが気になりますか?うふふふふ…。とりあえず、退院してからは寝てばっかです。前から寝てばっかだったけど、さらに寝てばっか。多分、24時間中、23.5時間寝てると思う。
[PR]
by team-banzai | 2014-03-03 12:45 | 老猫・腎不全 | Comments(0)

ニャースな話・その2

そんなわけで、ニャースを病院にドナドナ。

d0107938_16214616.jpg
食べれてないから体力激減なはずですが、病院嫌いだからそれでも力を振り絞って抵抗する。

金曜夜、仕事を終えて速攻行ったけど、時間が遅すぎるのでその日は検査無理って。んで、金曜は吐き気止めの注射だけして、土曜日朝に再度ドナドナ。

検査の結果はやはり腎不全の疑い大とのこと。

腎不全はもう治らない。ただ、悪化しないように治療で維持することは可能という。延命治療になる。ニャースは推定20歳、人間の年にしたら80歳。十分生きたよね!?

延命治療も大変だ。状態が悪ければ毎日注射して輸液なるものを体に入れてあげなければいけない。食事も腎不全用食事。たまたまではあるけれど、3月は泊まりで行く山の予定が目白押し。そのあたりも全てキャンセルだし、ニャースが生き続ければ、今後の泊まりでのお出かけ自体が難しくなる。

ワタシは一人暮らし。一人でニャースに毎日自宅で注射して…なんてできるの?爪さえまともに切れないのに(ニャースは暴れますw)。金銭面でも相当かかるよ。ボーナスつぎ込むくらいじゃ足りないかも…。

うちのママンは延命には反対だった。ワタシも、その時が来たら延命はしないつもりでいたよ。

でも…

結局、下した決断は「治療する」。

何もしないか、治療するか、どちらを選んでも正解はなくて、どちらを選んでも後悔する。ならば、もう少しニャースと過ごしてから後悔してみよう、そうしよう。あと1年生きてくれたら、人間なら4年生きたことになる。4年も生きれたら、人間ならその間にいろんなことができるよね!?

d0107938_16244689.jpg
土曜日から早速その夜から入院して点滴開始。この写真は翌日日曜日の様子。まだご飯は食べれてない。

d0107938_16251553.jpg
月曜日、少し食べるようになってきた。エリザベスカラーがついてないだけでも、元気に見えるなぁ~。

点滴は針がもたないので4日が限度。もう入院点滴はできないので、今夜家に連れて帰ります。これからはワタシの戦い。注射…注射…うぅぅぅぅぅぅ(T_T)

んで、お会計、85,700円也。

おおおおおおおおおおおおおおおーーーーーーーーーーん!キャメロットが10本は買えるぜ!!(比較はそこかw)

しかし残念ながら、これで終わりではなくて、ここからが始まり。まだまだこれから…。あぁ、キャメロット…(往生際が悪いw)。

そんなわけで、もうちょっとニャースと一緒にいようと思います。3月に約束していた皆様、もろもろキャンセル…ごめんねぇ。
[PR]
by team-banzai | 2014-02-25 16:20 | 老猫・腎不全 | Comments(7)

ニャースの話

生きとし生けるもの、全てその生命には終わりがありますが、
いざ、それが近くなると何とも言えない悲しみに包まれます。

推定20歳の我がニャースも、そろそろ思し召しの時なのかな。
年だから食が細くなってきてたけど、カリカリをまったく食べなくなり、
(缶のゼリー系のえさはもともと食べない。試しにあげてみたけどやっぱり食べない)
スープ状の猫用おやつは食べるので、それを与えていたけど
スープだけじゃやっぱねぇ…どんどんやせ細っていきまして

そのスープにも昨日はとうとう口をつけませんでした。

猫の場合、多くは腎機能の低下で亡くなるそうですが、腎不全なのかな…。
腎不全の場合は、すごく苦しみながら最期を迎えるらしい。

とにもかくにも、このまま食べなければ、衰弱して死に至ることでしょう。
ニャースは病院が大嫌いで、キャリーバックに入れると「出してーー出してーー」と暴れ、
鼻でバックをぶち破ろうとするので、鼻周りが血まみれスプラッタになります。

病院につれてゆくこと自体がニャースにとって相当なストレスになっているし、
腎不全の猫の治療…というか緩和ケアは飼い主もかなり大変だとききます。
病院につれてゆくことは、「ワタシはこれだけやったんだから」という自分の満足のため?

どうなのかな…。

悩んでいましたが、やっぱり病院に連れていって、それから考えることにする。


d0107938_13261722.jpg
フクフクな頃のニャース。

d0107938_13265740.jpg
今朝のニャース。薄くなってしもた…(T_T) あかりさん(ダレ?w)がガックリしちゃう。


ちなみに、ニャースの本名はミネット(Minette)と言いますよw
[PR]
by team-banzai | 2014-02-21 13:29 | 老猫・腎不全 | Comments(2)