Mepanna works - BANZAI的な日々-

teambanzai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:低山シリーズ( 28 )

バリエーションハイク@丹沢 -シキリ尾根

日曜日は、お散歩さんがご友人方と丹沢を歩くというので、ワタシも混ぜていただきました。

お散歩さんは、ハイクついでにボッカトレをすると言います。んじゃワタシも背負うかな~と思ったものの、青葉でガッツリ登ってちょいお疲れ気味。お初の面々の前で、ボッカしてバテて足引っ張っちゃまずいなーー(あと、やっぱり家から背負っていくのが面倒だな(^^;;)ということで、普通の荷物で家を出ました。

今までは、低山だとトレランスタイルになってたから、ハイキングって滅多にしません。「ハイキングだと何か特別に持つ物ってあったっけ??」からスタートなハイキング初心者モード。ただ、ハイキングといっても今回はバリエーションハイクなのだそうな。登山道ではない尾根を、地形図を見ながら歩くという趣旨でしてね。コース設定は、丹沢マイスターのKマダム。丹沢の尾根を知り尽くしたような丹沢バリエーションハイクの達人です。

コース:道志村キャンプ場~~シキリ尾根~大栂~菰釣山

ここは、北丹沢になるんですかね、西丹沢になるのでしょうかね。はたまた北西丹沢か?(笑)

ともあれ、歩く尾根の位置関係がよくわかってなくて、プリントしてきた地形図に歩く尾根が入っていないといういきなりのミス(苦笑)

d0107938_12513742.jpg
雪は思ったよりありませんでした。

d0107938_12524557.jpg
菰釣山(コモツルシヤマ)まで登って、そこからシキリ尾根を下ります。

d0107938_12532320.jpg
この時期は、葉が落ちてて読図もしやすいですね。時々整地しつつ…

d0107938_12534253.jpg
うわー、木にホールドがあるよ!

林道に降りたところでランチタイム。お散歩さんのステキ野点タイム。

d0107938_12541537.jpg
女子力高いなぁ…。ちなみにお散歩さんのボッカは18kg。

お腹が満たされたら、降りてきたシキリ尾根と平行している尾根を登り返して菰釣山に戻ります。

d0107938_12552551.jpg
朝はガスってたけどすっかり晴れたー。

朝は疲れが残ってたんだけど、のんびり歩いていたら体がほぐれました。やっぱり適度な有酸素運動ってこういう時てきめんだぁなぁ。

d0107938_12562966.jpg
ブナの木の声を聴いてみる。

d0107938_12565946.jpg
どなたかがつけた大栂の山頂のプレートがカワゆす(^^)。 

ブナ林がキレイで静かな山を堪能できました。

d0107938_1334673.jpg
朝は完全にガスってて全然見えませんでしたが、最後は富士山もちょろっとな。この菰釣山からの富士山は絶景なのだとか。

そして、下界に戻ってきて皆で呑み~~。いやぁ、よく呑みましたね(笑)お散歩さん以外の皆さんとはお初でしたが、皆さんとってもステキな方々でワタシもリラックスして歩けました。皆様、ありがとうございました(^^)

d0107938_12583964.jpg
そして、丹沢マイスターにいただいた、手作りの夏みかんのピールとマーマレード。これがね、めっちゃ美味しいの!!!!!感動!!!!!!!!!!

普段やらないバリエーションハイク、新しい世界で面白かったなぁ。「やっちんのOMMへの道」シリーズで練習に取り入れてみてもいいカモカモ(^^)
[PR]
by team-banzai | 2016-03-29 13:04 | 低山シリーズ | Comments(5)

上州の空っ風にはばまれて、備前楯山ハイキング

メパンナフェイス壱号を登ったその夜、ポルトガル&宮崎クライミングツアー帰りのTMちゃんが合流して、3人で宴会。

翌朝は快晴。やったーーー!…と言いたいところだけど風がかなり強い。

d0107938_12363254.jpg
本日のお目当て、爆弾ルンゼを目指して昨日と同じ道を歩き始めますが…

15分ほど歩いたところで、あまりの強風に「今日は撤退!」と、我がマルチ指南役のA氏による発令。すごすごと車まで戻ったのでありました。

このまま帰るのも何なので、適当に寄り道をしましょう、そうしましょう。

d0107938_12363923.jpg
ってなわけで、栃木百名山の備前楯山(1,272m(49座))を軽くハイキングしましたヨ。

d0107938_12364624.jpg
360℃の展望で大変景色がよろしゅぅございます。日光男体山が見えますね。

でも、それほど広くない山頂に団体さんがいらしてて、ガイドさんが説明を始めたので、我々はそそくさと下山。続々と登山者が登ってきたので、人気の低山なのかな?まぁ、駐車場から30分程度で登れるので手軽ですしね(^^)

それから佐野ラーメンを食べて、渡良瀬遊水池に寄って「足尾鉱毒事件」のお勉強をして帰りました。

足尾鉱毒事件、皆さん覚えてる?社会の授業でやってるはずなんだけど、ワタシもうろ覚え。
[PR]
by team-banzai | 2014-11-06 12:47 | 低山シリーズ | Comments(0)

茨城中央アルプス・再び

青春18きっぷを買ってたんだけど、雨で予定が流れること2回、使う機会を逸してしまい、とりあえず無理矢理予定作って消化していました。んで、最後の1回分、有効期限は4月10日(木)なので、ここで使わないと無駄にしてしまう…ということで、土曜日にお出かけしてきたのであります。

あまり遠くまで行くと移動だけで時間を費やしてしますから、とりあえず往復で3,000円程度のJR運賃のところまで。大月に行って岩殿山と雁ヶ腹摺山ってのを考えたけど、いやいや1800mは中途半端な感じで雪あるね。へたに装備が増えるだけだからやめておこう。

んで、結局前にも行ったことある茨城中央アルプスなる低山に行くことにしました。前回行ったときのデータはjこちらで、JR常磐線の岩間駅スタート、水戸線の福原駅ゴールの約16km。翌日青梅高水トレイルレースがあるので、あまりがんばりすぎてもいけません、さくっと山を楽しんで帰ってきましょう、そうしましょう。

d0107938_1238155.jpg
朝もゆっくりめで出発して、岩間駅到着9:46。桜の向こうにはこれから登る愛宕山がくっきりと(^^)。前回来た時は車だったから駅には来てないんだけど、駅が新しくてキレイ(トイレもきれい)でかわいらしかったよ。

d0107938_1239054.jpg
まずは愛宕山へ。桜祭りが開催されてました。

d0107938_12394111.jpg
愛宕山の女人禁制のなごり。いつから女人にも入山OKになったのかしら?

d0107938_12403590.jpg
今日はキレイに見渡せます。わーーふーー。

d0107938_1241631.jpg
さくら昆布茶の無料配布をしていたので、いただいちゃった♪この日は風が冷たくて寒かったから、有難いサービスです。

d0107938_1242627.jpg
そういえば腹減ったな…この日はジェル鍛錬の日としましたので、ジェルとパワーバーしかありませんが。

展望台に登ったり、鳴滝を見に降りたり(けっこう降りた^^;;)寄り道たくさん。そして最後のピーク吾国山にはカタクリの群生がありました。

d0107938_12432166.jpg
見事見事!群生がまっさかりなのって初めて遭遇しましたわ~~。

d0107938_12434926.jpg
めっちゃキレい!

d0107938_12443673.jpg
水戸線の昼間の時間帯は1時間に1本。電車の時間まで余裕があったので、駅前にあったお蕎麦屋さんで、常陸秋蕎麦というのをいただきました。

d0107938_12441954.jpg
福原駅も新しくてキレい。

d0107938_12445024.jpg
降りてきた吾国山やらを眺めつつ、茨城をあとにしました。手頃で良いコースなんだよなぁ~(東京からはちと遠いけど)。そして季節的に花もきれいで今が最高かも!?(低山すぎて5月とかはもう暑いと思う)

寄り道いれて、4時間ちょいのトレラン。足の動きは良くなかったけど、景色も花もきれいだったからよしとしよう。うん。


-------------------------------
今日のメパトレ

茨城の低山をトレラン 16km+アルファ
常陸秋蕎麦・初体験
[PR]
by team-banzai | 2014-04-07 12:49 | 低山シリーズ | Comments(0)

【奥武蔵】浦山口→武甲山→子持山→大持山→妻坂峠→名郷

土日はオーバーナイトでカモシカチックな山行(単独)を計画してたんだけど、土曜の夜半から激しく雨な模様。結局、無理はやめておこう…と計画は中止に。じゃあどっか日帰りで軽く行ってくるかな~~

Trekker-kさんのブログを読んで「大持山・子持山ルートも行かなくちゃ!」と思ってたし、会の先輩が、夏にモンブラン登るのでそのトレーニングで武甲山のルートを歩くと予定を出していたのを思い出し、んじゃワタシもトレーニングで行ってくるかな!ということで、奥武蔵エリアの武甲山へ行ってきました。先日、スポーツエイドジャパンの「武甲山トレイルラン」が開催されてましたね。そのコースの武甲山区間をなぞるような感じでルート取り。武甲山は生川の登山口からしか登ったことないので、浦山口からは初めてさ♪

d0107938_12421549.jpg
AM9:10 秩父鉄道・浦山口駅スタート。

秩父鉄道の駅はどこも素朴だよね~。んで、また失念してたけど秩父鉄道はSuicaが使えない。あひん。現金精算して、あとで駅でSuicaを処理してもらわないと。

d0107938_12423319.jpg
駅を出て

d0107938_12424319.jpg
すぐに水場。じゃばじゃば豪勢に出ております。皆さん、タンクで汲んでいくみたい。個人的には細いホースでちょろちょろ出ていたほうが美味しそうに見えると思ってしまいます。一口いただきました。美味し!

んで、しばらくは車道→林道歩き。1時間近く歩いたら登山口。タクシーで林道どん詰まりまで来たパーティーもいました。

浦山口からのルート、けっこうタフでビックリしたよ。これはいい登りの練習になるねぇ。

d0107938_12425393.jpg
けっこう疲れたよ…武甲山の山頂到着。ワンコがいた。

d0107938_1243473.jpg
行きの電車からは武甲山の山頂は雲の中だった。この時はかろうじて下界が見えたよ。

d0107938_12431347.jpg
御嶽神社の狛犬様、かっこいいの。あーー

d0107938_12432496.jpg
んーーー。


d0107938_12433344.jpg
まぁ景色は何も見えないままでしたが

d0107938_12434231.jpg
PM1:48、名郷バス停到着。バスは1時間に1本で、2時3分のに間に合うように下りてきました。

妻坂峠から武川岳に上がって、天狗岩経由で名郷に下りようかな~~(その方が絶対楽しい)なんて誘惑がありましたが、この後用事があったので早く帰らないといかんのです。ここはおとなしくバスに乗って帰りましょう、そうしましょう。

d0107938_12555016.jpg
早め下山で向かったのはカモ◎カのセール…。キャメロットの新製品なり(某M氏購入)。

ワタシは沢用のスパッツを買いました♪

武甲山界隈は湧き水がたくさんあるってことを発見した1日。今度汲みに行きたいな(^^)
[PR]
by team-banzai | 2013-06-17 12:59 | 低山シリーズ | Comments(2)

ボス蚊取り壮行山行②-塔ノ岳へ 

朝ご飯は6時半くらいだったかな~?ご飯ぎりぎりまでしっかり寝て、起きてすぐご飯。

d0107938_12382078.jpg
富士山どーーん。


d0107938_12442722.jpg

ゆーーっくり出発準備で、出発は宿泊者の中では我々が一番遅かったよw

でも出発の頃には、昨夜尊仏山荘(塔ノ岳)に泊まった男女が鍋割山に到着。そして「鍋焼きうどん、2つお願いします」と元気に注文。早っ!朝食か??w


d0107938_1244478.jpg

3人でぱちりんこ♪ では我々は塔ノ岳を目指します。

d0107938_12451349.jpg
お天気良くて気持ちいいな♪

d0107938_1245298.jpg
本当に気持ちいいな♪

d0107938_12455638.jpg
着いたどー

d0107938_12462356.jpg
塔ノ岳にはたーーーーくさんの人。そしてさらにたーーーくさんの人が登ってきます。

d0107938_12463961.jpg
トレイルランナーな方にぱちりんこしてもらった(^^)

この時期塔ノ岳に来たの初めてだけど、軽くカルチャーショック。その人の多さに(笑)

d0107938_12472085.jpg
買ってからまだ一度も使ってなかった、バーナー様を使用してお湯をわかしコーヒー&ドーナツタイム

ボスは前日の高尾山徹夜ハイクの疲れなどがあり、本日はこれ以上足を伸ばすことなく、塔ノ岳からバカ尾根下山。そんな下山途中もまだまだたーーーーーくさんの人が登ってくるよ。皆、アイゼンつけてるのがおもしろい。凍ってるわけではないので、アイゼンなくても登れるんだけど
、雪をみると条件反射でアイゼン装着したくなるのかな?


d0107938_1248221.jpg
ボッカのおじさまに抜かされたー


d0107938_12491554.jpg
雪がなくなると、ねちょねちょトレイル。


d0107938_12494037.jpg
大倉に戻って、渋沢駅前で軽く一杯。そして電車の中でさらに軽く一杯。

お天気良くてよかったね。ボス、中国でもがんばってね。次回の再会を楽しみにしております!
[PR]
by team-banzai | 2013-02-14 12:50 | 低山シリーズ | Comments(2)

ボス蚊取り壮行山行①-鍋割山へ 

ボス蚊取りが再び中国に引っ越すということで…今度の仕事はしょっちゅう日本に帰ってくるのは難しいらしく、どうやらしばらく会えなくなりそうだ(T_T)

ならば、中国に行っちゃう前にどっか登りましょうよ♪


主役は本人なので、どうしたいか聞いたら

「鍋割山荘に泊まりたい」

だって。

あの、知る人ぞ知る、鍋焼きうどんで有名な丹沢・鍋割山にある山小屋ですよ、奥さん!
標高1200mくらいですよ、奥さん!

2食つき6300円というお安い宿泊費なこの山小屋、正直、泊まる場所というより鍋焼きうどんを食べて通過する場所…という感じな人が多いことでしょう。うんうん。

んで、お昼に渋沢駅に集合して、大倉行きのバスに乗って、某M氏とボス蚊取りとメパンナ3名で


d0107938_1324181.jpg
えっちらおっちら。

d0107938_1331853.jpg
ボスは何やら疲れていて、話をきいたら昨夜は徹夜で高尾山を歩いておったとな!

d0107938_1333985.jpg
山頂直下で雪が出てきて

d0107938_1335916.jpg
んで、16時ちょい前に鍋割山荘到着。

d0107938_13123675.jpg
さっそく宴会フォー!


d0107938_1345255.jpg
今宵のお酒たち(LOVE)

d0107938_1392489.jpg
コジ師手作りのチョークバックが、いい具合に日本酒ケースに早変わりしていました(笑)役立ってるよ、コジ師!

d0107938_131257100.jpg
つまみは、ほえるちゃんからの差し入れの明太子をいかして、イカ明太、ピクルス、松前漬け etc...

d0107938_13131114.jpg
そしてすぐにごはんタイムフォー!おでんだフォー!!

d0107938_1314680.jpg
天ぷら~

d0107938_1364919.jpg
オードブル~~

d0107938_13713100.jpg
メインは穴子丼なり~~

でも、夕べ徹夜だったボスは寝ちゃって(>_<)

d0107938_1375618.jpg
ワタシと某M氏は常連さんに混ぜてもらって、伝説のボッカなご主人(草野さん♪)とおしゃべり。

ダウラギリの話とか、ボッカ駅伝の話とか、ハセツネの話とか、おもしろい話をたくさん聞きました。

丹沢ボッカ駅伝始めた時は、草野さんのポケットマネー持ち出しで開催したんだって。最初は「50kg」って提案したら「そんな重かったら誰も参加しないよ…」と言われて却下で、妥協して40kg、さらに妥協して20kgの部もおまけで併設。今や20kgの部が主体となっているような気がしないでもないですが。

最初の頃はボッカ駅伝も5区まであって、第5区は花立山荘から鍋割山荘までだったんだよね~~。一番最初はボッカ駅伝の荷は砂だったそうで、それからポリタンクに水になり、その後登山道の修復に使えるように小石にしてくれという話があって、現在の小石の袋になったのだそうだ。

今でも70kgは背負っているという鉄人・草野氏、それでも昔は80kg背負ってコースタイムを割らないくらいで登ってたのが、最近は倍近くかかっちゃうんだ…と。それでもやっぱり鉄人だよね(だって65才だもの!)

ボスが途中から起きてきて、長谷川恒夫の話とか植村直巳の話とか、なんかいろんな話が出たなー。

d0107938_1381239.jpg
寝床からは夜景も見えて、お酒もたくさん飲んで、楽しいおしゃべりで素敵な山の夜でした。小屋泊まりもたまにはオツなものです。
[PR]
by team-banzai | 2013-02-13 13:14 | 低山シリーズ | Comments(2)

ヤマノススメ★五合目

いきなり五合目からの話題で恐縮ですw

d0107938_12574712.jpg
今年から東京MXテレビなどで絶賛放送中な「ヤマノススメ」というアニメがありまして、これ結構お気に入りです。

飯能を舞台にしたお話で、高校生になった引っ込み思案でかわゆい女子が、山登りに目覚めるお話です。そうです、我らが飯能(?/私は飯能市民ではありませんがw)が舞台なのです!飯能ブラボーー!!

ニコニコ動画で無料配信もしてます。1話(一合目)につきものの5分のアニメなので、電車待ちの間なんかにもさくっと見れてしまいます。

昨夜五合目が放送されたところでして、五合目はシェラフのお話。いや、お話というほどシェラフについて詳しい解説があるわけではないです。そして好日山荘ついに登場です(だってスポンサーだもーん)。

シェラフを買うスレンダーで美人な女子高生、夏に縦走をしたいのでそのシェラフを買いに来たのだそうだ。こんなかわゆい女子高生が1人で縦走してたら、世の中の男性登山者は皆ときめいちゃうこと間違いナスだな★ いや、ワタシだってときめいちゃうわ。うふふ。


公式サイトはこちら

飯能市役所のサイトでも紹介されてますわん。
[PR]
by team-banzai | 2013-01-31 13:03 | 低山シリーズ | Comments(5)

白神岳(1232m)

週末は青森県の白神岳へ行ってきました。
1232mの山に片道750km10時間のドライブで向かう…なんて贅沢な(笑)

この3連休はどこの山を縦走しようか悩んでいたわけですが、山岳会の方々が白神岳へ行くというので、良い機会だから混ぜてもらうことにしたの。1人じゃ遠くて行けないもんね。

金曜夜22時過ぎに東京を出発、3人で運転を交代しながらブーーンと東北道を走って…

d0107938_12392941.jpg
なまはげエリアを通過して…


d0107938_12403254.jpg
白神岳登山口。

d0107938_12404851.jpg
立派なトイレ&休憩小屋がありました。


d0107938_1241936.jpg
さて登りましょう。AM10:54です。


d0107938_1242999.jpg
曇っている中を歩いてゆくと、


d0107938_12423198.jpg
だんだん晴れてきて


d0107938_12431811.jpg
晴れてきて…

d0107938_12434079.jpg
これ、ぶなの実?

d0107938_12573110.jpg
ワフーー!!海だ!


d0107938_124428.jpg
海と山と~~♪

d0107938_12451840.jpg
高山植物もこのあたりからお目見え。


d0107938_12455096.jpg
あっちゃの山々は白神山地の一般人は入っちゃいけない保護エリア。

d0107938_12463794.jpg
小屋じゃ小屋じゃ~ PM2:43。


d0107938_12474258.jpg
天気良くなってよかた~~(T_T)


d0107938_12475764.jpg
10時間もドライブした甲斐がありました(T_T)(T_T)


d0107938_12492924.jpg
ではお約束のカンパーーイ♪

d0107938_12493853.jpg
晩ご飯はパスタです。おいしい!お腹いっぱいいただきました。


d0107938_12494866.jpg
夕陽も見れた。


避難小屋に泊まって翌日は縦走路を行きます。でもお天気イマイチな感じです。


避難小屋には我々3人の他2パーティー(2名&3名)。混んでて寝るスペースなかったらどうすんべ…と言いながら登ってたんだけど、問題ない人数でした。よかたよかた(^^)


実は山岳会の人たちと山歩きをするのは初体験。粗相のないようにしなくちゃ…と思っていたけどダイジョビだったかしら(^^;;

考えてみれば、トレイルランナーじゃない人と山歩きってほぼ初めてだったかも。
[PR]
by team-banzai | 2012-07-17 13:07 | 低山シリーズ | Comments(2)

奥塩原・湯治ものがたり 【2】

B級グルメで腹もいっぱいになりましたので、まずは奥塩原・元湯温泉の「えびすや」に立ち寄り湯。


d0107938_12384535.jpg
ここの売りは、胃腸に訊くという炭酸泉「梶原の湯」。

わたくし、胃腸は強くありませんので一生懸命温泉飲みました。しかしこの胃腸に訊くという源泉は混浴のみなんですわ。女子用の湯船は「弘法の湯」というやつで硫黄泉。違う源泉なのー。弘法の湯の源泉は52℃…熱くて長くは入ってられない。それに反して一番の売りの炭酸泉「梶原の湯」は38℃。ちょうどよい…。

ここまで来たら梶原の湯にも入らないと意味ナス。えいやっ!と、男性ばかりの湯にじゃぼじゃぼ浸かり(湯は白濁しているので入ってしまえば見えない)、気分的に胃腸元気はつらつぅ。あ、混浴にまともに入ったのは初めてカモ?

d0107938_12392336.jpg
さぁ、温泉で温まったあとはトレイルへGO。

d0107938_12393686.jpg
爆発した火口跡から「富士山」へ。


d0107938_12401268.jpg
まだ残雪もあり~の。

d0107938_12403689.jpg
標高1185mの富士山(新湯富士)だよー。でもガスってて何も見えないよー。


d0107938_12411998.jpg
大沼とヨシ沼にも寄りながら新湯に戻りまして


ひと運動のあとは、奥塩原・新湯温泉の公共浴場「むじなの湯」へ。

無人ですが通常300円。新湯温泉宿泊客は無料で入れます。写真撮りそこねましたので、HPの案内より…

こちらは特に神経痛、リウマチ、筋肉痛、関節炎に効果があります。よしっ、足だ足、悪い足をいっぱい浸けてたろ~と意気込むも、源泉温度59℃。あちちちちちちちちちち。

源泉は湯量が多くないで、水で薄めるのは控えるようにとされている。しかしあちちちちちちちちち。がんばって入って、出て、入って、出てを繰り返し。お風呂を出たら体ぽかぽか(気温はかなり低い。8℃くらいだったかな?)

d0107938_12422610.jpg
んで、やっと宿でご飯です。ご飯はまぁ普通です。某M氏にはちょっと少なかったみたい(ワタシにちょうど)。

宿は「湯荘・白樺」。ここの源泉も熱い。約80℃。あちちちちちちちちちち。なるべく水で薄めるなと言われても薄めないと入れないべー。うひーー。女子の内湯は誰かががっつり薄めた後みたいでそんなに熱くなかった。露天はめちゃ熱!あちちちちちちち。

さて、明けて日曜日、またもや別の公共浴場「寺の湯」へ。湯温74℃。あちちちちちちちち。濃い温泉で入ると少しピリピリするのだとか。あちちちちちちちち。

はぁ~~これぞ湯治…というくらいいろんなお湯に浸かりました。ついでに宿のお湯を2リットルいただいて帰りました。これでしばらく家で足湯しようっと。

d0107938_12432635.jpg
んで、帰る前にトレイル立ち寄り。回顧の滝から留春の滝まで。


d0107938_12435952.jpg
山つつじがキレイ。

d0107938_12442015.jpg
下っていって

d0107938_12443975.jpg
あちらが回顧の滝。

d0107938_1244559.jpg
標高860mくらいが最高地点だったかな?まぁ一山越えまして

d0107938_12452481.jpg
留春の滝。

ここからまだトレイルは続くのですが、雨も降り出しそうなので車道を走って車まで戻りました。1時間程度のプチトレイル、楽しかった~。


d0107938_12503180.jpg
さらにもう一発寄り道。桜並木のある千本松牧場。

d0107938_1250409.jpg
満開!

d0107938_12504661.jpg
てるてる坊主…(笑)

着ている雨具は、某M氏が新しくゲットした超軽量ケープ。軽量すぎてパタパタ感が激しいかなー?撥水力はスゴイです。


5つの源泉に入って、2つのプチトレイル、ボルダリングもやって、湯治な週末もこれにて終了~

奥塩原のお湯、とってもヨイです!また行きたいなぁ♪
[PR]
by team-banzai | 2012-04-24 12:56 | 低山シリーズ | Comments(6)

加治丘陵

2012年になりましたです!
皆様、今年もよろしくです!


d0107938_1013066.jpg
そんなわけで、紅白を堪能して迎えました1月1日、初走りは低山…というか里山「加治丘陵」へ。


埼玉県入間市にあるのですが、青梅や多摩あたりの丘陵と比べるとかな~りマイナー。でも、なかなかどうしてステキなエリア。


d0107938_10401545.jpg
なんてったってムーミン谷があるんですもの♪


d0107938_10404114.jpg
ムーミン谷全容なり。

d0107938_1013088.jpg
こちらはムーミンの家です。1日の元日はムーミンご不在の様子w


d0107938_10412862.jpg
スナフキンはいないかなー。


d0107938_10415588.jpg
あとは加治丘陵探索。道を見つけたらひたすら入りまくる!時々藪漕ぎだけど。


d0107938_10443248.jpg
一番高いところでも約200mくらい。走って楽しい、歩いて楽しい♪良い走り初めでしたー。

加治丘陵の詳細はこちら
[PR]
by team-banzai | 2012-01-02 10:13 | 低山シリーズ | Comments(10)