雪山修行 ~雪洞体験~ (前編)  

2009年・BANZAI的雪山修行。

--- 計画 ---

1月:白毛門山に雪洞泊で登り深雪と戯れる
2月:南八ヶ岳で岩と氷の岩稜で道具の基本的な使い方に慣れる
3月:燕岳で冬山の基本を全般的に理解する
5月:連休は穂高の前穂北尾根で中級コースをトライ




そんなわけで、谷川岳のお隣の山、白毛門山に行ってきました。

メンバーは

(鏑)パラダイス企画より北リタ師匠
XCESSよりモロさん
TEAM BANZAIよりメパンナ    の合計3名


モロさんは車で、ワタシと北リタ師匠は電車で土合駅に集合(AM9:59)という予定だったのですが、朝一番の電車が人身事故で遅延。高崎から先の列車の本数が少ないため、このままでは到着がお昼近くになってしまふ……ということで、急遽モロさんにSOS。高崎駅でピックアップしてもらって土合駅へ向かいました。


d0107938_1937462.jpg
土合駅は日本一深いところにある駅なんだって★

モロさんに拾ってもらえたおかげで予定より1時間遅れくらいでスタートできました(^^)v
大幅な出遅れをふせげてよかったわぁ~。

d0107938_19422845.jpg
土合駅で身支度を整えます。駅にはどっしり腰をすえてまったりくつろぐ登山者2名様が。この隣人らとはまだこの後からみがあるのですが、それはまた後ほど。


そうそう!今回の雪山行では、身体をはって実験することがあるのです!

雪山行でいったいどの道具が一番適しているのか…?

d0107938_19423920.jpg
1.北リタ師匠の山スキー

d0107938_194252100.jpg
2.メパンナが使うスーパーカンジキ(北リタ師匠提供)

d0107938_19431060.jpg
3.モロさんのスノーシュー


結果やいかに!???


AM11:00頃土合駅スタート。山頂(1720m)目指して行けるところまで行って、適当なところで雪洞を掘ってそこでビバークです。 ここから先は行動中の写真はありません。カメラ類を取り出して撮ってる余裕がないのです。寒さゆえ、そうそう手袋をはずせないのです(手袋をはずさないとカメラ操作ができなす)。


先に入山した人がいると踏み跡があって楽なのだけど、この日はそれなりの雪と風。聞くところによると一人入ってるらしいのだけど、踏み跡は新雪で消されており、あらためてラッセルです。


ラッセルラッセル!


モロさんがほとんどを先頭でラッセルしてくれましたm(_ _)m
ワタシも2回ほど先頭をやってみたけど、非力だしやっぱりスノーシューのが優れてるっぽいのでなかなか前に進めない。

北リタ師匠の山スキーは……山のお店のふれこみでは「白毛門山くらいなら山スキーがいちばんだよ!」ということだったのだけど、登り出してまもなく山スキーではまったくあがれなくなり…。結局登り始めてすぐに山スキー脱落(早っ!)北リタ師匠は山スキーはザックにくっつけて、つぼ足で登ることに。


しかし快調だったモロさんによるスノーシューラッセル。これが急登になるとすべっちゃってアリ地獄状態。ワタシのスーパーカンジキもアリ地獄状態。もがいてももがいても登れなくなっちゃったのですが、こういう斜面だとつぼ足の北リタ師匠が一番スムーズなの(驚)


途中で「先に入山した1名の登山者」と出会いましたが、この方は木製のワカンにアイゼン。これがけっこうヒョイヒョイ我々のアリ地獄エリアをクリアしてたんですね。


それで結局……


実験結果:「木製ワカンが最高だ」


山を降りたらみんなで木製ワカンを入手しようと心に誓ったのでした(笑)


d0107938_203363.jpg
PM2:45。標高1200m程度のところで、そろそろ雪洞ポイントを探しましょう…ということになり、作業スタート。


d0107938_202676.jpg
きゃーーっ!北リタ師匠がモロさんに襲われるーー!あぶなーーい!(笑)


……なんて、まだまだ余裕な我々。


d0107938_204206.jpg
さて?どんな具合かな??

目標の広さは奥行き250×幅180×高さ150くらい。尾根の東側の雪庇の張り出しがあり、その雪庇の下の吹き溜まりを利用して雪洞を作ってます。


d0107938_20474426.jpg
PM5:00頃、雪洞完成。暗くなる前に堀りおわりました(^^)v


d0107938_2011043.jpg
それではさっそく宴会を(笑)!


d0107938_20114543.jpg
モロさんと北リタ師匠は赤ワインを。ワタシは熱燗を。はい、そうです、本当に熱燗です桃屋さん(爆)


これで、朝までこの雪洞で寝て、翌朝はまた可能なところまで登って下山する…という予定でした。


----------------------------------------------------------


………そう、ここまでは順調でした。


1つ前の記事をエントリーした18:45。バリバリに楽しんでたんです。


雪洞内は外より全然暖かく、中の温度は4℃くらい。外は……たぶん零下だったと思う。
その暖かさで雪洞の上部が溶けてきてて、少し落ちてきてたんだよね。しかしそれってよくあることだそうなので、溶けてきた部分を軽くおさえてさらに硬く絞めてたんだけど……


さぁそろそろ寝ようか、というところで事は起こりました。














屋根、崩壊




(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)



屋根がね、落ちてきたんです。ズボッ!!!!と。
それはもう、ドリフのコントのような状況です。
ワタシは思わず笑ってしまいました(^_^;)



でも、状況は笑い事じゃありません。夜9時。吹雪いてます。
暖かい雪洞からいきなり零下の吹雪の下へ放り出された我ら。
モロさんと北リタ師匠は首まで雪に埋まってます。
ワタシの頭の上はかろうじて屋根が残ったので、膝上まで雪をかぶっただけでしたが…。


えくんちょちん、おしくら饅頭はしてないのに崩壊しちゃったの(涙)



とりあえず、雪をかきだし埋まった荷物を掘り出します。
みんな靴を脱いでくつろいでいたので、靴を履いて身支度を整え、荷物も大急ぎで雪まみれになりながらパッキング。



さぁどうする?





………道は2つ。



1.ビバークできる最低限の大きさの穴を掘って朝まで待つ
2.下山する



テントは持ってきていない。ツェルトは3人で1枚しかない。
夜の行動は山の定石ではご法度。



さぁ、どうする?




------ つづく -------



注:無事、戻っておりますのでご安心くださいm(_ _)m
[PR]
Commented by at 2009-01-11 21:52 x
「雪洞崩れ」まで体験できるのはめったにないですよ(大笑い)。

でも、これが北アルプスだったら凍傷になったり下手をすれば命に関わるけれど、上越の標高1200mぐらいの尾根でホントよかったです。

前穂北尾根への道は長そうですが、持ち前の明るさで頑張って!

わたしも微力ながら北尾根に向かうメパンナさん用のとっておきメニューを組んであげますよ。  お楽しみに!!
Commented by kojiken at 2009-01-11 22:49 x
恐ーっ。
ってか、3人共に無事で良かったー。
熟睡中だったら、マジヤバかったでしょうに。

吹雪の中、雪まみれのパッキング…
考えただけで、ギブアップです。
Commented by ころりん at 2009-01-11 22:54 x
あけましておめでとうございま~す。

いよいよ雪山にチャレンジしちゃったのですね!!
すごいなあ。

私もMSRのスノーシュー持ってますが、天気の良いバックカントリーでしか使ったことないから、こういう状況は初めて見せていただいたかも。
吹雪のパウダースノーのラッセルはさぞ大変だったことでしょうね。

ホント、埋まって命に関わる事態にならなくてよかったです。

私も来週、スノーボードでバックカントリーの講習に行きます。
お天気になるといいなあ。
Commented by モロ at 2009-01-11 23:22 x
下山後、食いまくりですw
本当にお疲れ様でした。
ってか、メパンナちゃんの精神力と行動力には感服致しました。
無事生還、ありがとうございました。
Commented by 桃屋 at 2009-01-12 12:24 x
 ごめんなさい。思わず吹き出してしまいました。
けど、笑いごと、、ネタじゃないよね。

 雪山は、気をつけよう!
で、熱燗ならぬ、お湯割にうまい焼酎入荷しましたぜ。(笑)
Commented by けーこ at 2009-01-12 15:13 x
きゃぁぁ~ たいへんっ!!

…でも、人間とんでもない状況になったら、ホントに笑が込み上げてきちゃうもんらしいですよ。。
Commented by しろ at 2009-01-12 15:33 x
すごい。厳冬期の登山なんて想像もつきません。
ラッセルやらかんじきとか、どこまで行ってしまうのでしょうか。もうお姿すら見えない気が。

こちらは静岡県の有度山(標高307m)行ってきました。
山屋のmepannaさんに言うのは恥ずかしいのですが、地図読みして、方向をコンパスでチェックし、尾根線まで確認してたのにロストコースしてきました(汗)。
時間内でリカバリ不能と判断して仲間に車で迎えに来てもらいました。山は難しいであります。。
Commented by 北リタ at 2009-01-12 21:20 x
後編を楽しみにしている方のためにも多くはコメントできませんが、
とにかく無事で良かったです。
私、深く反省しております。
こんな経験は滅多にありませんので、貴重な人体実験だったと思って、今後の安全登山につなげましょうね。
でも、お二人の体力、精神力、そしてどんな状況でも遊び尽くすぞーという気迫が全てを良い方向に持って行ったように思います。
Commented by mepanna at 2009-01-12 22:41 x
>峰さん
本当に、そうそうない体験ですね(笑)
スペシャルメニュー…ワタシにこなせるかな!??(^_^;)

>kojikenさん
そうなの。みんなで言ってたんだけど、崩壊するのが寝る前でよかった…と。

>ころりんさん
スノーシューはやっぱ天気がよくて、もうちょっと歩きやすいルートが似合うね(笑)!
登りながらスノボー等でのバックカントリーの談義もしてたの。
どんなんだったか今度教えてね~~

>モロさん
昨日の夜、さらにもりもり食べたのかな!??www
本当にお疲れさま&ありがとうございましたm(_ _)m

>桃屋さん
雪洞に熱燗、まじでいいっす(笑)
無事に戻ってこれたから、笑って語れるわけだけど…
本当にいい体験だったのよ。

Commented by mepanna at 2009-01-12 22:47 x
>けーこさん
前穂北尾根への道はまだまだ遠いですが、がんばりまっす~。

>しろさん
ロゲイン、リタイア残念だったね(><)
でもワタシも地図読みはまだまだだよ~~。
習うより慣れろ。実践あるのみ!お互いがんばろ~(^^)

>北リタ師匠
お疲れサマンサ♪
本当にありがとうございましたm(_ _)m
今回の反省を次回につなげて…さぁ行きましょう!八ヶ岳!!(笑)
by team-banzai | 2009-01-11 20:44 | 山走り(トレラン) | Comments(10)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai