OMM 2017 @ 野辺山

そのようなわけで「やっちんのOMMへの道シリーズ」、ついに本番を迎えました。

当日朝はまだ雨。でも予報は9時くらいに止むようになっている。車の中で雨が止むのを待ちつつ

d0107938_09404126.jpg
<レインボー!!!>


受付からスタートポイントまで約3.6km離れていて、1時間くらいをみなければいけません。えっちらおっちら歩いて

d0107938_14185180.jpg
<スタートポイントへ移動開始。まだちょびっと雨>

d0107938_14194094.jpg
<滝沢牧場の牛を撮影するやっちん>
d0107938_09512269.jpg
<食事に夢中>

d0107938_09424386.jpg
<スタートポイント到着>


地図は、スタートの1分前に受け取れる。うちらはスコアショートなので、本日の制限時間は5時間。



結局、この日まわったポイントは、林道沿いにあってナビゲーション力とかほとんど不要。ポイントごとの移動距離が長~~いロングレッグで、走って走って走って…という感じでした。正直、この日のポイント取りは、総合力より走力が物を言う具合で、個人的にはイマイチ……。とほほ。予定したポイントの3分の1を取り損ねたしー。

d0107938_09543102.jpg
<とりあえず、下りは走る>

ところで、途中で「幕岩ハイキングコース」なるものに遭遇し、そこには“幕岩”がありました。えーーっ、高さはそんなにないけど、これ登れそうじゃない!??(クラックもあるしー)今度偵察に来てみようかな!??

d0107938_14201158.jpg
<この日一番テンション上がった場面>


そんな具合で、まったく走ってない我らは足に自信なく、最後走って取りに行くポイントまで行ったら、時間内に戻れない可能性があったので、早々に1日目のゴール(幕営地)にイン。1時間も余らせてしまったよ。

d0107938_14223354.jpg
<1日目FINISH>


d0107938_14222022.jpg
<さて、テントを張りましょう>

d0107938_14220423.jpg
<時間が早いのでまだテントも少なめ>


d0107938_14215912.jpg
<後ろのトイレは、朝、う○こが溢れて大変なようだったw>


1日目の結果が張り出されていたので確認してみたら、結局皆同じようなルート取りと時間配分になってて、同じポイントに団子状態でタイム勝負になってたわ。

突貫さんやトロさんにも会えて、夜は宴会に顔を出させてもらいました(^^)。ワタシは着込んでいたので寒さはダイジョビだったけど、薄着の皆さんはかなーーり寒そうだったなぁ。当たり前か、多分気温零下になってたと思うし。

d0107938_10002937.jpg
<気温零下だと思うんだけど、外で宴会>

2日目は、制限時間4時間。我らは一番遅いスタート時間だったので(AM8:15)ゆっくり起床。OMMのFBには、明け方マイナス10℃くらいまで冷え込んだとか!?

d0107938_14215414.jpg
<快晴>

d0107938_14205644.jpg
<防火用の水は凍り付いていた>


d0107938_14210490.jpg
<スタートポイントへ移動>


ワタシの希望で少し攻めてみることにし、皆が狙いそうなポイント+アルファで行こうとしたけど、最初のポイント取りに軽く失敗し、結局時間がなくなって予定のポイントを取りきれず残念な具合でした。でも、この日は藪を漕いだり、少しナビゲーションもできたから楽しかったわん。

d0107938_14211119.jpg
<ナビゲーション中>


d0107938_14211491.jpg
<フラッグ、あったよーー>


d0107938_14212737.jpg
<1日中、八ヶ岳がきれいでした>

d0107938_14211982.jpg
<やっちんにあれは赤岳、これは横岳…と説明>

とにかくタイムオーバーだけはすまいということで、3時間半くらいでFINISH。お疲れサマンサ!

その後、ワタシの希望で佐久のナナーズまで足を伸ばして、灯明の湯に入って、渋滞の中央道を忍耐でやり過ごして、都内でご飯食べて帰宅。

湯川のクラック登りに行ってた山の会のメンバーから「湯川の林道でOMMの選手ちらほら見かけたよー」って言われたけど、スコアロングかストレートの選手かな?スコアショートは湯川まではポイントがなかった気がします。


<OMMメモ>

-装備
ザック Macpacの40リットル
テント ニーモ・TANI
シェラフ NANGA 夏用
シェラフカバー
エアマット 

コッヘル 
ガス缶 (ノーマル250) 
シェラカップ 
カップ 

ダウン 
化繊ダウンパンツ 
ウールのタイツ 
冬用靴下 
冬用手袋 

ウイスキー
つまみ各種
コーヒー
カフェオレ
ミルクティー

-食事
<夜>
棒ラーメン(賞味期限切れ)
メンマ(賞味期限切れ)
乾燥野菜
サクラエビ
高野豆腐

<朝>
牛飯(ジフィーズ)
味噌汁
スライス餅 (賞味期限切れ)

<行動食>
ジェル 2個(賞味期限切れ)
災害時用非常食のクッキー系 (賞味期限切れ)

賞味期限切れのものを少し消費できて嬉しい(やっちんには申し訳ないが)。

テントはやっちん所有のニーモ・TANI。ワタシが次に買うならコレがいいなーと思ったテントで、一昨年あたりにやっちんが購入。軽量だし、居住性もよくて、うむ、やっぱこれは良い!ワタシの一人用パイネは、天井が低くて快適じゃないんだよねー。

d0107938_10271974.jpg
<グリーンのテントがニーモ>


夜の冷え込みを覚悟してたけど、そこまでじゃなかったよーな?(冷え込みを厳冬期と比較してしまってるせいかもだけど)。ワタシは夏用シェラフでしたが、ダウンとか着込んで無問題でした。テントが狭かったせいもあると思うけど、意外といけるもんだなーーってのは新たな発見。暖を取るのと、雨が降ったときに衣類を乾かすために、250のガス缶にしたけど、結局そこまでテント内は冷えなかったのでガスは調理にしか使わず。

おかげさまで、寒冷地でのテント生活には慣れているので、色んな面でまったく問題ナシ(全体を通じて一番の問題は走力だったw)。テント生活面が不慣れな人々は、夜の冷え込みはそれなりにきつかったかもねー。他の人のテントで、テント外に出されたボトルや靴をみて「明日朝凍ってるんじゃないかしらーねーー」と思ったり、「バーナーが点火しない!誰かライター持ってる方貸していただけますか!??」なんて声が聞こえたり。そもそも気温が低いと着火しにくくなるし、着火装置はよく壊れるし、ライターはお持ちいただいた方がよろしいかと。いつもの山とは違うテント場の雰囲気も、面白かったー。

--------------------------------------------------

ところで、ゴール後は食べまくりました。実は運動量はたいしたことないので、明らかに「運動量<摂取量」。こういうことやってるから痩せないんだよ(苦笑) 

d0107938_09422487.jpg
<ゴール後の無料の豚汁サービスから始まり>

d0107938_14214457.jpg
<町の青年らがやってるブースでピザ(700円)>

d0107938_09430475.jpg
<清里のチーズケーキ屋にてスイーツ>

d0107938_09431252.jpg
<〆はステーキ300g>






[PR]
by team-banzai | 2017-11-15 10:42 | ロゲイン・オリエンテーリング | Comments(0)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai