イメルダ夫人にはまだなれない

d0107938_14220060.jpg
<クライミングシューズを虫干し>

昔、某M氏の山のようなクライミングシューズを見て「脚は1本しかないのに何足持ってるのよw」なんて笑ってたけど、今や自分も同じ部類の人間に…(笑)

上から

ソリューション37, 36ハーフ、 36ハーフ

ミウラー37, TC-pro 39,  TC-pro 38

モカシムUS7, カタナ37ハーフ,Butora Acro 40(?)

カタキ 38

全部で10足。


●ソリューション

なんやかんやいって、ソリューションは自分の足型に合ってるのかな。他のシューズより小さくても全然痛くない。

そして一番好き。無敵。だけど、小川山とスラブは基本ミウラー(無敵じゃないやん)。柔らかさがなんか岩に負けちゃうというか…。まぁ実力の問題でもあるけれど(^^;;


●ミウラー

これ履いたら無敵だよ…と皆が言うので買った1足。クラックのショートルートでも使いたいと思って。でも実際履いてみたら、色々と堅すぎて足型も自分にはどうなのよ…的なところもあったりで、小川山以外ではあまり活躍していない。でも、小川山ではこのミウラーじゃないと登れる気がしない。もうそういう風に思い込んじゃっただけかなw  


●TC-pro

大きい方はマルチ用、小さい方はクラックのショートルート用。くるぶしまであるので、くるぶしが血だらけにならないのがよい。でも、小さい方はサイズ感がいまいちであまり活躍の場所がない。


●モカシム

某M氏に「モカシムはクライマーを育てるシューズだ」と言われて買った1足。けっこう気にいってて(ソリューションの次に気にいっている)もう廃盤になるのかと思うとちょっと悲しい。実際、このシューズでとても育ててもらった。ありがとうモカシム。


●カタナ

実質、これが自分の1足目的なシューズ。残念ながら最近はほとんど出動の機会がない。んで、今の自分にはちょと中途半端な感じがあるので、今後カタナを買うことはないでしょう。でも、オールラウンドなとてもよいシューズだと思っています。


●Butora Acro

Butoraは韓国のメーカーざんす。靴下履きで履こうと思ってでかいサイズにした。サイズは40となってるけどスポルティバの40と比べたらもっと小さい。足入れ感は悪くないのだけど、ソール(Butoraオリジナル)は自分にはイマイチかなぁ…。これはもうジムボルダー用にしつつある。何故ジムホルダー用かって、ワタシはボルダーが下手だから、ハイエンドシューズは恥ずかしいのでソリューションは滅多にボルダーでは履かないのだよ。んで、このシューズならそういう人の目的なものも気にならないし、ソリューションを履いたところでクリアできる課題が増えるわけでもないゆえ。


●カタキ

つい先日購入。けっこう大きめのサイズにしたけど、これが吉と出るか凶と出るか。ミウラーをリソールに出してた時に、ミウラーと同じようなシチュエーション(すなわち小川山で?)で履きたいなと思って買ったのだけど、足型がいまいち自分にはフィットしないのかでかいサイズに。いや、足型フィットしてないんだったらやめといた方がよかったんじゃ???という話はまぁ置いておいて(^^;; 



結局のところ、シューズ選びで一番重要なのは、足型が自分に合うかだよねー。人様が「良い!」と言ったシューズも、足型が合わなければ×。
[PR]
by team-banzai | 2017-10-20 07:00 | 山・ランニング・トレラングッズ | Comments(0)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai