越沢バットレス-マルチ練習

7月にマルチをやる予定があるので、そのメンバー(4名)でマルチ練習@越沢バットレス

激暑かしら…と心配したけど、そうでもなかった。ホッ。

d0107938_10385082.jpg
<逆光…(T_T)>



ワタシ以外は

シモッチ:経験あり(でもシステムはだいぶ忘れてるらしいw)
スヌ旦那:経験なし
スヌ奥:フォロー(3人で組んで真ん中)の経験あり

という構成。

本当はプロの指導もとに、きっちり学んでもらえるといいんだけどねー。とりあえず7月の計画に間に合うように、マルチのベーシックなところを何とかしないと!

7月は、シモッチ&スヌ旦那のペア、ワタシとスヌ奥ペアで登る予定なので、今回の練習もそのペアで。シモッチ&スヌ旦那はとにかくシステムの確認を。スヌ奥はオールフォローで上がってもらうので回収に慣れてもらうのを第一目的に。

行きの車でアルパインヌンチャクの作り方を練習(フォローで回収した時に、アルパインヌンチャクの形にしてもらいたいので)。片手でのスリング回収の練習。

んで、岩場に着きました。1番乗り!この日は18時からスクール(T君鬼コーチスクールね)があるので、14時には帰路につきたいので、早めに来たのですわ(^^)v

まずは1ピッチだけ登ってみて、システム確認と懸垂の流れを復習。自分も最初はそうだったけど、慣れないうちは作業の順番がぐちゃぐちゃになっちゃうんだよねぇ。頭の中で、支点についたらまずこれやって、次にこれやって…と整理しておくとよいと思います(^^)/

そして、各人の手際がより良くなるよう、少々お手伝いしつつ…

第2スラブを登りたかったのだけど、取り付いているパーティーがいたので、空いてるラインを適当に3ピッチで登りました。ワタシとスヌ奥ペアが先行し、同じラインをシモッチ&スヌ旦那ペアが2番手で。んで、懸垂は4人で一緒に。

右のすべり台の上で、皆が登ってくるのを見てると、すべり台のスラブを目にして「うげーーっ」という表情をするのが面白いw 写真撮れなくて残念だー。ジムで5.12台を登るクライマーでも、このスラブは“うげっ”ってなるものなのねぇ。


d0107938_10401975.jpg
<60mを一気に懸垂。一瞬空中。>



ところで、「フリーだけをやっているクライマーにとって、Ⅳ級というグレードがどのくらいなのかよくわからない」という質問を越沢に行く前に受けました。

下記のグレード表を教えてあげたのですが…

-------------------------------------------------
I 級:まったく易しい (三点支持不要)
II 級:易しい (三点支持要す)
III 級:やや難しい (ロープによる確保を要す)
IV 級:難しい (やや高度なバランスを要す)
V 級:非常に難しい (高度なバランスを要す)
VI 級:極度に難しい (極度に微妙なバランスを要す)
さらにそれぞれ +- で細分
--------------------------------------------------------------------------

Ⅳ級:難しい… その「難しい」がわからないんだよ!!!…と(笑)。

今回Ⅳ級+のルートを登ったので、Ⅳ級の感じがつかめたかな!??

(7月に登る予定のルートも、Ⅳ級+くらいだと思われる)

今回登ったルートは、ピッチを切った場所が安定したテラスばっかりだったので、本番前にもう1回くらい、テラスが狭い(またはテラス無しのハンギング)ルートで練習できるといいけどな~。

ともあれ、よい練習になりましたね!皆さん、お疲れサマンサ~。
[PR]
by team-banzai | 2016-06-14 07:00 | のぼら~(岩) | Comments(0)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai