テクニカルブーツ考察

我がブログの中で、「新しい冬靴が欲しいよ~~ん」という記事が意外とアクセスが多い。

皆、購入前には色々悩むのでありましょう。うんうん。

ワタシが今履いてる冬靴は2足。アイスでは主にこちらを使用。

d0107938_12422979.jpg
今履いてるのは、ザンバランのEiger4000。セールで購入。サイズEU42。重さは多分1000g以上あるんじゃないかなぁ。

ワタシは足が(というか体が)浮腫みやすく、日帰り行程ならまだしも、2日以上となると断然体が浮腫んでくる。その浮腫みによって靴の中で足が圧迫されるのが怖くて、ちょっと大きめをチョイスしているのですが…さすがにデカすぎるんじゃね?…な疑惑が浮上。何故かって、カカトがめちゃ浮いてるから~~(^^;;

今まで、「カカトは浮くものだ!皆浮いてるものなんだ!」とごまかしてきましたが、どうやら皆さんそこまで激しくは浮いてない様子。えーーっ、そうなん!????んで、一度カカトの浮きが気になると、とことん気になるものでして。

まぁ、靴がデカいのは事実です。ワタシの足のヌードサイズは24-24.5cm程度。クライミングシューズは36 1/2履いてますから、なんで冬靴42やねんって話。

YZ部長からも「来年、さらなるバーティカルに挑むのであれば、道具をテクニカルな場面にも対応しやすいものにしなされ」と助言いただきましてん。でもいっぺんに全部は買えないから、優先度としては、1.靴、2.アックス、最後の最後で本当に余裕があればクランポンってとこかしらねー。

そんなわけで、いそいそとDE●LI(なぜ伏せ字w)さんに靴相談に行ってきました。

しかしながら、「シーズン終わりに何故靴を買おうとすのじゃ!」「今は一番品薄な時期じゃ!」と一発目で言われ、2種類の靴を試したのち、来シーズンの新製品が出てから買うってことに落ち着きました。

来シーズンまで靴代をキープしておかねばなりませんが…不思議なことに、今あるお金はその時になるとどこへやら消えているものです。Mr. YZが「そうなんだよねーなくなるよねー、下山時に食料とか減ってるはずなのになぜかパッキングがパンパンなのと同じくらい不思議な現象だよねー」なんてナイスな事を言っておりましたですよ。

ともあれ、試した靴はこちら

d0107938_12534775.jpg
ASOLO EIGER GV

Mr. YZが絶賛していたので気になっていました。けっこう暖かいらしいです。定価65000円也でお値段もテクニカルブーツとしては手頃。しかしながら、カカトは浮く。ノーーン(T_T) 805g。

d0107938_12551291.jpg
La Sportiva NEPAL CUBE
高級靴。定価85000円也。カカトはASOLOより浮きが少ない。ワタシの足型には合ってる気がする。でもASOLOより重い。890g。そしてもう一度言うけど「値段が高い」

NEPAL CUBEのウィメンズが来季に発売になるそうなので、それを試してから考えなされというお店の方のアドバイス。ただ、NEPAL CUBEはワタシが欲しいテクニカルブーツよりも、縦走やらオールマイティーに使える感じ。今の靴と方向性が似てるかな。買い足すのだから、似てるものより、今までとは違うタイプの靴が欲しいところ。

あと、興味あるのは

d0107938_12555647.jpg
La Sportiva TRANGO ICE CUBE
これもまた高級靴。定価85000円也。軽い。690g。寒いかなーという心配もあるけど、ワタシが欲しいテクニカルシューズとしては申し分ない。試し履きしてないから、足型合うかは不明。しかし高価だ。


d0107938_12561067.jpg

SCARPA レベルウルトラGTX

69120円、730g。値段も重さも手頃かなー。YZ部長はコレを履いてる。こいつのクランポン一体型「レベルアイス」もあるよねー。スカルパは履いたことないんだけど、足型合えばいいなぁ。

最初に買った冬靴は45000円でも高い高い言いながら買ったのに、今や65000円で「安い」と言うようになってもうた(苦笑)。慣れってオソロシイ……w

とりあえず、来シーズンまで悩みましょう、そうしましょう。
[PR]
by team-banzai | 2016-03-03 13:14 | 山・ランニング・トレラングッズ | Comments(0)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai
プロフィールを見る
画像一覧