屏風岩・雲稜ルート

アルパインをやりたい衝動にふつふつと駆られまして~ん。

そしたら、大門リーダーが付き合ってくれるというので、前穂高岳・屏風岩へ行ってきたー。屏風岩東壁では一番人気の名が高い雲稜ルートでござんす。大門リーダーが仕事の都合で何泊もは無理ということなので、2泊3日の計画でGO。

-DAY 1

中央道の少々の渋滞をやりくりしつつ、1日目は横尾まで。横尾までだと思うと、荷物は重いが気持ちは軽い。

徳沢小屋がえらいキレイになっててびっくらこいてたら、YZ夫妻に遭遇。彼らは前穂高岳Ⅳ峰の正面壁のルートを狙うらしい。お互いのエールをたたえて先へ進む。

横尾でテント設営。それから取り付き偵察へ。

d0107938_1053668.jpg
目指す屏風岩までは渡渉あり。ワタシは沢用ネオプレーンソックスを持ってきていたのでへっちゃらほいだったけど、何もない大門リーダーは水の冷たさで脳天までキーーーンときたらしい(^^;;

d0107938_1073714.jpg
T4尾根の場所も確認。偵察完了。


-DAY 2

AM2:30起床、AM3:36出発。当然まだ暗い。

d0107938_109333.jpg
準備をしつつ明るくなるのを待つ。明るくなったら後続パーティーが続々やってきた。横尾からのパーティーでは我々が一番乗りの模様。T4に3パーティーが前夜ビバークしていたらしいので、先行パーティーは3つってこっちゃ。

AM5:35 登攀開始。ちなみに、上に抜ける予定なので、荷物はそれぞれが背負って登る。すべてツルベにて。

●T4尾根・リード内訳
1P目 大門リーダー
2P目 メパンナ
3P目 大門リーダー (ワタシがちょっと短くピッチを切ったので、つなぎの移動になってもうた)
4P目 メパンナ
5P目 大門リーダー
6P目 メパンナ (チムニー)

d0107938_1018588.jpg
<T4尾根もしっかりとした登攀だった>

AM6:30頃、T4到着。ビバークしていた2つの先行パーティーのうち、1パーティーは2P目登攀中、1パーティー(ソロの方)が1P目を登っているところだった。

d0107938_10244474.jpg
右のスカイラインが東稜じゃい。予定では明日はこちらの東稜を登る計画。

ソロの方を待っていたが、当然ソロだから時間がかかっている。後続パーティーも続々とT4にあがってくるし、結局、ソロの方のロープをよけつつAM7:30、 雲稜ルートの登攀開始。

d0107938_10254963.jpg
1P目:大門リーダーがゆく。

2P目:メパンナリード。トラバースのワンポイントがめちゃ怖かいのでここはA0。その後の扇岩テラスまでは、フりーで抜ける。

d0107938_1154998.jpg
扇岩テラスに上がってくる大門リーダーの図。ここでも1パーティーくらいならビバーク可能。

d0107938_116651.jpg
3P目:核心のスラブ。フリーで登れば5.11+というが、とても登れる気がしなーい(^^;;

d0107938_1032849.jpg
ワタシが人工の本番経験がなかったので、このピッチのリードが大門リーダーに来るように設定していたのだー。というわけで、大門リーダーリード。

懸念だった初アブミは、思ったよりちゃんと登れたしけっこう楽チンだった(嬉)

4P目:メパンナ:リード。最初をアブミで登ってあとはトラバース。ロープの流れが悪いので、一度ピッチを切る。フォローの大門リーダーがあがってきてから、4mほど上がってビレイ点移動。

5P目:大門リーダー:リード。途中びっちょり濡れている部分があり、リーダーはアブミで抜ける。フォローのワタシも、一か八かムーブになりそうだったので、その部分は安全マージンをとってA0。

6P目:メパンナ:リード。Ⅳ級というグレードがついてるけど、もっと悪い感じだった。

d0107938_10404614.jpg
高度感も満載(*^^*)

7P目:大門リーダー。脆い草つきルンゼを経て、PM1:50頃、雲稜ルート終了!

d0107938_10434272.jpg
シューズを履き替えてロープをしまい、ここから屏風の頭(2560mくらい)へ詰めます。

d0107938_10451350.jpg
この後槍の穂先も顔を出すのですが~

d0107938_10455037.jpg
こちらは前穂北尾根じゃー

d0107938_10465731.jpg
PM2:56、屏風の頭到着!

d0107938_10482376.jpg
涸沢は紅葉スタート。

涸沢までのパノラマ新道は、思ったより細かなアップダウンがあってへべれけ…。

d0107938_105196.jpg
横尾まで戻る道中、登ったルートを眺めつつあれこれ語り。

PM6:40頃、横尾着。ヘッ電使わないギリギリで戻れたーヨカター。

当初の予定では、翌日は東稜を登ってその足で帰宅としていたけど、雲稜ルートで大変満足したし、今日の行動が長かったので(15時間行動)とても明日2時半には起きられない!翌日の天気予報が良いのでもったいないといえばもったいないのだけど、欲張らずに明日は登らず下山と決定。

そうと決まれば、心置きなく呑みませう!!(笑)。たんまり飲んで就寝 zzzz…


- DAY 3

ゆっくり支度して、ゆるゆると歩いていたら、またもや徳沢でYZ夫妻に遭遇(笑)。彼らも爽快な登攀ができた様子。

d0107938_113777.jpg
久しぶりのデカザック。帰りは食料がだいぶ減ったので、少し楽になった(そもそも下り基調だから楽になるんだけど)。

時間があるので、上高地でビジターセンター見学したり、お土産買ったりして、いつもの竜島温泉入ってゆるっと帰宅したけど、帰りはやっぱり渋滞だったーーん(T_T)


雲稜ルートの登攀自体は6時間20分程度。トポでは4~5時間となっているから、けっこう時間がかかってしまったけど、天気良くて(暑いくらい)、登攀日和でめっちゃ楽しかったよーん。

反省点などはまた後日…。
[PR]
Commented by zaki at 2015-09-24 08:02 x
完登おめっとさーん(^^)
それにしてもすごい遭遇確率w
Commented by team-banzai at 2015-09-24 11:37
>zakiさん
ありがとうございます!
まったくですね、行きも帰りもなんて(笑)
そしてzaki夫妻は、行きも帰りもソフトクリーム…w
Commented by zaki at 2015-09-24 12:03 x
上高地といえばソフトクリームです!(・∀・)
徳沢を通るときはほぼ100%、岳沢からとかで徳沢通らなかったら河童橋でソフトクリームです!
by team-banzai | 2015-09-22 11:16 | のぼら~(岩) | Comments(3)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai