Mepanna works - BANZAI的な日々-

teambanzai.exblog.jp
ブログトップ

北岳へ1泊2日

昨日からのブログ、つづき。

そのような計画のもと、AM6:37 広河原出発。最近長い時間山歩きをしていないので、どこまで歩けるかな~なんて思ってたけど意外に歩けるもんだった。1泊2日の荷物の重さ(40リットルザックに推定13kgくらい)も、ここんとこいつも背負っているカムとロープ一式に比べればだいぶ軽い。

d0107938_14373113.jpg
鳳凰三山もキレイに見えますろ~。

d0107938_1438067.jpg
AM8:15 二俣着 広河原から2時間弱。まぁまぁかな?


d0107938_14382219.jpg
稜線までお花畑広がり、あ~~気持ちよし~~~

d0107938_14383721.jpg
しかし、北岳にかかっていた雲はしっかりかかったまま。稜線に出たとたんにガスと風。AM 10:36 肩の小屋通過。

その後北岳山頂着も、風雨ビュービューなので写真撮らず。とっとと北岳山荘へ。北岳山荘にはちょうどPM12:00頃に到着。当初の予定なら農鳥へ…というところだけど、風雨の中、とても間ノ岳を越えてゆく気にはなりませぬ。翌日晴れることを期待しつつ、本日はここまでとします。

すでにテント場はかなりの混雑。なんとかスペースをみつけてテント設営。テントをたてはじめて気づく…あれ~ペグがなーーい。ここんとこテントを使うのは小川山くらいだったから、ペグをテント袋から出してしまっていた模様。とりあえず石で張り綱をば。後で、ペグを忘れたことをがっつり後悔することになるのですが…。

それにしても、濡れた!!寒い! 小屋に泊まりたい誘惑にかられるけど(寝具なし、素泊まりで4800円)、小屋には「今夜の宿泊は人数が多いため、1枚の布団に3人となります」との張り紙が。1枚の布団に3人…無理無理。テントテント。

ワタシが着いた時はまだそれほどの混雑じゃなかったんだけど、夕方にはテント場も小屋もかなりの人。特に小屋内は人が溢れんばかりになりえらいことになっておった。テント泊予定が小屋泊にチェンジって人もいただろうし、元々3連休の真ん中、人が多い日だしね。

そしてワタシはってぇと、暖かそうな小屋を横目に、テントの中で着干ししながら、持ってきた文庫本を読む。ビールを飲みたいのだけど、寒くて飲む気になれないしーで、持ってきたワインをぐびぐび。んで、寒いから時々ガスバーナー着火。このバーナー新品で初めて使うんだけど、なんと着火部分が既にダメになっている様子で点火しない。ライターを使うも、しけっててなかなか着火しない。なんてこったい!何回もやったらやっとついた(ホッ)。なんだよ~~新品なのにぃ~~(良い子は家で1回試してから現場で使おうね!)。

しかし、火を焚けば暖かいものの、ゴアテントの中は急速に結露する。結露を拭きながら、あ~~もう忙しいし寒いしやんなっちゃう!!と悪態つきつつ、ワイン飲んで本読んで。

今回はつまみに火であぶって作るポップコーンを持ってきたのよ。早速作ってみたら、火が強すぎたのか、アルミの底に火が着いてメラメラと燃え上がるではないか。あわわわわ。急いでポップコーン消化。だいぶ中身が焦げてしまったし、テントの中に煙りが…。あわわわわ。慌ててテントの入り口を開けたら、雨が吹き込む(シングルウォールだからね)。あわわわわ。あ~~もう本当に忙しいし寒いし、やんなっちゃう(爆)!!

丑三つ時には、風が一層強まり、テントが激しくたわむ。経験上、このくらいのたわみにはテントは耐えられるはずなのだけど、気分はよくない(過去に、マジで生命の危機を感じるほどの爆風をテント内で受けたことがある)。テントがぐわんぐわん。仕方ない…観念して、雨の中外に出る。やっぱり張り綱が石から外れてた。石を設置し直し、石を取って来て補強する。でも、やり方が悪いのか、しばらく強風にあおられていたらまた外れたようですわ。なんでペグ忘れたかな…。久しぶりの時はやはりちゃんと中身チェックしないとダメだねぇ。

あまりに風でテントが煽られて、音がうるさくて眠れん!だましだましうつらうつらして、AM4:00。雨は止んだけど、風は相変わらず。この強風の中テント撤収で出発ってあり得ナス。とりあえず朝飯作るかなぁと思うも、テントがたわみすぎて、テント内で火が焚けない。前夜作ってテルモスに入れてあったお湯(もうだいぶぬるいけど)でアルファ米かろうじて作成。うーーっ、暖かい飲料飲みてーー。

AM5:00過ぎ。大きく煽られるテントの中も相当ツライので、観念して撤収することに。荷物もテントも風に飛ばされないように重しを置きながらヒーーヒーーで撤収完了。

d0107938_1439967.jpg
一応晴れてる…と言えるかな。北岳山頂は相変わらず雲がかかってるし。

d0107938_14393394.jpg
間ノ岳方面も雲の中。

d0107938_14394989.jpg
富士山がキレイねぇ~~なんて見ほれるてる場合じゃなくて、手前に写るテント達の風に煽られてるっぷりがこれまた(笑)

もうちょっと時間がたてば風もマシになるかも。でも間ノ岳と農鳥岳を越えて奈良田に向かうなら、バスの時間があるからもう出発すべき。ガスで何も見えない強風の中歩くのもなぁ…ということで、このまま下山決定なり~。北岳に登ってもまた何も見えないので、八本歯のコル経由であっさり下山をば。

d0107938_14413942.jpg
お花キレイ

d0107938_1442178.jpg
バットレス登ってる人々いましたー(写真にはクライマーが小さすぎて判別できないけどw)

d0107938_14422524.jpg
AM9:30頃、広河原到着。バスの時間まで朝ビール!下は晴れてるのよねぇ(暑いし)。下山時にも鳳凰三山には雲かかってなかったから、標高3000m界隈が鬼門だったのかしらん?

山の上でのんびり…という目的の山行だったけど、思いのほか苦行チックになってしまったな。まぁ、これもまた良き思い出ということで(ほんとかよw)。

まったくauスマホは山の中では繋がらなかったけど、芦安に戻ったら乗鉄先輩が待っていてくれた!ワオーー感激!!!乗鉄先輩は天気の悪さに早々に小屋までも行かず下山。芦安でのんびり読書とお酒を楽しみながら夜を過ごし、ワタシの下山を待っていてくれたのでしたー。

d0107938_1442419.jpg
そんなわけで、17時には自宅に戻れて、たっぷり水分吸い込んだテントをベランダに干し(ベランダがカオス…)、洗濯して、靴も洗ってと一気に。ふーーーっ、終わった終わった!!

次のテント泊山行は、シルバーウィークかな!?それまでに、もうちょっと足腰鍛えておこ。登りはいいけど、下りがだいぶペース遅くなってるし。
[PR]
by team-banzai | 2015-07-22 08:00 | 縦走シリーズ | Comments(4)
Commented by yamawarabi at 2015-07-22 19:31
珍道中久々に拝見しますた。
寒くて激混み小屋テント泊お疲れ様でございます。
少々北の両神山行ってましたが、激晴れで超満足なでした。
今後の夏山珍道中期待してます。
Boku
Commented by kazufujiyama at 2015-07-23 08:43
北岳登ったことあります。11月3日で山小屋を閉める前日でテントで凍えていました。でも星がきれいだったです
Commented by team-banzai at 2015-07-23 14:42
>yamawarabi(boku)さま
のんびりテント~なんて鼻歌交じりに出発したんですが、思わぬ苦行となってしまいました。一番悲しかったのは、ポップコーンが燃え始めた時ですかねw
Commented by team-banzai at 2015-07-23 14:43
>kazufujiyama様
おおぅ、11月の北岳は確かに凍えますなー。星が見えてよかったですわ!これで何も見えずにガスガスだと、寒さに耐えたかいがなーーい(^^;;