阿弥陀岳北西稜

大門リーダーと阿弥陀岳の北西稜へ行ってきました。

計画時は、金曜夜発、八ヶ岳山荘で仮眠、土曜日は荷揚げして行者小屋でテント泊&ルート偵察、日曜アタックという予定でしたが、日曜日の天気が悪そうなので、土曜日日帰りアタックに変更となりましてん。

22時にあずさで小淵沢駅到着。大門リーダーにピックアップしてもらって美濃戸口へ。八ヶ岳山荘の仮眠室はかなりの人で賑わっていましたが、ぎりぎりセーフで寝場所確保してシェラフでごろんとしました(仮眠室がいっぱいで寝れなかった場合を考えてシェラフは一応持参)。仮眠室はうちらのちょい後に来た5名くらいのパーティーのおじさま方が入ってきてスペース的には満員御礼な感じ。自分が横になってからも何組も仮眠室に人がやってきたけど、もう寝るスペースはないので戻っていったりで落ち着く環境とは異なったけど、それでもワタシは2時間くらいは眠れたかな!?

AM2:00起床。朝食食べて支度をしていたらgeranium氏とcherroさんが起きてきてここでご対面。おーーっ!実は二人も仮眠室で寝ていたらしい。本日はどちらへ!??ほほーーっ、硫黄・横岳・赤岳縦走ですかぁ(*^^*) geranium氏は全然眠れなかったらしい。繊細って大変ね…。ちなみにワタシはけっこうどこでも眠れます。明るくても眠れます。

AM3:00過ぎ、美濃戸口出発。眠い。半分寝ながら歩く。毎度のことながら、美濃戸口から歩くって少々◎ったるいw

d0107938_12465177.jpg
北西稜見えたー

北西稜へのルートは行者小屋手前で登っていかねばなりません。「ここかな?」「いや、ここは摩利支天大滝に行くルートでは?」

「おっ、ここじゃないっすか?」トレースがある。そのトレースをたどる。「トレースあるからワカン置いてゆきますか?」「いや、この先どうなるかわからないから持って行こう。」

d0107938_12471444.jpg
急登になった。アイゼンつけてハーネスつけて、アックス1本出す。ほどなくしてトレースがなくなってしまった。昨日誰かが偵察でここまでトレースをつけただけの様子。ラッセル開始。

ラッセルが深いのでワカン装着(ワカンを置いてこなくてよかった。)。ひーーっ、ひーーっ、ラッセルきつい。

d0107938_1248965.jpg
露岩を越えて雪庇。

d0107938_12493095.jpg
スバラシイ天気。アルプスも遠望。

d0107938_12501897.jpg
「地図確認しますか?」「確認するまでもなく、あれを目指すだけじゃー」

d0107938_940415.jpg
AM9:20 もうすぐⅡ級のリッジに到着。

d0107938_1252433.jpg
まずはⅡ級の細いリッジは、こなれたパーティーならここはロープを出さずにさくさく行くらしい。でも今回は、ワタシの力量を考え大門リーダーがここからロープを出すと判断。

「オレ落ちないけど、万が一落ちたら左に飛んでね」「任してちょんまげです!」

(本当に落ちたら、ファイト一発なみのアクションで左に飛ばないといけません)

d0107938_1255635.jpg
来たルートを振り返ってパチリ。

d0107938_12583322.jpg
ソロの方が追いついてきました。この男性の感想「ソロは面倒くせーーーー!」だそうですw

d0107938_1256017.jpg
登って登って

d0107938_12563292.jpg
ところどころ、ステキなペツル様がおられます。

d0107938_12575069.jpg
あの、上の大きな岩が核心ピッチ。

d0107938_9444244.jpg
ひーーひーー。

d0107938_12585565.jpg
PM12:00頃。けっこう登ってきましたぞ。この先が核心ピッチ。

核心ピッチは左からのスラブ面へ。ソロの方はリンクカム持参で直上ルートへ。直上ルートだとラストが手袋ジャミングらしいですぜ、旦那。

d0107938_1303763.jpg
ここをトラバースしてきたんですが、なかなかイヤラシイ。

d0107938_1312854.jpg
無敵の大門リーダーも核心ピッチを前にして「へたれたから途中でザックを置いてくるかも」と弱気w A0で抜けるパワーがない!と言い、アブミで上がり、ラストのガバは手袋を外して素手で取って抜けました。

d0107938_948364.jpg
ワタシは、ドライツーリングで上がるほどの技術なし…当然A0。アブミも使ってさらにA1でしたが、最後、アブミの回収をどのようにしたらよいか悩み、一瞬ロープを張ってもらってアブミ回収。ふーーっ。

d0107938_949593.jpg
あひあひあひ

d0107938_132577.jpg
御小屋尾根に出たー。トレースないーーw

摩利支天でルート状態がよろしくなく、懸垂で降りたりでここでも少々時間がかかり

d0107938_9492868.jpg
阿弥陀岳山頂着、15:08。美濃戸口を出発してから既に12時間経過だフォー!

d0107938_132544.jpg
横岳、硫黄岳。geranium氏とcherroさんはもう下山に入ってるのかな!?

d0107938_1332388.jpg
赤岳

阿弥陀岳からの下りは自分的には罰ゲームな気分。ここの下り、嫌いだよ!(苦笑)疲れてへたれているので特にイヤな下りだよ!

下山途中、南沢のちょっと急めな下りを終えたところでアイゼンはずして、そこでヘッ電オン。美濃戸口に着いたのが19:10。久しぶりの長時間行動、16時間コース。くぅーーーっ、しびれるぅ~~(疲れてますw)

最近あんま走れてないし、体力が低下してるワタクシ…ワンディアタックは体力面でキツそうだな~と思っていたけど、体力もってよかたー歩けてよかたー。でも、美濃戸口からのワンディはきついね(^^;; ラッセルもあったし。人がつけたトレースじゃなくて、自分でトレースつけるってのはそれはとても醍醐味あることだけど、でもやっぱりラッセルきついさー。

阿弥陀北西稜、今まで自分が登った冬のバリエーションルートの中では一番難しかった。クライミング力も体力も総合力も。どっかで自分もリードできるピッチないかな~なんて密かに思ってたけど、全然なかったわ(苦笑)。今回は天気にめっちゃ恵まれたけど、天気悪かったら絶対やめておこう。絶対凍傷になる。うんうん。

大門リーダー、ありがとうございました!

-------------------------------------

小淵沢駅から最終のあずさ(20:44発)の乗って帰宅。家に帰って、ギアを乾かすために部屋にぶちまけて、風呂掃除して(なんで風呂掃除しておかなかったかなぁ…)、風呂沸かして、さぁ寝るかと時計を見たら午前2時を回ってましてん。おおぅ、起きてから24時間たってもうた!!

翌日の日曜日、クライミングジムに行くとかわけわからんこと言ってたんですがw、さすがに背中疲労とかすごいので、無酸素運動は危険だな…と。雨もまだ降ってなかったから、軽くジョグするだけにして体をほぐしました。夜はジムのお友達に合流して焼き肉食べてたんぱく質補給。疲れた体に肉が染みたぜーーー。
[PR]
by team-banzai | 2015-02-24 10:35 | 冬山 | Comments(0)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai