安達太良山 胎内岩  DAY1

3連休。ソロ縦走を考えていたんだけど、2週間前に激しく首と肩を傷めてしまった…。登れない日々、そして日常生活でも小さなリュック1つ背負うのさえちょっとツライ。

ソロ縦走でテント装備、首と肩がもつかしら?一抹の不安。とりあえず1週間完全に安静にして過ごしたものの、ソロ縦走の計画進まず(ココに行きたい!という強い希望がなかったし)。そうしたら、クライミングジム常連さんのオッツー親分達が三連休を使って福島にクラックやりに行くという計画を小耳に挟みましたのですです。

最近のワタシのベクトルは完全にクライミング。首を痛めて小川山に行っても登れないという週末も過ごしたばかりで、心はクライミングへまっしぐら~~~

ってなわけで、首の具合では結局登れないかもだけどーオッツー親分ご一行様に混ぜてもらうことになりました。万歳!行き先は安達太良山の胎内岩。アプローチで標高1500m地点まで上がらなくてはいけないので、けっこう歩きます。駐車場から直接だと2時間弱くらい?

d0107938_12363652.jpg
てくてく歩いていると、正面に白糸の滝出現。

d0107938_12374457.jpg
トレイルづたいに温泉のパイプが

d0107938_12375965.jpg
にょきにょきと、そしてお湯もりもりと。

d0107938_1238927.jpg
あのどんずまりが源泉湧き出てるとこですね。駐車場から歩いて30分くらいかな。ここが沼尻温泉湯ノ花採取場。ここにテントを張って荷物もデポ。

d0107938_12405755.jpg
今宵のおうちはこんな感じで。小屋の横に。

d0107938_12414374.jpg
登攀道具を持っていざゆかん、岩場へ!…なんだけど、ガスってて岩場がよくわからない…(全員ここに来るの初めて)。アプローチもどこから岩場へ行くのかよくわからない…(^^;; 

d0107938_12433647.jpg
この下が岩場みたいなんだけど。懸垂で降りる?(事前にぐぐったところ、懸垂で降りてる人もいたので)と検討しながら、結局けっこう悪いところを下って、岩場の右端に到着。

d0107938_12442452.jpg
準備してたら少しガスが晴れてきたかな?

d0107938_1245085.jpg
いえっす!晴れてきたですーー。あれがボルダー台地だわ。

d0107938_12462051.jpg
こちらが安達太良山ですね!

マリちゃんハング(トポには5.9と書いてある)というボルトルートをOSトライしようとするも、どう見ても下部が難しい。どんなにオブザベしても難しそうにしか見えない。1ピン目が遠いので、苦し紛れのカムをセットしてみたけど、ちょっとこのカムでは落ちれない感じ。そして、1ピン目にヌンチャクかけられず、いったん降りてしまった。一歩あがればかけられるんだけど、一歩上がったら落ちるかも。いやいや、落ちたらグラウンドするかもだし。
リーチ的にオッツー親分なら1ピン目に届くよねということで、親分が1ピン目にかけてくれました。やっぱりオッツー親分だとワタシと同じスタンスでもヌン掛けできる。だがしかーし、ハンガーが回る!レンチ持ってきてなーーい。えーーっ。

d0107938_124843100.jpg
<こちらマリちゃんハングの下部(真ん中)。ちなみに左右は5.11aのライン>

さらに、親分の見立ても「これ…下部が難しいよ…」。

ってことで、マリちゃんハングは諦め~~。オッツー親分がやった目玉クラック(Ⅵ+ デジマルだと5.10cと言われた)を一緒にやることに。

d0107938_12505180.jpg
<目玉クラックを登るオッツー親分>

ワタシ、5.10cのクラックなんて挑戦したことないよーコワイじゃーーん(>_<) そして、他の人らがトップロープでやるっていうので、ワタシもついついトップロープに便乗してしまう。トップロープは医者に禁じられているのに…弱い自分がうらめしい…。

結局トップロープで核心で1テン。だけど体感としてはそんなに難しくなかったから、リードでもRPいけそうな気がする。

次は逆クの字クラック・左(Ⅵ+/5.10c)。これもまたトップロープで…(^^;; 体感的にはこっちの核心部のワンムーブのが難しい。いかんいかん、2本もトップロープでやってもうた。意を決してリードでトライすることにします。

カムをかかえてさぁ行くぞ…と思った雨―――あめーーあーーーーーめーーー。オッツー親分の「だいじょうぶ、いけるいける」の声に押されていざ離陸。ワタシは濡れたクラックにうほうほするI塾の皆さんとは違うのにぃ~~(T_T)(T_T)

d0107938_12525216.jpg
がんばれ、ワタシ。

んで、核心部でテンション入ったけど無事トップアウト。そうか、5.10cのクラックも、テンション入るけどトップアウトできるんだ!?トップアウトも難しくてA0の嵐になるかと思って取り付いてたんだけど。

この後、オッツー親分がOSトライがテンション入ったので、もう1便って言ってたんだけど、雨が激しくなっちゃったので撤収。テントに戻ります。

d0107938_1255148.jpg
来る時はガスってたから見えなかったけど、下山時に岩の全容確認。なるほろ、こんな感じだったのか。下山は適当なところを下りました。

d0107938_12553543.jpg
うわーー虹デターー(嬉)!

さて、お待ちかねのお風呂です。

d0107938_1256847.jpg
河原に掘られておりました。源泉は68℃と大変熱いため、川の水を取水して温度調整。

d0107938_12572714.jpg
めっちゃいいお湯!!

d0107938_130261.jpg
サイコーだぜーー!!!!!

いやーー温泉堪能。体の芯まで温まって、M夫人が用意してくれた豆乳鍋食べて就寝。よい1日でしたー。

この日登ったのは2箇所のクラックで3本のみ。物足りないっちゃ物足りないんだけど…降りたエリアで他に自分のレベルで登れるのがここしかなかった(^^;;

あと、アプローチが長かったから、ギアを最小限にしてカムはオッツー親分のだったんです。自分のギアじゃないって使い勝手に多少ぎこちなさが出ちゃう。特に自分には限界グレードだったからなおさらだん。

明日はもうちょっと登れるといいなー。
[PR]
by team-banzai | 2014-09-18 13:04 | のぼら~(岩) | Comments(0)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai