榛名黒岩

そんな次第でこんな次第で、ビレイグラスを導入して、榛名黒岩へ。わりとゆっくりめの出発で、岩場着は10時くらいだったかな?一度来たことある岩場なんだけど、その時は天気悪くて見学だけして敗退。実質登るのは初めての岩場であります。車は既に5台ほど駐まっていて、けっこう人いるのか~と思ったら意外や意外、ほとんど貸し切り状態。うほっ。

本日のパートナーはつくば在住のツカヂー(前回ブログより勝手に命名w)。急な誘いにのってくれてありがとー!

とりあえず、アップで簡単なところ…ということで、黒岩で登ったことあるツカヂーが「アップで夏子5.8でもやりますか」と言い、取り付く。んが、しかーーし、ツカヂーテンション。えーーっ、簡単なところじゃないのーー!???(後から調べたら、ピラミッドフェイスとかにもっとアップに適した5.8があるもよう)

んで、次にワタシがトライしますが…全然簡単じゃないし!テンションしちゃったし!(爆)あとで地元クライマーにきいたら「夏子には隠れホールドがあるんだよ~」だって。ナヌー。気づかなかった…orz

黒岩の厳しい洗礼を一発目に浴び、次はワタシがスラブなルート「オケラ5.8」にオンサイトトライ。OSできたけど、めっっちゃカラい、なんじゃこりゃ。終了点に残置ビナがないので、結びかえて下降。ツカヂーは結びかえをやったことないらしく(今まで懸垂で降りてたのかな?)、結びかえレクチャーを地上にて。

なんか、カラい5.8でココロが疲れちゃった…。もちょっと爽快なルートやりたいな~~とワタシが希望して、岳友会ルート5.9へ。28mくらいあるルートで、下でビレイすると50mロープじゃ足りません。んで、二人とも50mロープしかないのであーる。上のテラスに二人とも上がってそこでビレイするって方法もあるのだけど、とりあえず下降時に1回ピッチ切って懸垂すんべ~ということにして、ワタシがオンサイトトライ。長くて気持ちよいルートだなぁ~~なんか小川山ストーリーに似てるね。


d0107938_1231994.jpg
岳友会ルート5.9を登るツカヂー氏

ところがどっこい、まさかのヌンチャク3本足らず!トポには7本って書いてあったのだけど、それはテラスの上からの本数だったらしい。で、テラスまで3ピンあったとこにヌンチャクかけちゃって足りなくなったと。仕方ないので少し降りてヌンチャク3本回収。そこからまた登りはじめました。んーーなわけで、オンサイトじゃないんだけど、まぁオンサイトできたと思います。前回ワンテンだったというツカヂーも、今回RP。パチパチパチ。

その後は、地元クライマー様が勧めてくれた、西稜IV級と、ラーコンナ5.10bへ。ラーコンナは簡単すぎる…きっと限定があるに違いない。でも、ぐぐってみたけど、限定の内容はわからない(^^;; 知ってる方いたら教えてプリーズ。) 西稜IV級は高度感満載で気持ちいーーー。今度はこれを残置無視で登ってみようかな!?

ビレイグラスのおかげで首の負担はましだったものの、今日は軽めにしておこ…と思ってワタシはこれで終了宣言。ツカヂーが「チェス5.10a」をやりたいというので、ビレイしたけど撃沈(ヲイ!w)。回収便をたくされてもうた、おーーい、ツカヂーー!!!(笑)

そんなわけで、終了宣言後のもうワントライ。これもワンムーブなんだけどカラい5.10aだなぁ…。そのワンムーブが一発で解決できずワンテン。あちゃちゃ。とりあえずワンテンで抜けて回収。終了。ばかだなぁ…地上でもっとムーブを探れと、I塾長から言われているのに、また1つのムーブしか想像できてなかった。

今回は首が痛いことと、翌日がトレランレースだってのがあって、登るルートあまり無理ないようしてたけど、そろそろ積極的に5.10cくらいをトライしてゆく必要があるよなぁ~。

家についたら23時過ぎ。風呂入って日曜のトレランレースの準備して、寝たの1時過ぎ。起床は4時。アヒャー、寝不足必須!

------------------------------------

○本日のメパトレ

榛名黒岩でクライミングゥ~

1.夏子 5.8 × 2回くらいテンションしたかな? カラいよ~
2.オケラ 5.8 OS  カラすぎるよ~
3.岳友人ルート 5.9 OSってことにしちゃおうかなw
4.西稜 IV級  FL
5.ラーコンナ 5.10b OS  簡単すぎるよ~ 限定あると思う。
6.チェス 5.10a × ワンテン 次は落とせるカモ


次回は、西稜 IV級を残置不使用で登るのと、老眼鏡なんちゃら5.10cにトライしたい所存です。
あと、今回カムを持っていかなかったけど、カムも持っていこっと。
[PR]
by team-banzai | 2014-05-27 12:30 | のぼら~(岩) | Comments(0)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai