女人禁制

海の日3連休の予定を考えていて、
「大峰奥駆縦走路」に行きたいな~と思ったのだけど
そこには「女人禁制」という制約がありまして

この女人禁制がなければ、2泊3日で全部踏破できるかも??かもかも?…なのだけど
女人禁制エリアを回避するために一度下山して、移動してまた登り返すとなると
ちょっと日程的にも予算的(タクシーやら宿泊やら)にも無理が生じそうです。

それは1つの文化だし、宗教だし、
声高々に「女性差別だ!」とか言うつもりはないけれど

普通にその山域には決して入ることが許されないと思うと
なんだか切ないですわ~~~。

んで、女人禁制の山についてwikiってみました。


-引用

•富士山 - ただし江戸時代後期より解禁。
•立山 - ただし1872年(明治5年)より解禁。
•白山 - 上に同じ。
•比叡山 - 上に同じ。
•御嶽山 - ただし1877年(明治10年)頃より解禁。
•高野山 - ただし1904年(明治37年)より解禁。
•出羽三山 1997年(平成9年)より解禁。ただし男女別の修行期間がある。
•石鎚山(愛媛県) - 現在はお山開きの7月1日のみ女人禁制。
•大峰山山上ヶ岳(奈良県) - 山体全域が対象で、登山道には大きな看板が立つ。反対運動あり。
•後山(道仙寺奥の院)(岡山県) - 後山中腹にある母御堂から奥の院に至る行者道が女人禁制とされている。登山道は別にあり、後山への登山は女性でも問題ない。



-引用おわり


結局のところ、現在でも女人禁制が続いていて登れないのは、大峰だけなんだなぁ…。

高野山が女人解禁になったいきさつを調べてみたら、国の政策って出てた。
戦争で男性が減ったから?

あと、こちらに興味深い話が出てた。

女性で初めての高野山山内居住者のお話

それでも最初にそれを打ち破るのは大変ってことですねぇ…。


そして、大峰山の女人禁制に対する反対運動

-引用

2005年11月3日、大峰山の女人禁制に反対する人々が結成した「大峰山に登ろうプロジェクト」(以下、プロジェクト)のメンバーが、大峯山登山のために現地を訪れ、寺院側に質問書を提出し、解禁を求めたが不調に終わった。その結果改めて話し合いの場を設けることで合意して両者解散したが、その直後に問題提起の為としてプロジェクトの女性メンバー3人が登山を強行した。この行為に対し寺院側、反対派地元住民、およびいくつかの報道機関が批判を行った。

●プロジェクト側の行動を賞賛する意見

男尊女卑を肯定する象徴であり、男女共同参画理念に反する悪習である。また、「大峰山」を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」は世界文化遺産にも登録された人類共有の財産であり、登山道は税金で整備された公道でもあるため、誰もがアクセス可能であるべきである。

●女人禁制は堅持すべきとする意見

女人禁制は男性の修験者が性欲に惑わされること無く修行するために存在する制であり女性には稲村ヶ岳が女人大峯として提供されている。(ただし男子禁制なわけではない。)男尊女卑などの差別を推進する意図はない。このような性別による隔離は修道院など他の宗教でも一般化しているだけでなく男子校や女子校、またトイレなども含めて世界共通である。宗教的な一例として同じ世界遺産であるアトス山も正教会の修道院として1406年以降は法令によって女人禁制となっている。強行登山は独善の正義感から他人の宗教を冒涜する身勝手な愚行である。また、日本には沖縄の御嶽や久高島の御嶽のように男子禁制の地域も存在することから、女人禁制の地域のみを批判の対象とする行為は、男女平等の理念に反する。



-引用おわり

2005年…チャンスだったんだなぁ。

今後、自分たちが立ち上がって動けば、もしかしたら状況が変わる可能性もある。

でも、1300年とか続いてるその世界、それを壊してまでワタシは入山したいのか!??

はてなはてな。

正直、山をやらない人にとっては、どうでもよい話。

はてなはてな。
[PR]
Commented by 車 大八 at 2012-07-05 13:39 x
長いものには巻かれろ、じゃないけど、余程の不利益が無い限りは
「触らぬ神に祟りなし」
と逃げておいた方が吉、と思います。
なんたって、祟るんですよ、神様が。
Commented by mepanna at 2012-07-05 15:16 x
>車大八師匠
何事も、最初はいろいろ大変です。
富士山も女人解禁にしたときは、大変だったのでしょうかね…。
大峰の場合、1つの独立峰なら登らなければよいだけなのですが
縦走路の途中にあるので、そこを通過できないがために
一度下山せねばならぬのが、何とも切ない感じです。
まぁ「オンナは魔物」ですものねぇw
by team-banzai | 2012-07-05 13:24 | 日々徒然 | Comments(2)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai
プロフィールを見る
画像一覧