Mepanna works - BANZAI的な日々-

teambanzai.exblog.jp
ブログトップ

奥フォーーー!(笑)で下山なり

それではテントに戻りましょう。

d0107938_123915.jpg
ここからはまた長い道のり。吊尾根を通って奥穂高岳へ行き、そこからザイテンで涸沢のテントに戻らねば。CT4時間20分くらい。しかし8時間経過した体はさすがに疲れを感じておるのです。トイレも行きたいし(これが一番だな)。







北リタ師匠の話では、残雪期にこの吊り尾根で涸沢に戻ろうとすると、左傾斜のルートになってとっても足が疲れるのだとか。希望としては吊り尾根途中から50mの懸垂下降2回で降りるという方法なのだけど…よく見てみても下降点がどこだかわからん(苦笑)

d0107938_12192029.jpg
わからん!


d0107938_122022.jpg
どこだーーー


d0107938_12201846.jpg
あっちゃは上高地。


d0107938_12205657.jpg
奥穂山頂とジャンダルム…


d0107938_12212713.jpg
奥穂フォーー!雪のない奥穂初めてだーーーー(嬉)。

d0107938_12214540.jpg
奥穂から穂高岳山荘までの鎖場&階段で大渋滞。早く涸沢に戻りたい…お腹すいたし(トイレトイレ!)。


d0107938_1226522.jpg
テント場もまんぱいな感じー

d0107938_12225025.jpg
営業してる穂高岳山荘も初めてだったわ。すごいね、きれいだね。大きいね。

d0107938_12232865.jpg
やっぱ前穂北尾根、かっちょええわぁ。


もうすぐ涸沢。見晴岩なるポイントで…

d0107938_12235769.jpg
Y字バランス!(体が固いので足があがりませんw)

d0107938_1224952.jpg
正しくはこのように…Y字バランス!

d0107938_1230922.jpg
翌朝は適当に上高地まで下山。3連休最終日で下山者多数。本谷までのルートは数珠つなぎな感じです。

d0107938_12303477.jpg
明神でそば食べました。明神池に行ってみましたが有料なことに気づき、ここは見ないで梓川右岸をいきます。


d0107938_1231252.jpg
明神橋から見える明神、かっちょええ!


d0107938_12312611.jpg
右岸歩くのも初めてだー(右岸のほうが1kmくらい左岸より長い)。


d0107938_12322733.jpg
右岸を行くと焼岳が見えるんだねぇ。

d0107938_12343662.jpg
奥穂の方に雲かかっちゃった。残念なり。


d0107938_1233174.jpg
かっぱ橋にて山行終了!お疲れサマンサ~~ 


d0107938_12353522.jpg
「また山においでよ!」「うん、5月に来るよ!」的な(笑)


------------------------------------------------

ところで

ワタシたちが2峰あたりに取り付いているとき、4峰で滑落事故が2件あったらしい。吊り尾根を歩いているとき、ヘリが北尾根上空を旋回してて、某M氏が「何かあったんじゃない?」とつぶやいてた。下山途中に某M氏の知り合いに偶然会って、その時に事故の話を聞きました。それぞれ別々の滑落事故で因果関係はないそうだけど、1件は骨折でヘリ搬送、1件は残念ながら亡くなられたそう。

4峰は浮き石がとっても多く、そのせいでザイルを出したとしてもタイトロープで上がるしかない(ロープを常にぴんと張った状態ということね)。県警のHPに事故報告が出てたけど、浮き石を抱いて滑落…って。ワタシは腕に体重をかけることが必要な場合は、石が安定してるかぐいぐいして確認してから加重するよう気をつけてた。

24日は北アルプス南部では7件の事故があって、うち5件が前穂高エリアだったよ。北尾根2件、北壁1件、パノラマルート1件、紀美子平1件。たまたま…かもしれないけど、随分集中しちゃったんだね。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。


槍の小屋番さんブログに少し今回の件で書かれてました。


今一度、気をひきしめて。
[PR]
by team-banzai | 2011-09-29 12:40 | のぼら~(インドア) | Comments(4)
Commented by trekker-k at 2011-09-29 22:21 x
お疲れ様でした。穂高の岩稜は爽快ですね。久しぶりに行きたくなった~。私はバリエーションは縁遠いですけど遭難のお話には気が引き締まりました。最後のポーズ決まってます。
Commented by けーこ at 2011-09-30 00:29 x
山って簡単に人が死ぬ場所なんだなぁ と奥穂で思ったことを思い出します。ほんのちょっとした何かが明暗を分けるんでしょうね。
霧で真っ白な中、奥穂山頂付近から登山道じゃない所を降りかけた私。よくぞ遭難しなかった(汗)

気を引き締めつつ、楽しみましょう♪
それにしても、某M氏身体柔らか~(^^ゞ
Commented by mepanna at 2011-09-30 12:33 x
>trekker-kさん
最後のポーズ…「また山においでよ!」「5月に来るよ!」的なやつですか?(笑)
圧倒的に山岳事故が多いのはご高齢の方々ですが、果たして自分がその年齢になったときにはどうなるのかな…??と時々思います。
それにしても梓川右岸は気持ちよかったなぁ~~。
Commented by mepanna at 2011-09-30 12:35 x
>けーこ母さん
本当にほんのちょっとしたことで大変なことになりますよね…。
母さんはなんやかんや一番ケガが多い気がしますぞ!!(爆)
気をひきしめつつ、お互いenjoyですわ~~
某M氏は最近どこでもY字バランスをするようになりましたw