公募登山

最近読んだ本↓
d0107938_14453490.jpg


おもしろかったー。
ストーリーは、要約すると8000m峰に登るお話です(要約しすぎ)。

この小説ではカラコルムに登る営利目的の商業公募登山(※)のパーティーを中心に話しが進むのだけど

(※)公募登山とは…はしょって説明すると、8000mなどの高い山に行く山岳ツアー(こんな解釈であってる?)



はてさてこの公募登山、いくらくらいで参加できるのかしら…?と思い、ちょいとぐぐってみました。
お値段は500万円~1000万円くらい?ツアーの期間は3ヶ月って感じですかね。


んで、読んでるときにちょうど栗城くんの番組の放送を見たの。
自分が冬山を始めたこともあって、レベルは雲泥の差ではありますが
こういう映像を見ると少し身近に感じます。

公募登山には批判も多いようですが、
しかしながら、しかしながら、
例えば、ワタシにお金があったとしたら、
そしてもうちょいトレーニングを積んだら……

行けちゃうのかしら?8000mにも??


ワフーーー
お金の力ってすごいわ(笑)


















ヒマラヤ、カラコルム、行きたくなっちゃったわ(爆)

言うと思ったでしょ!?w
[PR]
Commented by ポテロング at 2010-01-21 17:11 x
へぇー、面白そ。探して読んでみよ。
Commented by のらにゃー at 2010-01-21 20:38 x
自分は今その『栗城くん』の本を読んでます。なかなかグっときますヨ。つい最近まではK様のビデオ(モンブランの)をよく観てたんですが、セブンサミット〜を観てガツンとやられました(トレランはやっぱスポーツですね)。レベルは違えど自分も20年近く登山(奥秩父中心ですが)してるので心に響きました。
Commented by 突貫野郎 at 2010-01-21 20:39 x
最近山岳小説が出始めてきましたね~。
「剱岳」の影響もあるのかもです…。
「未踏峰」という本、最近読んでみました。次はコレ読んでみます!
Commented by しろ at 2010-01-22 01:16 x
なんか、セブンサミッターと言う言葉があるそうですね。どこだか有名な7つくらいの山を登ったひとのことを言うらしいですが、日本人には10人もいないみたい。
そのセブンサミッターを公募登山だけで達成しようと挑戦中の方の記事が雑誌に載ってて。
なんて言うか、すごく面白いなあって思ったのよ。公募登山だって突き詰めてセブンサミッターまでになったら、それはそれで筋の通った生き方なのではないのかって。もう雲を突き抜けている清清しい感じすらします。
わたしが登るならアコンカグアがいいなあ。なんか音の響きがいいじゃない、なんだか想像のつかないものってイメージ(アコンカグアってどこにあるのか知りませんが・・・)。
Commented by mepanna at 2010-01-22 15:30 x
>ポテロングちゃん
この間読んだ、同じ作者の「駐在刑事」は奥多摩が舞台で
これもおもしろかったよー。

>のらにゃーさん
栗城くんの本、本屋で手にとってみたものの、
とりあえず買うのはやめておいたのです。
グッときますか!?やっぱ読んでおくかな!??
激走モンブランとセブンサミットでは
同じ山というフィールドでも受ける印象は
まったく違いますよね(^^)
ワタシは最近のベクトルが完全に山(冬山)方面に
向かっているので、セブンサミットの映像は実にグッときました。

>突貫野郎さん
「剱岳」、結局まだ見てないんです…とほほ。
あ、突貫さん出演の映画も見てないんです…とほほ。
アイガー北壁はなんとしても見たいです。
未踏峰はワタシの次回の読書リストに入っております。
おもしろかったですか!?

>しろさん
アコンカグアはアンデスだぁ
リタ師匠は登ってるのかな?
公募登山で7つって、費用がすげーーことになりますなぁ。
Commented by アル at 2010-01-23 14:09 x
アイガー北壁っつうと、
ボブ・ラングレーの「北壁の死闘」ですかね。
山岳冒険小説の金字塔!といってもいい傑作です。
是非!!

そいえば全然関係ないですけど
社長は北丹で「ビリの金字塔」を建立したんだっけな。
自分はこの”「金字塔」を建立”という言語感覚に惚れて
今に至ってます(笑)。

カンケー無さ杉(自爆)
Commented by mepanna at 2010-01-24 23:49 x
>アル父さん
シャチョーと言えば、新年会ネタでPC前で爆笑のわたくしですw

「北壁の死闘」…アヤヤオヨヨ

しかしワタシの目の前にはアイガーじゃなくて
前穂が立ちはだかりますけども(笑)
いや、その前に白毛門も立ちはだかっていますけども。



Commented by 野良犬 at 2013-02-13 20:06 x
七大陸最高峰はどちらかというとアマチュアが名前を挙げるための登竜門的なもので
筋金入りのアルピニストは見向きもしませんよ
野口健、山田淳、石川直樹や渡辺大剛らは大学在学中に公募隊で登って知名度をあげて本格的に山で活動してるし
野口健と石川直樹はHINEX隊

栗城君は大阪のボチボチトレックと北海道のハローポーターを利用しています(ツアー的なものでなくスタッフ貸しきりに近い
篠崎純一(医師)さんや山田公史郎(サラリーマン)さんなど一般人も公募隊で達成してますよ
篠崎さんがWEC(イモトのバックアップしてるとこ)で公史郎さんは近藤謙司のAG社
Commented by mepanna at 2013-02-14 12:56 x
>野良犬様
コメントありがとうございます。

公募でもなんでも、七大陸最高峰でもそうでもなくても
山があればどこでも登りたい…。むふふ、財力も体力もついてゆけてませんが(^^;;
by team-banzai | 2010-01-21 14:46 | 本(スポーツ関係) | Comments(9)

最近はもっぱら岩をよじ登っております。


by team-banzai